メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 糖尿病内分泌代謝科 > 研究実績・活動実績 > 2011年度発表論文等一覧

2011年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Hayashino Y, Suzuki H, Yamazaki K, Izumi K, Noda M, Kobayashi M; the Japan Diabetes Outcome Intervention Trial 2 (J-DOIT 2) Study Group.
    Depressive symptoms, not completing a depression screening questionnaire, and risk of poor compliance with regular primary care visits in patients with type 2 diabetes.
    Exp Clin Endocrinol Diabetes. 119:276-280, 2011.
  2. Poudel-Tandukar K, Nanri A, Mizoue T, Matsushit Y, Takahashi Y, Noda M, Inoue M, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Differences in suicide risk according to living arrangements in Japanese men and women - The Japan Public Health Centerbased (JPHC) Prospective Study.
    J Affect Disord. 131:113-119, 2011.
  3. Fujii H, Yamamoto S, Fujimi Takeda-Imai, Inoue M, Tsugane S, Kadowaki T, Noda M, for the JPHC Study Group.
    Validity and applicability of a simple questionnaire for the estimation of total and domain-specific physical activity.
    Diabetology Int 2:47-54, 2011.
  4. Yamamoto-Honda R, Osame K, Kitazato H, Shinkai-Goromaru M, Isogawa A, Yoshida Y, Kawazu S, Akanuma Y, Noda M.
    Insulin secretion and insulin sensitivity in Japanese patients with Type 2 diabetes: a cross-sectional study comparing the homeostasis model assessment-2 (HOMA2) indexes and indexes derived from the oral glucose tolerance test.
    Diabetology Int 2:72-78, 2011.
  5. Noto H, Tsujimoto T, Sasazuki T, Noda M.
    Significantly increased risk of cancer in patients with diabetes mellitus: a systematic review and meta-analysis.
    Endocrine Practice. 17:616-628, 2011.
  6. Tanaka T, Morita A, Kato M, Hirai T, Mizoue T, Terauchi Y, Watanabe S, Noda M, for the SCOP Study Group.
    Congener-specific polychlorinated biphenyls and the prevalence of diabetes in the Saku Control Obesity Program.
    Endocr J. 58:589-596, 2011.
  7. Nanri A, Mizoue T, Noda M, Takahashi Y, Matsushita Y, Poudel-Tandukar K, Kato M, Oba S, Inoue M, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Fish intake and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-Based Prospective Study. Am J Clin Nutr 94:884-891, 2011.
  8. Ikeda N, Saito E, Kondo N, Inoue M, Ikeda S, Satoh T, Wada K, Stickley A, Katanoda K, Mizoue T, Noda M, Iso H, Fujino Y, Sobue T, Tsugane S, Naghavi M, Ezzati M, Shibuya K.
    What has made Japan healthy?
    Lancet. 378:1094-1105, 2011.
  9. Kato M, Takahashi Y, Matsushita Y, Mizoue T, Inoue M, Kadowaki T, Tsugane S, Noda M, for the JPHC Diabetes Study Group.
    Diabetes mellitus defined by hemoglobin A1c value - Risk characterization for incidence among Japanese in the JPHC Diabetes Study.
    J Diabetes Invest. 2:359-365, 2011.
  10. Tsujimoto T, Kajio H, Takahashi Y, Kishimoto M, Noto H, Yamamoto-Honda R, Kamimura M, Morooka M, Kubota K, Shimbo T, Hiroe M, Noda M.
    Asymptomatic coronary heart disease in type 2 diabetic patients with vascular complications: a cross-sectional study.
    BMJ Open. 1(2):e000139, 2011. doi:10.1136/bmjopen-2011-000139.
  11. Yamazaki T, Kishimoto J, Ito C, Noda M, Odawara M, Terauchi Y, Shiba T, Kitazato H, Iwamoto Y, Akanuma Y, Kadowaki T, for the J-PREDICT study investigators.
    Japan Prevention Trial of Diabetes by Pitavastatin in Patients with Impaired Glucose Tolerance (the J-PREDICT study):
    rationale, study design, and clinical characteristics of 1269 patients.
    Diabetology Int. 2:134-140, 2011.
  12. Nanri A, Mizoue T, Takahashi Y, Matsushita Y, Noda M, Inoue M, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Association of weight change in different periods of adulthood with risk of type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-Based Prospective Study.
    J Epidemiol Community Health. 65:1104-1110, 2011.
  13. Poudel-Tandukar K, Nanri A, Mizoue T, Matsushit Y, Takahashi Y, Noda M, Inoue M, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Social support and suicide in Japanese men and women The Japan Public Health Center-based (JPHC) Prospective Study.
    J Psychiatr Res. 45:1545-1550, 2011.
  14. Goto A, Liu S.
    Editorial: Is caffeine protective against Type 2 diabetes?
    Diabetes Management. 4:351-353, 2011.
  15. Kishimoto M, Noda M.
    A pilot study of the efficacy of miglitol and sitagliptin for type 2 diabetes with a continuous glucose monitoring system and incretin-related markers.
    Cardiovasc Diabetol. 10(1):115, Dec 22, 2011.
  16. Ikeda N, Inoue M, Iso H, Ikeda S, Satoh T, Noda M, Mizoue T, Imano H, Saito E, Katanoda K, Sobue T, Tsugane S, Naghavi M, Ezzati M, Shibuya K.
    Adult mortality attributable to preventable risk factors for non-communicable diseases and injuries in Japan: a comparative risk assessment.
    PLoS Med. 9(1):e1001160. doi:10.1371/journal.pmed.1001160, 2012.
  17. Oba S, Noda M, Waki K, Nanri A, Kato M, Takahashi Y, Poudel-Tandukar K, Matsushita Y, Inoue M, Mizoue T, Tsugane S, for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Smoking cessation increases short-term risk of type 2 diabetes irrespective of weight gain: the Japan Public Health Center-based Prospective Study.
    PLoS ONE. 7(2):e17061. doi:10.1371/journal. pone.0017061, 2012.
  18. Noto H, Tsujimoto T, Noda M.
    Significantly Increased Risk of Cancer in Diabetes Mellitus Patients: A meta-analysis of epidemiologic evidence in Asians and non-Asians.
    J Diabetes Invest 3:24-33, 2012.
  19. Wada T, Kubota K, Minamimoto R, Morooka M, Hasuo K, Yazaki H, Oka S, Tujimoto T, Noda M.
    FDG uptake by a condylomata acuminata in an HIV-infected patient mimicked urine contamination.
    Clin Nucl Med. 37:420-421, 2012.
  20. Goto M, Inoue K, Tanaka T, Kaneko Y, Goto A, Imai K, Ihana Y, Tsujimoto T, Kosuga Y, Seki Y, Kasama K, Yasuda K, Kishimoto M, Takahashi Y, Kajio H, Noda M.
    A morbid obese Japanese woman with a body mass index of 83.2 kg/m2 - before and after sleeve gastrectomy.
    Intern Med. 51:969-975, 2012.
  21. Ehara H, Yamamoto-Honda R, Kitazato H, Takahashi Y, Kawazu S, Akanuma Y, Noda M.
    ApoE isoforms, treatment of diabetes, and the risk of coronary heart disease.
    World J Diabetes. 3:54-59, 2012.
  22. Noto H, Goto A, Tsujimoto T, Noda M.
    Cancer risk in diabetic patients treated with metformin: a systematic review and meta-analysis.
    PLoS ONE. 7(3):e33411. doi:10.1371/journal.pone.0033411, 2012.
  23. Matsushita Y, Nakagawa T, Yamamoto S, Takahashi Y, Yokoyama T, Mizoue T, Noda M.
    Effect of longitudinal changes in visceral fat area and other anthropometric indices to the changes in metabolic risk factors in Japanese men: the Hitachi Health Study.
    Diabetes Care. 35:1139-1143, 2012.
  24. Noto H.
    Impaired functionality of HDL in diabetes.
    Diabetol Int. 3:5-7, 2012.
  25. Kato M, Noda M, Suga H, Nakamura T, Matsumoto M, Kanazawa Y, for the Omiya MA Cohort Study Group.
    Hemoglobin A1c cut-off point to identify a high risk group of future diabetes: results from the Omiya MA Cohort Study.
    Diabetic Med. doi: 10.1111/j.1464-5491.2012.03572, 2012.
  26. Matsushita Y, Nakagawa T, Yamamoto S, Takahashi Y, Yokoyama T, Mizoue T, Noda M.
    Visceral fat area cutoff for the detection of multiple risk factors of metabolic syndrome in Japanese: the Hitachi Health Study.
    Obesity. 20:1744-1749, 2011.
  27. Yamamoto-Honda R, Sasaki S, Kirii K, Mitsui H, Kano N, Noda M, Igata A.
    The Walking Mileage campaign: a campaign developed by an Information and Communication Technology (ICT)-based
    program in the workplace to promote walking by making donations to a social welfare organization based on steps: a pilot study.
    Asia Pacific J Dis Manage. in press.
  28. Yi S, Nakagawa T, Yamamoto S, Mizoue T, Takahashi Y, Noda M, Matsushita Y.
    Short sleep duration in association with CT-scanned abdominal fat areas: The Hitachi Health Study.
    Int J Obes. doi: 10.1038/ijo.2012.17, 2012.
  29. Katagiri S, Nagasawa T, Kobayashi H, Takamatsu H, Bharti P, Izumiyama H, Uchimura I, Tagami T, Suzuki T, Nanbara H, Taniguchi Y, Hayakumo S, Koyanagi T, Himeno-Ando A, Goto M, Kajio H, Takahashi Y, Izumi Y, Noda M.
    Improvement of glycemic control after periodontal treatment by resolving gingival inflammation in type 2 diabetic patients with periodontal disease.
    J Diabetes Invest. doi: 10.1111/j.2040-1124.2012.00209.x.
  30. Ehara H, Yamamoto-Honda R, Kitazato H, Takahashi Y, Kawazu S, Akanuma Y, Noda M.
    ApoE isoforms, treatment of diabetes and the risk of coronary heart disease.
    World J Diabetes. 3(3):54-59, 2012.

原著論文-和文

  1. 平石 尚久, 原 久男, 田守 唯一, 田中 由利子, 諸井 雅男, 柴田 真希, 安田 和基, 岸本 美也子, 野田 光彦.
    難治性高血圧症の1例.
    医療. 65(5)283-291, 2011.
  2. 藤岡 俊一郎, 保坂 茂, 尾澤 直美, 南 恵理, 柴田 真希, 原 久男, 梶尾 裕, 岸本 美也子, 野田 光彦, 河内 正治.
    重症心疾患を合併した慢性腎不全の2例.
    医療. 65(11)579-584, 2011.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Noto H, Goto A, Tsujimoto T, Noda M.
    Significantly decreased risk of cancer in patients with diabetes mellitus on metformin: A systematic review and meta-analysis.
    71st American Diabetes Association. Scientific Session, San Diego, USA, Jun, 2011.
  2. Kanazawa H, Takahashi M, Kishimoto M, Mizuno K, Mikami J.
    Diabetic education for a 7-year-old girl with type 1 diabetes: our experience.
    1st Asian Pacific Congress of Diabetes Educator. Poster Presentation, Taipei, Taiwan, Jul, 2011.
  3. Kajikawa C, Wakui A, Kishimoto M.
    Introduction of a“ Listening-Conversation” method: A practical training exercise using role-play for nurses working in a diabetic ward.
    1st Asian Pacific Congress of Diabetes Educator. Poster Presentation, Taipei, Taiwan, Jul, 2011.
  4. Kishimoto M, Noda M.
    A report on diabetes seminars for medical staff sponsored by National Center for Global Health and Medicine.
    1st Asian Pacific Congress of Diabetes Educator. Poster Presentation, Taipei, Taiwan, Jul, 2011.
  5. Wakui A, Kishimoto M, Kajikawa C, Sugiyama T, Hashimoto A, Takaichi M, Kaneko Y, Kikuchi T, Hashiguchi M, Sato F, Ohashi K, Kitazato H.
    Learning from the other side: What can be learned by switching roles in our“ Listening-Conversation” role-play workshop.
    1st Asian Pacific Congress of Diabetes Educator. Poster Presentation, Taipei, Taiwan, Jul, 2011.
  6. Kishimoto M, Noda M.
    Diabetes Care during the Recent Unprecedented Earthquake and Tsunami in The Tohoku Region of Japan.
    16th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus. Oral presentation, Tokyo, Oct, 2011.
  7. Matsushita Y, Kishimoto M, Noda M, Pham TS, Nguyen NQ, Do DL, Nguyen LV, Zeng Z, Wickremasinghe AR, Naruse M, Kato N, Kajio H.
    The cutoff levels of waist circumference for predicting the presence of the clustering of metabolic risk factors in some Asian population.
    IDF 2011, World Diabetes Congress. Oral presentation, Dubai, United Arab Emirates, Dec, 2011.
  8. Kitazato H, Kishimoto M, Kaneko Y, Hashiguchi M, Wakui A, Kajikawa C, Sugiyama T, Hashimoto A, Kikuchi T, Sato F, Senga I, Ohashi K.
    Training certified diabetes educators (CDEs) using the “Role-Play method”.
    IDF 2011, World Diabetes Congress. Poster presentation, Dubai, United Arab Emirates, Dec, 2011.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 能登 洋, 辻本 哲郎, 笹月 健彦, 野田 光彦.
    糖尿病による発癌・癌死のリスク:全世界のデータのメタアナリシス.
    第108回日本内科学会. 東京, 4月, 2011.
  2. 池田 奈帆子, 辻本 哲郎, 本田 律子, 能登 洋, 岸本 美也子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    抗HIV治療中にバセドウ病を発症した高度な高カルシウム血症を呈した一例.
    第84回日本内分泌学会学術総会. 神戸, 4月, 2011.
  3. 能登 洋, 辻本 哲郎, 笹月 健彦, 野田 光彦.
    糖尿病による発癌・癌死のリスク:全世界のデータのメタアナリシスと欧米人・日本人の比較検討.
    第54回日本糖尿病学会年次学術集会. 札幌, 5月, 2011.
  4. 神田 さやか, 後藤 温, 岸本 美也子, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    インスリン治療中の高齢2型糖尿病患者における低血糖発現に関連する因子の検討.
    第54回日本糖尿病学会年次学術集会. 札幌, 5月, 2011.
  5. 坂根 直樹, 小谷和彦, 岡崎 研太郎, 佐藤 寿一, 鈴木 貞夫, 森田 智視, 泉 和生, 野田 光彦, 葛谷 英嗣.
    糖尿病予防のための戦略研究J-DOITのリクルート状況とベースライン調査.
    第54回日本糖尿病学会年次学術集会. 札幌, 5月, 2011.
  6. 辻本 哲郎, 梶尾 裕, 高橋 義彦, 岸本 美也子, 能登 洋, 本田 律子, 廣江道昭, 野田 光彦.
    血管障害の進行した2型糖尿病患者における無症候性の冠動脈疾患精査後の治療介入.
    第54回日本糖尿病学会年次学術集会. 札幌, 5月, 2011.
  7. 井花 庸子, 辻本 哲郎, 杉山 雄大, 能登 洋, 岸本 美也子, 本田 律子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    内服での血糖管理困難な2型糖尿病患者におけるインスリン1回打ち導入の検討.
    第54回日本糖尿病学会年次学術集会. 札幌, 5月, 2011.
  8. 石井 万友美, 濱本 博美, 六川 由果, 井上 かをり, 辻本 哲郎, 後藤 麻貴, 今井 健二郎, 池田 奈帆子, 財部 大輔, 杉山 雄大, 後藤 温, 森 保道, 岸本 美也子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    反応性低血糖、インスリノーマにおける75g経口糖負荷試験−診断的有用性の検討.
    第54回日本糖尿病学会年次学術集会. 札幌, 5月, 2011.
  9. 北里 博仁, 岸本 美也子, 金子 由梨, 橋口 美香, 湧井 晶子, 梶川 智恵子, 杉山 雄大, 佐藤 文彦, 菊池 貴子, 橋本 昭和, 大橋 健.
    ロールプレイを用いた糖尿病療養指導トレーニング『リスカン』の実践報告.
    第54回日本糖尿病学会年次学術集会. 札幌, 5月, 2011.
  10. 大阿久 愛, 栗田 裕美, 曽部 知恵, 田中 寛, 丸谷 晶美, 森野 英里子, 岸本 美也子, 本田 律子, 長濱 誉佳, 吉澤 篤人, 梶尾 裕, 河内 正治.
    糖尿病性足壊疽部分切断におけるNSTサポート症例について.
    関東信越国立病院管理栄養士協議会ブロック学会. 上田, 6月, 2011.
  11. 井上 かをり, 後藤 麻貴, 安田 和基, 田中 隆久, 金子 由梨, 笠間 和典, 岸本 美也子, 本田 律子, 野田 光彦.
    腹腔鏡下袖状胃切除に伴う血中ホルモン濃度の変化を観察し得たBMI83の34歳女性の一例.
    第32回日本肥満学会. 淡路, 9月, 2011.
  12. 坂根 直樹, 小谷 和彦, 岡崎 研太郎, 佐藤 寿一, 鈴木 貞夫, 森田 智視, 泉 和生, 野田 光彦, 葛谷 英嗣.
    空腹時血糖異常者における肥満の割合とその影響:糖尿病予防のための戦略研究J-DOIT1より.
    第32回日本肥満学会. 淡路, 9月, 2011.
  13. 中村正, 梶尾 裕, 木村 穣.
    腹囲測定機能を備えたベルト型内臓脂肪測定器の臨床評価.
    第32回日本肥満学会. 淡路, 9月, 2011.
  14. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    メトホルミンによる癌の予防効果:メタアナリシスによる検証.
    第61回日本体質医学会総会. 東京, 10月, 2011.
  15. 辻本 哲郎, 梶尾 裕, 岸本 美也子, 能登 洋, 本田 律子, 上村 宗弘, 諸岡 都, 窪田 和雄, 廣江 道昭, 新保 卓郎, 野田 光彦.
    血管障害の進行した2型糖尿病患者における無症候性冠動脈疾患.
    第26回日本糖尿病合併症学会. 大宮, 10月, 2011.
  16. 能登 洋, 野田 光彦.
    EBM による一般診療所・クリニック向け『糖尿病標準診療マニュアル』の策定と公開 −経口血糖降下薬療法を中心に.
    (シンポジウム:EBM による合併症予防のガイドライン−クロスディスカッション)第26回日本糖尿病合併症学会. 大宮, 10月, 2011.
  17. 本間 仁乃, 藤巻 加奈子, 井上 かをり, 財部 大輔, 後藤 温, 能登 洋, 岸本 美也子, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    コーラ・コーヒーの多飲が原因と考えられた急性発症四肢筋力低下の1例.
    日本内科学会第584回関東地方会. 東京, 12月, 2011.
  18. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    メトホルミンによる癌の予防効果−メタアナリシスによる検証.
    第46回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会. 東京, 1月, 2012.
  19. 藤巻 加奈子, 井上 かをり, 今井 健二郎, 井花 庸子, 財部 大輔, 辻本 哲郎, 後藤 温, 能登 洋, 岸本 美也子, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    血糖コントロール悪化の原因としてパラガングリオーマの再発が考えられた2型糖尿病の一例.
    第49回日本糖尿病学会関東甲信越地方会. 東京, 1月, 2012.
  20. 栗田 裕美, 金森 功次, 大阿久 愛, 曽部 知恵, 比嘉 並誠, 田中 寛, 森野 英里子, 三原 史規, 日野原 千速, 長濱 誉佳, 岸本 美也子, 本田 律子, 萩原蔣太郎, 吉澤篤人, 梶尾 裕, 河内正治.
    NST専従管理栄養士の活動報告 ~栄養サポートチーム加算算定件数増加のための取り組み~.
    第15回日本病態栄養学会年次学術集会. 京都, 1月, 2012.
  21. 今井 健二郎, 辻本 哲郎, 本田 律子, 井花 庸子, 藤巻 加奈子, 蜂谷 玲未, 井上 かをり, 能登 洋, 岸本 美也子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    慢性難治性の掻痒にプレガバリンが著効した, 腸腰筋膿瘍と全身性結節性痒疹を伴う糖尿病の一例.
    第12回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会. さいたま, 3月, 2012.

著書・総説

総説-和文

  1. 能登 洋.
    糖尿病に遺伝が関与しているという証拠はあるのですか?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p30-31, 5月, 2011.
  2. 岸本 美也子.
    MODYとはどのような病態でしょうか?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p36-37, 5月, 2011.
  3. 高橋 義彦.
    ミトコンドリア異常の糖尿病について教えてください.
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p38-41, 5月, 2011.
  4. 本田 律子.
    SNP(スニップ)、SNPs(スニップス)とは何ですか?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p42-43, 5月, 2011.
  5. 梶尾 裕.
    1型糖尿病の遺伝因子はどこまでわかったのでしょうか?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p51-54, 5月, 2011.
  6. 野田 光彦.
    糖尿病はすでに診断基準が確立していると思いますが、将来は遺伝子検査が『糖尿病診療ガイドライン』に取り入れられる日がくるのでしょうか?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p57-60, 5月, 2011.
  7. 梶尾 裕.
    1型糖尿病の女性です。無事出産したのですが、生まれた子どもが将来1型糖尿病に成るかどうか遺伝子で診断をしてほしいのですが…
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p86-87, 5月, 2011.
  8. 岸本 美也子.
    家族の中で何人か糖尿病がいますが、同じような生活をしていても重症の者もいれば軽度のものもいます。なぜでしょう?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p90-92, 5月, 2011.
  9. 高橋 義彦.
    糖尿病は生活習慣病で、自己責任の病気だといわれますが、一方で糖尿病は遺伝だとも聞きます。どちらが、本当でしょうか?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p93-95, 5月, 2011.
  10. 能登 洋.
    日本には糖尿病の人が890万人いると聞きました。糖尿病の遺伝子が増えているのですか?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p96-97, 5月, 2011.
  11. 本田 律子.
    糖尿病と肥満、高血圧、脂質異常症などの体質は別のものなのですか?
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p98-99, 5月, 2011.
  12. 岸本 美也子.
    糖尿病の薬で命にかかわる副作用が出たとする新聞で報道されています。よく名前をみてみると自分が長年飲んでいる薬でしたので、怖くなりました。飲むのをやめたいのですが…
    別冊プラクティス 糖尿病とヒトゲノムQ&A. 安田和基 編著, 医歯薬出版株式会社, 東京, p114-116, 5
    月, 2011.
  13. 本田 律子.
    糖尿病における易感染性・治癒の遅延のメカニズム.
    内分泌・糖尿病・代謝内科. 33(1):2-5, 科学評論社, 東京, 7月, 2011.
  14. 高橋 義彦, 財部大輔.
    HIV感染治療に伴う自己免疫性糖尿病.
    内分泌・糖尿病・代謝内科. 33(1):49-55, 科学評論社, 東京, 7月, 2011.
  15. 金子由梨, 岸本 美也子.
    海外旅行時への対応.
    2型糖尿病の薬物療法ハンドブック. 寺内康夫 編集, 南江堂, 東京, p148-150, 10月, 2011.
  16. 南里明子, 溝上 哲也, 野田 光彦.
    最新版 糖尿病虎の巻−新時代の糖尿病診療を実践する Massでみる糖尿病・メタボリックシンドローム 多目的コホート研究(JPHC Study)からみた糖尿病発症と生活習慣.
    内科. 108(4):599-604, 南江堂, 東京, 10月, 2011.
  17. 山下浩, 舩瀬芳子, 山内恵史, 相澤 徹, 野田 光彦.
    初期臨床研修の現場から 初期臨床研修のquality assurance.
    プラクティス. 28(6):619-624, 医歯薬出版株式会社, 東京, 11月, 2011.
  18. 峯山智佳, 野田 光彦.
    糖尿病患者のトータルケア トピックス 糖尿病とうつ.
    診断と治療. 99(11): 1903-1910, 診断と治療社, 東京, 11月, 2011.
  19. 相澤 徹, 大西 雄太郎, 駒津 光久, 野田 光彦.
    医療連携の現場から 地域医療の現場で考える糖尿病診療の均てん化.
    プラクティス. 29(1):105-108, 医歯薬出版株式会社, 東京, 1月, 2012.
  20. 岸本 美也子.
    血糖自己測定の指導.
    今日の治療指針 2012. 総編集 山口 徹、北原光夫, 福井次矢, 医学書院, 東京, p648-649, 1月, 2012.
  21. 北里 博仁, 岸本 美也子, 大橋 健.
    糖尿病療養指導スキルアップの具体的手法「リス☆カン」の取り組み.
    臨床栄養, 120(1)26-27, 医歯薬出版株式会社 東京, 1月, 2012.
  22. 後藤麻貴, 後藤 温, 野田 光彦.
    糖尿病食事療法最前線 糖尿病の新しい診断基準とインクレチン関連薬.
    医と食. 4(1):23-25, 生命科学振興会発行, 2月, 2012.
  23. 岸本 美也子, 大橋 健, 北里 博仁.
    リス☆カン フライデー レポート #01リス☆カンってなんだろう?
    プラクティス. 29(1)2012年1・2月号, 医歯薬出版, 東京, 1月, 2012.
  24. 岸本 美也子, 大橋 健, 北里 博仁.
    リス☆カン フライデー レポート #02再現!リス☆カンのロールプレイ.
    プラクティス. 29(2)2012年3・4月号, 医歯薬出版, 東京, 3月, 2012.

その他