メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > センター > メンタルヘルスセンター > 精神科リエゾンチーム

精神科リエゾンチーム

チームの概要

当院では平成28年4月より、精神科リエゾンチームの活動を開始いたしました。

"リエゾン"とはフランス語で「連携・橋渡し・つなぐ」を意味します。精神科リエゾンチームは、精神医療と身体医療をつなぎ、患者さんへの包括的な医療を目指して、担当各科の医師や看護師と「連携」しながら活動をしております。

精神科リエゾンチームのメンバーは、精神科医、精神看護専門看護師、臨床心理士といった複数の職種から構成されており、複雑な社会・心理状態にある患者さんに対してそれぞれの専門性を活かしたチーム医療をおこなっております。

チームメンバー

  • 加藤 温  精神科医師(精神科診療科長/メンタルヘルスセンター長)
  • 小川 弘美 精神看護専門看護師
  • 宮木 良  精神看護専門看護師
  • 曽根 英恵 臨床心理士

リエゾンチーム集合写真

活動内容

  • せん妄、抑うつ、不眠、精神疾患を有する患者さん、身体疾患に伴う様々な精神症状を有する患者さんへのサポート
  • 患者さんのご家族が抱える不安や心配事へのサポート
  • 必要な専門家への橋渡し
  • チーム内カンファレンスとラウンド
  • 各種カンファレンス(外来、病棟、緩和ケアチーム等)への参加

★当院に入院中の患者さんやご家族で、リエゾンチームの診療をご希望される場合は、担当医や病棟看護師にご相談ください。