メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 呼吸器内科 > 研究実績・活動実績 > 2014年度発表論文等一覧

2014年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Tazawa R, Inoue Y, Arai T, Takada T, Kasahara Y, Hojo M, Ohkouchi S, Tsuchihashi Y, Yokoba M, Eda R, Nakayama H, Ishii H, Nei T, Morimoto K, Nasuhara Y, Ebina M, Akira M, Ichiwata T, Tatsumi K, Yamaguchi E, Nakata K.
    Duration of benefit in patients with autoimmune pulmonary alveolar proteinosis after inhaled GM-CSF therapy.
    Chest. 145(4):729-37, 2014.
  2. Ishii H, Seymour JF, Tazawa R, Inoue Y, Hojo M, Ichiwata T, Goto H and Nakata K et al.
    Secondary pulmonary alveolar proteinosis complicating myelodysplastic syndrome results in worsening of prognosis: a retrospective cohort study in Japan.
    BMC Pulmonary Medicine. 14:37, 2014.
  3. Katsuya Y, Hojo M, Kawai S, Kawai T, Onodera M, SugiyamaH.
    Chronic granulomatous disease with pulmonary mass-like opacities secondary to hypersensitivity pneumonitis: a case report.
    Journal of Medical Case Reports. 8:242-5, 2014.
  4. Iikura M, Hojo M. Sugiyama H.
    Glucocorticoids and mepolizumab in eosinophilic asthma.
    N Engl J Med. 371(25):2433-2434, 2014.
  5. Hojo M, Ohta K, Iikura M, Hirashima J, Sugiyama H. and Takahashi K.
    The impact of co-existing seasonal allergic rhinitis caused by Japanese Cedar Pollinosis (SAR-JCP) upon asthma control status.
    Allergology International. 64;150-5, 2015.
  6. Watanabe S, Hirano S, Mine S, Yoshida A, Motoi T, Ishii S, Naka G, Takeda Y, Igari T, Suigiyama H, Kobayashi N.
    A case of endobronchial NUT midline carcinoma with intraluminal growth.
    Anticancer Res. 35(3):1607-12, 2015.
  7. Kowada A, Takasaki J, Kobayashi N.
    Cost-effectiveness of interferon-gamma release assay for systematic tuberculosis screening of healthcare workers in low-incidence countries.
    J Hosp Infect. 89(2):99-108, 2015.
  8. Kato-Miyazawa M, Miyoshi-Akiyama T, Kanno Y, Takasaki J, Kirikae T, Kobayashi N.
    Genetic diversity of Mycobacterium tuberculosis isolates from foreign-born and Japan-born residents in Tokyo.
    Clin Microbiol Infect. 21(3):248e1-e8, 2015.
  9. Tanizaki R, Takasaki J.
    Tuberculoma.
    Intern Med. 53(13):1457-8, 2014.
  10. Yamazaki H, Sakai R, Koike R, Miyazaki Y, Tanaka M, Nanki T, Watanabe K, Yasuda S, Kurita T, Kaneko Y, Tanaka Y, Nishioka Y, Takasaki Y, Nagasaka K, Nagasawa H, Toh ma S, Dohi M, Sugihara T, Sugiyama H, Kawaguchi Y, lnase N, Ochi S, Hagiyama H, Kohsaka H, Miyasaka N, Harigai M; PREVENT Study Group.
    Assessment of risks of m1lmonarv infection during 12 months following imm1mosuppressive treatment for active connective tissue diseases: a large-scale prospective cohort study.
    J Rhcumatol. 42(4):614-22, 2015.
  11. Yamashita H, Muto G, Hachiya R, Sugiyama H, Takahashi Y, Kaneko H, Kano T, Mimori A.
    A case of Sjogren’s syndrome complicated bv protein-losing gastroenteropathy with unprececlented pulmonarv interstitial lesions.
    Mod Rheumatol. 24(5):877-9, 2014.
  12. Izumi S, Iikura M, Sugiyama H.
    Treatments for idiopathic pulmonary fibrosis.
    N Engl J Med. 371(8):781-2, 2014.
  13. Okuma Y, Tanuma J, Kamiryo H, Kojima Y, Yotsumoto M, Ajisawa A, Uehira T, Nagai H, Takeda Y, Setoguchi Y, Okada S.
    A multi-institutional study of clinicopathological features and molecular epidemiology of epidermal growth factor receptor mutations in lung cancer patients living with human immunodeficiency virus infection.
    J Cancer Res Clin Oncol. Mar 24, 2015.

原著論文-和文

  1. 石井 聡, 竹田 雄一郎, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    局所麻酔下胸腔鏡(手技と所見).
    気管支学. 36:428-432, 2014.
  2. 石井 聡, 竹田 雄一郎, 鈴木 学, 宮脇 太一, 路 昭暉, 正木 晴奈, 三好 嗣臣, 森野 英里子, 放生 雅章, 杉山 温人
    当院にて局所麻酔下胸腔鏡を施行した結核性胸膜炎-組織培養の有用性の検討-.
    日本呼吸器学会誌. 3(3):366-371, 2014.
  3. 正木 晴奈, 石井 聡, 竹田 雄一郎, 渡辺 翔, 放生 雅章, 杉山 温人.
    肺腺癌の小細胞癌化を認めた1例.
    日本呼吸器学会誌. 3(4):541-7, 2014.
  4. 森野 英里子, 柳川 泰昭, 高崎 仁, 杉山 温人, 小林 信之.
    塗抹持続陽性肺結核患者の培養陰性化の定義に関する検討 -培養陰性による退院基準の見直しに関する提言-.
    Kekkaku. 89(8):697-702, 2014.
  5. 山元 佳, 高崎 仁, 森野 英里子, 小林 信之, 杉山 温人.
    MRIにより診断されたイソニアジド関連と考えられる手の腱鞘滑膜炎を生じた2症例.
    Kekkaku. 89(7):659-65, 2014.
  6. 佐藤 奈穂子, 竹田 雄一郎, 正木 晴奈, 勝屋 友幾, 千野 遥, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 杉山 温人.
    非小細胞肺癌の診断後、抗癌療法が実施できず緩和療法を行った患者の検討.
    日本呼吸器学会誌. 4(1):59-65, 2015.
  7. 川瀬 貴嗣, 窪田 和雄, 竹田 雄一郎, 宇田川 響, 杉山 温人, 坂下 麦, 内野 三菜子, 板澤 朋子, 蓮尾 金博.
    ペプチド受容体放射性核種療法後に体外放射線治療を追加した胸腺原発神経内分泌腫瘍多発転移の一例.
    核医学. 5(2):47-53, 2014.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Miyawaki T, Ishii S, Takeda Y, Naka G, Iikura M, Sugiyama H.
    Bronchoscopic examination with endobronchial ultrasonography with a guide sheath~ How many times should we do biopsy for correct diagnosis?~.
    The 19th World Congress for Bronchology and Interventional Pulmonol. Kyoto, Japan, Apr, 2014
  2. Hojo M, Iikura M, Mizutani T, Hirashima J, Sugiyama H.
    The Impact of Co-Exisiting Seasonal Allergic Rhinitis By Japanese Cedar Pollinosis (SAR-JCP) Upon Asthma Control Status.
    American Thoracic Society International Conference. San Diego, USA, May, 2014.
  3. Chino H, Takasaki J, Morino E, Hojo M, Sugiyama H.
    Diagnostic delay in endobronchial tuberculosis with asthma.
    American Thoracic Society International Conference. San Diego, USA, May, 2014.
  4. Iikura M, Hirashima J, Ishii S, Izumi S, Hojo M, Sugiyama H.
    Clinical characteristics of asthmatic patients with high inspiratory impedance.
    American Thoracic Society International Conference. San Diego, USA, May, 2014.
  5. Watanabe S, Takeda Y, Hirano S, Katsuya Y, Ishii S, Naka G, Sugiyama H.
    Treatment For Patients With Non-Small Cell Lung Cancer Patients With Acquired Resistance to EGFR-tyrosine Kinase Inhibitors.
    American Thoracic Society International Conference. San Diego, USA, May, 2014.
  6. Izumi S, Saito N, Suzuki M, Iikura M, Takasaki J, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    Potential benefits of early direct hemoperfusion with polymyxin B-immobilized fiber columns for patients with rapidly progressive interstitial pneumonia.
    American Thoracic Society International Conference. San Diego, USA, May, 2014.
  7. Setoguchi Y, Izumi S, Hanada G, Nakamura H, Marumo K.
    The effects and safety of standard therapy for COPD patients who were not previously receiving maintenance treatment.
    American Thoracic Society International Conference. San Diego, USA, May, 2014.
  8. Izumi S, Setoguchi Y, Nakamura H, Hanada S, Marumo K, Kurosaki A, Akata S.
    The efficacy and safety of guideline-based pharmacological therapy for COPD patients who were not previously receiving maintenance treatment.
    European Respiratory Society International Congress 2014. Munich, Germany, Sep, 2014.
  9. Tanizaki R, Morino E, Takasaki J, Sugiyama H.
    Pyrazinamide for pulmonary tuberculosis in elderly patients.
    Interscience Conference of Antimicrobial Agents and Chemotherapy. Washington DC, America, Sep, 2014.
  10. Morino E, Takasaki J, Ohmagari N, Sugiyama H.
    Mycobacterium gordonae Infection.
    Interscience Conference of Antimicrobial Agents and Chemotherapy. Washington DC, America, Sep, 2014.
  11. Kobayashi T, Morino E, Takasaki J.
    Non pulmonary infection of Nontuberculous Mycobacterium in non HIV patients.
    Infectious Disease of Society of America. Philadelphia, USA, Oct, 2014.
  12. Hojo M, Iikura M, Sugiyama H.
    et al. Add-on effect of Tiotropium bromide to ICS/LABA combination inhaler for peripheral airways among patients with severe uncontrolled asthma.
    The 16th Congress of Asia-Pacific Society of Respirology. Bali, Indonesia, Nov, 2014.
  13. Ro S, Hojo M, Miyoshi S, Takasaki J, Sugiyama H.
    Evaluation of the relationship between fraction of exhaled nitric oxide (FeNO) and adherence to medication in asthma patients using Adherence Starts with Knowledge-20 (ASK-20).
    The 16th Congress of Asia-Pacific Society of Respirology. Bali, Indonesia, Nov, 2014.
  14. Miyoshi S, Suzuki M, Shiozawa A, Miyawaki T, Saito N, Ro S, Masaki H, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    The efficacy of physiotherapy using RTX respirator against patients with pneumonia.
    The 16th Congress of Asia-Pacific Society of Respirology. Bali, Indonesia, Nov, 2014.
  15. Takasaki J, Morino E, Ro S, Miyoshi S, Hojo M, Sugiyama H.
    Characteristics and Problems of Foreign Tuberculosis Treated in Our Hospital.
    The 16th Congress of Asia-Pacific Society of Respirology. Bali, Indonesia, Nov, 2014.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 石井 聡, 竹田 雄一郎, 宮脇 太一, 橋本 理生, 正木 晴奈, 三好 嗣臣, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    当院にて局所麻酔下胸腔鏡を施行した結核性胸膜炎―組織培養の有用性の検討―.
    第36回日本呼吸器内視鏡学会総会. 京都, 4月, 2014.
  2. 橋本 理生, 竹田 雄一郎, 石井 聡, 宮脇 太一, 正木 晴奈, 三好 嗣臣, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    気管支内視鏡検査症例におけるQuantiFERON TB-2G(QFT)検査の意義・解釈の検討.
    第36回呼吸器内視鏡学会. 京都, 4月, 2014.
  3. 石井 聡.
    局所麻酔下胸腔鏡(手技と所見).
    第36回日本呼吸器内視鏡学会総会. 気管支鏡セミナー, 京都, 4月, 2014.
  4. 仲 剛, 石井 聡, 鈴木 学, 飯倉 元保, 竹田 雄一郎, 平野 聡, 宮脇 太一, 成原 慶典, 橋本 理生, 斉藤 那由多, 路 昭暉, 勝屋 友幾, 清水 寿顕, 千野 遥, 正木 晴奈, 三好 嗣臣, 佐藤 奈穂子, 杉山 温人.
    抗酸菌感染症が原因と考えられた縦隔リンパ節腫大に対するEBUS-TBNA診断に寄与する患者背景因子の検討.
    第36回日本呼吸器内視鏡学会総会. 気管支鏡セミナー, 京都, 4月, 2014.
  5. 千野 遥, 飯倉 元保, 正木 晴奈, 三好 嗣臣, 路 昭暉, 宮脇 太一, 橋本 理生, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    当院における気管支鏡検査後に気胸を発症した症例の臨床的検討.
    第36回日本呼吸器内視鏡学会総会. 気管支鏡セミナー, 京都, 4月, 2014.
  6. 正木 晴奈, 石井 聡, 路 昭暉, 三好 嗣臣, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    COPD患者における肺気腫解析ソフトの比較検討.
    第54回日本呼吸器学会総会. 大阪, 4月, 2014.
  7. 石井 聡.
    呼吸器内視鏡の進歩-局所麻酔下胸腔鏡-.
    第54回日本呼吸器学会総会. 大阪, 4月, 2014.
  8. 斉藤 那由多, 鈴木 学, 泉 信有, 長原 慶典, 橋本 理生, 宮脇 太一, 千野 遥, 三好 嗣臣, 路 昭暉, 正木 晴奈, 清水 寿顕, 菅野 芳明, 勝屋 友幾, 佐藤 菜穂子, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 杉山温人.
    当院における間質性肺炎急性増悪に対するPMX-DHP施行例の臨床的検討.
    第54回日本呼吸器学会総会. 大阪, 4月, 2014.
  9. 三好 嗣臣, 鈴木 学, 塩沢 綾子, 橋本 理生, 長原 慶典, 宮脇 太一, 路 昭暉, 正木 晴奈, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人, 同リハビリテーション科 小池 友和, 藤谷 順子.
    肺炎治療に対する陽陰圧式体外式人工呼吸器(RTX)併用の有効性の検討.
    第54回日本呼吸器学会総会. 大阪, 4月, 2014.
  10. 渡辺 翔, 竹田 雄一郎, 平野 聡, 勝屋 友幾, 石井 聡, 仲 剛, 杉山 温人.
    EGFR遺伝子変異陽性肺癌に対するTKI耐性後の治療経過の検討.
    第54回日本呼吸器学会総会. 大阪, 4月, 2014.
  11. 飯倉 元保, 平嶋 純子, 鈴木 学, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    喘息吸入指導に関する院外薬剤師との連携向上に向けて.
    第64回日本アレルギー学会学術大会. 京都, 5月, 2014.
  12. 放生 雅章.
    成人重症持続型喘息患者におけるICS/LABA配合剤へのチオトロピウムの上乗せ効果に関する検討.
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会. 京都, 5月, 2014.
  13. 放生 雅章.
    成人最重症持続型喘息患者におけるSMART療法に関する臨床的検討.
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会. 京都, 5月, 2014.
  14. 放生 雅章.
    成人喘息患者におけるフルチカゾンフランカルボン酸/ビランテロール配合剤の臨床的有用性に関する検討.
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会. 京都, 5月, 2014.
  15. 路 昭暉, 放生 雅章.
    Adherence Starts with Knowledge-20(ASK-20)を用いた気管支喘息患者の服薬アドヒアランスと治療効果に関する検討.
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会. 京都, 5月, 2014.
  16. 千野 遥, 放生 雅章, 杉山 温人.
    HIV感染合併喘息患者の臨床的特徴.
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会. 京都, 5月, 2014.
  17. 森野 英里子, 佐野 和美, 高崎 仁, 他.
    抗結核薬使用中の肝障害と薬物動態の関連についての検討.
    第89回日本結核病学会総会. 岐阜, 5月, 2014.
  18. 森野 英里子, 高崎 仁, 石井 聡, 鈴木 学, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 仲 剛, 竹田 雄一郎, 杉山 温人
    肺Mycobacterium gordonae症の1例.
    第89回日本結核病学会総会. 岐阜, 5月, 2014.
  19. 高崎 仁, 菅野 芳明, 森野 英里子, 千野 遥, 正木 晴奈, 谷崎 竜太郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当センターにおける外国人結核の現状と課題.
    第89回日本結核病学会総会. 岐阜, 5月, 2014.
  20. 正木 晴奈, 高崎 仁, 齊藤 那由多, 菅野 芳明, 千野 遥, 三好 嗣臣, 路 昭暉, 長原 慶典, 橋本 理生, 森野 英里子, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    塗抹陽性肺結核の治療開始早期にM.abscessusの混合感染が判明したミャンマー人の1例.
    第89回日本結核病学会総会. 岐阜, 5月, 2014.
  21. 谷崎 隆太郎, 森野 英里子, 杉原 淳, 他.
    高齢肺結核患者における年齢別の特徴.
    第88回日本感染症学会総会. 福岡, 6月, 2014.
  22. 古川 恵太郎, 森野 英里子, 高崎 仁, 杉山 温人.
    結核治療中に認められた薬剤性白血球数減少症についての検討.
    第88回日本感染症学会総会. 福岡, 6月, 2014.
  23. 長原 慶典, 森野 英里子, 高崎 仁.
    non-HIV患者に生じた多発Mycobacterium avium骨病変の一例.
    第88回日本感染症学会総会. 福岡, 6月, 2014.
  24. 森野 英里子, 高崎 仁, 杉山 温人.
    塗抹陽性肺結核患者の退院基準として排菌の陰性化の定義に関する検討.
    第88回日本感染症学会総会. 福岡, 6月, 2014.
  25. 蔵本 裕史, 橋本 理生, 正木 晴奈, 仲 剛, 石井 聡, 鈴木 学, 森野 英里子, 高崎 仁, 飯倉 元保, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    脾臓摘出後重症感染症(overwhelming postsplenectomy infection:OPSI)の1例.
    第210回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 7月, 2014.
  26. 飯倉 元保, 橋本 理生, 森野 英里子, 放生 雅章, 杉山 温人.
    Vocal cord dysfunctionの診断にMostGraph-01が有用であった1症例.
    第8回MostGraph研究会. 東京, 8月, 2014.
  27. 飯倉 元保, 鈴木 学, 石井 聡, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    喘息と誤診されていた症例の検討.
    第74回臨床アレルギー研究会. 東京, 11月, 2014.
  28. 宮脇 太一, 竹田 雄一郎, 路 昭暉, 正木 晴奈, 鈴木 学, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院におけるnab-PTX/CBDCA併用療法の有効性の検討 PTX/CBDCA療法との比較.
    第55回日本肺癌学会学術集会. 京都, 11月, 2014.
  29. 正木 晴奈, 竹田 雄一郎, 宮脇 太一, 路 昭暉, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    初回から緩和医療が選択された非小細胞肺癌(NSCLC)患者の検討.
    第55回日本肺癌学会学術集会. 京都, 11月, 2014.
  30. 大熊 裕介, 田沼 順子, 大寺 博, 小島 勇貴, 四本 美保子, 竹田 雄一郎, 上平 朝子, 永井 宏和, 味澤 篤, 瀬戸口 靖弘, 岡田 誠治.
    本邦のエイズ基幹病院におけるHIV感染者に合併した肺がんの多施設調査.
    第55回日本肺癌学会学術集会. 京都, 11月, 2014.
  31. 有村 健, 長瀬 清亮, 竹田 雄一郎, 猶木 克彦, 副島 研造, 兼村 俊範, 大平 達夫, 玉置 淳, 池田 徳彦.
    NSCLC(Non-squamous)に対するBevacizumab(Bev)治療のコホート調査の最終報告. 新宿胸部腫瘍研究グループ(STOG) .
    第55回日本肺癌学会学術集会. 京都, 11月, 2014.
  32. 林 由紀恵, 石井 聡, 路 昭暉, 高澤 郁夫, 鈴木 学, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    黄色爪症候群の1例.
    第212回日本呼吸器学会関東地方会. 横浜, 11月, 2014.
  33. 森野 英里子.
    診断に苦慮した結核症例. 「結核の接触者検診のマネジメントを学ぶ」.
    東京都看護協会. 東京, 11月, 2014.
  34. 放生 雅章, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    気管支喘息患者における気道可逆性の評価 ~MostGraphを用いた検討~.
    第9回MostGraph研究会. 仙台, 2月, 2015.
  35. 山本 章太, 鈴木 学, 岡本 竜哉, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院Surgical ICUにおける人工呼吸器設定の傾向と予後について.
    第42回日本集中治療医学会学術集会. 東京, 2月, 2015.
  36. 鈴木 学, 山本 章太, 岡本 竜哉, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院Medical ICUにおける人工呼吸器症例の臨床的検討.
    第42回日本集中治療医学会総会. 東京, 2月, 2015.
  37. 宮脇 太一, 飯倉 元保, 石井 聡, 横手 芙美, 牧瀬 尚大, 猪狩 亨, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    右肺下葉切除後に術後断端に発生した気管支ポリープの1例.
    第152回日本呼吸器内視鏡学会関東地方会. つくば, 3月, 2015.
  38. 長原 慶典, 鈴木 学, 宮脇 太一, 橋本 理生, 小林 このみ, 塩沢 綾子, 鈴木 英里子, 高澤 郁夫, 山本 章太, 田村 休応, 保坂 悠介, 正木 晴奈, 三好 嗣臣, 路 昭暉, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    肺抗酸菌感染症の診断における気管支鏡検査の有用性の検討.
    第90回日本結核病学会総会. 長崎, 3月, 2015.
  39. 古川 恵太郎, 森野 英里子, 高崎 仁, 杉山 温人.
    結核治療中の白血球減少症についての検討.
    第90回日本結核病会総会. 長崎, 3月, 2015.
  40. 小林 鉄郎, 長原 慶典, 森野 英里子, 高崎 仁, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    特に基礎疾患のない両側性中耳結核および肺結核の一例.
    第90回日本結核学会総会. 長崎, 3月, 2015.

著書・総説

単行本-和文

  1. 森野 英里子.
    結核性髄膜炎.
    総合診療医のための結核診療Update. JIM (Journal of Integrated Medicine), 医学書院, 東京, p.1108-1110, 2014.
  2. 森野 英里子.
    合併症や特殊な状況を有する結核患者への対応.
    結核診療パーフェクトガイド. 青島正大 編著, 中外医学社, 東京, p137-156, 2015.
  3. 森野 英里子.
    レジデントのための感染症診療マニュアル.
    青木眞, 第3版, 医学書院, 東京, p.1063-1109, 2015.
  4. 高崎 仁.
    医療機関における新型インフルエンザ等対策ミニマム・エッセンシャルズ. 第2章 新型インフルエンザ等診療のための基礎知識.
    3. インフルエンザの診療、抗インフルエンザウイルス薬について. 岡部信彦 監修, 南山堂, 東京, 2014.

総説-和文

  1. 放生 雅章.
    喘息の周辺疾患、GERD(胃食道逆流).
    アレルギー・免疫. 21(4);642-6, 2014.
  2. 放生 雅章.
    喘息の難治化因子~ One airway, one disease ~.
    Respiratory Medical Research. 3(1);30-5, 2014.
  3. 放生 雅章.
    アレルギー疾患治療の有効性評価~内科・臨床症状からの評価~.
    アレルギー・免疫. 22(2);208-14, 2015.
  4. 森野 英里子.
    【寄稿】塗抹持続陽性肺結核患者の退院基準を再考する.
    週刊医学界新聞 第3102号 2014年11月24日.
  5. 高崎 仁, 加藤 康之.
    内科疾患最新の治療. 中東呼吸器症候群.
    内科. 113(6), 2014.

その他