メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > センター > 救命救急センター > 研究実績・活動実績 > 2016年度発表論文等一覧

2016年度発表論文等一覧

原著論文−英文

  1. Kimura A, Kobayashi K, Yamaguchi H, Takahashi T, Harada M, Honda H, Mori Y, Hirose K, Tanaka N.
    New clinical decision rule to exclude subarachnoid haemorrhage for acute headache: a prospective multicenter observational study.
    BMJ open. 6:e010999, 2016.
  2. Hagiwara A, Kushimoto S, Kato H, Sasaki J, Ogura H, Matsuoka T, Uejima T, Hayakawa M, Takeda M, Kaneko N, Saitoh D, Otomo Y, Yokota H, Sakamoto T, Tanaka H, Shiraishi A, Morimura N, Ishikura H.
    Can Early aggressive administration of fresh frozen plasma improve outcomes in patients with severe blunt trauma?--A Report by the Japanese Association for the Surgery of Trauma.
    Shock. 45(5):495-501, 2016.
  3. Hagiwara A, Tanaka N, Uemura T, Matsuda W, Kimura A.
    Can recombinant human thrombomodulin increase survival among patients with severe septic-induced disseminated intravascular coagulation: a single-centre, open-label, randomised controlled trial.
    BMJ Open. 6(12):e012850, Dec 30, 2016.
  4. Suzuki T, Kimura A, Sasaki R, Uemura T.
    A survival prediction logistic regression models for blunt trauma victims in Japan.
    Acute Medicine & Surgery. 4(1): 52-56, 2017.
  5. Wada T, Hagiwara A, Uemura T, Yahagi N, Kimura A.
    Early lactate clearance for predicting active bleeding in critically ill patients with acute upper gastrointestinal bleeding: a retrospective study.
    Intern Emerg Med. 11(5):737-43, 2016.
  6. Hayakawa M, Maekawa K, Kushimoto S, Kato H, Sasaki J, Ogura H, Matauoka T, Uejima T, Morimura N, Ishikura H, Hagiwara A, Takeda M, Kaneko N, Saitoh D, Kudo D, Kanemura T, Shibusawa T, Furugori S, Nakamura Y, Shiraishi A, Murata K, Mayama G, Yaguchi A, Kim S, Takasu O, Nishiyama K.
    High d-dimer level predicts a poor outcome in patients with severe trauma, even with high fibrinogen levels on arrival: a multicenter retrospective study.
    Shock. 45(3):308-14, 2016.
  7. Endo A, Shiraishi A, Otomo Y, Kushimoto S, Saitoh D, Hayakawa M, Ogura H, Murata K, Hagiwara A, Sasaki J, Matsuoka T, Uejima T, Morimura N, Ishikura H, Takeda M, Kaneko N, Kato H, Kudo D, Kanemura T, Shibusawa T, Hagiwara Y, Furugori S, Nakamura Y, Maekawa K, Mayama G, Yaguchi A, Kim S, Takasu O, Nishiyama K.
    Development of novel criteria of the "Lethal Triad" as an indicator of decision making in current trauma care: a retrospective multicenter observational study in Japan.
    Crit Care Med. 44(9):e797-803, 2016.
  8. Nakamura Y, Ishikura H, Kushimoto S, Kiyomi F, Kato H, Sasaki J, Ogura H, Matsuoka T, Uejima T, Morimura N, Hayakawa M, Hagiwara A, Takeda M, Kaneko N, Saitoh D, Kudo D, Maekawa K, Kanemura T, Shibusawa T, Hagihara Y, Furugori S, Shiraishi A, Murata K, Mayama G, Yaguchi A, Kim S, Takasu O, Nishiyama K.
    Fibrinogen level on admission is a predictor for massive transfusion in patients with severe blunt trauma: Analyses of a retrospective multicentre observational study.
    Injury. 48(3):674-679. 2017.
  9. Kudo D, Kushimoto S, Shiraishi A, Ogura H, Hagiwara A, Saitoh D, J-OCTET Investigators.
    The impact of preinjury antithrombotic medication on hemostatic interventions in trauma patients.
    Am J Emerg Med. 35(1):62-65, 2017.
  10. Wada T, Nakahara S, Bounta B, Phommahaxay K, Phonelervong V, Phommachanh S, Mayxay M, Manivong T, Phoutsavath P, Ichikawa M, Kimura A.
    Road traffic injury among child motorcyclists in Vientiane Capital, Laos: a cross-sectional study using a hospital-based injury surveillance database.
    Int J Inj Contr Saf Promt. 24(2):152-157, 2017.

原著論文−和文

  1. 萩原 章嘉, 久志本 成樹, 加藤 宏, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 早川 峰司, 武田 宗和, 金子 直之, 齋藤 大蔵, 大友 康裕, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 白石 淳.
    初療早期より新鮮凍結血漿を積極的に投与することで重症外傷の予後を改善できるか.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):358-396, 2016.
  2. 前川 邦彦, 早川 峰司, 久志本 成樹, 萩原 章嘉, 齋藤 大蔵, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 大友 康裕, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 白石 淳, 工藤 大介, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 村田 希吉, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    外傷患者の病院死亡に関連する受傷24時間後のヘモグロビン、血小板、フィブリノゲンのカットオフ値の同定.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):412-418, 2016.
  3. 植嶋 利文, 白石 淳, 久志本 成樹, 早川 峰司, 萩原 章嘉, 齋藤 大蔵, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 大友 康裕, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 工藤 大介, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 前川 邦彦, 村田 希吉, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝, 村尾 佳則.
    頭部単独外傷におけるトラネキサム酸の生命予後に対する効果の検証 傾向スコア解析による検討.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):405-411, 2016.
  4. 白石 淳, 久志本 成樹, 大友 康裕, 齋藤 大蔵, 村田 希吉, 早川 峰司, 植嶋 利文, 金子 直之, 萩原 章嘉, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 加藤 宏, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 工藤 大介, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 前川 邦彦, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    トラネキサム酸の早期投与は日本の外傷診療においても外傷死を減少させていた 傾向スコア解析による検討.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):397-404, 2016.
  5. 遠藤 彰, 白石 淳, 久志本 成樹, 大友 康裕, 齋藤 大蔵, 早川 峰司, 小倉 裕司, 村田 希吉, 萩原 章嘉, 佐々木 淳一, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 工藤 大介, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 前川 邦彦, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    治療指針としての『外傷死の三徴』の有用性の検証と新基準の提案.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):419-423, 2016.
  6. 久志本 成樹, 工藤 大介, 早川 峰司, 萩原 章嘉, 齋藤 大蔵, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 大友 康裕, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 白石 淳, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 前川 邦彦, 村田 希吉, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    血漿/赤血球比≧1の輸血療法による早期に輸血を要する重症外傷に対する臨床的効果 多施設共同後向きコホート研究.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):376-384, 2016.
  7. 工藤 大介, 久志本 成樹, 白石 淳, 大友 康裕, 齋藤 大蔵, 早川 峰司, 萩原 章嘉, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 村田 希吉, 遠藤 彰, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 前川 邦彦, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    頭部外傷非合併重症外傷における抗凝固薬・抗血小板薬内服の止血的介入への影響.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):370-375, 2016.
  8. 渋沢 崇行, 佐々木 淳一, 仲村 佳彦, 石倉 宏恭, 植嶋 利文, 小倉 裕司, 加藤 宏, 金子 直之, 齋藤 大蔵, 武田 宗和, 矢口 有乃, 萩原 章嘉, 早川 峰司, 松岡 哲也, 古郡 慎太郎, 森村 尚登, 遠藤 彰, 白石 淳, 村田 希吉, 大友 康裕, 金 史英, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 工藤 大介, 久志本 成樹.
    本邦における超高齢者の外傷急性期凝固線溶動態.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):365-369, 2016.
  9. 早川 峰司, 前川 邦彦, 久志本 成樹, 萩原 章嘉, 齋藤 大蔵, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 大友 康裕, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 白石 淳, 工藤 大介, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 村田 希吉, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    重症頭部単独外傷患者における播種性血管内凝固症候群の発症に組織低灌流は必須ではない.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):356-364, 2016.
  10. 仲村 佳彦, 石倉 宏恭, 久志本 成樹, 早川 峰司, 萩原 章嘉, 齋藤 大蔵, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 白石 淳, 工藤 大介, 前川 邦彦, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 村田 希吉, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    来院時凝固・線溶系マーカーによる大量輸血予測 フィブリノーゲン値による予測の可能性.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):348-355, 2016.
  11. 村田 希吉, 大友 康裕, 久志本 成樹, 齋藤 大蔵, 金子 直之, 武田 宗和, 白石 淳, 遠藤 彰, 早川 峰司, 萩原 章嘉, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 加藤 宏, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 工藤 大介, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 前川 邦彦, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    病院前輸液は外傷性血液凝固障害のリスク因子である.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):341-347, 2016.
  12. 早川 峰司, 前川 邦彦, 久志本 成樹, 萩原 章嘉, 齋藤 大蔵, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 大友 康裕, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 白石 淳, 工藤 大介, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 村田 希吉, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    重症外傷患者における搬入時のD-dimer高値はフィブリノゲン値に関係なく予後不良を示唆する.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):331-340, 2016.
  13. 久志本 成樹, 早川 峰司, 萩原 章嘉, 齋藤 大蔵, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 武田 宗和, 金子 直之, 加藤 宏, 大友 康裕, 横田 裕行, 坂本 照夫, 田中 裕, 白石 淳, 工藤 大介, 金村 剛宗, 渋沢 崇行, 萩原 靖, 古郡 慎太郎, 仲村 佳彦, 前川 邦彦, 村田 希吉, 真山 剛, 矢口 有乃, 金 史英, 高須 修, 西山 和孝.
    外傷急性期凝固線溶動態に関する多施設共同研究(J-OCTET)の概要.
    日本外傷学会雑誌. 30(3):321-330, 2016.

口頭・ポスター発表 国際学会・研究会

  1. Kimura A.
    Experiences of National Center for Global Health and Medicine about International Cooperation in the Field of Emergency Medicine and Trauma Care.
    6th International Conference on Emergency Medicine. Cape Town, South Africa, Apr, 2016.
  2. Kimura A.
    Difficulties in International Assistance for EMS System Development, Japanese Experience.
    4th Asian EMS Conference. Seoul, Korea, Aug, 2016.
  3. Suzuki T, Kimura A, Tanaka H, Sone E, Koseki H.
    How can we prevent more head injuries in Lao PDR?
    The 16th International Conference on Emergency Medicine. Cape Town, South Africa, Apr, 2016.
  4. Suzuki T, Kimura A.
    Development of Trauma Care system -Our Experience in Laos-
    The 3rd Global EMS Symposium. Seoul, Korea, Jun, 2016.

口頭・ポスター発表 国内学会・研究会

  1. 木村 昭夫, 鈴木 貴明.
    中等~重症意識障害のある鈍的外傷患者において、全身CT(WBCT)は死亡割合を低下させるか?
    第30回日本外傷学会・学術集会. 東京, 5月, 2016.
  2. 鈴木 貴明, 木村 昭夫.
    開発途上国における外傷患者データ登録システム普及の展望と課題.
    第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会. 郡山, 5月, 2016.
  3. 小林 憲太郎, 佐藤洋佑, 佐々木 亮, 萩原 章嘉, 木村 昭夫.
    危険ドラッグはどうなったのか?
    第38回日本中毒学会総会・学術集会. 新潟, 7月, 2016.
  4. 林 奈優佳, 小林 憲太郎, 廣瀬 恵佳, 井上 悠太郎, 佐々木 亮, 萩原 章嘉, 木村 昭夫.
    難治性ショックを呈したCa拮抗薬中毒の一例.
    第38回日本中毒学会総会・学術集会. 新潟, 7月, 2016.
  5. 松田 航, 木村 昭夫, 萩原 章嘉, 佐々木 亮, 小林 憲太郎, 佐藤 琢紀, 稲垣 剛志, 植村 樹, 廣瀬 恵佳, 鈴木 貴明.
    当救命センターに搬送された敗血症患者におけるqSOFAスコアの検討.
    第44回日本救急医学会総会・学術集会. 東京, 11月, 2016.
  6. 稲垣 剛志, 眞喜志 剛, 萩原 章嘉, 小林 憲太郎, 佐々木 亮, 田中 茂, 木村 昭夫.
    救急医学研究を発展させるために 頭頸部外傷患者における頸椎CT撮影のclinical decision ruleに関する前向き観察研究.
    第44回日本救急医学会総会・学術集会. 東京, 11月, 2016.
  7. 佐藤 琢紀, 稲垣 剛志, 植村 樹, 長島 彩子, 山口 均, 本田 英喜, 高橋 毅, 森 義雄, 福岡 敏雄, 木村 昭夫.
    めまい患者診療における中枢性めまいの見逃しを回避する判断基準の作成.
    第44回日本救急医学会総会・学術集会. 東京, 11月, 2016.
  8. 植村 樹, 佐藤 雄, 稲垣 剛志, 鈴木 貴明, 堀江 智子, 矢野 秀朗, 萩原 章嘉, 木村 昭夫.
    手術・IVRを行うも救命できなかった肝門部損傷の一例.
    第43回外傷症例検討会. 東京, 11月, 2016.
  9. 井上 悠太郎, 佐々木 亮, 林 奈優佳, 萩原 章嘉, 木村 昭夫.
    重症ARDS患者に対しステロイド投与が著効した1救命例.
    第67回日本救急医学会関東地方会・学術集会. 栃木, 2月, 2017.
  10. 廣瀬 恵佳, 小林 憲太郎, 井上 悠太郎, 林 奈優佳, 松田 航, 佐々木 亮, 萩原 章嘉, 木村 昭夫.
    ランジオロール投与が奏効した一般用医薬品中毒の一例.
    第67回日本救急医学会関東地方会・学術集会. 栃木, 2月, 2017.
  11. 山本 真貴子, 植村 樹, 牧野内 龍一郎, 木村 昭夫.
    One shot angiographyが早期診断に有用であった左膝窩静脈損傷の一例.
    第67回日本救急医学会関東地方会, 学術集会. 栃木, 2月, 2017.
  12. 林 奈優佳, 小林 憲太郎, 稲垣 剛志, 木村 昭夫.
    複合的な原因から心停止に陥り、その後の治療にも難渋した1救命例.
    第67回日本救急医学会関東地方会学術集会. 栃木, 2月, 2017.
  13. 山﨑 大輔, 植村 樹, 牧野内 龍一郎, 木村 昭夫.
    重症頭部外傷を合併したFrankel分類B脊髄損傷の一例.
    第67回日本救急医学会関東地方会学術集会. 栃木, 2月, 2017.
  14. 松田 航, 木村 昭夫, 鈴木 貴明, 廣瀬 恵佳, 植村 樹, 佐藤 拓紀, 小林 憲太郎, 佐々木 亮.
    持続的栄養投与により改善する肝障害を生じた神経性食思不振症2例の検討.
    第44回集中治療医学会学術集会.札幌, 3月, 2017.
  15. 松田 航, 木村 昭夫, 鈴木 貴明, 廣瀬 恵佳, 植村 樹, 佐藤 拓紀, 小林 憲太郎, 佐々木 亮.
    qSOFAスコアによる臓器障害の予測 当院救命センター診療患者の後方視的検討.
    第44回集中治療医学会学術集会. 札幌, 3月, 2017.
  16. 村田 希吉, 大友 康裕, 白石 淳, 加藤 宏, 佐々木 淳一, 小倉 裕司, 松岡 哲也, 植嶋 利文, 森村 尚登, 石倉 宏恭, 早川 峰司, 萩原 章嘉, 武田 宗和, 金子 直之, 齋藤 大蔵, 久志本 成樹.
    外傷性凝固障害 最新の知見 J-OCTET報告 病院前輸液は外傷性血液凝固機能のリスク因子である.
    第30回日本外傷学会・学術集会. 東京, 5月, 2016
  17. 植村 樹, 室田 力, 鈴木 順子, 佐々木 亮, 海老原 卓志, 北原 学, 萬 弘子.
    当センターにおける災害医療e-learning導入の経験.
    第22回日本集団災害医学会学術集会. 名古屋, 2月, 2017.
  18. 武田 宗和, 太田 祥一, 上杉 泰隆, 鎌形 博展, 佐々木 亮, 依田 育士, 黒嶋 智美.
    一般市民と医療従事者が協働する災害時医療救護活動訓練.
    第22回日本集団災害医学会総会・学術集会. 名古屋, 2017.
  19. 上杉 泰隆, 太田 祥一, 鎌形 博展, 武田 宗和, 佐々木 亮, 依田 育士, 黒嶋 智美.
    災害医療訓練における評価方法の課題と展望.
    第22回日本集団災害医学会総会・学術集会. 名古屋, 2017.
  20. 武田 宗和, 太田 祥一, 佐々木 淳一, 渋沢 崇行, 佐々木 亮, 内田 康太郎, 長濱 誉佳, 助川 卓行, 山本 史郎.
    災害拠点病院が支援する地域医師会対象災害講習会.
    第22回日本集団災害医学会総会・学術集会. 名古屋, 2017.
  21. 佐藤 琢紀.
    初期診療担当の救急医のキモチ. アフタヌーンセミナー 喜怒哀楽「時短の為のチーム作り」
    第32回日本脳神経血管内治療学・会学術集会. 神戸, 2016.
  22. 林 奈優佳.
    原因不明のショック・心停止で搬送された83歳男性.
    新宿救急医療研究会. 東京, 7月, 2016.

著書・総説

単行本−和文

  1. 木村 昭夫, 佐々木 亮, 小林 憲太郎.
    アプローチの一般化に基づく救急科診療ことはじめ. 改訂第2版, へるす出版, 東京, 2012.
  2. 横田 順一朗, 木村 昭夫, 他.〔編集〕.
    改訂第5版外傷初期診療ガイドラインJATECTM. 日本外傷学会外傷研修コース開発委員会編集, へるす出版, 東京, 2016.
  3. 木村 昭夫.
    腎損傷.
    今日の治療指針. 福井次矢, 高木誠, 小室一成総編集, 医学書院, 東京, p66-67, 2016.
  4. 小林 憲太郎.
    消毒剤中毒(クレゾール、逆性石鹸).
    今日の治療指針. 福井次矢, 高木誠, 小室一成総編集, 医学書院, 東京, p138-139, 2016.

総説-英文

  1. Kimura A.
    Development of Trauma System in Japan.
    AsiaN EMS Journal. 2:4-6, 2016.

総説-和文

  1. 木村 昭夫.
    日本外傷学会, トップに聞く.
    次世代の救急医学と救急医療. 救急医学, 第41巻1号, へるす出版, 東京, p80-83, 2017.
  2. 小林 憲太郎.
    やっぱ言っとく! 医師から一言 その12.
    月刊消防. 第38巻6号, 東京法令出版, 東京, p96-97, 2016.
  3. 廣瀬 恵佳.木村 昭夫.
    ショック患者におけるPOCUS.
    ICUとCCU. 第41巻2号, 医学図書, 東京, p79-85, 2017
  4. 佐々木 亮, 武田 宗和, 内田 康太郎, 上杉 泰隆, 鎌形 博展, 川島 理恵, 黒嶋 智美, 田 育士, 太田 祥一.
    あの研究は今 災害医療救護訓練の科学的解析に基づく都市減災コあの研究は今.
    災害医療救護訓練の科学的解析に基づく都市減災コミュニティの創造に関する研究開発(解説). 第41巻1号, 救急医学, 東京, p107-112.

その他