メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 部門 > 医療教育部門 > 臨床研修 > 歯科プログラム

初期研修
トップ画像

研修プログラム

歯科プログラム(定員2名)

歯科医師としての基本的知識と技術、そしてのぞましい態度と習慣の習得を目標とするプログラム

当科は地域の診療機関との病診連携のもと、外傷、炎症、嚢胞、顎変形症、顎関節症、腫瘍などのほか、HIVや結核などの感染症患者など、様々な歯科・口腔外科疾患患者が多数紹介受診するなどの特徴をもつ。
一方、総合臨床病院の歯科口腔外科として、さまざまな基礎疾患を有する患者の歯科治療のみにとどまらず、周術期はもちろん、救急病棟やICUなどに入院中の患者への口腔管理や栄養サポートチームや呼吸ケアチーム、緩和ケアチームへの参加など多岐にわたり、他科と密接に連携し診療を行っている。また、顎変形症患者の手術前後のレーザー三次元顎顔面形態分析や歯周組織の再生医療、レーザーを用いた顎口腔領域に発生する血管腫治療などの高度医療やBRONJやKCOTなどに関する臨床研究も積極的に推進している。
単なる受け身の歯科医師ではなく、全身を視野に入れた顎口腔領域の専門医としてのベースラインを学ぶと共に、より実戦的な診療能力や応用力を身につけることを目標とする。また知的好奇心を維持・発展させるため定期的に抄読会や症例検討会、勉強会を行っており、研修の一環として学会への参加及び発表も行う。

 

丸岡
プログラム責任者

 丸岡 豊

一年次

指導医と共に、外来診療、病棟診療、手術に参加し、歯科口腔外科診療における基本的知識と技術とともに、総合病院の中での「顎口腔領域の専門医」としての立場を理解し、そのベースラインを修得する。与えられるのを待つのではなく自発的に勉強を進める姿勢を確立する。

外来 初診患者の診断法(診療録の作成、病歴聴取、現症記載、口腔顎顔面写真撮影、X 線写真撮影、バイタルサインの見分け方、各種臨床検査法、診断及び治療計画の立案、インフォームド・コンセントなど)、治療(基本的な保存修復治療、歯周治療、歯内治療、補綴治療、口腔外科治療など)
病棟 入院患者の術前評価(病歴聴取、現症記載、各種術前検査の意義・解釈・実施、手術術式の検討)入院患者の全身管理(静脈注射・点滴・導尿などの各種基本手技、術後創傷処置法、薬物療法、術後全身管理法など)周救急病棟やICUなどに入院中の患者、周術期の患者への口腔管理や栄養サポートチームや呼吸ケアチームへの参加を積極的に行い、口腔管理の経験を積む。
手術室 手洗い法、ガウンテクニック、感染予防の知識手技、手術見学、手術介助、全身麻酔法の見学など。

二年次

第1 年次の研修を踏まえて、配当患者を診療し、臨床研修を行う。

外来 保存系、補綴系、口腔外科系治療の基本的な技術の習得をめざす。
病棟 入院患者の担当医など歯科口腔外科チーム医療の一員として治療に参加するとともに、入院中や周術期の患者の口腔管理の計画を立て、それを実践する。
手術室 手術に参加する機会を積極的に与え、簡単な手術には術者として参加する。

院内・および院外研修:当センター麻酔科、救急部、国府台病院歯科における長期研修を行う。災害拠点病院としての研修も必須である。また院外研修や地域医療連携の一環として当科OBの歯科医院への院外実習も行っている。

研修歯科医評価

設定された到達目標に対する達成度を研修医の自己評価および複数の指導医による客観的評価、さらに研修修了発表や口頭試問、レポート提出などを総合的に評価し、認定する。

研修医からのメッセージ


byoin1.jpg

当院の歯科プログラムでは1 年次では全身疾患を学び、2 年次にその経験を最大限に生かし麻酔科、救急科をローテーションします。医科・歯科連携の重要性を体で実感できる病院歯科ならではの魅力があります。また、医局内はとても仲が良く、上級医の先生方に親身に指導していただける贅沢な環境です。同期とは切磋琢磨しながら医科・歯科の垣根を越えた関係を築けます。まずは一度見学にいらして、当院の雰囲気を感じてみてください。一緒に働ける日を心より楽しみにしています。