メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 腎臓内科 > 研究実績・活動実績 > 2011年度発表論文等一覧

2011年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Masumoto S, Tada M, Katsuma A, Minami E, Katagiri D, Shibata M, Hinoshita F.
    Thrombotic microangiopathy associated with tuberculous infection.
    Intern Med. 50(17):1825-1828, 2011.

原著論文-和文

  1. 日ノ下 文彦.
    わが国の HIV感染の実態とHIV感染者の血液透析.
    日本透析医会雑誌. 26(1):83-89, 2011.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Fumihiko Hinoshita, Eri Imai, Asami Kato, Emi Sasaki, Naoto Hamano, Takashi Katsuki, Maki Shibata, Manami Tada, Hakoneyama CKD Study Group.
    Estimated GFR does not progressively decline in the healthy elderly, particularly in females and those with high cholesterol levels.
    The 44th ASN (American Society of Nephrology) Kidney Week 2011. Philadelphia, USA, Nov, 2011.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 青木 智則, 濱野 直人, 多田 真奈美, 加藤 麻美, 佐々木 絵美, 勝木 俊, 勝馬 愛, 柴田 真希, 日ノ下 文彦.
    急速に無尿となり末期腎不全に至った急速進行性糸球体腎炎の1例.
    第584回日本内科学会関東地方会. 東京, 12月, 2011.
  2. 加藤 麻美, 勝木 俊, 柴田 真希, 佐々木 絵美, 濱野 直人, 勝馬 愛, 南 恵理, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    緊急透析にて大量除水を行った後に心不全増悪し、人工呼吸管理を要した末期腎不全の1例.
    第22回日本急性血液浄化学会学術集会. 久留米, 10月, 2011.
  3. 濱野 直人, 柴田 真希, 加藤 麻美, 佐々木 絵美, 勝木 俊, 南 恵理, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    尿毒症による意識障害と鑑別が必要であった非痙攣性てんかんの一例.
    第41回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2011.
  4. 佐々木 絵美, 多田 真奈美, 濱野 直人, 加藤 麻美, 勝木 俊, 南 恵理, 柴田 真希, 日ノ下 文彦.
    潰瘍性大腸炎の経過中にIgA腎症様の病理組織像を呈した頻回再発性の微小変化型ネフローゼの一例.
    第41回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2011.
  5. 加藤 麻美, 南 恵理, 多田 真奈美, 濱野 直人, 佐々木 絵美, 勝木 俊, 柴田 真希, 日ノ下 文彦.
    嘔吐、腹痛で発症したHIV陽性Henoch-Schonlein紫斑病(HSP)の一例.
    第41回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2011.
  6. 中島 誠一, 鈴木 寿英, 桜井 まどか, 末永 明美, 勝木 俊, 柴田 真希, 日ノ下 文彦, 寺島 正浩.
    ワーファリン投与例での長期留置カテーテルの使用経験.
    第56回日本透析医学会学術集会. 横浜, 6月, 2011.
  7. 勝木 俊, 舛本 祥一, 南 恵理, 勝馬 愛, 柴田 真希, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    急激な経過で腎機能廃絶に至ったANCA陰性の腎限局型血管炎の一例.
    第56回日本透析医学会学術集会. 横浜, 6月, 2011.
  8. 多田 真奈美, 南 恵理, 勝木 俊, 勝馬 愛, 舛本 祥一, 柴田 真希, 日ノ下 文彦.
    短腸症候群に伴う尿路結石により急性腎後性腎不全を来たした1例.
    第56回日本透析医学会学術集会. 横浜, 6月, 2011.
  9. 勝馬 愛, 勝木 俊, 南 恵理, 舛本 祥一, 柴田 真希, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦, 和田 智貴, 伊中 愛貴, 萩原 章嘉, 木村 昭夫.
    水銀中毒により急性腎不全を呈した一例.
    第56回日本透析医学会学術集会. 横浜, 6月, 2011.
  10. 日ノ下 文彦.
    増え続けるHIV感染症に対する取組み. シンポジウム「透析医療と感染症」.
    第56回日本透析医学会学術集会. 横浜, 6月, 2011.
  11. 日ノ下 文彦, 勝木 俊, 勝馬 愛, 南 恵理, 舛本 祥一, 柴田 真希, 多田 真奈美.
    国立国際医療研究センターにおけるHIV陽性腎生検症例の追跡(第2報).
    第54回日本腎臓学会学術総会. 横浜, 6月, 2011.

著書・総説

単行本-和文

  1. 日ノ下 文彦.
    血栓性微小血管症(溶血性尿毒症症候群, 血栓性血小板減少性紫斑病).
    今日の治療指針2012年版. 山口徹 北原光夫 福井次矢 総編集, 医学書院, 東京, p540-541, 2012.
  2. 日ノ下 文彦.
    23. 尿毒症性肺, 尿毒症性胸膜炎. Ⅹ 腎不全.
    腎臓症候群(第2版)(下)-その他の腎臓疾患を含めて-. 槇野博史 編集, 日本臨床社, 大阪, p107-110, 2012.
  3. 日ノ下 文彦.
    14. 維持透析患者の病態生理.14-15. 免疫異常.
    透析のすべて-原理・技術・臨床-(Clinical Engineering別冊). 篠田俊雄 峰島三千男 編集, 学研メディカル秀潤社, 東京, p293-298, 2011.
  4. 日ノ下 文彦.
    15. 維持透析患者の感染と対策(医療廃棄物処理).
    透析のすべて-原理・技術・臨床-(Clinical Engineering別冊). 篠田俊雄 峰島三千男 編集, 学研メディカル秀潤社, 東京, p311-318, 2011.

総説-和文

  1. 日ノ下 文彦.
    当院における漢方診療の実際. 腎臓と東洋医学の長く深い関わりを活かして.
    Phil 漢方. 34:20-21, 2011.

その他