メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 循環器内科 > 診療のご案内

診療のご案内

入院診療について

入院患者さんに対しては、医師・看護師・薬剤師を含むチームによる診療を行っており、カンファレンスにて入院の目的を明確にした計画を提示・決定して、患者さんのニーズにお応えする診療を心掛けています。また、科学的根拠に基づく診療ガイドラインをもとに高度で先進的な専門医療技術を統合した診療を目指しています。

診療のご紹介

冠動脈疾患診断・治療

急性心筋梗塞は早期診断・早期治療が重要です。原久男医長を中心に心臓カテーテルによる診断と治療を迅速に行っており、最新の冠動脈カテーテルインターベンション(Stent、ロータブレーター、IABP、PCPS、PTMC、PTAV )の技術を駆使して治療に当たっています。

慢性冠動脈疾患に対しては負荷心電図、負荷心筋血流シンチグラフィ、冠動脈CTにより、適切な薬物治療や血行再建術を行っています。また、近年は末梢血管治療の需要も高く、下肢閉塞性動脈硬化症・腎動脈狭窄といった治療を積極的に行っています。

不整脈診断・治療

不整脈の診断法として、体表面誘導心電図、ホルター心電図、運動負荷心電図、加算平均心電図、T波変動解析(TWA)、電気生理学検査(EPS)など、殆どあらゆる検査が可能であり、症例に応じて幅広く対応しています。

治療面としては、薬物治療に加えて、徐脈に対するペースメーカー、頻脈性不整脈に対するカテーテル・アブレーションや、重症心不全患者に対する心周期同期療法(CRT)、致死性不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)などにも対応しています。

また、最近増加している高齢者の心房細動に対しても抗凝固療法や心拍コントロールといった薬物療法を中心に取り組んでいます。

心不全の基礎疾患の診断・治療

高齢者の大動脈弁狭窄症、高血圧性心臓病、虚血性心筋症、2次性心筋症、拡張型心筋症、肥大型心筋症など、慢性期における外来診療と急性増悪時における入院治療を行っております。

高齢者の心不全は大動脈弁狭窄症、心房細動などの頻脈性不整脈や徐脈性不整脈などを基礎疾患として呼吸器疾患、慢性腎臓病、感染症、認知症などの合併症も多くなり、治療に難渋しますが、高齢者社会では避けて通ることのできない重要な課題の1つとなっています。

循環器スタッフ全員で診療、教育に取り組むとともに、患者のデータベースの作成とそれに基づいた臨床研究を推進しています。また新薬やDeviceの治験にも積極的に参加しており、常に新しい治療法に接する機会を得ています。臨床研究では当センターの特色を生かしてHIV患者の動脈硬化病変の研究、糖尿病などの生活習慣病を有する患者の動脈硬化病変の早期診断と介入などにも取り組んでいます。

また、南西アジアにおいては若い世代でメタボリックシンドロームが増加しており、動脈硬化性疾患への対策が重要な課題となってきています。循環器内科としての動脈硬化性疾患予防のために、アジアに目を向けた国際的な臨床研究も進行中です。

新しい取り組み

慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)

息切れなどの症状の場合、「肺高血圧」という病気が隠れている可能性があります。 循環器内科ではその評価や病態を積極的に診断し、適切な治療を決定します。肺高血圧症の原因のひとつに慢性血栓塞栓性肺高血圧症という病気があります。肺動脈に器質化した血栓が付着し、血流を阻害し血管抵抗を上昇させ低酸素血症をひきおこします。本疾患に対してはカテーテル(細い管)を用いたバルーン肺動脈形成術(BPA, balloon pulmonary angioplasty)という治療法に積極的に取り組んでおります。これにより息苦しさなどの症状の軽減だけでなく、生命予後の改善ももたらすことが示されています。

心臓リハビリ

冠動脈疾患(急性心筋梗塞や狭心症)、心大血管外科手術後、および心不全など心臓病の方に、専門スタッフによる心臓リハビリを行っています。心臓リハビリとは、医師、看護師、理学療法士など多くの医療専門職が集まり、低下した体力の回復・心臓病の再発予防・精神面(自信)の向上などを目指したチームによるリハビリ指導のことです。

運動だけでなく、栄養面やお薬や生活に関する指導、カウンセリングなど、快適で活動的な生活を送っていただくためプログラムとなっております。

検査の紹介

最新の心臓CT・MRI

当院では、最新のCT装置とMRI装置を駆使し診療にあたっています。CT装置は、東芝メディカルの320列面検出器を装備したAquilion ONE、シーメンス社製の2管球を装備した128列検出器(ガントリー回転速度0.28秒/1回転)を装備したSOMATOM Definition Flash、GE社製のガーネットを用いた高分解能検出器を装備したDiscovery CT 750HDの3台にて心臓検査を行っております。Aquilion ONEではもはや寝台が移動することがなく心臓検査が可能となりました。SOMATOM Definition Flashでは心拍を65以下に管理できれば1ミリシーベルト前後の低被爆で冠動脈造影を行うことができます。

この装置では時間分解能がよいのでβ遮断薬の前処置にても心拍数を管理できない場合やβ遮断薬が使用できない場合にも診断可能な画像を得ることができます。

Discovery CT 750HDの検出器は64列ですが心拍数が管理されていればもっとも高分解能な画像を得ることができます。それぞれの装置の特徴を生かし、患者さんの状態に応じて、よりきめの細かい対応が可能で、低被爆で良質な画像を得ることをめざしています。

これらのCT検査で冠動脈に狭窄が疑われる患者さんには、そのリスクに応じて心臓核医学検査や冠動脈造影を行っています。そしてこれらの結果の十分な検討後に、患者さんのQOLや生命予後を改善するための薬物療法や冠動脈インターベンションあるいは冠動脈バイパス手術を選択しています。また冠動脈に有意な狭窄がなくても冠動脈石灰化スコアおよび冠動脈の非石灰化プラークの有無などを評価することでハイリスク患者には積極的な治療を勧めています。

CTでは造影剤を使用しますが、造影剤を使用しないで冠動脈病変を評価しようとする試みが非造影の冠動脈MR angiographyです。32チャンネルコイルを装備した1.5T装置(シーメンス、東芝メディカル)によりおこなっています。保険診療が認められており、腎臓が悪い患者さんや造影剤にアレルギーがある患者さんにはよいのですが、残念ながら現状では患者さんの状態に依存する部分があり、この検査により全例で治療方針決定が行えるわけではありません。慢性腎臓病があり、造影剤アレルギーのある場合にはまずは負荷心筋血流シンチグラフィが勧められます。

心臓MRI検査で現在臨床的に有用と考えられているものに、ガドリニウム造影剤による心筋の遅延造影があります。この方法は左室収縮能が低下している患者さんの原疾患が冠動脈疾患であるのか、心筋炎や他の心筋症であるのかを鑑別できます。心筋の内腔側の造影が強い場合には冠動脈疾患が疑われますが、心筋の中層のみが造影される場合には冠動脈疾患は否定的です。これにより治療方針が決定できることがあります。

当院では、最新のCTおよびMRI装置を活用して患者さんをより低侵襲に診断・治療しております。心電図異常や胸痛を訴える患者さんで精査をご希望の場合には是非ご紹介ください。従来の検査ではわからなかった新知見がこれらの検査で判明する場合もあり、患者さんのマネージメントに活用していただければと思います。

心臓核医学

現在は、2台の2検出器によるSPECT装置により、心筋血流(安静・負荷)SPECT、心筋脂肪酸代謝SPECT、心臓交感神経シンチグラフィ、PET-CT装置1台にてFDG-PETをおこなっております。