メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 呼吸器内科 > 研究実績・活動実績 > 2013年度発表論文等一覧

2013年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Hojo M, Ohta K, Iikura M, Mizutani T, Hirashima J, and Sugiyama H.
    Clinical usefulness of a guideline-based screening tool for the diagnosis of allergic rhinitis among asthmatics.
    the SACRA (Self Assessment of Allergic Rhinitis and Asthma) Questionnaire. Respirology. 1016-1021, May 18, 2013.
  2. Tazawa R, Inoue Y, Arai T, Takada T, Kasahara Y, Hojo M, Ohkouchi S, Tsuchihashi Y, Yokoba M, Eda R, Nakayama H, Ishii H, Nei T, Morimoto K, Nasuhara Y, Ebina M, Akira M, Ichiwata T, Tatsumi K, Yamaguchi E, Nakata K.
    Duration of benefit in patients with autoimmune pulmonary alveolar proteinosis after inhaled GM-CSF therapy.
    Chest. Oct 24, 2013.
  3. Hojo M, Iikura M, Hirashima J, Suzuki M, and Sugiyama H.
    A Comparison of Long-Term Anti- Inflammatory Effect of Two ICS/LABA Combination Inhalers; Fix-Dosed Maintenance Therapy with Budesonide/Formoterol and Salmeterol/Fluticasone.
    Allergology International. 63:103-111, 2014.
  4. Ishii H, Seymour JF, Tazawa R, Inoue Y, Hojo M, Ichiwata T, Goto H and Nakata K et al.
    Secondary pulmonary alveolar proteinosis complicating myelodysplastic syndrome results in worsening of prognosis: a retrospective cohort study in Japan.
    BMC Pulmonary Medicine. 14:37, May, 2014.
  5. Murakami H, Yamamoto, N, Shibata T, Takeda K, Ichinose Y, Ohe Y, Yamamoto N, Takeda Y, et al.
    A Single-arm Confirmatory Study of Amrubicin Therapy in Patients with Refractory Small-Cell Lung Cancer: Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG0901).
    Lung Cancer. 84(1):67-72, Apr, 2014.
  6. Iikura M, Siyan Yi, Ichimura Y, Hori A, Izumi S, Sugiyama H, Kudo K, Mizoue T, and Kobayashi N.
    Effect of lifestyle on asthma control in Japanese patients: Importance of periodical exercise and raw vegetable diet.
    PLoS One. 8(7):e68290, 2013.
  7. Hiraishi Y, Iikura M, Kogure Y, Hirashima J, Izumi S, and Sugiyama H.
    Two tracheal BALT lymphoma patients successfully treated with chemotherapy including rituximab.
    Respiratory Investigation. 52(2):144-6, Mar, 2014.
  8. Kamimura M, Mouri A, Takayama K, Mizutani T, Hamamoto Y, Iikura M, Furihata K, Ishii H, and Sugibayashi K.
    Transdermal application of steroid to cervical trachea for the cough in patients with bronchial asthma and cough variant asthma-a pilot study.
    J Allergy Ther. 4:5, 2013.
  9. Kojima R, Ohno T, Iikura M, Niki T, Hirashima M, Iwaya K, Tsuda H, Nonoyama S, Matsuda A, Saito H, Matsumoto K, and Nakae S.
    Galectin-9 enhances cytokine secretion, but suppresses survival and degranulation, in human mast cell line.
    PLoS One. 9(1):e86106, Jan 20, 2014.

原著論文-和文

  1. 放生 雅章.
    環境アレルゲンから見たアレルギー性鼻炎と気管支喘息 ~ SACRA Questionnaireが教えてくれるもの~.
    職業・環境アレルギー学会誌. 20(2):13-20, 2013.
  2. 放生 雅章.
    配合剤時代における最適な気管支喘息治療.
    東京内科医会誌. 29(1):8-12, 2013.
  3. 放生 雅章.
    成人喘息治療に残された課題 喘息治療に残された課題.
    THE 32nd ROKKO CONFERENCE. ライフサイエンス出版社, 東京:38-43, 2013.
  4. 放生 雅章.
    喘息の周辺疾患, GERD(胃食道逆流).
    アレルギー・免疫. 21(4);642-6, 2014.
  5. 市川 晶博, 竹田 雄一郎, 杉山 温人, 小林 信之, 平井 理泉, 猪狩 亨.
    メシル酸イマチニブによる結節を伴った間質性肺炎の1例.
    日呼吸誌. 2(6):794-798, 2013.
  6. 石井 聡, 市川 晶博, 平野 聡, 竹田 雄一郎, 小林 信之, 杉山 温人.
    局所麻酔下胸腔鏡にて診断に至ったMALTリンパ腫の1例.
    日呼吸誌. 2(3):193-198, 2013.
  7. 高崎 仁.
    症候群から感染症単一疾患までを含めて III呼吸器感染症 3高病原性鳥インフルエンザA(H5N1).
    別冊 新領域別症候群シリーズ 感染症症候群(第2版)(臓器別感染症編). 212-216, 7月, 2013.
  8. 正木 晴奈, 石井 聡, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 小林 信之, 杉山 温人.
    肺腺癌治療中に悪性リンパ腫を併発した1例.
    日呼吸誌. 2(3):219-222, 2013.
  9. 石井 聡, 竹田 雄一郎, 佐藤 奈穂子, 仲 剛, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    局所麻酔下胸腔鏡―他疾患への有用性の検討―.
    気管支学. 35(5):487-492, 2013.
  10. 渡辺 翔, 竹田 雄一郎, 石井 聡, 仲 剛, 平野 聡, 杉山 温人, 小林 信之.
    胸腔鏡下肺部分切除術で診断した肉芽腫を伴った肺MALTリンパ腫の1例.
    気管支学. 36(2):158-164, 2014.
  11. 石井 聡, 竹田 雄一郎, 高崎 仁, 放生 雅章, 杉山 温人.
    インフリキシマブ投与中に発症した結核性胸膜炎の診断に局所麻酔下胸腔鏡が有用であった1例.
    結核. 88(8):633-637, 2013.
  12. 石井 聡, 竹田 雄一郎, 佐藤 奈穂子, 仲 剛, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    局所麻酔下胸腔鏡-他疾患への有用性の検討-.
    気管支学. 35:487-492, 2013.
  13. 石井 聡, 杉山 温人, 切替 照雄, 正木 晴奈, 仲 剛, 飯倉 元保, 竹田 雄一郎, 放生 雅章.
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)におけるCT画像と呼吸機能の相関関係の検討.
    日本呼吸器学会誌. 3(2) 221-226, 2013.
  14. 森野 英里子.
    肺M, simiae症, 肺MAC症診療 Up to Date 非結核性抗酸菌症のすべて.
    南江堂. 242-243, 東京, 2013.
  15. 森野 英里子.
    結核菌感受性検査, 結核菌群リファンピシン耐性遺伝子, 結核菌特異タンパク質刺激性遊離インターフェロンγ/
    内科 特集 検査値を読む2013. 南江堂, 1468-1471, 東京, 2013.
  16. 森野 英里子.
    感染症の予防や制御に必要なことを実践する.
    臨床感染症ブックレット8巻. 文光堂, 8-14:152-153, 2013.
  17. 千野 遥, 平野 聡, 市川 晶博, 竹田 雄一郎, 杉山 温人, 小林 信之.
    Carboplatin+paclitaxel+bevacizumab併用化学療法が奏効したAIDS合併肺多形癌の1例.
    肺癌. 53(2):121-126, 4月, 2013.
  18. 菅野 芳明, 吉澤 篤人.
    妊婦の内科疾患の実地診療のすすめかた ポイントと留意点.
    肺結核, Medical practice. 30(9):1589-1592.
  19. 正木 晴奈, 杉山 温人.
    リウマチ性疾患の呼吸器症状・徴候.
    リウマチ科. 50(3):303-312, 2013.
  20. 三好 嗣臣, 竹田 雄一郎, 宇田川 響, 石井 聡, 飯倉 元保, 小林 信之, 杉山 温人.
    気管支鏡検査後にたこつぼ型心筋症を起こし、続けて痙攣重積発作を発症した1例.
    第144回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会, 気管支学, 日本気管支研究会雑誌. 35(3):351, 5月, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Hojo M, Iikura M, Mizutani T, Hirashima J, Sugiyama H.
    The Impact Of Co-existing Allergic Rhinitis Upon Asthma Control Can Be Influenced By The Treatment For Rhinitis.
    American Thoracic Society International Conference 2013 Philadelphia. USA, May, 2013.
  2. Hojo M, Iikura M, Sugiyama H, et al.
    A clinical analysis to compare the anti-inflammatory effect on peripheral airway by Salmeterol/Fluticasone combination inhaler between DPI and pMDI products.
    17th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. Yokohama, Japan, Oct, 2013.
  3. Katuya Y, Hojo M, Kawai T, Onodera M, Iikura M, Sugiyama H.
    Pulmonary mass-like opacities secondary to acute hypersensitivity pneumonitis in a patient with Chronic Granulomatous Disease.
    17th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. Yokohama, Japan, Oct, 2013.
  4. Naoki K, Soejima K, Nagase S, Kanemura T, Ohhira T, Takeda Y, Ikeda N.
    A prospective cohort study of non-squamous non-small cell lung cancer patients treated with bevacizumab.
    15th World Conference on Lung Cancer. Oct, 2013.
  5. Ikushima S, Terasaki Y, Hebisawa A, Johko T, Sakai F, Nishimoto N, Ogura T, Ohta Y, Ishii H, Matsui S, Yamamoto H, Ichimura Y, Ujita M, Kawamura T, Bando M, Ishimoto H, Izumi S, Hata N, Tomii K, Owan I, Kimura H, Komase Y, Matsuzawa Y, Arita M, Shiraki A.
    Analysis of multicentric Castleman[rsquo]s disease (MCD) with pulmonary lesions.
    European Respiratory Society Annual Congress 2013 Barcelona. Spain, Sep, 2013.
  6. Iikura M, Hirashima J, Izumi S, Hojo M, Kobayashi N, Sugiyama H.
    Effect Of Bacterial And Viral Infection On Asthma Exacerbation In Adults.
    American Thoracic Society International Conference 2013. Philadelphia, PA, USA, May, 2013.
  7. Ryutaro Tanizaki, Eriko Morino, Jun Sugihara, Yoshiaki Kanno, Jin Takasaki, Nobuyuki Kobayashi, Haruhito Sugiyama.
    Pyrazinamide for pulmonary tuberculosis in elderly patients over 80 years.
    Infectious Diseases Society of America. San Fransisco, America, Oct, 2013.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 濱田 洋平, 高崎 仁, 森野 英里子, 他.
    粟粒結核.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.
  2. 菅野 芳明, 森野 英里子, 高崎 仁, 他.
    塗抹陽性肺結核患者の入院期間の長期化因子の解析.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.
  3. 谷崎 隆太郎, 森野 英里子, 杉原 淳, 他.
    80歳以上の高齢者肺結核におけるピラジナミドの使用適応についての検討.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.
  4. 森野 英里子, 柳川 泰昭, 高崎 仁, 他.
    塗抹陽性肺結核患者における喀痰培養陰性の判定時期に関する検討.
    第88回日本結核病学会総会. 千葉, 3月, 2013.
  5. 放生 雅章.
    ICS/LABA配合剤の新しい使用法.
    第53回日本呼吸器学会総会. ランチョンセミナー, 東京, 4月, 2013.
  6. 放生 雅章, 飯倉 元保, 平嶋 純子, 杉山 温人.
    SFC250からSFC100へのステップダウンによる気道抗炎症効果の推移に関する検討.
    第53回日本呼吸器学会総会. 東京, 4月, 2013.
  7. 立花 暉夫, 上甲 剛, 萩原 弘一, 中島 重徳, 石田 直, 泉 信有, 蝶名林 直彦, 立花 功, 細川 洋平.
    日本の肺胞微石症, 剖検例の臨床的検討.
    第53回日本呼吸器学会総会. 東京, 4月, 2013.
  8. 飯倉 元保, 平嶋 純子, 石井 聡, 泉 信有, 放生 雅章, 小林 信之, 杉山 温人.
    細菌及びウイルス感染症と喘息発作との関連.
    第53回日本呼吸器学会学術講演会. 東京, 4月, 2013.
  9. 高崎 仁.
    日本結核病学会との共同企画日常の呼吸器診療に紛れ込む結核を見落とさないために「気管支結核の診断」.
    第53回日本呼吸器学会学術講演会. 東京, 4月, 2013.
  10. 鈴木 学, 須田 麻子, 杉崎 緑, 楢戸 律子, 齊藤 均, 榎本 達治, 野村 浩一郎.
    当院における急性期呼吸管理におけるNPPV使用状況の検討.
    第53回日本呼吸器学会総会. 東京, 4月, 2013.
  11. 放生 雅章.
    Pro/Con;喘息スマート療法は有用か?(Pro).
    第25回日本アレルギー学会春季臨床大会教育セミナー. 横浜, 5月, 2013.
  12. 路 昭暉, 放生 雅章, 飯倉 元保, 正木 晴奈, 三好 嗣臣, 平嶋 純子, 鈴木 学, 仲 剛, 杉山 温人.
    Adherence Starts with Knowledge-20(ASK-20)を用いた気管支喘息患者の服薬アドヒアランスと治療効果に関する検討.
    第64回日本アレルギー学会学術大会. 京都, 5月, 2014.
  13. 佐藤 奈穂子, 石井 聡, 竹田 雄一郎, 正木 晴奈, 勝屋 友幾, 清水 寿顕, 三好 嗣臣, 仲 剛, 飯倉 元保, 伊藤 秀幸, 杉山 温人.
    局所麻酔下胸腔鏡-他臓器疾患への有用性の検討-.
    第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会総会. 埼玉, 6月, 2013.
  14. 河口 洋平, 上村 悠, 濱田 洋平, 森野 英里子, 高崎 仁, 小林 信之, 野崎 雄一.
    肺結核治療中に劇症肝炎を呈した一例.
    日本感染症学会総会. 横浜, 6月, 2013.
  15. 福島 一彰, 森野 英里子, 大曲 貴夫.
    MRSA菌血症例におけるバンコマイシンの最小発育濃度の年次推移が治療転帰に与える影響についての検討.
    日本感染症学会総会. 横浜, 6月, 2013.
  16. 正木 晴奈, 竹田 雄一郎, 勝屋 友幾, 菅野 芳明, 佐藤 奈穂子, 仲 剛, 泉 信有, 放生 雅章, 喜納 五月, 峰 宗太郎, 猪狩 亨, 杉山 温人.
    血清AFP上昇を認めたAFP産生肺未分化癌の一例.
    第167回日本肺癌学会関東支部会. 東京, 6月, 2013.
  17. 勝屋 友幾, 竹田 雄一郎, 石井 聡, 飯倉 元保, 鈴木 学, 仲 剛, 放生 雅章, 杉山 温人.
    非扁平上皮非小細胞肺癌患者におけるPemetrexedの副作用予測因子の探索.
    第11回日本臨床腫瘍学会学術集会. 仙台, 8月, 2013.
  18. 渡辺 翔, 竹田 雄一郎, 平野 聡, 仲 剛, 宇田川 響, 佐藤 彩野, 小林 信之 杉山 温人.
    EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するEGFR-TKIと化学療法の相互作用の検討.
    第11回日本臨床腫瘍学会学術集会. 仙台, 8月, 2013.
  19. 竹田 雄一郎, 猶木 克彦, 副島 研造, 兼村 俊範, 長瀬 清亮, 大平 達夫, 池田 徳彦(新宿胸部腫瘍研究グループ).
    扁平上皮癌を除く非小細胞肺癌に対するBevacizumab治療 コホート調査.
    第11回日本臨床腫瘍学会学術集会. 仙台, 8月, 2013.
  20. 野村 恵, 三好 嗣臣, 鈴木 学, 清水 寿顕, 千野 遥, 路 昭暉, 高崎 仁, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    Nasal high flow therapyに加えRTXを用いて挿管を回避できた高齢者重症肺炎球菌性肺炎の1例.
    第599回内科学会関東地方会. 9月, 2013.
  21. 野村 恵, 三好 嗣臣, 鈴木 学, 清水 寿顕, 千野 遥, 路 昭暉, 高崎 仁, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    Nasal high flow therapyに加えRTXを用いて挿管を回避できた高齢者重症肺炎球菌性肺炎の1例.
    第599回日本内科学会地方会. 9月, 2013.
  22. 放生 雅章.
    スギ花粉症合併が喘息コントロールに与えるインパクト―SACRA問診票を用いた検討.
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会. 東京, 11月, 2013.
  23. 路 昭暉, 放生 雅章, 正木 晴奈, 佐藤 奈穂子, 飯倉 元保, 仲 剛, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    呼気中一酸化炭素 (FENO)高値を示す気管支喘息患者の臨床的特徴に関する検討.
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会. 東京, 11月, 2013.
  24. 佐藤 奈穂子, 放生 雅章, 平嶋 純子, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    フルチカゾン/サルメテロール配合剤の末梢気道炎症に対する効果に関する検討~DPIとpMDI製剤での比較~.
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会. 東京, 11月, 2013.
  25. 路 昭暉, 放生 雅章, 千野 遥, 鈴木 学, 飯倉 元保, 高崎 仁, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    10年間に及ぶ治療にも関わらず呼吸不全が進行するも、環境改善のみで寛解をみた自己免疫性肺胞蛋白症の一例.
    第207回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 11月, 2013.
  26. 長瀬 清亮, 竹田 雄一郎, 猶木 克彦, 副島 研造, 兼村 俊範, 大平 達夫, 池田 徳彦.
    扁平上皮癌を除く非小細胞肺癌に対するBevacizumab治療のコホート調査(STOG1001).
    第54回日本肺癌学会総会. 東京, 11月, 2013.
  27. 澤 祥幸, 安宅 信二, 横山 晶, 岡本 浩明, 高橋 利明, 大江 裕 一郎 千場 博, 武田 晃司, 野上 尚之, 森 清志, 中川 和彦, 原田 眞雄, 工藤 新三, 富澤 由雄, 竹田 雄一郎, 他.
    高齢者切除不能局所進行型非小細胞肺癌に対するランダム化比 較試験JCOG9812, 0301の統合解析.
    第54回日本肺癌学会総会. 東京, 11月, 2013.
  28. 路 昭暉, 竹田 雄一郎, 正木 晴奈, 佐藤 奈穂子, 千野 遥, 勝屋 友幾, 石井 聡, 飯倉 元保, 仲 剛, 放生 雅章, 杉山 温人.
    進行非小細胞癌に対するCBDCA/S-1の有効性・有害事象についての検討.
    第54回日本肺癌学会総会. 東京, 11月, 2013.
  29. 佐藤 奈穂子, 竹田 雄一郎, 正木 晴奈, 勝屋 友畿, 千野 遥, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 杉山 温人.
    肺癌診療における緩和療法導入の要因の解析.
    第54回日本肺癌学会総会. 東京, 11月, 2013.
  30. 千野 遥, 竹田 雄一郎, 正木 晴奈, 佐藤 奈穂子, 勝屋 友幾, 石井 聡, 飯倉 元保, 仲 剛, 放生 雅章, 杉山 温人.
    PD後にBevacizumab (Bev)併用療法で再治療された非小細胞肺癌の検討.
    第54回日本肺癌学会総会. 東京, 11月, 2013.
  31. 飯倉 元保, 平嶋 純子, 石井 聡, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    吸気時に抵抗高値を認める気管支喘息患者の臨床的検討.
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会. 東京, 11月, 2013.
  32. 正木 晴奈, 飯倉 元保, 路 昭暉, 平嶋 純子, 放生 雅章, 杉山 温人.
    気管支喘息発作で頻回入院する患者の臨床的検討.
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会. 東京, 11月, 2013.
  33. 橋本 理生, 飯倉 元保, 岸本 めぐみ, 森野 英里子, 放生 雅章, 杉山 温人.
    吸気時喘鳴にて喘息と誤診されていた一例.
    第72回臨床アレルギー研究会. 東京, 11月, 2013.
  34. 勝屋 友幾, 仲 剛, 石井 聡, 飯倉 元保, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    肺癌に合併した播種性血管内凝固症候群. 4例に対するトロンボモジュリンの使用経験.
    第54回日本肺癌学会総会. 東京, 11月, 2013.
  35. 三好 嗣臣, 高崎 仁, 河野 正憲, 長原 慶典, 斎藤 那由多, 路 昭暉, 千野 遥, 清水 寿顕, 鈴木 学, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    TNF阻害薬中止後に粟粒結核, ARDSを呈し診断に骨髄生検が有用であった関節リウマチ患者の1例.
    第207回日本呼吸器学会関東地方会. 11月, 2013.
  36. 路 昭暉, 竹田 雄一郎, 正木 晴奈, 佐藤 奈穂子, 千野 遥, 勝屋 友幾, 石井 聡, 飯倉 元保, 仲 剛, 放生 雅章, 杉山 温人.
    進行非小細胞癌に対するCBDCA/S-1の有効性・有害事象についての検討.
    第54回日本肺癌学会総会. 東京, 11月, 2013.
  37. 森野 英里子.
    診断に苦慮した結核症例,「結核の接触者検診のマネジメントを学ぶ」.
    東京都看護協会. 東京, 11月, 2013.
  38. 正木 晴奈, 飯倉 元保, 路 昭暉, 平嶋 純子, 放生 雅章, 杉山 温人.
    気管支喘息発作で頻回入院する患者の臨床的検討.
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会. 東京, 11月, 2013.
  39. 正木 晴奈, 石井 聡, 竹田 雄一郎, 渡辺 翔, 橋本 理生, 宮脇 太一, 勝屋 友幾, 菅野 芳明, 佐藤 奈穂子, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 杉山 温人.
    肺腺癌の小細胞癌化を認めた1例.
    第168回日本肺癌学会関東支部会. 東京, 12月, 2013.
  40. 斎藤 那由多, 鈴木 学, 長原 慶典, 橋本 理生, 宮脇 太一, 千野 遥, 三好 嗣臣, 路 昭暉, 正木 晴奈, 清水 寿顕, 菅野 芳明, 勝屋 友幾, 佐藤 奈穂子, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    SFCの過吸入後にたこつぼ型心筋症を合併した気管支喘息重積発作の一例.
    第208回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 2月, 2014.
  41. 鈴木 学, 野村 恵, 三好 嗣臣, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    Nasal high flow cannulaに加えRTX併用にて治療が奏功した高齢者重症肺炎球菌性肺炎の1例.
    第41回日本集中治療医学会総会. 京都, 2月, 2014.
  42. 正木 晴奈, 高崎 仁, 齊藤 那由多, 菅野 芳明, 千野 遥, 三好 嗣臣, 路 昭暉, 長原 慶典, 橋本 理生, 森野 英里子, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    塗抹陽性肺結核の治療開始早期にM, abscesssusの混合感染が判明したミャンマー人の一例.
    第165回日本結核病学会関東支部学会・第208回日本呼吸器学会関東地方会合同学会. 東京, 2月, 2014.

著書・総説

その他