メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 腎臓内科 > 研究実績・活動実績 > 2014年度発表論文等一覧

2014年度発表論文等一覧

原著論文-英文

原著論文-和文

  1. 松村 実美子, 今井 恵理, 多田 真奈美, 加藤 麻美, 濱野 直人, 佐々木 絵美, 勝木 俊, 勝馬 愛, 柴田 真希, 日ノ下 文彦.
    Collagenous colitisを発症した腹膜透析患者の1例.
    日本透析医学会雑誌. 47(6):387-393, 2014

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 日ノ下 文彦.
    HIV 陽性患者の透析に関わる諸問題. 共催セミナー11「HIV陽性透析患者への対応を考える」.
    第59回日本透析医学会学術集会. 神戸, 6月, 2014.
  2. 日ノ下 文彦, 勝木 俊, 今井 恵理, 勝馬 愛, 柴田 真希, 多田 真奈美, 戸村 成男, 秋葉 隆.
    高齢/障害透析患者の透析実態に関する研究.
    第59回日本透析医学会学術集会. 神戸, 6月, 2014.
  3. 平野 良隆, 勝木 俊, 松村 実美子, 濱野 直人, 佐々木 絵美, 加藤 麻美, 柴田 真希, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    再発する誤嚥性肺炎に対して声門閉鎖術が有効であった高齢維持透析患者の一例.
    第59回日本透析医学会学術集会. 神戸, 6月, 2014.
  4. 松村 実美子, 加藤 麻美, 多田 真奈美, 平野 良隆, 勝木 俊, 柴田 真希, 日ノ下 文彦.
    カフ型カテーテルが脱落し再留置に難渋した一例.
    第59回日本透析医学会学術集会. 神戸, 6月, 2014.
  5. 勝木 俊, 平野 良隆, 松村 実美子, 柴田 真希, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    複数の抗結核薬による難治性の眩暈,意識障害を呈した高齢透析患者の一例.
    第59回日本透析医学会学術集会. 神戸,6月, 2014.
  6. 柴田 真希, 平野 良隆, 松村 実美子, 勝木 俊, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    腸管出血性大腸菌O157による典型的HUSの若年孤発例.
    第59回日本透析医学会学術集会. 神戸, 6月, 2014.
  7. 松村 実美子, 柴田 真希, 長谷川 頌, 當間 勇人, 吉田 悠, 三谷 佑望, 平野 良隆, 勝木 俊, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    抗菌薬使用を契機に微小変化型ネフローゼ症候群を発症し,他の抗菌薬で再燃を来した1例.
    第610回日本内科学会関東地方会. 東京, 11月, 2014.
  8. 長谷川 頌, 柴田 真希, 當間 勇人, 三谷 佑望, 吉田 悠, 平野 良隆, 松村 実美子, 勝木 俊, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    HIV感染症・梅毒に合併した二次性膜性腎症の一例.
    第44回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2014.
  9. 三谷 佑望, 平野 良隆, 勝木 俊, 當間 勇人, 長谷川 頌, 吉田 悠, 松村 実美子, 柴田 真希, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    フロセミド濫用からPseudo-Bartter症候群をきたし、血液透析導入にまで至った一例.
    第44回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2014.
  10. 吉田 悠.
    肺結核の治療中にIgA腎症によるネフローゼ症候群を合併した一例.
    第44回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2014.
  11. 當間 勇人, 平野 良隆, 松村 実美子, 勝木 俊, 柴田 真希, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    CPA蘇生後の慢性心不全・腎不全に対してエクストラニールでCAPD導入となった超高齢透析患者の一例.
    第44回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2014.
  12. 平野 良隆, 吉田 悠, 松村 実美子, 勝木 俊, 多田 真奈美, 柴田 真希, 日ノ下 文彦.
    Collagen type 3glomerulopathyに対してステロイド療法を施行した一例.
    第44回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2014.
  13. 松村 実美子, 柴田 真希, 長谷川 頌, 當間 勇人, 吉田 悠, 三谷 佑望, 平野 良隆, 勝木 俊, 多田 真奈美, 日ノ下 文彦.
    比較的急激に腎機能障害が進行した神経性食思不振症の一例.
    第44回日本腎臓学会東部学術大会. 東京, 10月, 2014.
  14. 柴田 真希.
    腸管出血性 O157 による典型的 HUS の若年孤発例.
    第197回東京内科医会臨床研究会. 東京, 11月, 2014.
  15. 柴田 真希.
    ミニレクチャー1:腸管出血性大腸菌と溶血性尿毒症症候群.
    第197回東京内科医会臨床研究会. 東京, 11月, 2014.

著書・総説

単行本-和文

  1. 日ノ下 文彦.
    各論6. HIV感染症.
    透析患者における感染症対策 標準化と個別化. 臨床透析編集委員会編集, 日本メディカルセンター, 東京, p131-139, 2014.
  2. 日ノ下 文彦.
    透析中の合併症 結核.
    透析・腎移植のすべて. 腎と透析編集委員会編集, 東京医学社, 東京, p369-372, 2014.

総説-英文

  1. Hinoshita F, Ando R, Sakai R, Kuriyama S.
    Hemodialysis-associated problems to solve:current and future.
    Scientific World Journal 2014:382170, 2014. Epub 2014.

総説-和文

  1. 日ノ下 文彦.
    【透析患者の合併症-その基礎を学ぶ-】感染症.
    Clinical Engineering. 25(8):794-799, 2014.
  2. 日ノ下 文彦.
    【透析に関するガイドライン-臨床工学技士が知っておくべきポイントを読み解く-】HIV感染患者透析医療ガイドライン.
    Clinical Engineering. 25(11 ):1114-1119, 2014.
  3. 日ノ下 文彦.
    【知らなかったではすまされない!透析室の感染症 これだけのリスク】 透析室のハイリスク感染症 HTLV-1感染症.
    透析ケア. 21(2):124-126, 2015.
  4. 日ノ下 文彦.
    【知らなかったではすまされない!透析室の感染症 これだけのリスク】 透析室のハイリスク感染症 HIV感染症.
    透析ケア. 21(2):120-123, 2015.
  5. 日ノ下 文彦.
    【透析医療と感染症】HIV感染症と透析医療.
    Nephrology Frontier. 13(4):348-352, 2015.
  6. 日ノ下 文彦.
    【透析・腎移植のすべて】透析 透析中の合併症 結核(解説/特集).
    腎と透析. 76:369-372, 2014.
  7. 日ノ下 文彦.
     【透析患者における感染症対策-標準化と個別化】HIV感染症(解説/特集).
    臨床透析. 30(7):853-861, 2014.

その他

その他

  1. 日ノ下 文彦.
    医学とveritas について. 編集余滴.
    医療. 68(9):1, 2014.