メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科 > 乳腺センター

乳腺センター
トップ画像

乳腺センターご紹介

私たちは診療、研究、教育、そして社会貢献を大切にして日々活動していきます。

診療

当乳腺センターは標準治療の提供を原則とし、それが実施可能な病院です。標準治療とは、現在わかっている最良の治療ということです。乳腺センターの他の病院にはない診療上の特徴は以下の3つです。

  1. ナショナルセンター唯一の総合病院であることをバックグラウンドに、高度のがん医療を提供することが可能です。
  2. 乳腺外科医、腫瘍内科医が中心となって、放射線科医、形成外科医、緩和ケアチーム、病理医など、高度の専門性を持つ診療科との連携・協力のもとにチーム診療を実践しています。
  3. 標準治療は、ひとつとは限りません。患者さんとのコミュニケーションを大切にして、バランスのとれた最適な治療を考えていきます。

先進的な研究の実施

標準治療を提供することは極めて大切です。しかしそれだけでは医療の進歩は望めません。私たちは積極的に臨床試験を実施して、乳腺医療の発展に寄与したいと考えています。もちろん研究については当院の倫理委員会で安全性と科学的・社会的妥当性が認められたもののみ実施いたします。

教育

私たちは診療や研究を通して次世代を担う若い医師の教育にも力を入れていきます。当院は都内でも有数な総合診療病院であり、その中に乳腺センターという専門性の高い診療部門を有しています。このため、幅のひろい医療知識を基にした、高い専門性を得ることができます。

社会貢献

乳がんを抱える患者さんと、そのご家族のさまざまなニーズに対して、多職種や地域との連携によって支援を行うとともに、患者さんにとってよりよい治療・療養環境を作っていくために、社会に発信し、働きかけていきます。