メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 循環器内科 > 研究実績・活動実績 > 2013年度発表論文等一覧

2013年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Ikeda N, Saba L, Molinari F, Piga M, Meiburger K, Sugi K, Porcu M, Bocchiddi L, Acharya UR, Nakamura M, Nakano M, Nicolaides A, Suri JS.
    Automated carotid intima-media thickness and its link for prediction of SYNTAX score in Japanese coronary artery disease patients.
    Int Angiol. 32(3):339-48, 2013.
  2. Ryogo Minamimoto, Miyako Morooka, Yoko Miyata, Kimiteru Ito, Momoko Okasaki, Hisao Hara, Osamu Okazaki, Masao Moroi, Kazuo Kubota.
    Incidental focal FDG uptake in heart is a lighthouse for considering cardiac screening.
    Ann Nucl Med. 27:572–580, 2013.
  3. Ikeda N, Araki T, Sugi K, Nakamura M, Deidda M, Molinari F, Meiburger KM, Acharya UR, Saba L, Bassareo PP, Di Martino M, Nagashima Y, Mercuro G, Nakano M, Nicolaides A, Suri JS.
    Ankle-brachial index and its link to automated carotid ultrasound measurement of intima-media thickness variability in 500 Japanese coronary artery disease patients.
    Curr Atheroscler Rep. 16(3):393, Mar, 2014.
  4. Okamoto R, Li Y, Noma K, Hiroi Y, Liu PY, Taniguchi M, Ito M, Liao JK.
    FHL2 prevents cardiac hypertrophy in mice with cardiac-specific deletion of ROCK2.
    FASEB J. 27(4):139-49, Apr, 2013.
  5. Tajima M, Hiroi Y, Takazawa Y, Muraoka H, Iwata H, Yamashita H, Hirata Y, Nagai R.
    IgG4-related Multiple Systemic Aneurysm and Splenic Aneurysm Rupture During Steroid Therapy.
    Human Pathology. 45(1):175-9, Jan, 2014.
  6. Ikeda N, Araki T, Dey N, Bose S, Shafique S, El-Baz A, Cuadrado Godia E, Anzidei M, Saba L, Suri JS.
    Automated and accurate carotid bulb detection, its verification and validation in low quality frozen frames and motion video.
    Int Angiol. Mar 21, 2014. [Epub ahead of print]
  7. Momoko Wakiya, Hisao Hara, Mai Iwano, Takashi Nakagawa, Tsuyosi Kayo, Munehiro Kamimura, Nobutaka Ikeda, Yuiichi Tamori, Masaya Yamamoto, Shingo Ito, Osamu Okazaki, Masao Moroi.
    Complete atrioventricular block associated with not apical but midventricular ballooning.
    Journal of Cardiology Cases 7. 109–113, 2013.

原著論文-和文

  1. 山口 有紗, 脇屋 桃子, 岩野 真依, 中川 尭, 嘉陽 毅, 上村 宗弘, 池田 長生, 山本 正也, 伊藤 信吾, 岡崎 修, 原 久男.
    心筋梗塞に後側壁自由壁破裂を合併し救命しえた1例.
    ICUとCCU37:S100, 2014.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Shingo Ito, Yukio Hiroi, Hisao Hara, Masaya Yamamoto, Munehiro Kamimura, Nobutaka Ikeda, Momoko Wakiya, Takashi Nakagawa, Mai Iwano, Tsuyoshi Kayo.
    Usefulness of using wireless pressure wire along with performing conventional coronary angiography.
    22th CVIT, 2013.7.11-13, Kobe, Japan.
  2. Nobutaka Ikeda, Hisao Hara, Yukio Hiroi.
    Prediction of Slow flow phenomenon by the SYNTAX Score in Patients with acute coronary syndrome.
    22th CVIT, 2013.7.11-13, Kobe, Japan.
  3. Ikeda N, Hara H, Hiroi Y.
    Predictive values of HemoglobinA1c and 1, 5-Anhydro-d-glucitol for the SYNTAX score and prevalence of coronary artery disease.
    European Society of Cardiology CONGRESS 2013. Amsterdam, Netherlands, Sep, 2013.
  4. Ikeda N, Hara H, Hiroi Y.
    The SYNTAX score predicts contrast induced nephropathy in patients with acute coronary syndrome.
    European Society of Cardiology CONGRESS 2013. Amsterdam, Netherlands, Sep, 2013.
  5. Hara H, Yamamoto M, Ikeda N, Ito S, Hiroi Y.
    WHICH IS THE OPTIMUM STENT TO THE CORONARY ARTERY LESION WITH CALCIFICATION?
    The 10th International Congress on
    Coronary Artery Disease (ICCAD 2013), Italia, Florence 2013.10.14-16.
  6. Yamamoto M, Hukushima K, Ikeda N, Ito S, Hara H, Takeuchi S, Hiroi Y.
    ISCHEMIC STROKE COMPLICATING ACUTE MYOCARDIAL INFARCTION: INCIDENCE, CLINICAL CHARACTERISTICS, AND IN-HOSPITAL OUTCOME.
    The 10th International Congress on Coronary Artery Disease (ICCAD 2013), Italia, Florence, 2013.10.14-16
  7. Ikeda N, Hara H, Hiroi Y.
    1, 5-Anhydro-d-glucitol Predicts Prevalence of Coronary Artery Disease Even in Non-diabetic Adults.
    American College of Cardiology 63rd Annual Scientific Session. Washington, DC. USA, Mar, 2014.
  8. Ikeda N, Hara H, Hiroi Y, Nakamura M.
    Gender Specific Difference of Association between Glycated Hemoglobine and Prevalence or Complexity of Coronary Artery Disease.
    American College of Cardiology 63rd Annual Scientific Session. Washington, DC. USA, Mar, 2014.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 田崎 拓朗, 上村 宗弘, 岩野 真依, 嘉陽 毅, 中川 尭, 脇屋 桃子, 池田 長生, 山本 正也, 伊藤 信吾, 岡崎 修, 原 久男.
    産後に咳嗽・呼吸困難を来した一例.
    第228回日本循環器学会関東甲信越地方会. 東京, 6月, 2013.
  2. 安間 尚徳, 岩野 真依, 伊藤 信吾, 原 久男, 廣井 透雄.
    急性心筋梗塞を発症した完全内臓逆位の1例.
    第598回日本内科学会関東支部主催関東地方会. 東京, 7月, 2013.
  3. 岡崎 徹, 原 久男, 廣井 透雄, 廣江 道昭.
    FDG-PETガイド下に心筋生検を施行した心筋サルコイドーシスの1例.
    第10回東京心臓病理フォーラム. 東京, 8月, 2013.
  4. 中村 友妃子, 岩野 真依, 嘉陽 毅, 中川 尭, 脇屋 桃子, 上村 宗弘, 池田 長生, 山本 正也, 伊藤 信吾, 岡崎 修, 原 久男, 廣井 透雄.
    洞不全症候群を合併した先天性中枢性肺胞低換気症候群に対してペースメーカー植え込み術を行った1例.
    第229回日本循環器学会関東甲信越地方会. 東京, 9月, 2013.
  5. 上村 宗弘, 岩野 真依, 中川 尭, 脇屋 桃子, 池田 長生, 山本 正也, 伊藤 信吾, 岡崎 修, 原 久男, 諸井 雅男, 廣井 透雄.
    HIV陽性患者における冠動脈CTの特徴.
    第61回日本心臓病学術集会. 熊本, 9月, 2013.
  6. 伊藤 信吾, 廣井 透雄, 原 久男, 山本 正也, 上村 宗弘, 池田 長生, 春山 亜希子, 中川 尭.
    ワイヤレスプレッシャーワイヤの功罪.
    第61回日本心臓病学術集会. 熊本, 9月, 2013.
  7. 岡崎 修, 諸井 雅男, 廣江 道昭, 原 久男, 廣井 透雄.
    当センターでの1年間の第Xa因子阻害薬(リバロキサバン)の使用状況について<後ろ向き調査>.
    第61回日本心臓病学術集会. 熊本, 9月, 2013.
  8. 池田 長生, 原 久男, 諸井 雅男, 廣井 透雄.
    24時間血圧測定を用いた2型糖尿病におけるアログリプチンの血圧低下作用の検討.
    第61回日本心臓病学術集会. 熊本, 9月, 2013.
  9. 中川 尭, 岩野 真依, 上村 宗弘, 池田 長生, 山本 正也, 伊藤 信吾, 岡崎 修, 原 久男, 廣井 透雄.
    糖尿病患者の心血管イベント評価におけるCarotid intima-media thickness およびAnkle-brachial indexの有用性.
    第61回日本心臓病学術集会. 熊本, 9月, 2013.
  10. 原 久男, 山本 正也, 上村 宗弘, 池田 長生, 伊藤 信吾, 西出 拓司, 別所 貞雄, 廣井 透雄.
    石灰化を伴った実験血管モデルにおける各種ステントのability.
    第61回日本心臓病学術集会. 熊本, 9月, 2013.
  11. 中川 尭, 諸井 雅男, 原 久男, 廣井 透雄, 廣江 道昭.
    サルコイドーシス患者の心臓病変評価におけるFDG-PETとBMIPP-SPECTの有用性.
    第33回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会. 東京, 10月, 2013.
  12. 上村 宗弘, 原 久男, 諸井 雅男, 廣江 道昭, 廣井 透雄.
    FDG-PETが心筋生検の部位決定に有用であった2症例.
    第33回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会. 東京, 10月, 2013.
  13. 原 久男.
    OFDIの使用経験(東京ライブショートレクチャー).
    東京ライブデモンストレーション(協賛:テルモ). 東京, 10月, 2013.
  14. 井上 浩輔, 伊藤 信吾, 中村 友妃子, 岩野 真依, 中川 尭, 脇屋 桃子, 春山 亜希子, 上村 宗弘, 岡崎 徹, 池田 長生, 山本 正也, 岡崎 修, 原 久男, 廣井 透雄.
    冠動脈検査時に生じた合併症の一例.
    第43回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会. 東京, 10月, 2013.
  15. 脇屋 桃子, 山本 正也, 伊藤 信吾, 中村 友妃子, 岩野 真依, 中川 尭, 脇屋 桃子, 春山 亜希子, 上村 宗弘, 岡崎 徹, 池田 長生, 岡崎 修, 原 久男, 廣井 透雄.
    当院での心脳卒中の経験.
    第9回山の手心臓フォーラム. 東京, 11月, 2013.
  16. 鳩貝 亜紀, 中川 尭, 中村 友妃子, 岩野 真依, 脇屋 桃子, 春山 亜希子, 岡崎 徹, 嘉陽 毅, 上村 宗弘, 池田 長生, 山本 正也, 伊藤 信吾, 岡崎 修, 原 久男, 廣江 道昭, 廣井 透雄.
    ステロイドパルス療法により右脚ブロックの改善がみられた心サルコイドーシスの一例.
    第230回日本循環器学会関東甲信越地方会. 東京, 12月, 2013.
  17. 岡崎 徹, 原 久男, 廣井 透雄.
    たこつぼ心筋症におけるIndex of Microcirculatory Resistance(IMR)の検討.
    第27回日本冠疾患学会学術集会. 和歌山, 12月, 2013.
  18. 池田 長生, 原 久男.
    CombeamCTの経験.
    第9回東京CLI研究会. 新宿スカイルーム, 東京, 1月, 2014.
  19. 金山 旭, 岡崎 徹, 原 久男, 廣井 透雄.
    大動脈置換術後の患者におけるドップラー法とカテーテル法における圧格差の解離についての検討.
    第231回日本循環器学会関東甲信越地方会. 東京, 2月, 2014.
  20. 中村 友妃子, 岩野 真依, 嘉陽 毅, 中川 尭, 脇屋 桃子, 上村 宗弘, 池田 長生, 山本 正也, 伊藤 信吾, 岡崎 修, 原 久男, 廣井 透雄.
    劇症型心筋炎の1例.
    第17回東京心臓病研究会. 東京, 3月, 2014.
  21. 池田 長生, 原 久男, 廣井 透雄.
    Predictive Values of 1, 5AG-Anhydro-d-glucitol and HemoglobinA1c for Prevalenceof Coronary Artery Disease in Non-diabetic Population.
    The 78th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society. 東京, 3月, 2014.

著書・総説

単行本-和文

  1. 伊藤 信吾, 原 久男.
    パワーインジェクターの使用法 ゾーンマスターのセットアップ法 心臓カテーテル検査.
    Medicalview. 2013.10, p48-56.
  2. 池田 長生, 原 久男.
    パワーインジェクターの使用法 適切な流速・流量 心臓カテーテル検査.
    Medicalview. 2013.10, p57-60.
  3. 廣井 透雄, 永井 良三.
    虚血性心疾患の診断のポイント.
    診断と治療. 101(1):18-24, 診断と治療社, 2013.
  4. 廣井 透雄.
    心臓神経症.
    今日の治療指針. 55:414, 医学書院,2013.
  5. 廣井 透雄.
    陳旧性心筋梗塞.
    今日の治療と看護 改訂第3版. 295-297, 南江堂, 2013.
  6. 廣井 透雄.
    胸痛.
    診断と治療 101(増刊号). 185-90, 診断と治療社, 2013.

その他