メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 糖尿病内分泌代謝科 > 研究実績・活動実績 > 2013年度発表論文等一覧

2013年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Yotsu RR, Pham NM, Oe M, Nagase T, Sanada H, Hara H, Fukuda S, Fujitani J, Yamamoto-Honda R, Kajio H, Noda M, Tamaki T.
    Comparison of characteristics and healing course of diabetic foot ulcers by etiological classification: Neuropathic, ischemic, and neuro-ischemic type.
    J Diabetes Complications. Mar 29, 2014. pii: S1056-8727 (14)00068-3.
  2. Ihana N, Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Kishimoto M, Kajio H, Noto H, Kakei M, Noda M.
    Improvement of both fasting and postprandial glycemic control by the two-step addition of miglitol and mitiglinide to basal insulin therapy: a pilot study.
    Diabetol Metab Syndr. 6(1):48, Mar 31, 2014. [Epub ahead of print]
  3. Inoue K, Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Goto A, Kishimoto M, Noto H, Kajio H, Doi S, Miyazaki S, Terauchi Y, Noda M.
    A newer conversion equation for the correlation between HbA1c and glycated albumin.
    Endocr J. Mar 28, 2014. [Epub ahead of print]
  4. Imai K, Kishimoto M, Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Ihana N, Ono K, Hachiya R, Inoue K, Goto M, Goto A, Noto H, Kajio H, Noda M.
    Successful treatment of chronic intractable itching using oral pregabalin in a patient with diabetes and systemic prurigo nodularis: a case report of an iliopsoas muscle abscess.
    Intern Med. 52(23):2629-33, 2013.
  5. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Kajio H, Kishimoto M, Noto H, Hachiya R, Kimura A, Kakei M, Noda M.
    Vital signs, QT prolongation, and newly diagnosed cardiovascular disease during severe hypoglycemia in type 1 and type 2 diabetic patients.
    Diabetes Care. 37(1):217-25, Jan, 2014.
  6. Okamoto M, Kishimoto M, Takahashi Y, Osame K, Noto H, Yamamoto-Honda R, Kajio H, Tokuhara M, Edamoto Y, Endo H, Igari T, Kubota K, Noda M.
    A case of malignant insulinoma: successful control of glycemic fluctuation by replacing octreotide injections with octreotide LAR injections.
    Endocr J. 60(8):951-7, 2013.
  7. Noto H, Goto A, Tsujimoto T, Osame K, Noda M.
    Effects of walking on medical cost: A quantitative evaluation by simulation focusing on diabetes.
    J Diabetes Investig. 4(6):667-72, Nov 27, 2013.
  8. Noto H, Goto A, Tsujimoto T, Osame K, Noda M.
    Latest insights into the risk of cancer in diabetes.
    J Diabetes Investig. 4(3):225-232, May 6, 2013.
  9. Nagata N, Sakamoto K, Arai T, Niikura R, Shimbo T, Shinozaki M, Aoki T, Kishida Y, Sekine K, Tanaka S, Okubo H, Watanabe K, Sakurai T, Yokoi C, Akiyama J, Yanase M, Noda M, Itoh T, Mizokami M, Uemura N.
    Visceral abdominal fat measured by computed tomography is associated with an increased risk of colorectal adenoma.
    Int J Cancer. Apr 2, 2014. doi:10.1002/ijc.28872. [Epub ahead of print]
  10. Matsushita Y, Nakagawa T, Shinohara M, Yamamoto S, Takahashi Y, Mizoue T, Yokoyama T, Noda M.
    How can waist circumference predict the body composition?
    Diabetol Metab Syndr. 6(1):11, Jan 29, 2014.
  11. Kishimoto M, Noda M.
    Effects of Exenatide in a Morbidly Obese Patient with Type 2 Diabetes.
    Diabetes Ther. Jan 18, 2014. [Epub ahead of print]
  12. Oba S, Nanri A, Kurotani K, Goto A, Kato M, Mizoue T, Noda M, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Dietary glycemic index, glycemic load and incidence of type 2 diabetes in Japanese men and women: the Japan Public Health Center-based Prospective Study.
    Nutr J. 12(1):165, Dec 27, 2013.
  13. Kabeya Y, Goto A, Kato M, Takahashi Y, Matsushita Y, Inoue M, Mizoue T, Tsugane S, Kadowaki T, Noda M.
    History of having a macrosomic infant and the risk of diabetes: the Japan public health center-based prospective diabetes study.
    PLoS One. 8(12):e84542, Dec 19, 2013.
  14. Ueda S, Oryoji D, Yamamoto K, Noh JY, Okamura K, Noda M, Kashiwase K, Kosuga Y, Sekiya K, Inoue K, Yamada H, Oyamada A, Nishimura Y, Yoshikai Y, Ito K, Sasazuki T.
    Identification of independent susceptible and protective HLA alleles in Japanese autoimmune thyroid disease and their epistasis.
    J Clin Endocrinol Metab. 99(2):E379-83, 2014 Feb.
  15. Ina K, Hayashi T, Araki A, Kawashima S, Sone H, Watanabe H, Ohrui T, Yokote K, Takemoto M, Kubota K, Noda M, Noto H, Ding QF, Zhang J, Yu ZY, Yoon BK, Nomura H, Kuzuya M; Japan CDM Group.
    Importance of high-density lipoprotein cholesterol levels in elderly diabetic individuals with type IIb dyslipidemia: A 2-year survey of cardiovascular events.
    Geriatr Gerontol Int. Nov 12, 2013. doi:10.1111/ggi.12168. [Epub ahead of print]
  16. Goto A, Goto M, Noda M, Tsugane S.
    Correction: Incidence of Type 2 Diabetes in Japan: A Systematic Review and Meta-Analysis.
    PLoS One. 8(10), Oct 21, 2013.
  17. Nanri A, Mizoue T, Poudel-Tandukar K, Noda M, Kato M, Kurotani K, Goto A, Oba S, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Dietary patterns and suicide in Japanese adults: the Japan Public Health Center-based Prospective Study.
    Br J Psychiatry. 203(6):422-7, Dec, 2013.
  18. Yamamoto-Honda R, Ehara H, Kitazato H, Takahashi Y, Kawazu S, Akanuma Y.
    The long-term coronary heart disease risk of previously obese patients with type 2 diabetes mellitus.
    BMC Endocr Disord. 13(1):38, Oct 3, 2013.
  19. Morimoto A, Tatsumi Y, Deura K, Miyamatsu N, Noda M, Watanabe S.
    Impact of impaired insulin secretion and insulin resistance on the incidence of diabetes in a Japanese cohort.
    Reply to Yamauchi K and Aizawa T [letter]. Diabetologia. 56(11):2546-7, Nov, 2013.
  20. Goto A, Goto M, Noda M, Tsugane S.
    Incidence of type 2 diabetes in Japan: a systematic review and meta-analysis.
    PLoS One. 8(9):e74699, Sep 6, 2013.
  21. Noto H, Goto A, Tsujimoto T, Noda M.
    Effect of calcium channel blockers on incidence of diabetes: a meta-analysis.
    Diabetes Metab Syndr Obes. 6:257-61, Jul 26, 2013.
  22. Goto A, Arah OA, Goto M, Terauchi Y, Noda M.
    Severe hypoglycaemia and cardiovascular disease: systematic review and meta-analysis with bias analysis.
    BMJ. 347:f4533, Jul 29, 2013.
  23. Kasuga M, Ueki K, Tajima N, Noda M, Ohashi K, Noto H, Goto A, Ogawa W, Sakai R, Tsugane S, Hamajima N, Nakagama H, Tajima K, Miyazono K, Imai K.
    Report of the Japan Diabetes Society/Japanese Cancer Association Joint Committee on Diabetes and Cancer.
    Cancer Sci. 104(7):965-76, Jul, 2013.
  24. Hamasaki H, Yanai H, Kakei M, Ezaki O, Noda M.
    Non-exercise activity thermogenesis is associated with markers for diabetic microangiopathy in Japanese female patients with type 2 diabetes.
    Int J Cardiol. 168(5):4836-7, Oct 12, 2013.
  25. Goto M, Goto A, Morita A, Deura K, Sasaki S, Aiba N, Shimbo T, Terauchi Y, Miyachi M, Noda M, Watanabe S; Saku Cohort Study Group.
    Low-molecular-weight adiponectin and high-molecularweight adiponectin levels in relation to diabetes.
    Obesity (Silver Spring). 22(2):401-7, Feb, 2014.
  26. Goto A, Morita A, Goto M, Sasaki S, Miyachi M, Aiba N, Kato M, Terauchi Y, Noda M, Watanabe S; Saku Cohort Study Group.
    Validity of diabetes self-reports in the Saku diabetes study.
    J Epidemiol. 23(4):295-300, 2013.
  27. Higashikawa F, Noda M, Awaya T, Tanaka T, Sugiyama M.
    5-aminolevulinic acid, a precursor of heme, reduces both fasting and postprandial glucose levels in mildly hyperglycemic subjects.
    Nutrition. 29(7-8):1030-6, Jul-Aug, 2013.
  28. Hamasaki H, Yanai H, Mishima S, Mineyama T, Yamamoto-Honda R, Kakei M, Ezaki O, Noda M.
    Correlations of non-exercise activity thermogenesis to metabolic parameters in Japanese patients with type 2 diabetes.
    Diabetol Metab Syndr. 5(1):26, May 27, 2013.
  29. Kurotani K, Nanri A, Goto A, Mizoue T, Noda M, Oba S, Kato M, Matsushita Y, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
    Red meat consumption is associated with the risk of type 2 diabetes in men but not in women: a Japan Public Health Center-based Prospective Study.
    Br J Nutr. 110(10):1910-8, Nov, 2013.
  30. Goto M, Morita A, Goto A, Deura K, Sasaki S, Aiba N, Shimbo T, Terauchi Y, Miyachi M, Noda M, Watanabe S; SCOP Study Group.
    Reduction in adiposity, β-cell function, insulin sensitivity, and cardiovascular risk factors: a prospective study among Japanese with obesity.
    PLoS One. 8(3):e57964, 2013.
  31. Noto H, Goto A, Tsujimoto T, Noda M.
    Low-carbohydrate diets and all-cause mortality: a systematic review and meta-analysis of observational studies.
    PLoS One. 8(1):e55030, 2013.
  32. Kishimoto M.
    Teneligliptin: a DPP-4 inhibitor for the treatment of type 2 diabetes.
    Diabetes Metab Syndr Obes. 6:187-95, May 6, 2013.
  33. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R.
    Acarbose vs metformin for new-onset type 2 diabetes.
    Lancet Diabetes Endocrinol. 2(2):104-5, Feb, 2014.
  34. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R.
    Combination pill for cardiovascular disease.
    JAMA. 311(1):92-3, Jan 1, 2014.
  35. Kishimoto M, Noda M.
    A report on diabetes seminars for medical staff: findings from a questionnaire survey.
    Diabetol Int. 4(4):261-265, 2013.
  36. Kishimoto M, Inoue K, Noda M.
    The effect of alogliptin and metformin combination therapy in type 2 diabetes: A pilot study J Endocrinol Metab. 3(4-5):111-118, 2013.

原著論文-和文

  1. 田中 昌一郎(山梨大学 医学部内科学講座第三教室), 大森 正幸, 粟田 卓也, 島田 朗, 村尾 敏, 丸山 太郎, 鴨井 久司, 川崎 英二, 中西 幸二, 永田 正男, 藤井 寿美枝, 池上 博司, 今川 彰久, 内潟 安子, 大久保 実, 大澤 春彦, 梶尾 裕, 川口 章夫, 川畑 由美子, 佐藤 譲, 清水 一紀, 高橋 和眞, 牧野 英一, 岩橋 博見, 三浦 順之助, 安田 和基, 花房 俊昭, 小林 哲郎.
    日本糖尿病学会1型糖尿病調査研究委員会: 緩徐進行1型糖尿病(SPIDDM)の診断基準(2012).
    1型糖尿病調査研究委員会(緩徐進行1型糖尿病分科会)報告, 糖尿病. 56巻8号, Page590-597, 8月, 2013.
  2. 中島 直樹(九州大学病院), 谷澤 幸生, 田嶼 尚子, 野田 光彦, 安田 宜成, 大江 和彦, 須賀 ひとみ.
    臨床学会主導による生活習慣病自己管理のための標準的データ項目セットの策定.
    医療情報学連合大会論文集. 1347-8508, 33回, Page72-75, 11月, 2013.
  3. 後藤 温, 林野 泰明, 泉 和生, 林 伸宇, 鈴木 ひかり, 山崎 勝也, 野田 光彦.
    2型糖尿病患者における禁煙・継続喫煙・非喫煙と体重・HbA1c・血圧・脂質の変化に関する検討.
    糖尿病戦略研究(J-DOIT2-LT):日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 1347-7099, 45回, Page195, 6月, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Miyako Kishimoto, Kaori Inoue, Mitsuhiko Noda.
    Effect of alogliptin and metformin combination therapy: A pilot study Asia-Pacific Diabetes and Obesity Symposium(APDO 2013) Oct.12-13 Poster presentation Tokyo International Forum.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    カルシウム拮抗薬による糖尿病発症予防効果:メタアナリシス.
    第110回日本内科学会. 東京国際フォーラム, 東京, 4月, 2013.
  2. 辻本 哲郎, 本田 律子, 梶尾 裕, 岸本 美也子, 能登 洋, 蜂谷 玲未, 木村 昭夫, 加計 正文, 野田 光彦.
    重症低血糖時の危機的状況と臨床経過.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  3. 井上 かをり, 辻本 哲郎, 本田 律子, 岸本 美也子, 能登 洋, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    グリコアルブミンとHbA1cの関係に影響を与える因子についての探索的検討.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  4. 後藤 温, Onyebuchi A. Arah, 後藤 麻貴, 寺内 康夫, 野田 光彦.
    2型糖尿病における重症低血糖と心血管疾患発生リスク:メタアナリシスと重篤疾患併存を考慮したバイアス分析.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  5. 坂根 直樹, 岡崎 研太郎, 葛谷 英嗣, 小谷 和彦, 佐藤 寿一, 鈴木 貞夫, 森田 智視, 泉 和生, 野田 光彦.
    非対面の電話支援を用いた糖尿病発症予防効果について:クラスター・ランダム化比較試験.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  6. 今井 健二郎, 辻本 哲郎, 本田 律子, 井上 かをり, 能登 洋, 岸本 美也子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    2型糖尿病患者におけるエキセナチドの腹部脂肪への影響の検討.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  7. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    低炭水化物食による総死亡および心血管疾患リスクの検証:メタアナリシス.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  8. 本田 律子, 高橋 義彦, 森 保道, 山下 滋雄, 河津 捷二, 吉田 明子, 下川 耕太郎, 三島 修一, 梶尾 裕, 北里 博仁, 野田 光彦.
    糖尿病患者のデータ収集と分析.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  9. 野田 光彦.
    アジアにおける糖尿病の予防と治療 (Strategies for prevention and treatment of diabetes in Asia) Strategies to prevent diabetes and the treatment algorithm for type 2 diabetes mellitus (T2DM) in Japan(シンポジウムS7-3).
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  10. 能登 洋.
    アジアにおける糖尿病の予防と治療 (Strategies for prevention and treatment of diabetes in Asia) Supplementary comment: Standard diabetes manual for general practitioners: a proposed approach from the National Center for Global Health and Medicine in Japan. (シンポジウムS7-4) .
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  11. 鏑木 康志, 山下 亮, 本田 綾香, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    蛍光ディファレンシャル二次元電気泳動による糖尿病腎症患者尿のプロテオーム解析.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  12. 井花 庸子, 辻本 哲郎, 本田 律子, 岸本 美也子, 能登 洋, 梶尾 裕, 加計 正文, 野田 光彦.
    2型糖尿病患者における持効型溶解インスリン製剤と食後血糖降下薬の併用による治療効果の検討.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  13. 若林 沙矢香, 池田 奈帆子, 本田 律子, 井花 庸子, 財部 大輔, 佐藤 淳至, 佐藤 亮介, 能登 洋, 岸本 美也子, 梶尾 裕, 安田 和基, 野田 光彦.
    型糖尿病患者で急性骨髄性白血病(M6)を合併し, 大量のインスリンを必要とした一例.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  14. 外池 美恵, 井上 かをり, 岸本 美也子, 能登 洋, 本田 律子, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    持続血糖モニタリングを用いて血糖管理を行った妊娠糖尿病その評価と多様性.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  15. 野田 光彦.
    糖尿病ミニマム項目セットの策定と今後の展望―近接疾患領域への概念的広がりを含めて(シンポジウムS13-2).
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  16. 野田 光彦, 後藤 温, 能登 洋.
    糖尿病と癌―日本糖尿病学会・日本癌学会合同委員会による提言を中心に(シンポジウムS19-1).
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  17. 坂根 直樹, 岡崎 研太郎, 葛谷 英嗣, 小谷 和彦, 佐藤 寿一, 鈴木 貞夫, 森田 智視, 泉 和生, 野田 光彦.
    非対面の電話支援を用いた糖尿病発症予防効果について クラスター・ランダム化比較試験.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  18. 後藤 温, Arah Onyebuchi A. 後藤 麻貴, 寺内 康夫, 野田 光彦.
    2型糖尿病における重症低血糖と心血管疾患発生リスク メタアナリシスと重篤疾患併存を考慮したバイアス分析.
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  19. 花房 俊昭, 今川 彰久, 池上 博司, 大澤 春彦, 川崎 英二, 粟田 卓也, 高橋 和眞, 小林 哲郎, 安田 和基, 梶尾 裕, 春日 雅人.
    日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(第1報)(会議録).
    第56回糖尿病学会年次学術集会. 熊本, 5月, 2013.
  20. 比嘉 並誠, 阿部 恵里, 野元 静香, 金森 功次, 大阿久 愛, 栗田 裕美, 曽部 知恵, 田中 寛, 佐藤 ソメヨ, 舘野 直道, 石井 光子, 太田 勝子, 日野原 千速, 三原 史規, 岸本 美也子, 萩原 將太郎, 河内 正治.
    NST専門療法士実地修練研修生受け入れ実績について.
    第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会. 横浜, 2月, 2014.
  21. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    糖質制限食に伴う糖尿病発症リスクの検証 メタアナリシス.
    第48回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会. 東京, 1月, 2014.
  22. 松下 由実, 中川 徹, 山本 修一郎, 高橋 義彦, 横山 徹爾, 野田 光彦.
    アディポネクチンおよび内臓脂肪と心血管リスクファクターの関連.
    第34回日本肥満学会. 東京, 10月, 2013.
  23. 後藤 温, 森田 明美, 後藤 麻貴, 寺内 康夫, 野田 光彦.
    インスリン感受性及びβ細胞機能における身体活動の意義に関するランダム化比較試験.
    第34回日本肥満学会. 東京, 10月, 2013.
  24. 野田 光彦, 林野 泰明, 小川 弘美, 峯山 智佳, 加藤 温, 伊藤 弘人.
    糖尿病に併存するうつを見落とさないために 包括的なうつ管理のためのプログラム 導入編.
    第28回糖尿病合併症学会. 旭川, 9月, 2013.
  25. 後藤 温, 林野 泰明, 泉 和生, 林 伸宇, 鈴木 ひかり, 山崎 勝也, 野田 光彦.
    2型糖尿病患者における禁煙後の体重・HbA1c・血圧・脂質の変化に関する検討 糖尿病戦略研究(J-DOIT2-LT).
    第49回日本循環器病予防学会・日本循環器管理研究協議会総会. 金沢, 6月, 2013.

著書・総説

総説-和文

  1. 能登 洋.
    【糖尿病の臨床研究をどう紐解くか−批判的吟味を実臨床へつなぐ−】 システマティックレビュー・メタアナリシスを紐解く "Cancer Risk in Diabetic Patients Treated with Metformin:A Systematic Review and Meta-analysis" を題材に.
    プラクティス. 0289-4947, 31巻2号, Page201- 204, 3月, 2014.
  2. 能登 洋.
    【再考!糖尿病治療 最新エビデンスから治療のあり方を考える】エビデンスから読み解く糖尿病治療薬の留意点 糖尿病治療薬と癌.
    薬局. 0044-0035, 65巻1号, Page85-91, 1月, 2014.
  3. 能登 洋.
    【経口糖尿病治療薬-どのような患者にどのように使うと上手くいくのだろうか】 エビデンスからみた2型糖尿病の経口薬治療.
    糖尿病診療マスター. 1347-8176, 12巻2号, Page148-155, 3月, 2014.
  4. 能登 洋.
    【患者指導にうまく使おう!糖質制限、カーボカウントと糖尿病の食事療法−新しい食品交換表の使いかた−】 糖質制限.
    Nutrition Care. 1882-3343, 7巻1号, Page10-13, 1月, 2014.
  5. 能登 洋.
    【糖尿病治療のパラダイムシフト】 糖尿病とがん.
    内科. 0022-1961, 113巻1号, Page107-112, 1月, 2014.
  6. 能登 洋, 野田 光彦.
    【糖尿病治療のパラダイムシフト】 日本人2型糖尿病における薬物療法の進め方.
    内科. 0022-1961, 113巻1号, Page17-22, 1月, 2014.
  7. 能登 洋.
    【食後高血糖改善薬による糖尿病治療】 食後高血糖改善薬の代表的エビデンスの解釈と注意点.
    月刊糖尿病. 5巻12号, Page25-31, 12月, 2013.
  8. 能登 洋.
    長期の糖質制限食についてのエビデンス.
    Diabetes Journal: 糖尿病と代謝. 0303-6057, 41巻3号, Page135-136, 9月, 2013.
  9. 後藤 温, 能登 洋, 後藤 麻貴, 野田 光彦.
    糖尿病と癌 日本糖尿病学会と日本癌学会合同委員会による提言を中心に.
    プラクティス. 0289-4947, 30巻5号, Page609-615, 9月, 2013.
  10. 能登 洋.
    【情報リテラシー エビデンスを「使う」技術】 ピットフォール!臨床研究のココに注意!外国人の臨床試験結果を日本人に使う.
    薬局. 0044-0035, 64巻8号, Page2339-2342, 7月, 2013.
  11. 能登 洋.
    エビデンスの読み方・使い方 EBMの実践と教育.
    日本病院総合診療医学会雑誌. 2185-8136, 4巻2号 Page15-19, 6月, 2013.
  12. 辻本 哲郎, 後藤 温, 野田 光彦.
    【血糖コントロール目標と低血糖−血糖値をどこまで・どのように低下させるべきか?−】 糖尿病患者における重症低血糖.
    プラクティス. 0289-4947, 31巻1号 Page51-59, 1月, 2014.
  13. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    特集 糖尿病と関連する内科疾患:診断と治療の進歩. トピックス: I.病態解明・診断・治療;6. がん.
    日本内科学会雑誌. 102(4):869-74, 4月, 2013.
  14. 峯山 智佳, 野田 光彦.
    【糖尿病コンサルテーションブック】 精神科.
    プラクティス. 0289-4947, 別冊糖尿病コンサルテーションブック, Page123-132, 3月, 2014.
  15. 峯山 智佳, 野田 光彦.
    高齢者医療とうつ.
    糖尿病とうつ:日本老年医学会雑誌. 0300-9173, 50巻6号, Page744-747, 11月, 2013.
  16. 後藤 温, 加藤 昌之, 後藤 麻貴, 野田 光彦.
    【糖尿病と国家規模のスキーム−わが国の糖尿病対策はどこへ向かうのか−】 健康日本21の総括と健康日本21(第2次)の方向性 糖尿病領域を中心に.
    プラクティス. 0289-4947, 30巻6号, Page702-706, 11月, 2013.
  17. 植木 浩二郎, Cukierman-Yaffe Tali, 野田 光彦.
    糖尿病と認知機能障害 最新の知見からみる現状と課題.
    Diabetes Horizons: Practice and Progress. 2187-3909, 2巻4号, Page161-168, 10月, 2013.
  18. 後藤 温, 加藤 昌之, 後藤 麻貴, 野田 光彦.
    【糖尿病は増加しているのか−わが国の現状と予防のエビデンス−】 糖尿病の増加を抑制するために 施策とエビデンス 健康日本21(第2次)への期待 糖尿病の視点から(解説/特集).
    月刊糖尿病. 5巻10号, Page62-65, 10月, 2013.
  19. 山本 万友美, 野田 光彦.
    【糖尿病は増加しているのか−わが国の現状と予防のエビデンス−】 糖尿病を取り巻く状況 世界の糖尿病の趨勢(解説/特集).
    月刊糖尿病. 5巻10号, Page22-27, 10月, 2013.
  20. 野田 光彦, 中神 朋子, 森 保道.
    【糖尿病−深化する疾患コンセプト】 糖尿病診療のリアルワールド(座談会/特集).
    カレントテラピー. 0287-8445, 31巻9号, Page982-989, 9月, 2013.
  21. 峯山 智佳, 野田 光彦.
    【「精神疾患地域連携クリティカルパス」】 糖尿病と精神疾患に関する地域連携の構築と問題点.
    日本社会精神医学会雑誌. 0919-1372, 22巻2号, Page138-146, 5月, 2013.
  22. 野田 光彦, 浅原 哲子, 加藤 雅彦, 村瀬 孝司.
    経口糖尿病薬のパラダイムシフト DPP-4阻害薬の広がる選択肢(座談会).
    プラクティス. 0289-4947, 30巻3号, Page250-255, 5月, 2013.

その他