メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 糖尿病内分泌代謝科 > 研究実績・活動実績 > 2012年度発表論文等一覧

2012年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Wada T, Kubota K, Minamimoto R, Morooka M, Hasuo K, Yotsu R, Yazaki H, Oka S, Tujimoto T, Noda M.
    FDG uptake by a condylomata acuminata in an HIV-infected patient mimicked urine contamination.
    Clin Nucl Med. 37:420-421, 2012.
  2. Goto M, Inoue K, Tanaka T, Kaneko Y, Goto A, Imai K, Ihana Y, Tsujimoto T, Kosuga Y, Seki Y, Kasama K, Yasuda K, Kishimoto M, Takahashi Y, Kajio H, Noda M# (# corresponding author) .
    A morbid obese Japanese woman with a body mass index of 83.2 kg/m² - before and after sleeve gastrectomy.
    Intern Med. 51:969-975, 2012.
  3. Matsushita Y, Nakagawa T, Yamamoto S, Takahashi Y, Yokoyama T, Mizoue T, Noda M.
    Effect of longitudinal changes in visceral fat area and other anthropometric indices to the changes in metabolic risk factors in Japanese men: the Hitachi Health Study.
    Diabetes Care. 35:1139-1143, 2012.
  4. Kato M, Noda M#, Suga H, Nakamura T, Matsumoto M, Kanazawa Y, for the Omiya MA Cohort Study Group (# corresponding author).
    Hemoglobin A1c cut-off point to identify a high risk group of future diabetes: results from the Omiya MA Cohort Study.
    Diabet Med. 29:905-910, 2012.
  5. Katagiri S, Nagasawa T, Kobayashi H, Takamatsu H, Bharti P, Izumiyama H, Uchimura I, Tagami T, Suzuki T, Nanbara H, Taniguchi Y, Hayakumo S, Koyanagi T, Himeno-Ando A, Goto M, Kajio H, Takahashi Y, Izumi Y, Noda M.
    Improvement of glycemic control after periodontal treatment by resolving gingival inflammation in type 2 diabetic patients with periodontal disease.
    J Diabetes Invest. 3:402-409, 2012.
  6. Kishimoto M, Noda M.
    Effect of the addition of sitagliptin and miglitol on insulin-treated type 2 diabetes.
    Diabetes Therapy. 3:11, 2012. doi:10.1007/s13300-012-0011-x.
  7. Matsushita Y, Nakagawa T, Yamamoto S, Takahashi Y, Yokoyama T, Mizoue T, Noda M.
    Visceral fat area cutoff for the detection of multiple risk factors of metabolic syndrome in Japanese: the Hitachi Health Study.
    Obesity. 20:1744-1749, 2012.
  8. Sugiyama T, Nakanishi M, Hoshimoto K, Uebanso T, Inoue K, Endo H, Minoura S, Yasuda K, Noda M# (# corresponding author).
    Severely fluctuating blood glucose levels associated with a somatostatin-producing ovarian neuroendocrine tumor.
    J Clin Endocrinol Metab. 97:3845-3850, 2012.
  9. Shojima N, Hara K, Fujita H, Horikoshi M, Takahashi N, Takamoto I, Ohsugi M, Aburatani H, Noda M, Kubota N, Yamauchi T, Ueki K, Kadowaki T.
    Depletion of homeodomain-interacting protein kinase 3 impairs insulin secretion and glucose tolerance in mice.
    Diabetologia. 55:3318-3330, 2012.
  10. Goto M, Morita A, Goto A, Sasaki S, Aiba N, Shimbo T, Terauchi Y, Miyachi M, Noda M#, Watanabe S, for the SCOP Study Group (# corresponding author).
    Dietary glycemic index and glycemic load in relation to HbA1c in Japanese obese adults: a cross-sectional analysis of the Saku Control Obesity Program.
    Nutr Metab (Lond). 9:79, 2012. doi:10.1186/1743-7075-9-79.
  11. Goto A, Morita A, Goto M, Sasaki S, Miyachi M, Aiba N, Terauchi Y, Noda M#, Watanabe S, for the Saku Cohort Study Group (# corresponding author).
    Associations of sex hormone-binding globulin and testosterone with diabetes among men and women (the Saku Diabetes Study): a case control study.
    Cardiovasc Diabetol. 11:130, 2012. doi:10.1186/1475-2840-11-130.
  12. Kurotani K, Nanri A, Goto A, Mizoue T, Noda M, Kato M, Inoue M, Tsugane S for the Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Vegetable and fruit intake and risk of type 2 diabetes: Japan Public Health Center-based Prospective Study.
    Br J Nutr. 1-9, May 9, 2012 [Epub ahead of print]
  13. Eshak ES, Iso H, Mizoue T, Inoue M, Noda M, Tsugane S.
    Soft drink, 100% fruit juice, and vegetable juice intakes and risk of diabetes mellitus.
    Clin Nutr. 32(2):300-8, Apr, 2013. doi:10.1016/ j.clnu.2012.08.003. Epub. Aug 13, 2012.
  14. Noto H, Goto A, Tsujimoto T, Noda M.
    Low-carbohydrate diets and all-cause mortality: a systematic review and meta-analysis of observational studies.
    PLoS ONE. 8(1):e55030, 2013. doi:10.1371/journal.pone.0055030.
  15. Nanri A, Shimazu T, Takachi R, Ishihara J, Mizoue T, Noda M, Inoue M, Tsugane S for the Japan Public Health Center-Based Prospective Study Group.
    Dietary patterns and type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-Based Prospective Study.
    Eur J Clin Nutr. 67:18-24, 2013.
  16. Yi S, Nakagawa T, Yamamoto S, Mizoue T, Takahashi Y, Noda M, Matsushita Y: Short sleep duration in association with CT-scanned abdominal fat areas.
    The Hitachi Health Study.
    Int J Obes (Lond). 37:129-134, 2013.
  17. Tashiro M, Yasuoka J, Poudel KC, Noto H, Masuo M, Jimba M: Acculturation Factors and Metabolic Syndrome Among Japanese-Brazilian Men in Japan.
    A Cross-Sectional Descriptive Study.
    J Immigr Minor Health. Feb 22, 2013 [Epub ahead of print]
  18. Hayashi T, Araki A, Kawashima S, Sone H, Watanabe H, Ohrui T, Yokote K, Takemoto M, Kubota K, Noda M, Noto H, Ina K, Nomura H; Japan CDM group.
    Metabolic predictors of ischemic heart disease and cerebrovascular attack in elderly diabetic individuals: difference in risk by age.
    Cardiovasc Diabetol. 12(1):10, 2013. doi:10.1186/1475-2840-12-10.

原著論文-和文

  1. 多田 真奈美, 日ノ下 文彦, 保坂 茂, 岡崎 修, 竹内 壯介, 岸本 美也子, 野田 光彦, 河内 正治.
    セミナー/カンファレンスシリーズ第27回「誘因なくコレステロール塞栓症をきたした1例」
    医療. 66:701-708, 2012.
  2. 武田 憲夫, 今井 公文, 岡崎 修, 岸本 美也子, 財部 大輔, 梶尾 裕, 野田 光彦, 照屋 勝治, 河内 正治.
    セミナー/カンファレンスシリーズ第28回「統合失調症、HIV感染症、網膜症を合併した糖尿病患者 の1例」
    医療. 67:35-42, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Kishimoto M, Noda M.
    Diabetes care during the recent unprecedented earthquake and tsunami in the Tohoku region of Japan.
    The 2nd APHPE (Asian Pacific Conference on Health Promotion and Education), May 4~6, 2012 Fu-Jen Catholic University, Taipei, Taiwan (Oral Presentation May 6)
  2. Wakui A, Sakanaya E, Kishimoto M.
    Beyond skills: Potential of role-play in capacity building for beginner diabetes educators.
    The 2nd APHPE (Asian Pacific Conference on Health Promotion and Education), May 4~6, 2012 Fu-Jen Catholic University, Taipei, Taiwan (Oral Presentation May 5)
  3. Kishimoto M, Noda M.
    A report on diabetes seminars for medical staff sponsored by National Center for Global Health and Medicine.
    9th IDF-WPR congress & 4th AASD scientific meeting, Nov. 24-27, 2012 Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan (Oral Presentation Nov 25)
  4. Kishimoto M, Noda M.
    The efficacy of miglitol and sitagliptin estimated by continuous glucose monitoring system and incretin-related markers.
    9th IDF-WPR congress & 4th AASD scientific meeting, Nov. 24-27, 2012 Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan, (Oral Presentation Nov 26)
  5. Kanazawa H, Takahashi M, Kishimoto M, Mizuno K, Mikami J.
    Custom-made manuals for the selfinjection of insulin by elderly diabetic patients.
    9th IDF-WPR congress & 4th AASD scientific meeting. Nov. 24-27, 2012 Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan (Oral Presentation Nov 26)
  6. Wakui A, Shimizu M, Sakanaya E, Kishimoto M.
    Beyond skills: The effectiveness of “ListeningConversation” role-play in capacity building for novice diabetes educators.
    9th IDF-WPR congress & 4th AASD scientific meeting, Nov. 24-27, 2012 Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan (Oral Presentation Nov 25)
  7. Imai K, Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Noto H, Kishimoto M, Kajio H, Noda M.
    Efficacy of GLP-1 receptor agonist exenatide: Indicator of therapeutic potential of this drug in type 2 diabetes.
    9th IDF-WPR congress & 4th AASD scientific meeting, Nov. 24-27, 2012 Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan (Poster Presentation Nov 27)
  8. Noda M, Noto H.
    Standard Diabetes Manual for General Physicians - Proposal from the National Center for Global Health and Medicine, Japan. Nov. 24-27, 2012 Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan (Presentation Nov 26)

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    メトホルミンによる癌リスク低下:メタアナリシスによる検証.
    第109回日本内科学会. みやこめっせ, 京都, 4月, 2012.
  2. 今井 健二郎, 辻本 哲郎, 本田 律子, 外池 美恵, 蜂谷 玲未, 藤巻 加奈子, 井上 かをり, 井花 庸子, 後藤 麻貴, 財部 大輔, 後藤 温, 能登 洋, 岸本 美也子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬の治療効果の違いについての検討.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  3. 柴 佳愛, 本田 律子, 加藤 昌之, 梶尾 裕, 泉 和生, 井上 かをり, 井花 庸子, 今井 健二郎, 能登 洋, 岸本 美也子, 野田 光彦.
    80歳以上の高齢糖尿病患者における当院の糖尿病治療薬の処方実態とHbA1c、2009年と2011年の比較.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  4. 外池 美恵, 岸本 美也子, 蜂谷 玲未, 藤巻 加奈子, 井花 庸子, 財部 大輔, 後藤 温, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    当院入院患者における入院初期と退院時の治療内容の比較検討.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  5. 井上 かをり, 岸本 美也子, 野田 光彦.
    持続血糖モニター (CGM)およびインクレチン関連マーカーを用いたミグリトールとシタグリプチン併用効果の検討.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  6. 野田 光彦.
    (シンポジウム「糖尿病と癌」)糖尿病治療とがん-疫学研究からのエビデンス.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  7. 野田 光彦.
    (シンポジウム「わが国の糖尿病の現状と施策」)糖尿病の臨床研究とIT・患者登録システム.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  8. 中川内 玲子, Yunir Em, Gang Zhao Zhi, 梶尾 裕, 野田 光彦, 清野 裕, Binh Ta Van, Jesus Enriko A de, Krittiyawong Sirinate, 河野 茂夫.
    西太平洋地域の糖尿病シャルコ−足病変の特徴に関する国際共同研究-ASIPAC Foot Study 2-.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  9. 伊藤 遼, Khun Touch, Yunir Em, Zhao Gang Zhi, 中川内 玲子, 梶尾 裕, 野田 光彦, 清野 裕, 泉 有紀, Binh Ta Van, Jesus Enriko A de, Krittiyawong Sirinate, 河野 茂夫.
    西太平洋地域における糖尿病足病変ハイリスク患者におけるライフスタイルに関する国際共同研究-ASIPAC 3.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  10. 蜂谷 玲未, 辻本 哲郎, 本田 律子, 能登 洋, 岸本 美也子, 梶尾 裕, 木村 昭夫, 野田 光彦.
    重症低血糖時の著明な血圧上昇と臨床経過.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  11. 井花 庸子, 宇田川 陽秀, 上番増 喬, 平本 正樹, 南茂 隆生, 西村 渉, 本田 律子, 関 洋介, 野田 光彦, 笠間 和典, 安田 和基.
    Luminex法を用いた高度肥満症における減量手術前後の血清肥満関連項目の解析.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  12. 峯山 智佳, 本田 律子, 奥村 泰之, 柳内 秀勝, 三島 修一, 亀井 雄一, 伊藤 弘人, 野田 光彦.
    自記式質問紙票と半構造化面接法を併用した外来糖尿病患者のうつ病有病率の検討.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  13. 岡本 将英, 渡部 ちづる, 森 保道, 丸井 祐二, 富川 伸二.
    生体腎移植における術中血糖値の変動と高血糖に関する因子の検討.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  14. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    メトホルミンと癌リスク:メタアナリシスによる検証.
    第55回糖尿病学会年次学術集会. 横浜, 5月, 2012.
  15. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    メトホルミンによる糖尿病患者の癌リスク.
    第71回日本癌学会学術総会. 日本癌学会日本糖尿病学会合同シンポジウム, 札幌, 9月, 2012.
  16. 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    重症低血糖時の血圧変動と臨床経過.
    第35回日本高血圧学会総会. 名古屋, 9月, 2012.
  17. 野田 光彦.
    糖尿病に併存するうつを見落とさないために−包括的なうつ管理のためのプログラム:導入編−(第2回)「はじめに 糖尿病とうつ病の併存に関する疫学と身体予後に及ぼす影響」.
    第27回日本糖尿病合併症学会・第18回日本糖尿病眼学会総会. 福岡, 11月, 2012.
  18. 野田 光彦.
    シンポジウム(糖尿病医療の情報化に関する合同委員会の活動報告 「糖尿病ミニマム項目セット」の策定とその展開)大規模臨床研究における糖尿病ミニマム項目セット.
    第32回医療情報学連合大会(第13回日本医療情報学会). 新潟, 11月, 2012.
  19. 神田 さやか, 外池 美恵, 今井 健二郎, 財部 大輔, 辻本 哲郎, 能登 洋, 岸本 美也子, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    リンパ球性下垂体炎に伴う汎下垂体機能低下症の1例.
    第593回日本内科学会関東地方会. 東京, 12月, 2012.
  20. 外池 美恵, 井上 かをり, 張 萌琳, 井花 庸子, 財部 大輔, 後藤 温, 岸本 美也子, 辻本 哲郎, 能登 洋, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    2型糖尿病としての治療経過中に診断された筋強直性ジストロフィーの1例.
    日本内分泌学会 第13回関東甲信越支部学術集会. 栃木, 12月, 2012.
  21. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    糖質制限食による死亡・心血管疾患リスクの検証:メタアナリシス.
    第47回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会. 東京, 1月, 2013.
  22. 若林 沙矢香, 井花 庸子, 濱崎 秀崇, 井上 かをり, 池田 奈帆子, 岡本 将英, 辻本 哲郎, 岸本 美也子, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    糖尿病性ケトアシドーシスに上腸間膜動脈閉塞と右下腿動脈閉塞を合併した一例.
    日本糖尿病学会第50回日本関東甲信越地方会. 横浜, 1月, 2013.
  23. 岡本 将英, 納 啓一郎, 能登 洋, 本田 律子, 高橋 義彦, 梶尾 裕, 徳原 真, 枝元 良広, 遠藤 久子, 野田 光彦.
    ソマトスタチンアナログにより血糖コントロールが可能となったプロインスリン優位のインスリノーマの一例.
    第8回NET Work Japan (Neuroendocrine Tumor Workshop Japan). 大阪, 2月, 2013.
  24. 能登 洋.
    エビデンスの読み方・使い方~ EBMの実践と教育~.
    第6回日本病院総合診療医学会学術総会. 岐阜, 3月, 2013.

著書・総説

総説-英文

  1. Kishimoto M, Noda M.
    The Great East Japan Earthquake: experiences and suggestions for survivors with diabetes (perspective).
    PLoS Curr 4. May 15, e4facf9d99b997, 2012. doi:10.1371/4facf9d99b997.
  2. Kashiwagi A, Kasuga M, Araki E, Oka Y, Hanafusa T, Ito H, Tominaga M, Oikawa S, Noda M, Kawamura T, Sanke T, Namba M, Hashiramoto M, Sasahara T, Nishio Y, Kuwa K, Ueki K, Takei I, Umemoto M, Murakami M, Yamakado M, Yatomi Y, Ohashi H.
    Committee on the Standardization of Diabetes Mellitus-Related Laboratory Testing of Japan Diabetes Society: International clinical harmonization of glycated hemoglobin in Japan: From Japan Diabetes Society to National
    Glycohemoglobin Standardization Program values.
    Diabetol Int. 3:8–10, 2012. J Diabetes Invest. 3:39-40, 2012.
  3. Kishimoto M, Noda M.
    Diabetes care: After the Great East Japan Earthquake.
    J Diabetes Invest. 4:97-102, 2013.

総説-和文

  1. 野田 光彦.
    NHK きょうの健康×ここが聞きたい! 名医にQ
    主婦と生活社, 東京, 183, 2012.
  2. 峯山 智佳, 野田 光彦.
    糖尿病とうつ病.
    Depression Frontier. 10:69-75, 2012.
  3. 大庭 志野, 溝上 哲也, 野田 光彦.
    海外文献紹介 禁煙と2型糖尿病発症.
    Diabetes Frontier. 23:233, 2012.
  4. 山本 万友美, 野田 光彦.
    2型糖尿病の疫学.
    「糖尿病予防と治療のエビデンス」(植木浩二郎 編, 荒木栄一 編集主幹). 中山書店, 東京, 31-39, 2012.
  5. 加藤 昌之, 野田 光彦.
    DCCT/EDIC, UKPDS.
    日本臨床. 70(増刊3):268-272, 2012.
  6. 野田 光彦.
    特集 糖尿病の薬物療法−最新の治療と将来展望−.
    カレントテラピー. 30:597, 2012.
  7. 能登 洋, 野田 光彦.
    日常診療における糖尿病薬物治療の基本スキーム.
    カレントテラピー. 30:616-622, 2012.
  8. 井花 庸子, 本田 律子, 野田 光彦.
    Basal-supported Oral therapy (BOT).
    カレントテラピー. 30:664-669, 2012.
  9. 野田 光彦(司会), 吉岡 成人, 島田 朗, 長坂 昌一郎.
    薬物療法新時代の糖尿病治療の実際.
    カレントテラピー. 30:118-133, 2012.
  10. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    メトホルミンと癌.
    糖尿病. 55:591-593, 2012.
  11. 松下 由実, 溝上 哲也, 野田 光彦.
    海外文献紹介 睡眠時間と皮下脂肪面積.
    Diabetes Frontier. 23:488, 2012.
  12. 峯山 智佳, 苅部 正巳, 野田 光彦.
    内分泌・代謝性疾患におけるうつ病診察のコツと処方例.
    「日常診療におけるうつ病治療指針~うつ病を見逃さない~」(中尾睦宏, 伊藤弘人 編集, 樋口輝彦 監修). 医薬ジャーナル社, 大阪・東京, 105-121, 2012.
  13. 野田 光彦, 本田 律子.
    序.
    別冊プラクティス「糖尿病地域医療連携−絆の紡ぎ方 実相ガイド」. 1, 2012.
  14. 野田 光彦.
    (扉)糖尿病の骨・筋・結合織疾患−骨とメタボとロコモと代謝−.
    プラクティス. 29:625, 2012.
  15. 杉山 雄大, 野田 光彦.
    海外文献紹介 二次性高血糖の原因としてのソマトスタチン産生腫瘍.
    Diabetes Frontier. 23:626, 2012.
  16. 能登 洋, 野田 光彦.
    EBMによる一般診療所・クリニック向け「糖尿病標準診療マニュアル」の策定と公開−経口血糖降下薬療法を中心に.
    糖尿病合併症. 26:204-208, 2012.
  17. 野田 光彦.
    科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2010(改訂第3版).
    「今日の治療指針(2013)(デスク版, ポケット版)」(山口 徹, 北原光夫, 福井次矢 総編集). 医学書院, 東京, 1770-1772, 2013.
  18. 野田 光彦(司会), 浅原 哲子, 加藤 雅彦, 村瀬 孝司.
    経口糖尿病薬のパラダイムシフト−DPP-4阻害薬の広がる選択肢−.
    プラクティス. 30:250-255, 2013.
  19. 梶尾 裕.
    (扉)世界の糖尿病事情−日米欧亜を通覧する.
    プラクティス. 29:509, 2012.
  20. 梶尾 裕.
    世界の中の糖尿病戦略−特に東アジアの糖尿病診療の現状をふまえて.
    プラクティス. 29:516-524, 2012.
  21. 岸本 美也子.
    外国人糖尿病患者への対応−診療のポイントと具体策.
    プラクティス. 29:548-555, 2012.
  22. 岸本 美也子.
    国立国際医療研究センターの研修講座活動.
    別冊プラクティス 糖尿病地域医療連携− 絆の紡ぎ方 実相ガイド. (野田 光彦, 本田 律子, 総編集)医歯薬出版 東京127-133, 2012.
  23. 本田 律子.
    国立国際医療研究センター糖尿病情報センターの糖尿病情報発信.
    別冊プラクティス 糖尿病地域医療連携−絆の紡ぎ方 実相ガイド. (野田 光彦, 本田 律子, 総編集)医歯薬出版. 東京, 150-154, 2012.
  24. 能登 洋.
    医療連携を目指した、かかりつけ医のための糖尿病標準診療マニュアル.
    別冊プラクティス 糖尿病地域医療連携−絆の紡ぎ方 実相ガイド. (野田 光彦, 本田 律子, 総編集)医歯薬出版. 東京, 東京194-201, 2012.
  25. 本田 律子.
    糖尿病UPDATE 2012 公的機関が発信する糖尿病・生活習慣病関連情報を活用しよう.
    臨床栄養. 121:730-734, 2012
  26. 今井 健二郎, 辻本 哲郎, 本田 律子.
    著名な高血糖の治療 2) 専門施設での治療.
    内分泌・糖尿病・代謝内科. 36:38-41, 2013

その他