メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 中央検査部門 > 研究実績・活動実績 > 2016年度発表論文等一覧

2016年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Yanase M, Murata K, Mikami S, Nozaki Y, Masaki N, Mizokami M.
    Hepatitis B virus vaccination-related seroprevalence among health-care personnel in a Japanese tertiary medical center.
    Hepatol Res. 46(13): 1330-1337, 2016.
  2. Yamagiwa Y, Asano M, Kawasaki Y, Korenaga M, Murata K, Kanto T, Mizokami M, Masaki N.
    Pretreatment serum levels of interferon-gamma-inducible protein-10 are associated with virologic response to telaprevir-based therapy.
    Cytokine. 88:29-36, 2016.
  3. Matsunami K, Nishida N, Kaneko N, Ikeo K, Toyo-Oka L, Takeuchi H, Matsuura K, Tamori A, Nomura H, Yoshiji H, Imamura M, Masaki N, Hayakawa T, Ide T, Shimada N, Ikeda F, Hino K, Nishiguchi S, Okuse C, Nojiri S, Sawamoto K, Tokunaga K, Joh T, Tanaka Y.
    Genome-Wide Association Study Identifies ZNF354C Variants Associated with Depression from Interferon-Based Therapy for Chronic Hepatitis C.
    PLoS One. 11(10):e0164418, Oct 10, 2016.
  4. Kawashima M, Hitomi Y, Aiba Y, Nishida N, Kojima K, Kawai Y, Nakamura H, Tanaka A, Zeniya M, Hashimoto E, Ohira H, Yamamoto K, Abe M, Nakao K, Yamagiwa S, Kaneko S, Honda M, Umemura T, Ichida T, Seike M, Sakisaka S, Harada M, Yokosuka O, Ueno Y, Senju M, Kanda T, Shibata H, Himoto T, Murata K, Miyake Y, Ebinuma H, Taniai M, Joshita S, Nikami T, Ota H, Kouno H, Kouno H, Nakamuta M, Fukushima N, Kohjima M, Komatsu T, Komeda T, Ohara Y, Muro T, Yamashita T, Yoshizawa K, Nakamura Y, Shimada M, Hirashima N, Sugi K, Ario K, Takesaki E, Naganuma A, Mano H, Yamashita H, Matsushita K, Yamauchi K, Makita F, Nishimura H, Furuta K, Takahashi N, Kikuchi M, Masaki N, Tanaka T, Tamura S, Mori A, Yagi S, Shirabe K, Komori A, Migita K, Ito M, Nagaoka S, Abiru S, Yatsuhashi H, Yasunami M, Shimoda S, Harada K, Egawa H, Maehara Y, Uemoto S, Kokudo N, Takikawa H, Ishibashi H, Chayama K, Mizokami M, Nagasaki M, Tokunaga K, Nakamura M.
    Genome-wide association studies identify PRKCB as a novel genetic susceptibility locus for primary biliary cholangitis in the Japanese population.
    Hum Mol Genet. 26(3):650-659, 2017.
  5. Ide K, Sato I, Imai T, Hawke P, Yamada H, Kawasaki Y, Masaki N.
    Comparison of the safety profile of pegylated interferon α-2a and α-2b administered in combination with ribavirin for chronic hepatitis C infection: A real-world retrospective cohort study.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin. 39(12): 060-2065, 2016.
  6. Ide K, Kawasaki Y, Iketani R, Masaki N.
    Risk factors for treatment discontinuation caused by adverse events when using teraprevir, peginterferon and ribavirin to treat chronic hepatitis C: A real-world retrospective cohort study.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin, in press.
  7. Iketani R, Ide K, Yamada H, Kawasaki Y, Masaki N.
    The safety profile of telaprevir-based triple therapy in clinical practice: A retrospective cohort study.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin, in press.
  8. Akutagawa M, Kawasaki Y, Kawasaki A, Ide K, Yamada H, Masaki N.
    Cost-outcome description of PEG-IFN-α2b+RBV for hepatitis C: Results based on the interferon database.
    Biological and Pharmaceutical Bulletin, in press.

原著論文-和文

  1. 北山 裕子, 正木 尚彦.
    肝疾患相談・支援センター相談員研修会のプログラム開発に向けて—研修会参加者の課題より—.
    肝臓. (in press)

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Masaki N, Korenaga M, Yanase M, Nozaki Y, Mikami S, Aoki Y, Imamura M, Murata K, Kanto T, Mizokami M.
    Effects of interferon-free treatment on serum cholesterol levels are different between the two sofosbuvir-based regimens in chronic HCV-infected patients.
    The 67th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases. Boston, MA, Nov 11-15, 2016.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 飯塚 俊彦.
    肺腺癌および周囲肺組織における長鎖非コードRNA MALAT-1の発現.
    第105回日本病理学会総会. 仙台, 5月, 2016.
  2. 中村 ハルミ.
    卵巣莢膜細胞腫に転移した虫垂原発腺癌の1例.
    第105回日本病理学会総会. 仙台, 5月, 2016.
  3. 中村 ハルミ.
    非浸潤性小葉癌成分がアポクリンへの分化を示した浸潤性小葉癌の一例.
    第62回日本病理学会秋期特別総会. 金沢, 11月, 2016.
  4. 中村 ハルミ, 杉浦 良子.
    乳癌におけるアンドロゲン受容体の免疫組織学的発現頻度.
    第75回日本癌学会学術総会. 横浜, 10月, 2016.
  5. 川口 港.
    運動神経伝導検査におけるMartin Gruber吻合の検出率と方法.
    第44回国臨協関信支部学会. 9月, 2016.
  6. 木村 早希.
    僧帽弁逸脱症における感染性心内膜炎を起因とした症例の比較検討.
    第44回国臨協関信支部学会. 9月, 2016.
  7. 江口 千尋.
    エポック用測定カード C-plusの性能評価.
    第48回日本臨床検査自動化学会. 9月, 2016.
  8. 田村 沙枝子.
    クイックチェイサーIMPを用いたメタロβラクタマーゼ検出法について.
    第28回臨床微生物学会総会学術集会. 1月, 2017.
  9. 永井 正樹.
    L2400の使用経験.
    ルミパルスフォーラム. 2月, 2017.
  10. 正木 尚彦, 川崎 洋平, 考藤 達哉, 溝上 雅史.
    C型肝炎インターフェロン治療の完遂率・著効率における地域間差に関する検討.
    第20回日本肝臓学会大会(JDDW2016). 神戸, 11月, 2016.
  11. 正木 尚彦.
    B型肝炎.
    第41回日本肝臓学会東部会. 平成28年度日本肝臓学会後期教育講演会, 新宿, 12月, 2016.

著書・総説

単行本-和文

  1. 正木 尚彦.
    肝炎ウイルス検査.
    健康診断と検査がすべて分かる本. 第2版, 矢冨裕 野田光彦 編著, 時事通信社, pp108-111, 東京, 2月, 2017.

その他

座長

  1. 永井 正樹.
    チーム医療のさらなる推進へ!
    2016年度日本医学検査学会. 9月, 2016.
  2. 手塚 俊介.
    生化学分野.
    第48回日本臨床検査自動化学会. 9月, 2016.
  3. 前澤 直樹.
    ISO 15189からみた血液ガス分析.
    第48回日本臨床検査自動化学会. 9月, 2016.
  4. 永井 正樹.
    生理機能検査室における臨床検査室認定取得のポイント.
    東京都医学検査学会. 10月, 2016.

講演

  1. 永井 正樹.
    国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.
  2. 永井 正樹.
    ルミパルスフォーラム. 2月, 2017.
  3. 永井 正樹.
    福岡県病院会第1回臨床検査研修会. 2月, 2017.
  4. 植松 明和.
    神奈川県臨床検査技師会 脳波・筋電図専門グループ研修会. 7月, 2016.
  5. 植松 明和.
    第9回臨床神経生理技術講習会. 7月, 2016.
  6. 植松 明和.
    2016年度日臨技関甲信・首都圏支部生理検査研究班研修会. 8月, 2016.

院外研修等

永井 正樹

  • ISO 15189 審査員研修会. 6-7月, 2016.
  • 日本適合性認定協会 ISO 15189審査員研修会. 11月, 2016.

前澤 直樹

  • ISO 15189 審査員研修会. 8月, 2016.
  • 日本適合性認定協会 ISO 15189審査員研修会. 11月, 2016.

植松 明和

  • 神奈川県臨床検査技師会 脳波・筋電図専門グループ研修会. 7月, 2016.
  • 2016年度日臨技関甲信・首都圏支部生理検査研究班研修会. 8月, 2016.

三上 陽子

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

大西 文香

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

後藤 みどり

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

田村 沙枝子

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

熊野 寿世

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

松本 聖也

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

岩田 久仁子

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

小山 綾子

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

新谷 幸子

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

平木 三穂

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

大塚 梨沙

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

鳥羽 希和子

  • 国立病院機構関東信越グループ 臨床検査技師ボトムアップ研修. 5月, 2016.

花井 亜莉沙

  • 日本静脈経腸栄養学会認定 NST臨床実地修練 前期. 6月, 2016.

朝比奈 大輔

  • 平成28年度 主任臨床検査技師育成研修. 10月, 2016.

課外役員・委員等

永井正樹

  • 国立病院臨床検査技師長協議会 会長
  • 国立病院臨床検査技師長協議会関東信越支部 会長
  • 国立病院臨床検査技師協会 役員推薦委員
  • 国立病院臨床検査技師協会 検査相談コーナー(室)設置推進委員会 委員
  • 日本臨床衛生検査技師会 メディカルスタッフ業務推進WG 委員
  • 日本臨床衛生検査技師会 診療報酬委員会 委員
  • 日本臨床衛生検査技師会 診療報酬制度小委員会 委員
  • 日本臨床検査自動化学会 査読委員
  • ISO 15189 技術審査員

前澤 直樹

  • 国立病院臨床検査技師協会 副会長
  • 国立病院臨床検査技師協会 臨床検査部門標準化推進委員会 委員長
  • ISO 15189 技術審査員

村田 行則

  • 国立病院臨床検査技師協会 常任理事
  • 公益社団法人 日本臨床細胞学会 細胞検査士会 総務委員会委員
  • NPO法人セルサイト 理事
  • NPO法人ラオスの病理を支援する会 監事

手塚 俊介

  • 国立病院臨床検査技師協会関東信越支部東京山梨地区会 委員
  • 国立病院臨床検査技師協会 臨床検査試薬共同入札・標準化 委員
  • 国臨協関信支部ルーチンアドバイザー 委員(RA) 血液部門

植松 明和

  • 日本超音波検査学会 評議委員
  • 日本臨床神経生理学会 評議委員
  • ISO 15189 技術審査員

真鍋 義弘

  • 国立病院臨床検査技師協会関東信越支部 常任理事
  • 国臨協関信支部ルーチンアドバイザー 委員(RA) 輸血部門

大城 雄介

  • 国臨協関信支部ルーチンアドバイザー 委員(RA) 一般部門

新谷 和之

  • 国立病院臨床検査技師協会 常任理事
  • 国臨協関信支部ルーチンアドバイザー 委員(RA) システム部門
  • 国立病院臨床検査技師協会 臨床検査試薬共同入札・標準化委員会 委員

西村 とき子

  • ISO 15189 技術審査員