メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 呼吸器内科 > 研究実績・活動実績 > 2012年度発表論文等一覧

2012年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Watanabe K, Sakai R, Koike R, Sakai F, Sugiyama H, Tanaka M, Komano Y, Akiyama Y, Mimura T, Kaneko M, Tokuda H, Iso T, Motegi M, Ikeda K, Nakajima H, Taki H, Kubota T, Kodama H, Sugii S, Kuroiwa T, Nawata Y, Shiozawa K, Ogata A, Sawada S, Matsukawa Y, Okazaki T, Mukai M, Iwahashi M, Saito K, Tanaka Y, Nanki T, Miyasaka N, Harigai M.
    Clinical characteristics and risk factors for Pneumocystis jirovecii pneumonia in patients with rheumatoid arthritis receiving adalimumab: a retrospective review and case-control study of 17 patients.
    Mod Rheumatol. 2012 Dec 5. [Epub ahead of print]
  2. Hojo M, Mizutani T, Iikura M, Hirano S, Kobayashi N, Sugiyama H.
    Asthma control can be maintained after fixed-dose, budesonide/ formoterol combination inhaler therapy is stepped down from medium to low dose.
    Allergol Int. 62(1):91-8, 2013.
  3. Hirano S, Sano K, Takeda Y, Ishii S, Naka G, Iikura M, Izumi S, Hojo M, Sugiyama H, Kobayashi N, Kudo K.
    The pharmacokinetics and long-term therapeutic effects of gefitinib in patients with lung adenocarcinoma harboring the epidermal growth factor receptor(EGFR)mutation.
    Gan To Kagaku Ryoho. 39(10):1501-6, 2012.
  4. Nagafuchi Y, Shoda H, Fujio K, Ishii S, Sugiyama H, Yamamoto K.
    Tuberculous pleurisy diagnosed by medical thoracoscopy in an adalimumab-treated rheumatoid arthritis patient after treatment of latent tuberculosis infection.
    Mod Rheumatol. 2012 Aug 1. [Epub ahead of print]
  5. Ishii S, Kubota K, Minamimoto R, Kouketu R, Morooka M, Kawai S, Takeda Y, Kobayashi N, Sugiyama H.
    Lung amyloid nodule detected by 99mTc-aprotinin scintigraphy.
    Ann Nucl Med. 26(6):522-6, 2012.
  6. Tanaka M, Sakai R, Koike R, Komano Y, Nanki T, Sakai F, Sugiyama H, Matsushima H, Kojima T, Ohta S, Ishibe Y, Sawabe T, Ota Y, Ohishi K, Miyazato H, Nonomura Y, Saito K, Tanaka Y, Nagasawa H, Takeuchi T, Nakajima A, Ohtsubo H, Onishi M, Goto Y, Dobashi H, Miyasaka N, Harigai M.
    Pneumocystis jirovecii pneumonia associated with etanercept treatment in patients with rheumatoid arthritis: a retrospective review of 15 cases and analysis of risk factors.
    Mod Rheumatol. 22(6):849-58, 2012.
  7. Kudo K, Binh NG, Manabe T, Co DX, Tuan ND, Izumi S, Takasaki J, Minh DH, Thuy PT, Van VT, Hanh TT, Chau NQ.
    Clinical preparedness for severe pneumonia with highly pathogenic avian influenza A (H5N1): experiences with cases in Vietnam.
    Respir Investig. 50(4):140-50, 2012.
  8. Manabe T, Tran TH, Doan ML, Do TH, Pham TP, Dinh TT, Tran TM, Dang HM, Takasaki J, Ngo QC, Ly QT, Kudo K.
    Knowledge, attitudes, practices and emotional reactions among residents of avian influenza (H5N1) hit communities in Vietnam.
    PLoS One. 7(10):e47560, 2012.
  9. Manríquez ME, Makino A, Tanaka M, Abe Y, Yoshida H, Morioka I, Arakawa S, Takeshima Y, Iwata K, Takasaki J, Manabe T, Nakaya T, Nakamura S, Iglesias AL, Rossales RM, Mirabal EP, Ito T, Kitazawa T, Oka T, Yamashita M, Kudo K, Shinya K.
    Emergence of HA mutants during influenza virus pneumonia.
    Int J Clin Exp Pathol. 5(8):787-95, 2012.
  10. Manabe T, Higuera Iglesias AL, Vazquez Manriquez ME, Martinez Valadez EL, Ramos LA, Izumi S, Takasaki J, Kudo K.
    Socioeconomic factors influencing hospitalized patients with pneumonia due to influenza A(H1N1)pdm09 in Mexico.
    PLoS One. 7(7):e40529, 2012.
  11. Watanabe A, Yanagihara K, Matsumoto T, Kohno S, Aoki N, Oguri T, Sato J, Muratani T, Yagisawa M, Ogasawara K, Koashi N, Kozuki T, Komoto A, Takahashi Y, Tsuji T, Terada M, Nakanishi K, Hattori R, Hirako Y, Maruo A, Minamitani S, Morita K, Wakamura T, Sunakawa K, Hanaki H, Ohsaki Y, Honda Y, Sasaoka S, Takeda H, Ikeda H, Sugai A, Miki M, Nakanowatari S, Takahashi H, Utagawa M, Kobayashi N, Takasaki J, Konosaki H, Aoki Y, Shoji M, Goto H, Saraya T, Kurai D, Okazaki M, Kobayashi Y, Katono Y, Kawana A, Saionji K, Miyazawa N, Sato Y, Watanuki Y, Kudo M, Ehara S, Tsukada H, Imai Y, Watabe N, Aso S, Honma Y, Mikamo H, Yamagishi Y, Takesue Y, Wada Y, Nakamura T, Mitsuno N, Mikasa K, Kasahara K, Uno K, Sano R, Miyashita N, Kurokawa Y, Takaya M, Kuwabara M, Watanabe Y, Doi M, Shimizu S, Negayama K, Kadota J, Hiramatsu K, Morinaga Y, Honda J, Fujita M, Iwata S, Iwamoto A, Ezaki T, Onodera S, Kusachi S, Tateda K, Tanaka M, Totsuka K, Niki Y, Matsumoto T.
    Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the Surveillance Committee of Japanese Society of
    Chemotherapy, Japanese Association for Infectious Diseases, and Japanese Society for Clinical Microbiology in 2009: general view of the pathogens’ antibacterial susceptibility.
    J Infect Chemother. 18(5):609-20, 2012.
  12. Kamimura M, Izumi S, Hamamoto Y, Morita A, Toyota E, Kobayashi N, Kudo K.
    Superiority of nebulized corticosteroids over dry powder inhalers in certain patients with cough variant asthma or cough-predominant asthma.
    Allergol Int. 61(3):411-7, 2012.
  13. Fujita Y, Iikura M, Horio Y, Ohkusu K, Kobayashi N.
    Pulmonary Actinomyces graevenitzii infection presenting as organizing pneumonia diagnosed by PCR analysis.
    J Med Microbiol. 61(8):1156-8. 2012.
  14. Sapkota BR, Hijikata M, Matsushita I, Tanaka G, Ieki R, Kobayashi N, Toyota E, Nagai H, Kurashima A, Tokunaga K, Keicho N.
    Association of SLC11A1 (NRAMP1) polymorphisms with pulmonary Mycobacterium avium complex infection.
    Hum mmunol. 73(5):529-36. 2012.
  15. Fukushi M, Yamashita M, Miyoshi-Akiyama T, Kubo S, Yamamoto K, Kudo K.
    Laninamivir octanoate and artificial surfactant combination therapy significantly increases survival of mice infected with lethal influenza H1N1 Virus.
    PLoS One. 7(8):e42419, 2012.
  16. Iriki T, Ishii S, Takeda Y, Nishijima T, Teruya K, Oka S, Mochizuki M, Sugiyama H, Kobayashi N.
    Int Canc Conf J. 1:14 2–146. 2012.
  17. Watanabe A, Goto H, Soma K, Kikuchi T, Gomi K, Miki H, Maemondo M, Ikeda H, Kuroki J, Wada H, Yokoyama T, Izumi S, Mitsutake K, Ueda Y.
    Usefulness of linezolid in the treatment of hospitalacquired pneumonia caused by MRSA: a prospective observational study.
    J Infect Chemother. 18(2):160-168, 2012.
  18. Izumi S, Iikura M, Hirano S.
    Prednisone, azathioprine, and N-acetylcysteine for pulmonary fibrosis.
    N Engl J Med. 367(9):870-871, 2012.
  19. Suzuki M, Sato N, Matsuda J, Niwa N, Murai K, Yamamoto T, Takeda S, Shigehara K, Nomura T, Gamma A, Tanaka K.
    A case of rapid diagnosis of Boerhaave syndrome by thoracic drainage.
    J Emerg Med. 43(6):e419-23, 2012.
  20. Mizutani T, Adachi H, Hojo M.
    Osteomyelitis of zygoma in a schizophrenia patient.
    BMJ Case Reports 2012; doi:10.1136/bcr-02-2012-5944.
  21. Suina K, Hirano S, Hirashima J, Shimizu K, Takeuchi S, Morooka M, Kubota K, Ito T, Takeda Y, Sugiyama H, Kobayashi N, Kudo K.
    A case of myocardial metastasis from lung adenocarcinoma presenting as cerebral infarction.
    International Journal of Case Reports and Images. 3(10):28-31, 2012.

原著論文-和文

  1. 杉山 温人.
    【リウマチ性疾患における間質性肺病変の新たな知見】 抗リウマチ薬による薬剤性肺障害.
    リウマチ科. 49(2):187-194, 2013.
  2. 纐纈 力也, 杉山 温人.
    【薬剤性肺障害の手引き】 抗リウマチ薬による肺障害.
    アレルギー・免疫. 20(3):396-402, 2013.
  3. 平嶋 純子, 放生 雅章, 飯倉 元保, 平石 尚久, 中道 真二, 杉山 温人, 小林 信之, 工藤 宏一郎.
    オマリズマブ投与中に妊娠し出産しえた重症気管支喘息の1例.
    アレルギー. 61(11):1683-1687, 2012.
  4. 安座間 喜明, 蓮尾 金博, 岡藤 孝史, 中山 智博, 鎌野 宏礼, 江上 順子, 染原 涼, 高津 憲之, 和田 達矢, 小林 信之, 前田 浩喜.
    塞栓術を行ったRasmussen動脈瘤の2例.
    IVR:Interventional Radiology. 27(3):313-316, 2012.
  5. 小林 信之.
    Pro/Con紙上討論(第7回) 吸入ステロイド薬は成人喘息の自然経過を修飾するか? Proの立場から.
    喘息. 25(2): 196-201, 2012.
  6. 入來 豊久, 森野 英里子, 高崎 仁, 杉山 温人, 小林 信之.
    造影CTにより早期発見し未破裂のまま治療しえたRasmussen動脈瘤の1例.
    日本呼吸器学会誌. 1(5):439-444, 2012.
  7. 石井 聡, 小林 信之, 工藤 宏一郎.
    アレルギーに関する画像とその解説 胸部レントゲン写真、CT、MRI喘息・COPDの比較.
    アレルギー・免疫. 19(7):1146-1153, 2012.
  8. 小柳 剛, 泉 信有.
    治療に難渋した重症肺炎球菌性肺炎の1例.
    千葉県医師会雑誌. 64(10):529-531, 2012.
  9. 平野 聡, 竹田 雄一郎, 平石 尚久, 東野 茉莉, 中道 真仁, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 杉山 温人, 小林 信之.
    EGFR-TKIによる既治療肺腺癌に対するEGFR-TKIと殺細胞性抗癌剤による併用療法の効果.
    癌と化学療法 39(2):213-219, 2012.
  10. 鈴木 学, 圷 宏一, 山本 剛, 佐藤 直樹, 竹田 晋浩, 田中 啓治.
    Medical ICU におけるsepsis/septic shock への低用量ステロイド投与に関する検討.
    ICUとCCU. 36(12):1103-1109, 2012.
  11. 飯倉 元保.
    難治性気管支喘息の最前線. 喘息の難治化要因とその対策 5)併存、合併疾患.
    呼吸器内科. 科学評論社, 東京, 23(2):p163-170, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Iikura M, Terada J, Izumi S, Hojo M, Kobayashi N.
    Clinical Characteristics Of Asthmatics With High Exhaled Nitric Oxide Levels.
    American Thoracic Society International Conference 2012. San Francisco, USA, May, 2012.
  2. Hojo M, Iikura M, Mizutani T, Hirano S, Sugiyama H, Kobayashi N.
    Clinical Usefulness Of SACRA (Self Assessment Of Allergic Rhinitis And Asthma) Questionnaire; Newly Developed Screening Tool For The Diagnosis Of Allergic Rhinitis Among Asthmatics.
    American Thoracic Society International Conference 2012. San Francisco, USA, May, 2012.
  3. Jin Takasaki, Takayuki Jodai, Nahoko Sato, Shinyu Izumi, Toshie Manabe, Masayuki Hojo, Koichiro Kudo, Nobuyuki Kobayashi.
    Characteristics of patients who required hospitalization with respiratory complication due to influenza virus infection during and post pandemic 2009.
    16th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology, Hong-Kong, Dec. 2012
  4. Jun Sugihara, Jin Takasaki, Yoshiaki Kanno, Eriko Morino, Nobuyuki Kobayashi.
    Appropriate reintroduction regimen after developing drug-induced hepatotoxicity caused by antituberculous drugs.
    16th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology, Hong-Kong, Dec. 2012

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 放生 雅章, 水谷 友紀, 飯倉 元保, 平嶋 純子, 小林 信之, 杉山 温人.
    気管支喘息患者におけるSACRA (Self Assessment of Allergic Rhinitis and Asthma) Questionnaireの有用性に関する検討.
    第52回日本呼吸器学会総会. 神戸, 4月, 2012.
  2. 石井 聡, 杉山 温人, 吉澤 篤人, 飯倉 元保, 平野 聡, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 小林 信之.
    当院におけるLung Vision(肺気腫解析ソフト)の臨床的検討.
    第53回日本呼吸器学会総会. 神戸, 4月, 2012.
  3. 平野 聡, 佐野 和美, 竹田 雄一郎, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人, 小林 信之.
    EGFR遺伝子変異を有する肺腺癌症例におけるgefitinibの長期的抗腫瘍効果と薬物動態の関係.
    第52回日本呼吸器学会総会. 神戸, 4月, 2012.
  4. 福島 一彰, 柳川 泰昭, 森野 英里子, 他.
    慢性肉芽腫症患者において肺野に空洞を伴う斑状陰影を呈したAspergillus fumigatus関連菌による真菌感染症の一例.
    第86回日本感染症学会総会. 長崎, 5月, 2012.
  5. 柳川 泰昭, 森野 英里子, 他.
    誤嚥性肺炎で入院加療中に生じたOchrobactrum anthropi菌血症の一例.
    第86回日本感染症学会総会. 長崎, 5月, 2012.
  6. 小林 信之, 窪田 志穂, 森野 英里子, 高崎 仁.
    院内で発見された排菌陽性の肺結核患者とその接触者調査.
    第86回日本感染症学会総会. 長崎, 5月, 2012.
  7. 高崎 仁, 山内 祐子, 森野 英里子, 渡辺 翔, 小林 信之.
    播種性抗酸菌感染症を契機に発見されたHIV陰性CD4陽性Tリンパ球減少症の2例.
    第86回日本感染症学会総会. 長崎, 5月, 2012.
  8. 城臺 孝之, 森野 英里子, 石井 聡, 他.
    器質化肺炎の治療により重度の免疫抑制状態となり重症肺炎・食道炎を来した症例.
    第199回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 5月, 2012.
  9. 推名 健太郎, 森野 英里子, 平嶋 純子, 他.
    抗結核薬内服中の飲酒により高アンモニア血症による意識障害を起こした一例.
    第199回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 5月, 2012.
  10. 石井 聡, 竹田 雄一郎, 伊藤 秀幸, 宇田川 響, 清家 彩子, 仲 剛, 飯倉 元保, 平野 聡, 杉山 温人, 小林 信之.
    胸腔鏡所見分類の重要性−診断に苦慮した症例を中心に−.
    第35回日本呼吸器内視鏡学会総会. 東京, 5月, 2012.
  11. 渡辺 翔, 平野 聡, 竹田 雄一郎, 飯倉 元保, 仲 剛, 石井 聡, 宇田川 響, 佐藤 彩野, 泉 信有, 杉山 温人, 小林 信之.
    細径ガイドシース併用による気管支肺生検時の出血量減少の効果.
    第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 東京, 5月, 2012.
  12. 宇田川 響, 竹田 雄一郎, 佐野 和美, 寺田 純子, 石井 聡, 飯倉 元保, 仲 剛, 平野 聡, 泉 信有, 小林 信之, 杉山 温人.
    気管支鏡検査時のミダゾラムによる静脈内意識下鎮静法の検討.
    第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 東京, 5月, 2012.
  13. 放生 雅章, 水谷 友紀, 飯倉 元保, 平嶋 純子, 小林 信之, 杉山 温人.
    ICS/LABA配合剤の長期間(60週)にわたる気道抗炎症効果に関する比較検討.
    第24回日本アレルギー学会春季臨床大会. 大阪, 5月, 2012.
  14. 城臺 孝之, 高崎 仁, 泉 信有, 飯倉 元保, 杉山 温人, 小林 信之, 工藤 宏一郎.
    インフルエンザ感染により喘息症状を呈した入院患者の検討.
    第24回日本アレルギー学会春季臨床大会. 大阪, 5月, 2012.
  15. 正木 晴奈, 平嶋 純子, 竹田 雄一郎, 佐藤 彩野, 森野 英里子, 石井 聡, 飯倉 元保, 泉 信有, 小林 信之, 杉山 温人.
    乳がんの腫瘍マーカーが高値を認めた器質化肺炎の1例.
    第588回日本内科学会関東地方会例会. 6月, 2012.
  16. 森野 英里子, 江原 可成子, 澁谷 久美子, 佐野 和美, 他.
    結核治療中の肝障害と薬物動態の関連.
    第87回日本結核病学会総会. 広島, 6月, 2012.
  17. 柳川 泰昭, 杉原 淳, 森野 英里子, 他.
    塗抹陽性肺結核患者の入院日数に関わる因子についての検討.
    第87回日本結核病学会総会. 広島, 6月, 2012.
  18. 小林 泰一郎, 高崎 仁, 森野 英里子, 小林 信之, 鹿住 祐子.
    肺Mycobacteriummageritense症の一例.
    日本結核病学会総会. 広島, 5月, 2012.
  19. 杉原 淳, 高崎 仁, 柳川 泰昭, 森野 英里子, 放生 雅章, 杉山 温人, 小林 信之.
    薬剤性肝障害後の抗結核療法に関する検討.
    第87回日本結核病学会. 広島, 5月, 2012.
  20. 朝尾 哲彦, 高崎 仁, 柳川 泰昭, 渡辺 翔, 宇田川 響, 森野 英里子, 放生 雅章, 杉山 温人, 小林 信之.
    当センターにおける最近の気管・気管支結核の臨床的検討.
    第87回日本結核病学会. 広島, 5月, 2012.
  21. 放生 雅章.
    環境アレルゲンから見たアレルギー性鼻炎と気管支喘息~ SACRA Questionnaireが教えてくれるもの~.
    第43回日本職業・環境アレルギー学会総会. 教育セミナー, 東京, 6月, 2012.
  22. 宇田川 響, 石井 聡, 勝屋 友幾, 三好 嗣臣, 路 昭暉, 菅野 芳明, 纐纈 力也, 渡辺 翔, 佐藤 彩野, 寺 純子, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 平野 聡, 飯倉 元保, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 小林 信之, 杉山 温人.
    胸腺原発mucinous adenocarcinomaの1例.
    第164回日本肺癌学会関東支部会. 東京7月, 2012.
  23. 平野 聡, 竹田 雄一郎, 仲 剛, 飯倉 元保, 宇田川 響, 泉 信有, 杉山 温人, 小林 信之.
    高齢者非小細胞肺癌に対するドセタキセル単剤療法とカルボプラチン・パクリタキセル併用療法の比較.
    第10回日本臨床腫瘍学会学術集会. 大阪, 7月, 2012.
  24. 佐藤 彩野, 高崎 仁, 竹田 雄一郎, 綾瀬 力也, 浅尾 哲彦, 宇田川 響, 渡辺 翔, 寺田純子, 石井 聡, 森野 英里子, 仲 剛, 飯倉 元保, 平野 聡, 泉 信有, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    肺原発滑膜肉腫の1例.
    第200回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 7月, 2012.
  25. 宇田川 響, 竹田 雄一郎, 飯倉 元保, 仲 剛, 平野 聡, 小林 信之, 杉山 温人.
    当院における扁平上皮癌を除いた進行・再発非小細胞肺癌に対するBevacizumab使用症例の検討.
    第10回日本臨床腫瘍学会学術集会. 大阪, 7月, 2012.
  26. 宇田川 響, 飯倉 元保, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    間質性肺炎急性増悪で死亡したIgG4関連疾患の1剖検例.
    臨床アレルギー研究会. 東京, 7月, 2012.
  27. 泉 信有.
    特発性間質性肺炎.
    第6回大阪呼吸器疾患シンポジウム. 大阪, 9月, 2012.
  28. 千野 遥, 高崎 仁, 正木 晴奈, 小林 信之.
    慢性咳嗽で受診し咳喘息と診断された気管気管支結核の1症例.
    第162回日本結核病学会関東支部学会. 横浜, 9月, 2012.
  29. 菅野 芳明, 森野 英里子, 飯倉 元保, 高崎 仁, 杉山 温人, 小林 信之.
    Aeromonas hydrophilaによる市中肺炎の1例.
    第61回日本感染症学会東日本地方会. 東京, 10月, 2012.
  30. 高橋 由衣, 森野 英里子, 高崎 仁, 他.
    肺結核の治療中に検出された非結核性抗酸菌(NTM)の臨床的意義の検討.
    第61回日本感染症学会東日本地方会. 東京, 10月, 2012.
  31. 新藤 琢磨, 森野 英里子, 小林 信之, 他.
    当院における腸結核15症例の検討.
    第61回日本感染症学会東日本地方会. 東京, 10月, 2012.
  32. 山元 佳, 新藤 琢磨, 森野 英里子, 高崎 仁, 小林 信之.
    腹膜・卵管結核の合併が疑われた肺結核の一例.
    第61回日本感染症学会東日本地方会学術集会. 東京, 10月, 2012.
  33. 正木 晴奈, 石井 聡, 渡辺 翔, 佐藤 彩野, 宇田川 響, 仲 剛, 平野 聡, 飯倉 元保, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 小林 信之, 杉山 温人.
    肺腺癌治療中に悪性リンパ腫を併発した1例.
    第53回日本肺癌学会総会. 岡山, 11月, 2012.
  34. 平野 聡, 竹田 雄一郎, 佐藤 彩野, 宇田川 響, 渡辺 翔, 石井 聡, 仲 剛, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人, 小林 信之.
    小細胞肺癌の日常臨床におけるもっとも効果的な抗癌剤選択法の模索.
    第53回日本肺癌学会総会. 岡山, 11月, 2012.
  35. 佐藤 彩野, 平野 聡, 竹田 雄一郎, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    進展型小細胞肺癌における塩酸アムルビシンの有効性の臨床的検討.
    第53回日本肺癌学会総会. 岡山, 11月, 2012.
  36. 宇田川 響, 竹田 雄一郎, 勝屋 友幾, 正木 晴奈, 渡辺 翔, 路昭暉, 千野 遥, 佐藤 彩野, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 平野 聡, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    脳転移を有する扁平上皮癌を除く進行・再発非小細胞肺癌患者に対するBevacizumabの安全性の検討.
    第53回日本肺癌学会総会. 岡山, 11月, 2012.
  37. 勝屋 友幾, 竹田 雄一郎, 仲 剛, 平野 聡, 宇田川 響, 渡辺 翔, 佐藤 彩野, 石井 聡, 飯倉 元保, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    進行期肺腺がんにおけるPemetrexedの有効性と安全性に対する後ろ向き調査.
    第53回日本肺癌学会総会. 岡山, 11月, 2012.
  38. 千野 遥, 仲 剛, 平野 聡, 竹田 雄一郎, 宇田川 響, 佐藤 彩野, 渡辺 翔, 纐纈 力也, 寺田 純子, 石井 聡, 飯倉 元保, 放生 雅章, 杉山 温人, 小林 信之.
    75歳以上の局所進行切除不能・進行非小細胞肺癌に対する一次治療の検討.
    第53回日本肺癌学会総会. 岡山, 11月, 2012.
  39. 渡辺 翔, 竹田 雄一郎, 平野 聡, 仲 剛, 宇田川 響, 佐藤 彩野, 小林 信之, 杉山 温人.
    EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFR-TKIと化学療法の相互作用の検討.
    第53回日本肺癌学会総会. 岡山, 11月, 2012.
  40. 路 昭暉, 飯倉 元保, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    ラテックスアレルギーによりアナフィラキシーショックを来たした一例.
    臨床アレルギー研究会, 東京, 11月, 2012.
  41. 飯倉 元保, 平嶋純子, 石井 聡, 泉 信有, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    成人喘息発作入院患者における細菌およびウイルス感染症の関与.
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会. 大阪, 11月, 2012.
  42. 纐纈 力也, 飯倉 元保, 平嶋純子, 石井 聡, 泉 信有, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    モストグラフによる喘息合併COPD患者の解析.
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会, 大阪, 11月, 2012.
  43. 平嶋 純子, 放生 雅章, 飯倉 元保, 小林 信之, 杉山 温人, 有岡 宏子.
    AHQ-JAPAN/ACTを用いた気管支喘息患者におけるオマリズマブの有用性の検討.
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会. 大阪, 11月, 2012.
  44. 放生 雅章, 飯倉 元保, 平嶋 純子, 小林 信之, 杉山 温人.
    アレルギー性鼻炎合併が喘息コントロールに与えるインパクト −SACRA問診票を用いた検討−.
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会. 大阪, 11月, 2012.
  45. 鈴木 学, 須田 麻子, 杉崎 緑, 楢戸 律子, 齊藤 均, 榎本 達治, 野村 浩一郎.
    当院におけるER受診喘息患者背景についての検討.
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会. 大阪, 11月, 2012.
  46. 渡辺 翔, 竹田 雄一郎, 平井 理泉, 長阪 智, 佐藤 彩野, 宇田川 響, 石井 聡, 森野 英里子, 飯倉 元保, 泉 信有, 小林 信之, 杉山 温人.
    胸腔鏡下肺部分切除術で診断した、肉芽腫形成を伴った肺MALTリンパ腫の1例.
    第592回日本内科学会関東地方会. 東京, 11月, 2012.
  47. 濱田 洋平, 高崎 仁, 山元 佳, 上村 悠, 森野 英里子, 小林 信之.
    Bazin硬結性紅斑を呈した皮膚結核の2例.
    第592回日本内科学会関東地方会. 東京, 11月, 2012.
  48. 綾瀬 力也, 平野 聡, 渡辺 翔, 佐藤 彩野, 宇田川 響, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 杉山 温人, 小林 信之, 中村 ハルミ, 猪狩 亨.
    発見から3ヵ月の経過で急激な進行を示し、心筋をふくむ多臓器転移を来して死亡した多型癌の一例.
    第165回日本肺癌学会関東支部会. 東京, 12月, 2012.
  49. 泉 信有.
    肺病変を有するMCD(Multicentric Castleman Disease)の臨床・画像・病理学的検討.
    第13回東京びまん性肺疾患研究会, 東京, 10月, 2012.
  50. 正木 晴奈, 放生 雅章, 佐藤 奈穂子, 清水 寿明, 千野 遥, 渡辺 翔, 佐藤 彩野, 仲 剛, 高崎 仁, 平野 聡, 竹田 雄一郎, 小林 信之, 杉山 温人.
    気管支喘息治療中に肺MAC症と鑑別を要し、病理診断により好酸球性細気管支炎と診断した1例.
    第203回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 2月, 2013.
  51. 鈴木 学, 多喜 萌, 須田 朝子, 杉崎 緑, 楢戸 律子, 齊藤 均, 榎本 達治, 野村 浩一郎.
    早期に換気不全に陥り、APRV管理を行うも治療に難渋したARDSの1例.
    第40回日本集中治療医学会学術集会. 松本, 2月, 2013.
  52. 河村 岩成, 鈴木 学, 牛尾 良太, 小坂 晴子, 須田 麻子, 杉崎 緑, 楢戸 律子, 齊藤 均, 榎本 達治, 野村 浩一郎.
    体外式陽陰圧式人工呼吸器RTXにより抗菌剤を継続することなく治療に成功した誤嚥性肺炎の1例.
    第594回日本内内科学会関東地方会. 東京, 2月, 2013.
  53. 纐纈 力也, 平野 聡, 勝屋 友幾, 菅野 芳明, 路 昭暉, 三好 嗣臣, 清水 寿顕, 正木 晴奈, 千野 遥, 佐藤 奈穂子, 渡辺 翔, 宇田川 響, 佐藤 彩野, 寺田 純子, 石井 聡, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 杉山 温人, 小林 信之.
    クリゾチニブ投与中に重症型急性肝炎を呈した一例.
    第166回肺癌学会関東支部会. 東京, 3月, 2013.
  54. 菅野 芳明, 森野 英里子, 高崎 仁, 他.
    塗抹陽性肺結核患者の入院期間の長期化因子の解析.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.
  55. 谷崎 隆太郎, 森野 英里子, 杉原 淳, 他.
    80歳以上の高齢者肺結核におけるピラジナミドの使用適応についての検討.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.
  56. 森野 英里子, 柳川 泰昭, 高崎 仁, 他.
    塗抹陽性肺結核患者における喀痰培養陰性の判定時期に関する検討.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.
  57. 高崎 仁, 森野 英里子, 小林 信之.
    当院におけるレスピラトリーキノロン耐性結核に関する検討.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.
  58. 濱田 洋平, 高崎 仁, 森野 英里子, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人, 岡 慎一, 小林 信之.
    当院における粟粒結核の臨床的検討.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.

著書・総説

その他