メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > センター > 救命救急センター > 救急科専攻医(レジデント)募集 > 基幹研修施設:国立国際医療研究センター病院

基幹研修施設:国立国際医療研究センター病院

病院の機能・指導体制・実績など

救急科領域の病院機能

三次救急医療施設(救命救急センター)、災害拠点病院

指導者

専攻医指導医7名、救急科専門医9名、その他の専門診療科専門医師

救急車搬送件数

11,000/年(東京で6年連続最多)

救急外来受診者数

12,000人/年

研修体制

研修部門

救命救急センター(救急蘇生室2床、診察・観察用6床、独歩外来診察6室および病棟32床含む重症観察用13床)

研修領域と内容

  1. 救急蘇生室や救急外来における救急外来診療
  2. 病棟における重症患者に対するクリティカルケア、救急手技、処置
  3. 患者の当該科へ引き渡しや退院調整
  4. 救急医療の質の評価 ・安全管理
  5. 東京消防庁でのメディカルコントロール
  6. 臨床研究
  7. 災害医療
  8. 救急医療と医事法制
  9. 国際医療協力(条件を満たした場合)

研修の管理体制

救急科領域専門研修プログラム管理委員会による

身分保障など

  • 給与:基本給:時給2800円×勤務時間数(約35万円/月)、宿日直、時間外手当
  • 身分:診療医(後期研修医)
  • 勤務時間:8:30-17:15
  • 社会保険:労働保険、健康保険、厚生年金保険、雇用保険を適用
  • 宿舎:空き状況に応じて提供可能
  • 専攻医室:専攻医には、個人スペース(机、椅子、棚)が充てられる
  • 健康管理:年1回。その他各種予防接種
  • 医師賠償責任保険:各個人による加入を推奨
  • 臨床現場を離れた研修活動:日本救急医学会、日本救急医学会地方会、日本臨床救急医学会、日本集中治療医学会、日本集中治療医学会地方会、日本外傷学会、日本中毒学会、日本集団災害医学会など救急医学・救急医療関連医学会の学術集会への1回以上の参加ならびに報告を行う。参加費ならびに論文投稿費用は一部援助あり。

週間スケジュール

*毎月一回(土曜日)に国立国際医療研究センター病院でICLSコースを開催しています。

専攻医の皆さんには優先的にインストラクターとしてコースへ参加できるように配慮し、その指導法を学んでいただきます。

レジデントの1日

レジデントの1日

当院では専攻医を“レジデント”と呼んでいます。私は現在フェロー(専攻医修了後3年)の松田航(まつだわたる)です。レジデントの1日をご説明します。外来勤務は日勤と夜勤の2交代制です。ここでは、夜勤を簡単にご紹介したいと思います。夜勤は17時15分スタート。まずはホワイトボードの前で日勤帯からの患者さんの引継ぎを行います。夜勤はレジデント2~3人、初期研修医2~3人で外来を担当しています。

夜勤帯で来る救急車は、その日によって差が大きいですが大体20台ほどです。9つある診療ブースが満床になることもしばしば。同時に複数人を診療する経験は、救急科ならではかもしれません。夜になるとやはり飲酒中の失神や外傷が多いですが、内因性疾患から多発外傷まで、搬送される症例はなんでもありです。判断に迷う症例や、救急科入院適応の患者さんが来院された場合には、病棟当直をしている上級医と相談し、診療にあたっています。

翌朝8時30分になったら、日勤の医師に引継ぎをして夜勤は終了。初期研修医の先生のカルテをチェックし、一緒に診た症例の診療内容を振り返ります。

カルテチェックが終わったら解散。仕事のon-offははっきりしており、勤務時間以外の呼び出しは基本的にないので、そのまま遊びに行くレジデントも多いです。 救急科は搬送台数も多く、忙しい日々ではありますが、その分学びも多いと思います。興味のある方はぜひ見学にお越しください!

週間スケジュール

月曜日 午前8時30分 救急外来カンファレンス・病棟回診
午後5時15分 病棟回診
火曜日 午前8時30分 救急外来カンファレンス・病棟回診
午後5時15分 病棟回診
水曜日 午前8時         Mortality & Morbidity および Follow up カンファレンス
午前8時30分 救急外来カンファレンス・病棟回診
午後5時15分 病棟回診
木曜日 午前8時30分 救急外来カンファレンス・病棟回診
正午     抄読会・スタッフミーティング
午後5時15分 病棟回診
金曜日 午前8時   救急診療ことはじめコース(シミュレーション研修)
午前8時30分 救急外来カンファレンス・病棟回診
午後5時15分 病棟回診
土曜日日曜日祝祭日 午前8時30分 病棟回診
午後8時30分 病棟回診

 

救急外来カンファレンス

(救急外来カンファレンス)

平日は、毎朝午前8時30分から救急外来カンファレンスを行います。ここでは、前日に救急搬送された症例について研修医・レジデントがプレゼンテーションし、その診断・治療に関してスタッフ医師とともに全員で情報を共有し、見直します。スタッフ医師から、必要に応じて関連した事項についてスモールレクチャーを行います。

病棟回診

毎朝、病棟担当レジデント・研修医および病棟医長(または当直責任者)を中心に入院患者のカンファレンスを行い、引き続いて病棟回診を行います。当直責任者は夕方にも病棟回診に参加します。

Mortality & Morbidity および Follow up カンファレンス

毎週水曜日8時00分より開催しています。症例の検討や他科に転科した症例をメンバー全員で追跡検討し、さらなる診療の質の向上を図っています。

抄読会

毎週木曜日午前12時から行われる抄読会に参加します。学会発表の予演もこの時間に行います。

救急診療ことはじめコース(シミュレーション研修)

毎週金曜日午前8時から行われるシミュレーションを用いた救急診療ケースタディ実習を行い、研修医を指導します。

毎月から隔月のスケジュール

NCGM ICLS コース(院内蘇生研修)

毎月開催するNCGM ICLS コースのインストラクター、ディレクターとして中心的役割を担います。

  • NCGM ICLS コース(院内蘇生研修)01
  • NCGM ICLS コース(院内蘇生研修)02

ER カンファレンス

毎月開かれる聖路加国際病院、東京医療センター各救急部門との合同カンファレンスに出席します。

救急科・放射線診断部合同カンファレンス

隔月で放射線診断部との合同カンファレンスに出席します。