メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 呼吸器内科 > 研究実績・活動実績 > 2016年度発表論文等一覧

2016年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Hiraishi Y, Nambu A, Shibui A, Nakanishi W, Yamaguchi S, Morita H, Iikura M, McKenzie AN, Matsumoto K, Sudo K, Yamasoba T, Nagase T, Nakae S.
    TIM-3 is not essential for development of airway inflammation induced by house dust mite antigens.
    Allergol Int. 65(4):459-465, 2016.
  2. Hojo M, Shirai T, Iikura M, Hirashima J, Sugiyama H.
    Comparison of the clinical effects of combined salmeterol/fluticasone delivered by dry powder or pressurized metered dose inhaler.
    Pulm Pharmacol Ther. 37:43-48, 2016.
  3. Hirano S, Naka G, Takeda Y, Iikura M, Hayama N, Yanagisawa A, Amano H, Nakamura M, Nakamura S, Tabeta H, Sugiyama H.
    A prospective, multicenter phase II trial of low-dose erlotinib as maintenance treatment after platinum doublet chemotherapy for advanced non-small cell lung cancer harboring EGFR mutation.
    Chin Clin Oncol. 5(6):77-81, 2016.
  4. Ro S, Ishii S, Hayashi Y, Kobayashi K, Masaki H, Miyoshi S, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    Thoracoscopy under Local Anesthesia was Useful for Diagnosing Yellow Nail Syndrome.
    Intern Med. 55(8):975-80, 2016.
  5. Takayama K, Atagi S, Imamura F, Tanaka H, Minato K, Harada T, Katakami N, Yokoyama T, Yoshimori K, Takiguchi Y, Hataji O, Takeda Y, Aoe K, Kim Y H, Yokota S, Tabeta H, Tomii K, Ohashi Y, Eguchi K, Watanabe K.
    Quality of life and survival survey of cancer cachexia in advanced non-small cell lung cancer patients-Japan nutrition and QOL survey in patients with advanced non-small cell lung cancer study.
    Support Care Cancer. 24(8):3473-80, 2016.
  6. Sekiya K, Nakatani E, Fukutomi Y, Kaneda H, Iikura M, Yoshida M, Takahashi KI, Tomii K, Nishikawa M, Kaneko N, Sugino Y, Shinkai M, Ueda T, Tanikawa Y, Shirai T, Hirabayashi M, Aoki T, Kato T, Iizuka K, Homma S, Taniguchi M, Tanaka H.
    Severe or life-threatening asthma exacerbation: patient heterogeneity identified by cluster analysis.
    Clin Exp Allergy 46(8):1043-1055, 2016.
  7. Suzuki S, Morino E, Ishii M, Namkoong H, Yagi K, Asakura T, Asami T, Fujiwara H, Uwamino Y, Nishimura T, Tasaka S, Betsuyaku T, Takasaki J, Iwata S,Hasegawa N.
    Clinical characteristics of pulmonary Mycobacterium scrofulaceum disease in 2001-2011: A case series and literature review.
    J Infect Chemother. 22(9):611-6, 2016.
  8. Morimoto K, Namkoong H, Hasegawa N, Nakagawa T, Morino E, Shiraishi Y, Ogawa K, Izumi K, Takasaki J, Yoshiyama T, Hoshino Y, Matsuda S, Hayashi Y, Sasaki Y, Ishii M, Kurashima A, Nishimura T, Betsuyaku T, Goto H; Nontuberculous Mycobacteriosis Japan Research Consortium.
    Macrolide-Resistant Mycobacterium avium Complex Lung Disease: Analysis of 102 Consecutive Cases.
    Ann Am Thorac Soc. 13(11):1904-1911, 2016.
  9. Kamiya H, Panlaqui OM, Izumi S, Sozu T.
    Prognostic factors of idiopathic inflammatory myopathies complicated with interstitial lung disease: protocol for a systematic review and meta-analysis.
    BMJ Open. 6(11):e012744, 2016.
  10. Chino H, Iikura M, Saito N, Sato N, Suzuki M, Ishii S, Morino E, Naka G, Takasaki J, Izumi S, Hojo M, Takeda Y, Sugiyama H.
    Subinterlobular Pleural Location Is a Risk Factor for Pneumothorax After Bronchoscopy.
    Respir Care. 61(12):1664-1670, 2016.
  11. Saito N, Suzuki M, Ishii S, Morino E, Takasaki J, Naka G, Iikura M, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    Asthmatic Attack Complicated with Takotsubo Cardiomyopathy after Frequent Inhalation of Inhaled Corticosteroids/Long-Acting Beta2-Adrenoceptor Agonists.
    Intern Med. 55(12):1615-1620, 2016.
  12. Sakurai A, Yanai H, Ishida T, Kuwata H, Kamei K, Izumi S.
    Possible relationship between organizing pneumonia and chronic pulmonary aspergillosis: A case report and literature review.
    Respir Investig. 55(1):74-78, 2017.

原著論文-和文

  1. 三好 嗣臣, 鈴木 学, 塩沢 綾子, 斉藤 那由多, 宮脇 太一, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    肺炎治療において理学療法として陽陰圧体外式人工呼吸器を併用した16例の臨床的検討.
    人工呼吸. 33(2):163-170, 2016.
  2. 森野 英里子, 高崎 仁, 杉山 温人.
    外国人結核の現状と課題.
    結核. 91(11-12):703-708, 2016.
  3. 斉藤 那由多, 高崎 仁, 長原 慶典, 鈴木 学, 放生 雅章, 杉山 温人.
    慢性進行性肺アスペルギルス症に合併した続発性アミロイドーシスの1例.
    日本呼吸器学会誌. 5(6):336-340, 2016.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Hojo M, Iikura M, Suzuki M, Sugiyama H.
    Step Down Strategy; Can LTRA Be Withdrawn Safely From Combination Therapy With Medium To High Dose Of ICS/LABA, Tiotropium Bromide And LTRA In Severe Asthmatics?
    2016 American Thoracic Society International Conference. San Francisco, USA, May, 2016.
  2. Kobayashi K, Iikura M, Ishii S, Izumi S, Hojo M, Sugiyama H.
    Short-term Effectiveness of Bronchial Thermoplasty on Quality of Life and Control in Patients with Severe Asthma.
    2016 American Thoracic Society International Conference. San Francisco, USA, May, 2016.
  3. Izumi S, Sakamoto K., Kobayashi K, Shiozawa A, KawamotoH., Ishii S, Suzuki M, Morino E, Takasaki J, Naka G, Sato T, Iikura M, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    Clinical Characteristics Of 27 Patients With Interstitial Pneumonia Associated With anti-Aminoacyl-tRNA-Synthetase Antibodies.
    2016 American Thoracic Society International Conference. San Francisco, USA, May, 2016.
  4. Suzuki E, Sakamoto K, Suzuki T, Yamamoto S, Shiozawa A, Kobayashi K, Suzuki M, Naka G, Iikura M, Izumi S, Sugiyama H, Tanaka N.
    Examination of factors affecting successful pleurodesis for malignant pleural effusion.
    The 26th European Respiratory Society International Congress. London, United Kingdom, Sep, 2016
  5. Iikura M, Ishii S, Izumi S, Hojo M, Sugiyama H.
    Short-term effects of bronchial thermoplasty on pulmonary function in patients with severe asthma.
    The 26th Europen Respiratory Society International Congress. London, United Kingdom, Sep, 2016.
  6. Sakamoto K, Izumi S, Kobayashi K, Shiozawa A, Kawamoto H, Ishii S, Suzuki M, Morino E, Takasaki J, Naka G, Sato T, Iikura M, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    Clinical Characteristics Of 32 Patients With Interstitial Pneumonia Associated With anti-Aminoacyl-tRNA-Synthetase Antibodies.
    The 26th European Respiratory Society International Congress. London, United Kingdom, Sep, 2016.
  7. Yamamoto S, Iikura M, Ishii S, Izumi S, Hojo M, Sugiyama H.
    Reversible bronchitis and peribronchitis after bronchial thermoplasty.
    The 26th European Respiratory Society International Congress. London, United Kingdom, Sep, 2016.
  8. Suzuki M, Shiozawa A, Miyawaki E, Miura K, Nagano N, Fujimoto S, Tsujimoto Y, Kakuwa T, Matsubayashi S, Suzuki T, Sakamoto K, Kobayashi K, Yamamoto S, Hashimoto M, Takasaki J, Iikura M, Izumi S, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    Three cases of mechanical ventilation by using Intellivent ASV in our respiratory medicine.
    The 21st Congress of The 21st Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. Bangkok, Thailand, Nov, 2016.
  9. Iikura M, Ishii S, Izumi S, Hojo M, Sugiyama H.
    Effectiveness and safety of bronchial thermoplasty in Japanese patients with severe uncontrolled asthma.
    The 21st Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. Bangkok, Thailand, Nov, 2016.
  10. Matsubayashi S, Suzuki M, Hayashi Y, Shiozawa A, Kobayashi K, Ishii S, Morino E, Sato T, Takasaki J, Naka G, Iikura M, Izumi S, Takeda Y, Hojo M, Sugiyama H.
    Effectiveness of Clarithromycin in Patients with Yellow Nail Syndrome.
    The 21st Congress of Asian-Pacific Society of Respirology. Bangkok, Thailand, Nov, 2016.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 放生 雅章, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    気管支サーモプラスティ患者選定と患者説明の方法.
    第56回日本呼吸器学会学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  2. 放生 雅章.
    【共同企画(日本アレルギー学会);ACOS、病態の多面性と臨床的課題】ACOS;増悪の多面性と予防治療戦略.
    第56回日本呼吸器学会学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  3. 放生 雅章.
    【イブニングセミナー3;重症気管支喘息治療の新展開~気管支サーモプラスティの可能性を探る~】気管支サーモプラスティの患者選定と説明の方法.
    第56回日本呼吸器学会学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  4. 小林 このみ, 鈴木 学, 川本 浩徳, 鈴木 知之, 坂本 慶太, 渡邉 彩香, 鈴木 英里子, 高澤 郁夫, 塩沢 綾子, 山本 章太, 長原 慶典, 橋本 理生, 篠原 浩, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院呼吸器内科で経験した、たこつぼ心筋症発症例の臨床的特徴.
    第56回日本呼吸器学会学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  5. 古川 恵太郎, 森野 英里子, 高崎 仁, 杉山 温人.
    結核治療中の白血球減少症についての検討.
    第56回呼吸器内科学会学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  6. 鈴木 学, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院呼吸器内科における急性期NPPV使用症例の臨床的検討.
    第56回日本呼吸器学会学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  7. 飯倉 元保, 放生 雅章, 石井 聡, 泉 信有, 坂本 慶太, 塩沢 綾子, 山本 章太, 鈴木 学, 仲 剛, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    重症喘息患者に対する気管支サーモプラスティ治療における呼吸機能の変化.
    第56回日本呼吸器学会誌学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  8. 泉 信有, 平野 聡, 飯倉 元保, 橋本 理生, 小林 このみ, 石井 聡, 森野 英里子, 鈴木 学, 高崎 仁, 仲 剛, 佐藤 輝彦, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    特発性肺線維症(IPF)治療薬ニンテダニブの長期使用経験.
    第56回日本呼吸器学会学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  9. 平野 聡, 仲 剛, 竹田 雄一郎, 飯倉 元保, 柳沢 麻子, 巴山 紀子, 天野 寛之, 中村 純, 中村 祐之, 多部田 弘士, 杉山 温人.
    エルロチニブ25mg/日での治療で増悪したEGFR変異陽性肺腺癌に対する150mg/日での抗腫瘍効果.
    第56回日本呼吸器学会誌学術講演会. 京都, 4月, 2016.
  10. 鈴木 英里子, 鈴木 学, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 塩沢 綾子, 山本 章太, 小林 このみ, 橋本 理生, 長原 慶典, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    短期間にてんかん発作を契機とした神経原性肺水腫を繰り返し発症した1例.
    第219回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 5月, 2016.
  11. 鈴木 学, 長原 慶典, 橋本 理生, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 渡邊 彩香, 川本 浩徳 , 小林 このみ, 塩沢 綾子, 鈴木 英里子, 山本 章太, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山温人.
    肺抗酸菌感染症の診断における気管支鏡検査の有用性の検討.
    第91回日本結核病学会総会. 金沢, 5月, 2016.
  12. 坂本 慶太, 森野 英里子, 高崎 仁.
    食道縦隔瘻および気管食道瘻を合併した肝結核の1例.
    第91回日本結核病学会総会,金沢,5月,2016
  13. 塩沢 綾子, 森野 英里子, 高崎 仁.
    活動性結核治療中に高アンモニア血症を呈した1例.
    第91回日本結核病学会総会. 金沢, 5月, 2016.
  14. 古川 恵太郎, 森野 英里子, 高崎 仁, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人
    抗結核薬の副作用の現状 発熱、皮疹、白血球減少について 結核治療中に認められた白血球減少症および無顆粒球症の臨床的特徴と危険因子についての検討.
    第91回日本結核病学会総会. 金沢, 5月, 2016.
  15. 森野 英里子, 高崎 仁, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人, 大平 文, 関根 裕美, 小笠原 雅子.
    結核および非結核性抗酸菌症の治療におけるエタンブトール視神経炎の再考.
    第91回日本結核病学会総会. 金沢, 5月, 2016.
  16. 森野 英里子, 高崎 仁.
    外国人結核.
    第91回日本結核病学会総会. 金沢, 5月, 2016.
  17. 放生 雅章.
    重症喘息に対する最新治療気管支サーモプラスティについて~自験15症例から今後の展開を考える~
    第76回呼吸器合同北陸地方会特別講演. 金沢, 5月, 2016.
  18. 鈴木 学.
    当院のリコモジュリンの使用経験.
    DIC講演会.東京, 6月, 2016.
  19. 辻本 佳恵, 森野 英里子, 高崎 仁.
    妊娠と結核:当院で経験した2例.
    臨床結核研究会. 東京, 6月, 2016.
  20. 放生 雅章, 鈴木 学, 渡邉 彩香, 小林 このみ, 塩沢 綾子, 飯倉 元保, 杉山 温人.
    成人喘息治療 ICS/LABA+LTRA+Tiotropium 4剤治療でコントロールされた重症喘息患者におけるステップダウンに関する検討.
    第65回日本アレルギー学会学術大会. 東京, 6月, 2016.
  21. 放生 雅章.
    【イブニングシンポジウム;重症気管支喘息治療の新展開~気管支サーモプラスティの実際~】気管支サーモプラスティ治療のアウトカム.
    第65回日本アレルギー学会学術大会. 東京, 6月, 2016.
  22. 小林 このみ, 飯倉 元保, 石井 聡, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    重症気管支喘息に対する気管支サーモプラスティによる短期的な喘息コントロールとQOLスコアの改善について.
    第65回日本アレルギー学会学術大会. 東京, 6月, 2016.
  23. 渡邉 彩香, 放生 雅章, 飯倉 元保, 泉 信有, 杉山 温人.
    当院のオマリズマブ長期使用症例における臨床的効果の検討.
    第65回日本アレルギー学会学術大会. 東京, 6月, 2016.
  24. 塩沢 綾子, 放生 雅章, 鈴木 学, 石井 聡, 飯倉 元保, 泉 信有, 杉山 温人.
    当院における5年間の気管支喘息入院患者の推移と臨床像の検討.
    第65回日本アレルギー学会学術大会. 東京, 6月, 2016.
  25. 飯倉 元保, 放生 雅章, 石井 聡, 泉 信有, 小林 このみ, 山本 章太, 塩沢 綾子, 鈴木 英里子, 橋本 理生, 鈴木 学, 森野 英里子, 杉山 温人.
    重症難治性喘息の治療 気管支サーモプラスティ治療による呼吸機能の短期的変化.
    第65回日本アレルギー学会学術大会. 東京, 6月, 2016.
  26. 飯倉 元保, 放生 雅章, 石井 聡, 泉 信有, 小林 このみ, 山本 章太, 塩沢 綾子, 橋本 理生, 鈴木 学, 仲 剛, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    良性疾患に対する呼吸器内視鏡治療・サーモプラスティ 日本人喘息患者における気管支サーモプラスティ治療による合併症.
    第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 名古屋, 6月, 2016.
  27. 小林 このみ, 鈴木 学, 橋本 理生, 鈴木 知之, 鈴木 英里子, 塩沢 綾子, 山本 章太, 坂本 慶太, 渡邉 彩香, 川本 浩徳, 長原 慶典, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院呼吸器内科で経験した気管支鏡を契機にたこつぼ心筋症を発症した症例の臨床的特徴.
    第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 名古屋, 6月, 2016.
  28. 鈴木 英里子, 竹田 雄一郎, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 塩沢 綾子, 山本 章太, 小林 このみ, 橋本 理生, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    EBUS-TBNAが節外病変の診断に有用であった3症例での検討.
    第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 名古屋, 6月, 2016.
  29. 鈴木 英里子, 高崎 仁.
    病院やクリニックの特性を活かし無事入院加療が出来た活動性肺結核の1例.
    第23回新宿医学会. 東京, 6月, 2016.
  30. 長野 直子, 飯倉 元保, 小林 このみ, 放生 雅章, 杉山 温人.
    重症喘息患者に対する気管支サーモプラスティの当院における検討.
    第77回臨床アレルギー研究会. 東京, 7月, 2016.
  31. 三浦 啓太, 鈴木 英里子, 鈴木 学, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 小林 このみ, 塩沢 綾子, 山本 章太, 橋本 理生, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人, 肥田 あゆみ, 清水 潤.
    著明な筋力低下を契機に,診断された多発性筋炎合併小細胞肺癌の1例.
    第176回日本肺癌学会関東支部学術集会. 東京, 7月, 2016.
  32. 飯倉 元保, 渡邉 彩香, 石井 聡, 鈴木 学, 仲 剛, 高崎 仁, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    分泌物の多い重症喘息患者に対し気管支サーモプラスティが奏効した1例.
    第157回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会. 東京, 7月, 2016.
  33. 泉 信有.
    【ランチョンセミナーⅠ 肺線維化の機序と治療】特発性肺線維症―新たな治療展開―
    第220回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 7月, 2016.
  34. 石井 晴之, 佐々木 結花, 宮本 篤, 泉 信有.
    呼吸器疾患の診断ポイントを探せ! 学生、初期研修医、後期研修医対象キーパッド式参加型セミナー.
    第220回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 7月, 2016.
  35. 塩沢 綾子, 泉 信有, 杉山 温人, 放生 雅章, 竹田 雄一郎, 飯倉 元保, 仲 剛, 高崎 仁, 鈴木 学, 石井 聡, 森野 英里子.
    ニューモシスチス肺炎で発症したくすぶり型成人 T 細胞リンパ腫(ATL)の 1 例.
    第220回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 7月, 2016.
  36. 鈴木 英里子, 竹田 雄一郎, 塩沢 綾子, 小林 このみ, 橋本 理生, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人, 田中 紀子.
    癌性胸膜炎に対する胸膜癒着療法成功する要因の検討.
    第14回日本臨床腫瘍学会学術集会. 神戸, 7月, 2016.
  37. 長野 直子, 飯倉 元保, 小林 このみ, 放生 雅章, 杉山 温人.
    重症喘息患者に対する気管支サーモプラスティの当院における検討.
    第77回臨床アレルギー研究会. 東京, 7月, 2016.
  38. 放生 雅章.
    最近の喘息治療のトピックス~Bronchial Thermoplastyを含めて~
    第47回日本職業・環境アレルギー学会. 大阪, 7月, 2016.
  39. 辻本 佳恵, 森野 英理子, 高崎 仁, 角和 珠紀, 長野 直子, 松林 沙知, 藤本 章太, 鈴木 知之, 坂本 慶太, 小林 このみ, 塩沢 綾子, 鈴木 英理子, 山本 章太, 鈴木 学, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 佐藤 輝彦, 放生 雅章, 杉山 温人.
    緊急帝王切開直後に活動性肺結核、縦隔リンパ節炎、胸膜炎、心膜炎と診断 された1例.
    第221回日本呼吸器学会関東地方会・第170回日本結核病学会関東支部会. 山梨, 9月, 2016.
  40. 塩沢 綾子, 鈴木 学, 森野 英里子, 高崎 仁, 鈴木 知之, 坂本 慶太, 宮脇 英里子, 小林 このみ, 山本 章太, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    保存的加療で食道瘻孔の閉鎖を得たリンパ節結核の1 例.
    第221回日本呼吸器学会関東地方会・第170回日本結核病学会関東支部会. 山梨, 9月, 2016.
  41. 鈴木 学, 辻本 佳恵, 志賀 研人, 角和 珠妃, 長野 直子, 松林 沙知, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 山本 章太, 宮脇 英里子, 塩沢 綾子, 小林 このみ, 橋本 理生, 高崎 仁, 佐藤 輝彦, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院呼吸器内科における連続的な非侵襲的呼吸換気モニタExSpironTMの使用経験の報告.
    第221回日本呼吸器学会関東地方会・第170回日本結核病学会関東支部会. 山梨, 9月, 2016.
  42. 坂本 慶太, 泉 信有, 杉山 温人.
    咳嗽と微熱で発症し、両側肺にびまん性に線状網状影を呈した1例.
    第62回臨床呼吸器カンファレンス. 東京, 9月, 2016.
  43. 放生 雅章.
    重症喘息に対する気管支サーモプラスティ治療.
    第96回北海道医学大会特別講演. 札幌, 10月, 2016.
  44. 鈴木 学.
    大量喀血で当院搬送された71歳の男性:陳旧性肺結核右上肺野空洞性病変.
    第64回新宿チェスト・レントゲン・カンファランス. 東京, 10月, 2016.
  45. 前田 翠, 坂本 慶太, 仲 剛, 森野 英里子, 辻本 佳恵, 角和 珠妃, 藤本 祥太, 松林沙知, 鈴木 知之, 山本 章太, 宮脇 英里子, 塩沢 綾子, 小林 このみ, 橋本 理生, 石井 聡, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 放生 雅章, 杉山 温人.
    肺悪性腫瘍との鑑別を要した播種性クリプトコッカス症の1例.
    第222回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 11月, 2016.
  46. 川尻 紘平, 宮脇 英里子, 鈴木 学, 辻本 佳恵, 長野 直子, 松林 沙知, 角和 珠妃, 藤本 祥太, 鈴木 知之, 坂本 慶太, 山本 章太, 塩沢 綾子, 小林 このみ, 橋本 理生, 石井 聡, 森野 英里子, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    伊勢海老の誤嚥による気管支内異物を気管支鏡下に除去した一例.
    第159回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会. 東京, 11月, 2016.
  47. 馬場 智尚, 泉 信有.
    高CK血症を伴った間質性肺炎の一例. MDD症例検討会(びまん性肺疾患学術部会企画).
    第222回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 11月, 2016.
  48. 坂本 慶太, 泉 信有, 杉山 温人.
    当院におけるNintedanibの治療経験.
    IPF Conference in Tokyo. 東京, 11月, 2016.
  49. 城石 充, 松林 沙知, 畑田 恵美, 濱﨑 秀崇, 佐藤 輝彦.
    肺化膿症の背景にアレルギー性気管支肺アスペルギルス症を認めた1例.
    第222回日本呼吸器学会関東地方会. 東京, 11月, 2016年.
  50. 宮脇 英里子, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 塩沢 綾子, 小林 このみ, 山本 章太, 仲 剛, 杉山 温人, 田中 紀子.
    進行非小細胞肺癌におけるドセタキセル単剤(DTX)療法中の発熱性好中球減少症(FN)発症率と危険因子の検討.
    第57回日本肺癌学会学術集会. 福岡, 12月, 2016.
  51. 鈴木 知之, 竹田 雄一郎, 鈴木 英里子, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院におけるニボルマブの使用経験.
    第57回日本肺癌学会学術集会. 福岡, 12月, 2016.
  52. 仲 剛, 竹田 雄一郎, 鈴木 知之, 鈴木 英里子, 石井 聡, 飯倉 元保, 泉 信有, 放生 雅章, 杉山 温人.
    当院におけるT790M変異陽性非小細胞肺癌の背景と経過 後方視的検討
    第57回日本肺癌学会学術集会. 福岡, 12月, 2016.
  53. 長野 直子, 三浦 啓太, 鈴木 英里子, 竹田 雄一郎, 角和 珠妃, 辻本 佳恵, 松林 沙知, 鈴木 知之, 仲 剛, 杉山 温人.
    原発性肺癌におけるリンパ節転移の評価に対するFDG-PET/CTの有用性について.
    第57回日本肺癌学会学術集会. 福岡, 12月, 2016.
  54. 古川 恵太郎, 森野 英里子, 高崎 仁, 杉山 温人.
    結核治療中の白血球減少症についての検討.
    結核・非結核性抗酸菌症治療研究会. 東京, 12月, 2016.
  55. 角和 珠妃, 三好 嗣臣, 高崎 仁, 泉 信有.
    生物学的製剤を中止したことでARDSを発症した粟粒結核の1例.
    第11回リウマチ肺研究会. 東京, 1月, 2017.
  56. 高崎 仁, 森野 英里子, 塩沢 綾子, 橋本 理生, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 杉山 温人.
    急性骨髄性白血病の経過中に全身結核を発病した一例.
    第171回日本結核病学会関東支部学会・第223回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会. 東京, 2月, 2017.
  57. 松林 沙知, 森野 英里子, 小林 このみ, 辻本 佳恵, 長野 直子, 角和 珠妃, 藤本 祥太, 坂本 慶太, 鈴木 知之, 山本 章太, 宮脇 英里子, 塩沢 綾子, 橋本 理生, 鈴木 学, 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    繰り返す肺炎を契機に原発性線毛機能不全を診断された一例.
    第171回日本結核病学会関東支部学会・第223回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会. 東京, 2月, 2017年.
  58. 新木 杏子, 鈴木 学, 松林 沙知, 角和 珠妃, 坂本 慶太, 山本 章太, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    繰り返す喀血を主訴に来院した肺放線菌症の一例.
    第630回日本内科学会関東地方会. 東京, 2月, 2017.
  59. 鈴木 学, 石井 聡, 森野 英里子. 高崎 仁, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    当院呼吸器内科におけるリコモジュリン使用状況の臨床的検討.
    第44回日本集中治療医学会学術集会. 札幌, 3月, 2017.
  60. 松林 沙知, 森野 英里子, 高崎 仁, 石井 聡, 仲 剛, 飯倉 元保, 泉 信有, 竹田 雄一郎, 杉山 温人.
    結核および非結核性抗酸菌症の治療におけるエタンブトール視神経症の疫学的頻度と臨床像、危険因子の検討.
    第92回日本結核病学会総会 東京 3月 2017年
  61. 森野 英里子, 高崎 仁, 杉山 温人, 秋山 徹, 切替照雄.
    結核菌全ゲノム解析による日本語学校の集団感染事例の検討.
    第92回日本結核病学会総会. 東京, 3月, 2017.

著書・総説

総説-和文

  1. 鈴木 英里子, 竹田 雄一郎.
    【肺癌】この症例から何を学ぶか すりガラス影を呈する小結節影の鑑別診断 上皮内腺癌adenocarcinoma in situ(AIS)の1例
    Medical Practice. 33(2):304-309, 2016.
  2. 仲 剛, 竹田 雄一郎.
    【肺癌】これからの実地医家のための診断とストラテジー 転移病変のコントロール 転移性骨腫瘍 治療法の選択と注意点
    Medical Practice. 33(2):225-230, 2016.
  3. 放生 雅章.
    【気管支喘息】症例から学ぶ内科疾患の診断・治療ピットフォール
    内科. 117(4):547-552, 2016.
  4. 武藤義和, 森野英里子.
    医療・介護関連肺炎.
    内科. 117(4):836-841, 2016.
  5. 泉信有.
    【胸部X線診断】肉芽腫性疾患の画像所見.
    レジデントノート.18(4):685-692, 2016.
  6. 飯倉元保.
    解説3. 気管支喘息に対する気管支サーモプラスティ.
    呼吸器内科. 30(5):429-434, 2016.
  7. 飯倉 元保.
    【喘息-慢性閉塞性肺疾患症候群:Bench to Bedside】 COPDからみたACOS(解説/特集).
    臨床免疫・アレルギー科. 66(5):485-490, 2016.
  8. 飯倉 元保.
    Respira 5! 気管支、あたためますか? 今いちばん新しいぜんそく治療のはなし(第1回) 気管支サーモプラスティのしくみ(解説).
    呼吸器ケア. 14(5):460-461, 2016.
  9. 飯倉 元保.
    Respira 5! 気管支、あたためますか? 今いちばん新しいぜんそく治療のはなし(第2回)(最終回).
    呼吸器ケア. 14(6):570-571, 2016.
  10. 放生 雅章.
    難治性気管支喘息患者に対するサーモプラスティ治療とは.
    日本医事新報. 4807;57-58, 2016.
  11. 放生 雅章.
    デバイス(DPI、pMDI製剤)による有用性の比較.
    吸入療法. 9(1);22-28, 2017.
  12. 杉山 温人.
    難治性喘息の気管支温熱療法.
    呼吸器内科. 29(6):517-523, 2016.

単行本-和文

  1. 泉 信有, ほか, 特発性肺線維症の治療ガイドライン作成委員会.
    特発性肺線維症の治療ガイドライン2017.
    特発性肺線維症の治療ガイドライン作成委員会編集, 南江堂, 東京, 2017.

その他