メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 糖尿病内分泌代謝科 > 研究実績・活動実績 > 2014年度発表論文等一覧

2014年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Kishimoto M, Noda M.
    Verification of glycemic profiles using continuous glucose monitoring: cases with steroid use, liver cirrhosis, enteral nutrition, or late dumping syndrome.
    J Med Invest. 62(1- 2):1-10, 2015.
  2. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R.
    Effects of intensive glycaemic control on ischaemic heart disease.
    Lancet. 385(9974):1180, 2015.
  3. Kishimoto M, Noda M.
    Additive effects of miglitol and anagliptin on insulin-treated type 2 diabetes mellitus: a case study.
    Clin Drug Invest. 35(2):141-7, 2015.
  4. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Kajio H, Kishimoto M, Noto H, Hachiya R, Kimura A, Kakei M, Noda M.
    Seasonal variations of severe hypoglycemia in patients with type 1 diabetes mellitus, type 2 diabetes mellitus, and non-diabetes mellitus: clinical analysis of 578 hypoglycemia cases.
    Medicine (Baltimore). 93(23):e148, 2014.
  5. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R.
    Effectiveness of combination therapy with statin and another lipid-modifying agent compared with intensified statin monotherapy.
    Ann Intern Med. 161(9):678-9, 2014.
  6. Kishimoto M, Noda M.
    The factors that limit activities of certified diabetes educators in Japan: a questionnaire survey.
    Springerplus. 17;3:611, 2014.
  7. Imai K, Tsujimoto T, Goto A, Goto M, Kishimoto M, Yamamoto-Honda R, Noto H, Kajio H, Noda M.
    Prediction of response to GLP-1 receptor agonist therapy in Japanese patients with type 2 diabetes.
    Diabetol Metab Syndr. 6(1):110, 2014.
  8. Takahashi N, Tsujimoto T, Kajio H.
    Comment on Kramer et al. Glucagon response to oral glucose challenge in type 1 diabetes: lack of impact of euglycemia. Diabetes Care 2014;37:1076-1082.
    Diabetes Care. 37(10):e224, 2014.
  9. Kishimoto M, Noda M.
    The difficulties of interprofessional teamwork in diabetes care: a questionnaire survey.
    J Multidiscip Healthc. 7:333-9, 2014.
  10. Sugiyama T, Tsugawa Y, Tseng CH, Kobayashi Y, Shapiro MF.
    Different time trends of caloric and fat intake between statin users and nonusers among US adults: gluttony in the time of statins?
    JAMA Intern Med. 174(7):1038-45, 2014.
  11. Inoue K, Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Goto A, Kishimoto M, Noto H, Kajio H, Doi S, Miyazaki S, Terauchi Y, Noda M.
    A newer conversion equation for the correlation between HbA1c and glycated albumin.
    Endocr J. 61(6):553-60, 2014.
  12. Kishimoto M, Noda M.
    Effects of exenatide in a morbidly obese patient with type 2 diabetes.
    Diabetes Ther. 5(1):323-32, 2014.
  13. Hayashi T, Kubota K, Kawashima S, Sone H, Watanabe H, Ohrui T, Yokote K, Takemoto M, Araki A, Noda M, Noto H, Sakuma I, Yoshizumi M, Ina K, Nomura H, Japan CDM group.
    Efficacy of HMG-CoA reductase inhibitors in the prevention of cerebrovascular attack in 1016 patients older than 75 years among 4014 type 2 diabetic individuals.
    Int J Cardiol. 177(3):860-6, 2014.
  14. Tatsumi Y, Morimoto A, Miyamatsu N, Noda M, Ohno Y, Deura K.
    Effect of body mass index on insulin secretion or sensitivity and diabetes.
    Am J Prev Med. 48(2):128-35, 2015.
  15. Hashimoto S, Kubota N, Sato H, Sasaki M, Takamoto I, Kubota T, Nakaya K, Noda M, Ueki K, Kadowaki T.
    Insulin receptor substrate-2 (Irs2) in endothelial cells plays a crucial role in insulin secretion.
    Diabetes. 64(3):876-86, 2015.
  16. Morimoto A, Tatsumi Y, Soyano F, Miyamatsu N, Sonoda N, Godai K, Ohno Y, Noda M, Deura K.
    Increase in homeostasis model assessment of insulin resistance (HOMA-IR) had a strong impact on the development of type 2 diabetes in Japanese individuals with impaired insulin secretion: the Saku study.
    PLoS One. 9(8):e105827, 2014.
  17. Yamamoto S, Matsushita Y, Nakagawa T, Hayashi T, Noda M, Mizoue T.
    Circulating adiponectin levels and risk of type 2 diabetes in the Japanese.
    Nutr Diabetes. 4:e130, 2014.
  18. Hidaka A, Sasazuki S, Goto A, Sawada N, Shimazu T, Yamaji T, Iwasaki M, Inoue M, Noda M, Tajiri H, Tsugane S, JPHC Study Group.
    Plasma insulin, C-peptide and blood glucose and the risk of gastric cancer: the Japan Public Health Center-based prospective study.
    Int J Cancer. 136(6):1402-10, 2015.
  19. Kabeya Y, Kato M, Isogawa A, Takahashi Y, Matsushita Y, Goto A, Iso H, Inoue M, Mizoue T, Tsugane S, Kadowaki T, Noda M.
    Descriptive epidemiology of diabetes prevalence and HbA1c distributions based on a self-reported questionnaire and a health checkup in the JPHC diabetes study.
    J Epidemiol. 24(6):460-8, 2014.
  20. Akiyama K, Takeuchi F, Isono M, Chakrawarthy S, Nguyen QN, Wen W, Yamamoto K, Katsuya T, Kasturiratne A, Pham ST, Zheng W, Matsushita Y, Kishimoto M, Do LD, Shu XO, Wickremasinghe AR, Kajio H, Kato N.
    Systematic fine-mapping of association with BMI and type 2 diabetes at the FTO locus by integrating results from multiple ethnic groups.
    PLoS One. 9(6):e101329, 2014.
  21. Yamamoto-Honda R, Takahashi Y, Yamashita S, Mori M, Yanai H, Mishima S, Kajio H, Handa N, Shimokawa K, Yoshida A, Kitazato H, Shimbo T, Kawazu S, Noda M.
    Constructing the National Center Diabetes Database.
    Diabetol Int DOI 10.1007/s13340-014-0162-2, 2014.

原著論文-和文

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Miyako Kishimoto, Kaori Inoue, Mitsuhiko Noda.
    Effect of alogliptin and metformin combination therapy: A pilot study Asia-Pacific Diabetes and Obesity Symposium.
    APDO 2013. Poster presentation Tokyo International Forum. Oct 12-13.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 中島 直樹, 野田 光彦, 林 道夫, 藤田 昭, 田嶼 尚子, 岡田 美保子, 谷澤 幸生.
    広がる糖尿病学と医療情報学のハーモニー.
    第34回医療情報学連合大会. 千葉, 11月, 2014.
  2. 野田 光彦.
    2型糖尿病の経口薬療法 DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬を含めて.
    第68回国立病院総合医学会. 横浜, 11月, 2014.
  3. 野田 光彦.
    メタアナリシスの結果は信じてよいか メタアナリシスをどう読むか 臨床の立場から.
    第35回日本臨床薬理学会学術総会. 松山, 12月, 2014.
  4. 津崎 こころ, 坂根 直樹, 小谷 和彦, 岡崎 研太郎, 佐藤 寿一, 鈴木 貞夫, 森田 智視, 泉 和生, 野田 光彦, 葛谷 英嗣.
    健診で空腹時血糖異常を示した交代勤務男性への電話支援による生活習慣介入効果J-DOIT1サブ解析.
    第35回日本肥満学会. 宮崎, 10月, 2014.
  5. 酒井 直, 加藤 昌之, 川口 里江子, 中山 桂司, 中村 勉, 里村 盟, 須賀 洋, 加計 正文, 野田 光彦, 金澤 康徳, 松本 雅彦.
    特定健診受診者における耐糖能異常群における尿蛋白の心血管危険因子としての傾向と特徴.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  6. 林 伸宇, 後藤 温, 林野 泰明, 泉 和生, 鈴木 ひかり, 山崎 勝也, 野田 光彦.
    日本人2型糖尿病における行動変容ステージとHbA1c変化量の関係 糖尿病予防のための戦略研究J-DOIT2大規模研究.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  7. 柴 輝男, 伊藤 千賀子, 山崎 力, 岸本 淳司, 野田 光彦, 寺内 康夫, 小田原 雅人, 北里 博仁, 前村 浩二, 戸邉 一之, 岩本 安彦, 赤沼 安夫, 門脇 孝.
    女性の耐糖能異常者に対するピタバスタチンの糖尿病発症抑制効果(J-PREDICTサブ解析).
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  8. 小田原 雅人, 山崎 力, 岸本 淳司, 伊藤 千賀子, 野田 光彦, 寺内 康夫, 柴 輝男, 北里 博仁, 前村 浩二, 戸邉 一之, 岩本 安彦, 赤沼 安夫, 門脇 孝.
    日本人耐糖能異常者の糖尿病発症に対するピタバスタチンの影響(J-PREDICT)多施設オープンラベル無作為化比較試験.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  9. 坂根 直樹, 岡崎 研太郎, 小谷 和彦, 佐藤 寿一, 鈴木 貞夫, 森田 智視, 泉 和生, 野田 光彦, 葛谷 英嗣.
    非対面の電話支援による糖尿病発症予防 糖尿病予防の戦略研究J-DOIT1.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  10. 今井 健二郎, 辻本 哲郎, 後藤 温, 後藤 麻貴, 岸本 美也子, 本田 律子, 能登 洋, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬導入後の治療効果不良を予測する因子の検討.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  11. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    低炭水化物食に伴う2型糖尿病発症リスクの検証 メタアナリシス.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  12. 野田 光彦.
    日本人糖尿病大規模臨床研究からのメッセージ これまでのまとめと将来展望 糖尿病の戦略研究J-DOIT2 経過と結果の概要.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  13. 林 登志雄, 能登 洋, 竹本 稔, 荒木 厚, 伊奈 孝一郎, 横手 幸太郎, 野田 光彦.
    地域連携の夢と実践 糖尿病地域医療連携の実際 糖尿病専門医実態調査から.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  14. 辻本 哲郎, 木村 昭夫, 野田 光彦.
    糖尿病診療と低血糖 実臨床とその対策 重症低血糖糖尿病症例における心血管リスク 1型、2型で違いはあるか、当院救急カルテの悉皆調査から.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  15. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    メタアナリシスによる低炭水化物食に伴う2型糖尿病発症リスクの検証.
    第87回日本内分泌学会学術総会. 福岡, 4月, 2014.
  16. 能登 洋, 後藤 温, 辻本 哲郎, 野田 光彦.
    糖質制限食に伴う糖尿病発症リスクの検証 メタアナリシス.
    第113回日本内科学会総会. 東京, 4月, 2014.
  17. 岩間 健太郎, 若林 沙矢香, 辻本 哲郎, 能登 洋, 岸本 美也子, 本田 律子, 梶尾 裕.
    劇症1型糖尿病に伴う糖尿病ケトアシドーシスに非閉塞性腸管虚血を合併した1例.
    日本内科学会関東地方会. 東京, 12月, 2014.
  18. 本田 律子, 高橋 義彦, 森 保道, 山下 滋雄, 梶尾 裕, 三島 修一, 柳内 秀勝, 宣弘, 吉田 明子, 下川 耕太郎, 北里 博仁, 河津 捷二, 野田 光彦.
    糖尿病患者のデータ収集と分析(第2報).
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  19. 仲村 朋香, 辻本 哲郎, 杉山 雄大, 丹野 優希, 岸本 美也子, 能登 洋, 本田 律子, 梶尾 裕.
    足白癬を合併した2型糖尿病患者の臨床的特徴についての検討.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  20. 梶尾 裕, 中條 大輔, 安田 和基, 春日 雅人, 花房 俊昭, 今川 彰久, 池上 博司, 大澤 春彦, 川崎 英二, 粟田 卓也, 高橋 和眞, 小林 哲郎, 島田 朗, 安田 尚史.
    日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(TIDE-J)(第2報).
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.
  21. 今井 健二郎, 辻本 哲郎, 後藤 温, 後藤 麻貴, 岸本 美也子, 本田 律子, 能登 洋, 梶尾 裕, 野田 光彦.
    2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬導入後の治療効果不良を予測する因子の検討.
    第57回日本糖尿病学会年次学術集会. 大阪, 5月, 2014.

著書・総説

総説-和文

  1. 峯山 智佳, 野田 光彦.
    糖尿病とうつ 今どこまで理解は進んでいるのか.
    日本体質医学会雑誌. 77(1):21-26, 2015.
  2. 泉 和生, 野田 光彦.
    糖尿病とチーム医療】 糖尿病治療の中断を減らすために.
    Diabetes Frontier. 25(6):709-718, 2014.
  3. 辻本 哲郎, 後藤 温, 野田 光彦.
    【糖尿病強化療法-低血糖を巡る諸問題】実臨床における重症低血糖とそのリスク 重症低血糖症例における心血管リスク.
    Diabetes Frontier. 25(4):414-420, 2014.
  4. 加藤 昌之, 野田 光彦.
    誌上ディベート コーヒーの是非 コーヒーを飲む.
    アンチ・エイジング医学. 10(4):550-555, 2014.
  5. 峯山 智佳, 野田 光彦.
    【生体リズムの基礎と臨床】糖尿病と季節性.
    睡眠医療. 8(2):219-224, 2014.
  6. 峯山 智佳, 野田 光彦.
    糖尿病とうつ病.
    Depression Strategy. 4(2):13-16, 2014.
  7. 峯山 智佳, 野田 光彦.
    【糖尿病と精神疾患】糖尿病と精神疾患の疫学.
    Diabetes Frontier. 25(3号):261-268, 2014.
  8. 伊藤 弘人, 野田 光彦.
    【糖尿病と精神疾患】糖尿病とうつ病 国家施策と地域医療連携の視点から.
    Diabetes Frontier. 25(3):256-260, 2014.
  9. 能登 洋, 後藤 温, 野田 光彦.
    【DPP-4阻害薬登場後の糖尿病治療の変化】癌と糖尿病.
    カレントテラピー. 32(4):341-345, 2014.
  10. 杉山 雄大, 梶尾 裕, 春日 雅人.
    欧米での糖尿病対策の現況.
    Diabetes Frontier. 26(1):13-18, 2015.
  11. 梶尾 裕.
    【最新肥満症学-基礎・臨床研究の最前線-】肥満症の予防・治療 運動療法 NEAT(非運動性活動熱産生).
    日本臨床. 72(増刊4) 最新肥満症学, Page453-458, 2014.

その他