メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 糖尿病内分泌代謝科 > 研究実績・活動実績 > 2010年度発表論文等一覧

2010年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Nagasawa T, Noda M, Katagiri S, Takaichi M, Takahashi Y, Wara-Aswapati N, Kobayashi H, Ohara S, Kawaguchi Y, Tagami T, Furuichi Y, Izumi Y.
    Relationship between periodontitis and diabetes- Importance of a clinical study to prove the vicious cycle.
    Intern Med. 49:881-885, 2010.
  2. Noda M, Mizoue T.
    Relation between Dietary Calcium and Vitamin D and Risk of Diabetes and Cancer: a Review and Perspective.
    J Clin Metab Diabetes 1:55-60, 2010.
  3. Goto A, Takaichi M, Kishimoto M, Takahashi Y, Kajio H, Shimbo T, Noda M.
    Body mass index, fasting plasma glucose levels, and C-peptide levels as predictors of the future insulin use in Japanese type 2 diabetic patients.
    Endocr J. 57(3):237-244, 2010.
  4. Noda M, Kato M, Takahashi Y, Matsushita Y, Mizoue T, Inoue M, Tsugane S, Kadowaki T.
    Fasting plasma glucose and 5-year incidence of diabetes in the JPHC Diabetes Study-suggestion for the threshold for impaired fasting glucose among Japanese.
    Endocr J. 57:631-639, 2010.
  5. Takarabe D, Rokukawa Y, Takahashi Y, Goto A, Takaichi M, Okamoto M, Tsujimoto T, Noto H, Kishimoto M, Kaburagi Y, Yasuda K, Yamamoto-Honda R, Tsukada K, Honda M, Teruya K, Kajio H, Kikuchi Y, Oka S, Noda M.
    Autoimmune Diabetes in HIV-Infected Patients on Highly Active Antiretroviral Therapy.
    J Clin Endocrinol Metab. 95(8):4056-4060, 2010.
  6. Matsushita Y, Nakagawa T, Yamamoto S, Takahashi Y, Yokoyama T, Noda M, Mizoue T.
    Associations of visceral and subcutaneous fat areas with the prevalence of metabolic risk factor clustering in 6292 Japanese individuals: the Hitachi Health Study.
    Diabetes Care. 33:2117-2119, 2010.
  7. Kishimoto M, Endo H, Hagiwara S, Miwa A, Noda M.
    Immunohistochemical findings in the pancreatic islets of a patient with transfusional iron overload and diabetes: case report.
    J Med Invest. 57:345-349, 2010.
  8. Kimura S, Satoh T, Ikeda S, Noda M, Nakayama T.
    Development of a database of health insurance claims: standardization of disease classifications and anonymous record linkage.
    J Epidemiol. 20:413-419, 2010.
  9. Nanri A, Mizoue T, Noda M, Takahashi Y, Inoue M, Kirii K, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Magnesium intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-Based Prospective Study.
    Eur J Clin Nutr. 64:1244-1247, 2010.
  10. Nanri A, Mizoue T, Noda M, Takahashi Y, Kato M, Inoue M, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Rice intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: Japan Public Health Center-based Prospective Study.
    Am J Clin Nutr. 92:1468-1477, 2010.
  11. Tsujimoto T, Takaichi M, Endo H, Yasuda K, Kishimoto M, Noto H, Gomibuchi H, Yasuda H, Yamamoto-Honda R, Takahashi Y, Kajio H, Sasano H, Noda M#:(# corresponding author).
    patient with diabetes and breast cancer in whom virilization was caused by a testosteroneproducing mature cystic teratoma containing a Brenner tumor.
    Am J Med Sci. 341:74-77, 2011.
  12. Nanri A, Mizoue T, Takahashi Y, Matsushita Y, Noda M, Inoue M, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Association of weight change in different periods of adulthood with risk of type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-Based Prospective Study.
    J Epidemiol Community Health. 2010 Jul 13 [Epub ahead of print]
  13. Poudel-Tandukar K, Nanri A, Iwasaki M, Mizoue T, Matsushita Y, Takahashi Y, Noda M, Inoue M, Tsugane S for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Long chain n-3 fatty acids intake, fish consumption and suicide in a prospective cohort of Japanese men and women - The Japan Public Health Center-based (JPHC) Study.
    J Affect Disord. 129:282-288, 2011.
  14. Matsushita Y, Nakagawa T, Yamamoto S, Takahashi Y, Noda M, Mizoue T.
    Associations of smoking cessation with visceral fat area and prevalence of metabolic syndrome in men: the Hitachi Health Study.
    Obesity. 19:647-651, 2011.
  15. Hayashino Y, Suzuki H, Yamazaki K, Izumi K, Noda M, Kobayashi M, the Japan Diabetes Outcome Intervention Trial 2 (J-DOIT 2) Study Group: (# corresponding author).
    Depressive symptoms, not completing a depression screening questionnaire, and risk of poor compliance with regular
    primary care visits in patients with type 2 diabetes.
    Exp Clin Endocrinol Diabetes. Epub 2010 Oct 28.
  16. Goto M, Yamamoto-Honda R, Shimbo T, Goto A, Terauchi Y, Kanazawa Y, Noda M#:(#corresponding author).
    Correlation between baseline serum 1, 5-anhydroglucitol levels and 2-hour post-challenge glucose levels during oral glucose tolerance tests.
    Endocr J. 58(1):13-17, 2011.
  17. Poudel-Tandukar K, Nanri A, Mizoue T, Matsushit Y, Takahashi Y, Noda M, Inoue M, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Differences in suicide risk according to living arrangements in Japanese men and women - The Japan Public Health Centerbased (JPHC) Prospective Study.
    J Affect Disord. Epub 2010 Dec 18.
  18. Izumi K, Hayashino Y, Yamazaki K, Suzuki H, Ishizuka N, Kobayashi M, Noda M#, The J-DOIT2 Study Group:(# corresponding author).
    Multifaceted intervention to promote the regular visit of patients with diabetes to primary carephysicians: - rationale, design, and conduct of a cluster randomized controlled trial - the Japan. Diabetes Outcome Intervention Trial 2 (J-DOIT2) Study Protocol.
    Diabetology Int. 1:83-89, 2010.
  19. Kishimoto M, Sugiyama T, Osame K, Takarabe D, Okamoto M, Noda M.
    Efficacy of ezetimibe as monotherapy or combination therapy in hypercholesterolemic patients with and without diabetes.
    J Med Invest. 58:86-94, 2011.
  20. Noto H, Osame K, Sasazuki T, Noda M.
    Substantially increased risk of cancer in patients with diabetes mellitus: A systematic review and meta-analysis of epidemiologic evidence in Japan.
    J Diabetes Complications. 24:345-353, 2010.
  21. Yanai H, Yoshimi T, Honda R.
    Effective switch from twice-daily pre-mixed insulin 50/50 to Liraglutide to achieve a good glycemic control in type 2 diabetes.
    J Med Cases. 2:76-80, 2011.

原著論文-和文

  1. 今井(武田) 富士美, 山本 精一郎, 藤井 仁美, 野田 光彦, 井上 真奈美, 津金 昌一郎.
    大規模疫学研究における簡易自記式身体活動調査票の妥当性と信頼性−厚生労働省研究班による多目的コホート研究(JPHC Study)より−.
    運動疫学研究会雑誌. 12:1-10, 2010.
  2. 本田 律子, 高橋 義彦, 岸本 美也子, 能登 洋, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    医療計画下の糖尿病医療体制−糖尿病専門医療の担い手が不足している地域の状況−.
    日本糖尿病情報学会論文誌 肥満と糖尿病. 別冊9, 12-17, 2010.
  3. 加藤 昌之, 後藤 温, 田中 隆久, 佐々木 敏, 井形 昭弘, 野田 光彦.
    歩行の健康効果−糖尿病を対象としたシミュレーションによる定量的評価の試み−.
    日本糖尿病情報学会論文誌 肥満と糖尿病. 別冊9, 39-47, 2010.
  4. 北里 博仁, 池田 俊也, 泉 和生, 岡畑 純江, 門脇 孝, 中山 健夫, 野田 光彦, 佐藤 敏彦.
    診療報酬明細書(レセプト)データベースから2型糖尿病合併症および大血管症の病期進展と医療費の関係を明らかにするための患者情報を抽出する方法の検討.
    日本糖尿病情報学会論文誌 肥満と糖尿病. 別冊9, 48-64, 2010.
  5. 岸本 美也子, 野田 光彦, 斉藤 勇司.
    当センター(国立国際医療センター)主催の医師・コメディカル向け糖尿病研修会の報告.
    日本糖尿病情報学会論文誌 肥満と糖尿病. 別冊9, 71-78, 2010.
  6. 本田 律子, 高橋 義彦, 岸本 美也子, 能登 洋, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    改正医療計画における糖尿病医療計画の「初期・安定期治療」に関する分析と考察.
    医事新報. 4510:91-95, 2010.
  7. 能登 洋, 田口 圓.
    糖尿病患者における心血管疾患既往歴と腎臓病発症の関連性の解析.
    日本糖尿病情報学会論文誌 肥満と糖尿病. 別冊9, 65-70, 2010.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Kishimoto M, Son PT, Kajio H, Quang NN, Matsushita Y, Kanagawa S, Hoa Pham Thi Hong, Takahashi Y, Noda M, Loi do D, Viet NL.
    “Differences in knowledge level of diabetes between urban and rural Vietnamese populations.” (presentation: May 28, 2010 at Okayama Digital Museum 5F).
    The 2nd AASD Scientific Meeting, Okayama, May 28-29, 2010.
  2. Kishimoto M, Fujikawa M, Noda M.
    “Knowledge regarding the risk factors for lifestyle diseases in the Japanese community and outpatients and the sources of their medical information.”(presentation: July 31, 2010 at Furstenberghaus ).
    28th Medical Women’s International Association International Congress. Munster, Germany, Jul 27-31, 2010.
  3. Fujikawa M, Kishimoto M, Noda M, Kawakami R, Kayama T, Endo H, Kojimahara N, Yamaguchi N.
    “A pitfall in the new Japanese health check-up scheme for diabetes: Risk of neglecting non-obese type 2 diabetics and pre-diabetics in the urban Japanese community(presentation: Jul 31, 2010 at Furstenberghaus ).
    28th MWIA (Medical Women’s International Association) International Congress. Munster, Germany, Jul 27-31, 2010
  4. Kishimoto M, Endo H, Hagiwara S, Miwa A, Noda M.
    Immunohistochemical findings in the pancreatic islets of a patient with transfusional iron overload and diabetes.
    8th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress. Oct 17-20, 2010, BEXCO&Nurimaru APEC House, Busan, Korea. Poster Presentation Oct 18-20.
  5. Wakui A, Kishimoto M, Kajikawa C, Sugiyama T, Hashimoto A, Takaichi M, Kaneko Y, Kikuchi T, Hashiguchi M, Sato F, Ohashi K, Kitazato H.
    The “Listening-Conversation” Role-Play Workshop. An effective model to train the trainer.
    8th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress. October 17-20, 2010 BEXCO&Nurimaru APEC House, Busan, Korea. Poster Presentation Oct 18-20. Oral Presentation Oct 19.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 財部 大輔, 六川 由果, 能登 洋, 本田 律子, 岸本 美也子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    新型インフルエンザ(A / H1N1)罹患後に発症した急性発症1型糖尿病の1例.第53回 日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  2. 納 啓一郎, 岸本 美也子, 杉山 雄大, 財部 大輔, 岡本 将英, 能登 洋, 本田 律子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    コレステロール吸収阻害剤Ezetimibeの臨床効果とコレステロール吸収および合成マーカーとの関連.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  3. 辻本 哲郎, 梶尾 裕, 高橋 義彦, 岸本 美也子, 本田 律子, 能登 洋, 安田 和基, 鏑木 康志, 久武 朋子, 納 啓一郎, 六川 由果, 岡本 将英, 杉山 雄大, 高市 麻貴, 財部 大輔, 池田 奈帆子, 石井 万友美, 山沖 佳愛, 廣江 道昭, 野田 光彦.
    血管障害の進行した2型糖尿病患者における無症候性冠動脈疾患のスクリーニングと合併率.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  4. 高市 麻貴, 森田 明美, 新保 卓郎, 渡邊 昌, 野田 光彦.
    BMIの経時変化が日本人のインスリン動態に与える影響に関する検討.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  5. 石井 万友美, 杉山 雄大, 岸本 美也子, 納 啓一郎, 能登 洋, 安田 和基, 鏑木 康志, 久武 朋子, 本田 律子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    当院外来における高血圧合併糖尿病患者の降圧薬内容と血圧コントロールの関連性の検討.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  6. 六川 由果, 後藤 温, 岸本 美也子, 納 啓一郎, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    インスリン無効例にミチグリニドが効果的であった肝硬変合併糖尿病の1例.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  7. 池田 奈帆子, 六川 由果, 本田 律子, 石井 万友美, 能登 洋, 岸本 美也子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    インスリン投与量の配分を工夫することにより血糖コントロールの安定と改善が得られたインスリン抗体を有する糖尿病の2症例.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  8. 山沖 佳愛, 高市 麻貴, 高橋 義彦, 納 啓一郎, 岡本 将英, 財部 大輔, 辻本 哲郎, 池田 奈帆子, 石井 万友美, 杉山 雄大, 六川 由果, 能登 洋, 岸本 美也子, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    高齢糖尿病患者における非典型的なインスリンの投与方法に関する検討.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  9. 岡本 将英, 納 啓一郎, 能登 洋, 本田 律子, 岸本 美也子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 徳原 真, 枝元 良広, 遠藤 久子, 野田 光彦.
    オクトレオチド注から徐放性オクトレオチド注への変更が血糖コントロールに奏効したプロインスリン優位のインスリノーマの一例.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山5月, 2010.
  10. 杉山 雄大, 松下 由実, 中川 徹, 山本 修一郎, 溝上 哲也, 高橋 義彦, 小林 廉毅, 野田 光彦.
    人間ドック受診男性における糖尿病既往の認識と健康行動の関連.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  11. 峯山 智佳, 本田 律子, 北里 博仁, 門脇 孝, 赤沼 安夫, 野田 光彦, 河津 捷二.
    首都圏の外来糖尿病患者で認められたHbA1cの季節変動と15年間の時系列解析.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  12. 河野 茂夫, Ta Van Binh, Enrico A de Jesus, Em Yunir, Khasag Altaisaikhan, 梶尾 裕, 野田 光彦, Thep Himathongkam, 趙 志剛, Sidartawan Soegondho, Sharad Pendsey, Lawrence B. Harkless, Alethea V.M. Foster, 中川内 玲子, 葛谷 英嗣, Andrew J.M. Boulton.
    アジア西太平洋地域の糖尿病足病変について−ASIPAC FOOT STUDY第1報−.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  13. 山田 朋英, 能登 洋, 藤田 英子, 木内 由香, 根本 充, 野田 光彦, 山下 滋雄.
    スタチン治療中の2型糖尿病合併高LDL-コレステロール血症患者に対する各種追加治療法に関する後ろ向きコホート研究.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  14. 北里 博仁, 池田 俊也, 泉 和生, 門脇 孝, 野田 光彦, 佐藤 俊彦.
    診療報酬明細書から見た2型糖尿病患者の糖尿病合併症と医療費の関係第3報~冠動脈疾患と脳卒中の急性期を医療費から定義する.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  15. 相澤 徹, 野田 光彦.
    糖尿病診療の均てん化には何が必要か:糖尿病診療実態調査からの推論.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  16. 中川 徹, 松下 由実, 野田 光彦, 起 由美, 草野 涼, 色川正貴.
    インターネットを介した特定保健指導の実施状況.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  17. 金澤 尚子, 財部 大輔, 高橋 真奈美, 増田 純一, 澤井 孝夫, 水野 宏一, 野田 光彦, 三上 二郎.
    チーム医療により早期発見できたペンタミジンによる低血糖の一例.
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 岡山, 5月, 2010.
  18. 財部 大輔, 六川 由果, 高橋 義彦, 後藤 温, 高市 麻貴, 岡本将英, 辻本 哲郎, 能登 洋, 岸本 美也子, 鏑木 康志, 安田 和基, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    抗HIV療法の経過中に自己免疫性糖尿病を発症した3症例.
    第8回1型糖尿病研究会, 長崎, 10月, 2010.
  19. 井花 庸子, 石井 万友美, 杉山 雄大, 辻本 哲郎, 高橋 義彦, 野田 光彦, 北村 浩一, 小早川 雅男, 安田 秀光.
    重症急性膵炎を契機に診断された原発性複甲状腺機能亢進症の1例.
    第577回日本内科学会関東地方会, 東京, 12月, 2010.
  20. 能登 洋, 辻本 哲郎, 笹月 健彦, 野田 光彦
    糖尿病による発癌・癌死のリスク:全世界のデータのメタアナリシスと人種間の比較検討.
    第45回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会, 東京, 1月, 2011.
  21. 杉山 雄大, 中西 美紗緒, 星本 和種, 上番 増喬, 遠藤 久子, 箕浦 茂樹, 安田 和基, 野田 光彦.
    著明な高、低血糖を来したホルモン産生卵巣腫瘍の一例.
    第20回臨床内分泌代謝Update, 札幌, 1月, 2011.
  22. 井上 かをり, 石井 万友美, 後藤 麻貴, 吉田 庸子, 後藤 温, 能登 洋, 岸本 美也子, 本田 律子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    うつ病としての加療歴があり膵体尾部切除術前後にCGMSを施行したインスリノーマの1例.
    第48回日本糖尿病学会関東甲信越地方会, 東京, 1月, 2011.
  23. 財部 大輔, 辻本 哲郎, 高橋 義彦, 能登 洋, 岸本 美也子, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    副腎偶発腫として発見された嚢胞状褐色細胞腫の1例.
    第11回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会, 横浜, 3月, 2011.

著書・総説

総説-和文

  1. 野田 光彦.
    ペットボトル症候群.
    保健ニュース・心の健康ニュース 縮刷活用版 体と心 保健総合大百科<中・高校編>2010年. 少年写真新聞社 編, 少年写真新聞社, 東京, 37-38, 2010.
  2. 岸本 美也子, 遠藤 久子, 萩原 將太郎, 野田 光彦.
    鉄過剰と膵障害・糖尿病.
    日本内科学会雑誌. 99:85-90, 2010.
  3. 野田 光彦, 財部 大輔, 高橋 義彦.
    海外文献紹介 HIV感染者へのHAARTと自己免疫による糖尿病.
    Diabetes Frontier. 21:383, 2010.
  4. 能登 洋, 本田 律子, 野田 光彦.
    国立国際医療研究センターによる「糖尿病情報サービス」の展開.
    治療. 92:2025-2029, 2010.
  5. 野田 光彦.
    海外文献紹介 大気中の微小粒子状物質(PM2.5)と糖尿病.
    Diabetes Frontier. 21:510, 2010.
  6. 野田 光彦, 加藤 昌之, 泉 和生.
    糖尿病予防のための戦略研究“J-DOIT 1~3”の成果と臨床現場での応用.
    医療情報学. 30(Suppl.):44-47, 2010.
  7. 野田 光彦.
    海外文献紹介 抗うつ薬と2型糖尿病発症.
    Diabetes Frontier. 21:641, 2010.
  8. 能登 洋, 本田 律子, 岸本 美也子, 野田 光彦.
    糖尿病の診療システムが変わる:病院勤務医の立場から―現状と将来展望―.
    糖尿病診療マスター. 8:645-650, 2010.
  9. 野田 光彦.
    海外文献紹介 米飯摂取と2型糖尿病.
    Diabetes Frontier. 21:757, 2010.
  10. 野田 光彦.
    科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2010(改訂第3版)(2011).「今日の治療指針(2011)(デスク版, ポケット版)」(山口 徹, 北原光夫, 福井次矢 総編集)医学書院, 東京, 1817-1819, 2011.
  11. 加藤 昌之, 野田 光彦.
    世界の糖尿病診断基準と今後の課題.
    プラクティス. 28:174-179, 2011.
  12. 野田 岳, 松井 孝男, 浅川 和也, 長谷川 達朗, 林 元久, 小林 和博, 山下 幸作, 前島 俊孝, 野田 光彦.
    汎用自動分析装置を用いた微量CRP測定の検討.
    プラクティス. 28:213-220, 2011.
  13. 石橋 俊(ホスト), 門脇 孝(ゲスト), 野田 光彦(ゲスト).
    糖尿病診療ガイドラインUpdate.
    動脈硬化予防.。 10:90-103, 2011.
  14. 石井 万友美, 辻本 哲郎, 岸本 美也子, 野田 光彦, 田守 唯一, 原 久男, 保坂 茂.
    セミナー/カンファレンスシリーズ 第19回 無症候性の冠動脈疾患を合併した2型糖尿病患者の1例 国立国際医療研
    究センター病院 生活習慣病症例検討会から.
    医療. 65:35-42, 2011.
  15. 野田 光彦.
    序文 新時代を向えた糖尿病薬物療法.
    Medico. 42:37, 2011.
  16. 野田 光彦.
    腎機能低下時の血糖コントロールの実際.
    Medico. 42:48-52, 57, 2011.
  17. 能登 洋, 坂上 太郎, 御子柴 智聖, 坪内 心子.
    「治療」「薬局」合同座談会 新しい糖尿病治療における医薬連携.
    薬局. 62:115-121, 2011, 治療. 93:487-493, 2011.
  18. 能登 洋.
    かかりつけ医のための血糖コントロール基本戦略..
    Medico. 42:38-41, 2011.
  19. 能登 洋.
    糖尿病診療マニュアル.
    Medico. 42:53-56, 2011.
  20. 能登 洋.
    ビグアナイド.
    治療増刊号. 95:2673-8, 2010.
  21. 能登 洋(共著).
    糖尿病の診療システムが変わる:病院勤務医の立場から-現状と将来展望-.
    糖尿病診療マスター. 8:645-650, 2010.
  22. 能登 洋(共著).
    糖尿病ナビゲーター 第2版.メディカルレビュー. ADA/EASDの 糖尿病診療ガイドライン. pp314-5.
  23. 能登 洋(監修).
    糖尿病:MindsPLUS /一般向け/やさしい解説.
    http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0004/5/0004_G0000248_GL.html
  24. 能登 洋(監修).
    糖尿病:MindsPLUS /一般向け/用語解説.
    http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0004/5/0004_G0000248_GL.html
  25. 能登 洋.
    糖尿病治療 薬と動脈硬化性疾患のエビデンスを斬る−「エビデンス」に使われないために−.
    第1回 血糖管理目標値.PRACTICE. 27:367-370, 2010.
  26. 能登 洋.
    糖尿病治療 薬と動脈硬化性疾患のエビデンスを斬る−「エビデンス」に使われないために−.
    第2回 糖尿病治療薬の臨床的効用. PRACTICE. 27:481-486, 2010.
  27. 能登 洋.
    糖尿病治療 薬と動脈硬化性疾患のエビデンスを斬る−「エビデンス」に使われないために−.
    第3回 血糖以外のリスクファクター. PRACTICE. 27:615-618, 2010.
  28. 能登 洋.
    内分泌検査はどのような場合に必要か, どう役立てるのか.
    Medicina. 47:972-975, 2010.
  29. 能登 洋(単著).
    やさしいエビデンスの読み方・使い方. 南江堂. 2010.(ISBN 97844524262083)
  30. 岸本 美也子, 梶尾 裕.
    糖尿病患者教育の国際的動向.
    内分泌・糖尿病・代謝内科. 31(3):220-226, 2010.
  31. 岸本 美也子.
    糖尿病の療養指導Q&A「糖尿病教室をはじめるときに注意すべきことを教えてください」
    プラクティス. 28(1):82-84, 2010.
  32. 本田 律子, 春日 雅人.
    糖尿病合併症と合併症診断のための検査.
    Medical technology. 38(4):332-338, 2010.
  33. 熊野 宏昭, 鈴木 豪, 梶尾 裕, 鈴木 伸一.
    [内科医が診る不安・抑うつ どこまで診るのか、どこから診ないのか] 内科診療の現場で、不安・抑うつをどう診ていくのか.
    内科. 105(2):281-293, 2010. 

その他