メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > センター > 救命救急センター > 研究実績・活動実績 > 2014年度発表論文等一覧

2014年度発表論文等一覧

原著論文−英文

  1. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Kajio H, Kishimoto M, Noto H, Hachiya R, Kimura A, Kakei M, Noda M.
    Seasonal variations of severe hypoglycemia in patients with type 1 diabetes mellitus, type 2 diabetes mellitus, and non-diabetes mellitus: clinical analysis of 578 hypoglycemia cases.
    Medicine. 93(23):e148, 2014.
  2. Nakao S, Kimura A, Hagiwara Y, Hasegawa K.
    Trauma airway management in emergency departments: a multicentre, prospective, observational study in Japan.
    BMJ Open. 5:e006623, 2015.
  3. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Kajio H, Kishimoto M, Noto H, Hachiya R, Kimura A, Kakei M, Noda M.
    Prediction of 90-day mortality in patients without diabetes by severe hypoglycemia: blood glucose level as a novel marker of severity of underlying disease Acta Diabetol. 52(2):307-14, 2015.
  4. Uemura H, Hayakawa K, Shimada K, Tojo M, Nagamatsu M, Miyoshi-Akiyama T, Tamura S, Mesaki K, Yamamoto K, Yanagawa Y, Sugihara J, Kutsuna S, Takeshita N, Shoda N, Hagiwara A, Kirikae T, Ohmagari N.
    Parvimonas micra as a causative organism of spondylodiscitis: a report of two cases and a literature review.
    Int J Infect Dis. 23:53-5, 2014.
  5. Katsuma A, Hinoshita F, Masumoto S, Hagiwara A, Kimura A.
    Acute renal failure following exposure to metallic mercury.
    Clin Nephrol. 82(1):73-6, 2014.
  6. Hagiwara A, Kimira A, Sasaki R, Kobayashi K and Sato T.
    Monitoring Variations in Stroke Volume Enables Precise Evaluation of Fluid Resuscitation in Patients with Septic Shock on Pressure Support Ventilation.
    Austin J Emergency & Crit Care Med. 2(1):1012, 2015.

原著論文−和文

  1. 池田 桂子, 木村 昭夫, 萩原 章嘉, 新保 卓郎.
    アナフィラキシー患者における二相性反応についての後ろ向き研究.
    日救急医会関東誌. 35(2):221-205, 2014.
  2. 鈴木 貴明, 稲垣 剛志, 伊中 愛貴, 小林 憲太郎, 佐々木 亮, 萩原 章嘉, 木村 昭夫.
    重症敗血症に副腎不全を合併した1例.
    日本救急医学会関東地方会雑誌. 3 5(2):316-320, 2014.

口頭・ポスター発表 国際学会・研究会

  1. Kimura A, Tanaka H, Kikuno T, Ichikawa M, Nakahara S, Koido Y, Wada T, Nakao S.
    Promotion of injury surveillance system and trauma care education in Lao PDR.
    International Conference on Emergency Medicine. Hongkong, China, Jun, 2014.
  2. Ryo Sasaki, Akio Kimura, Hideki Sakahira, Kouichiro Sueyoshi, Asuka Tsuchiya, Naoyuki Hashiguchi, Nobuhiko Beika, Mamoru Miyajima, Shuhei Yamano.
    for the PROTEQT study investigators. Prophylaxis of Tetanus by Quick Test (PROTEQT) -an interim study report-.
    The 15th International Conference on Emergency Medicine (ICEM 2014), Hong Kong, Jun, 2014.
  3. Inagaki T, Kimura A, Hagiwara A, Sasaki R, Kobayashi K, Inaka A, Makishi G.
    A clinical decision rule for cervical magnetic resonance imaging for suspected cervical spinal cord injury without bony injury is useful in predicting severity of cervical stenosis.
    The 35th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine. Brussels, Belgium, Mar, 2015.

口頭・ポスター発表 国内学会・研究会

  1. 木村 昭夫.
    外傷診療の充実に向けた医療の連携と今後果たすべき課題(シンポジウムII).
    第16回日本救急看護学会学術集会. 大阪, 10月, 2014.
  2. 佐々木 亮, 木村 昭夫, 坂平 英樹, 末吉 孝一郎, 土谷 飛鳥, 橋口 尚幸, 米花 伸彦, 宮島 衛, 山野 修平.
    Prophylaxis of Tetanus by Quick Test (PROTEQT) study 第2報.
    第28回日本外傷学会学術集会. 東京, 6月, 2014.
  3. 植村 樹, 木村 昭夫, 佐々木 亮, 小林 憲太郎, 佐藤 琢紀, 真山 剛.
    偶発性低体温症患者の予後予測モデルの提案.
    第42回日本集中治療医学会学術集会. 東京, 2月, 2015.
  4. 小林 憲太郎, 木村 昭夫, 萩原 章嘉, 佐々木 亮, 伊中 愛貴, 稲垣 剛志, 中尾 俊一郎, 植村 樹, 長島 彩子.
    新たな簡易薬物スクリーニングキットTriage TOX Screenの使用経験とその有用性についての研究.
    第36回日本中毒学会総会・学術集会. 東京, 7月, 2014.
  5. 井上 浩輔, 萩原 章嘉, 竹内 廉, 古川 恵太朗, 大曲 貴夫, 木村 昭夫.
    敗血症性髄膜炎にたこつぼ型心筋症を合併した1例.
    日本内科学会関東地方会612回. 東京, 2月, 2015
  6. 山本 真也, 木村 昭夫, 萩原 章嘉, 佐々木 亮, 小林 憲太郎, 伊中 愛貴, 稲垣 剛志, 鈴木 貴明.
    治療に難渋した易出血性のシリコン肉芽腫の一例.
    第42回日本救急医学会. 福岡, 10月, 2014
  7. 谷崎 隆太郎, 館野 丈太郎, 萩原 章嘉, 木村 昭夫.
    レジオネラ迅速尿中抗原検査が陰性であった重症レジオネラ肺炎の1例 レジオネラ症の診断方法についての考察.
    第42回日本救急医学会. 福岡, 10月, 2014
  8. 廣瀬 恵佳, 溝上 哲也, 木村 昭夫, 小林 憲太郎, 佐藤 琢紀, 伊中 愛貴, 稲垣 剛志, 中尾 俊一郎, 植村 樹, 長島 彩子, 萩原 章嘉.
    救急専門医養成プログラムのおける臨床疫学研修の意義.
    第42回日本救急医学会. 福岡, 10月, 2014
  9. 舘野 丈太郎, 小倉 裕司, 嶋津 岳士, 鈴木 貴明, 萩原 章嘉, 木村 昭夫, 新保 卓郎.
    外傷患者における静脈血栓症に関する新たなリスク評価基準の提案.
    第42回日本救急医学会. 福岡, 10月, 2014
  10. 長島 彩子, 木村 昭夫, 萩原 章嘉, 佐々木 亮, 小林 憲太郎.
    対象患者の選択基準を明確にしたMorbidity & Mortalityカンファレンスの取り組み.
    第42回日本救急医学会. 福岡, 10月, 2014

著書・総説

単行本−和文

  1. 木村 昭夫.
    外傷総論.標準救急医学(第5版).
    日本救急医学会監修, 医学書院, 東京, p361-367, 2014.
  2. 木村 昭夫.
    救急外来におけるClinical prediction/decision rule.
    脳神経外科プラクティス4 神経救急診療の進め方, 文光堂, 東京, p74-76, 2014.
  3. 田中 裕, 木村 昭夫, 他〔編集〕.
    外傷専門診療ガイドラインJETEC, 日本外傷学会監修.へるす出版, 東京, 2014.
  4. 佐々木 亮.
    熱傷.
    当直医のための小児救急ポケットマニュアル. 五十嵐隆監修, 中山書店, 東京, p329-334, 2014.
  5. 佐々木 亮.
    破傷風.
    今日の診断指針第7版. 金沢一郎監修, 医学書院, 東京, 2015
  6. 植村 樹.
    低体温.
    今日の治療指針. 福井次矢他編集, 医学書院, 東京, p990-991, 2015.
  7. 小林 憲太郎.
    乱用薬物中毒 (覚せい剤, 大麻及び危険ドラッグ, 麻薬).
    今日の治療指針 2015年版. 山口徹監修, 医学書院, 東京, p141-143, 2015.

総説-和文

  1. 木村 昭夫.
    救命救急センターと総合救急外来のコラボレーション.
    Current Therapy, 32(8):45-47, 2014.
  2. 稲垣 剛志, 萩原 章嘉.
    痙攣重積状態の治療におけるホスフェニトインの役割.
    神経救急・脳神経外科周術期におけるてんかん発作の管理. 中里信和総監修, ライフ・サイエンス, 東京, p57-59, 2015
  3. 小林 憲太郎.
    危険ドラッグの現状.
    救急医学第39巻3号. へるす出版, 東京, p360-365, 2015.
  4. 萩原 將太郎, 真鍋 義弘, 桝谷 法生, 小林 憲太郎, 源 名保美, 箕浦 茂樹.
    分娩室における緊急輸血シミュレーションの意義.
    周産期医学第44巻5号. 東京医学社, 東京, p637-642, 2014.
  5. 伊中 愛貴, 萩原 章嘉.
    FFP輸血.
    救急・集中治療 26巻7号. 総合医学社, 東京, p1122-1126

その他