メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 呼吸器内科 > 研修を希望される皆さんへ > 研修内容と到達目標

研修内容と到達目標

1年目

  1. 様々な領域の呼吸器疾患をできる限り多く経験するとともに、定期的に行われる抄読会、勉強会などに参加し、EBMに基づく診断・治療計画に至る正しいプロセスを学ぶ。
  2. 胸部画像、呼吸機能、気管支内視鏡検査、胸腔穿刺など呼吸器疾患に関する一般的な検査法や、各種薬物療法、人工呼吸管理、肺癌の化学療法などの治療法を身につける。
  3. 院内カンファレンス、院外の研究会などにおいて明瞭かつ適切な症例のプレゼンテーションができる。
  4. 経験した貴重な症例については学会報告を行い、論文としてまとめる。

2年目

  1. 1年目で学んだ知識を深め一般的な呼吸器疾患に関しては自ら診断し、治療方針の大枠を立てることができる。
  2. 呼吸器疾患の基礎的な診断・治療技術に磨きをかけ、肺・胸膜生検の手技を修得する。
  3. 気管切開、胸腔鏡下肺生検、気管支動脈塞栓術、放射線療法などを他科専門医の指導の下に理解を深め、一部実施することも可能となる。
  4. 呼吸器疾患の診断・治療・手技について研修医への指導を行い、各症例の問題点を的確に理解し、ディスカッションを通じて適切な治療法を提示できるようになる。
  5. 専門医の指導のもとに臨床研究を行い、総会レベルの国内学会で発表し論文化する。

3年目

  1. 呼吸器疾患全般の病態、診断、治療について正確に理解し、カンファレンスなどで問題解決にむけた適切な方向性を示せる。
  2. 病棟における指導医として医療チームのリーダーシップを取り、カンファレンスにおいて適切な方向性が示せるようになる。希望により専門外来診療も行う。
  3. 呼吸器科医としての資質を高めることを目的に、他院・他科ローテーションや国際保健医療協力研修などに参加することも可能である。
  4. 臨床研究をまとめ、国際学会における発表・論文化を目標とする。

クリニカルフェロー以降

  1. 研修医・レジデントに対して指導的立場に立つとともに、呼吸器内科専門外来を行い、病院内外からの紹介患者に対して適切な対応ができる。
  2. 内科学会認定内科医取得後、当科における3年間の研修終了時に呼吸器学会専門医の受験資格が認定される。呼吸器領域のサブスペシャリティを決め、その分野における診療技術の習得に努め、アレルギー学会、感染症学会、呼吸器内視鏡学会、臨床腫瘍学会などの認定医、専門医の取得を目指す。
  3. 専門分野を中心とした臨床研究を企画・実践し、原著論文の作成を目指す。