メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 糖尿病内分泌代謝科 > 研究実績・活動実績 > 2016年度発表論文等一覧

2016年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Tsujimoto T, Kajio H, Sugiyama T.
    Association between hyperinsulinemia and increased risk of cancer death in non-obese and obese people: A population-based observational study.
    Int J Cancer. 141(1):102-111, Jul 1, 2017.
  2. Takahashi N, Tsujimoto T, Chujo D, Kajio H.
    High Risk of Renal Dysfunction in Patients with Fulminant Type 1 Diabetes.
    J Diabetes Investig. Mar 7, 2017.
  3. Ihana-Sugiyama N, Yamamoto-Honda R, Sugiyama T, Tsujimoto T, Kakei M, Noda M.
    Cross-Over Study Comparing Postprandial Glycemic Increase After Addition of a Fixed-Dose Mitiglinide/Voglibose Combination or a Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitor to Basal Insulin Therapy in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.
    Med Sci Monit Basic Res. 23:36-44, Feb 28, 2017.
  4. Tsujimoto T, Sugiyama T, Kajio H.
    Effects of β-blockers on all-cause mortality in patients with type 2 diabetes and coronary heart disease.
    Diabetes Obes Metab. Jan 17, 2017.
  5. Tsujimoto T.
    Reply to the letter: "Sweet taste disorder and vascular complications in patients with abnormal glucose tolerance".
    Int J Cardiol. 229:37, Feb 15, 2017.
  6. Tsujimoto T, Kajio H, Sugiyama T.
    Risks for Cardiovascular and Cardiac Deaths in Nonobese Patients With Diabetes and Coronary Heart Disease.
    Mayo Clin Proc. 91(11):1545-1554, Nov, 2016.
  7. Takahashi N, Tsujimoto T, Inoue K, Kishimoto M, Kajio H.
    Improvement of glycemic control without severe hypoglycemia in a type 1 diabetes patient undergoing hemodialysis after a change from insulin glargine to insulin degludec.
    J Diabetes Investig. 7(5):805-6, Sep, 2016.
  8. Tsujimoto T, Kajio H, Sugiyama T.
    Obesity, diabetes, and length of time in the United States: Analysis of National Health and Nutrition Examination Survey 1999 to 2012.
    Medicine (Baltimore). 95(35):e4578, Aug, 2016.
  9. Tsujimoto T, Sugiyama T, Yamamoto-Honda R, Kishimoto M, Noto H, Morooka M, Kubota K, Kamimura M, Hara H, Kajio H, Kakei M, Noda M.
    Beneficial effects through aggressive coronary screening for type 2 diabetes patients with advanced vascular complications.
    Medicine (Baltimore). 95(33):e4307, Aug, 2016.
  10. Tsujimoto T, Sugiyama T, Noda M, Kajio H.
    Intensive Glycemic Therapy in Patients With Type 2 Diabetes on β-Blockers.
    Diabetes Care. 39(10):1818-26, Oct, 2016.
  11. Yamaguchi BM, Imagawa A, Iwahashi H, Shimomura I, Awata T, Ikegami H, Uchigata Y, Osawa H, Kajio H, Kawasaki E, Kawabata Y, Shimada A, Takahashi K, Tanaka S, Yasuda K, Yasuda H, Kobayashi T, Hanafusa T.
    Risk factors for sudden death and cardiac arrest at the onset of fulminant type 1 diabetes mellitus.
    Diabetology International. 2190-1678 , Volume 7, Issue 3, pp 281–288, Sep, 2016.
  12. Tsujimoto T, Imai K, Kanda S, Kakei M, Kajio H, Sugiyama T.
    Sweet taste disorder and vascular complications in patients with abnormal glucose tolerance.
    Int J Cardiol. 221:637-41, Oct 15, 2016.
  13. Tsujimoto T, Yamamoto-Honda R, Kajio H, Kishimoto M, Noto H, Hachiya R, Kimura A, Kakei M, Noda M.
    Accelerated decline of renal function in type 2 diabetes following severe hypoglycemia.
    J Diabetes Complications. 30(4):681-5, May-Jun, 2016.
  14. Kikuchi T, Chujo D, Takahashi K, Takahashi N, Tanno Y, Tonoike M, Ihana N, Tsujimoto T, Tanabe A, Kajio H.
    A case of insulinoma presenting with reactive hypoglycemia: evaluating the effect of tumor resection via continuous glucose monitoring.
    Intern Med. 2017, in press.
  15. Miyakawa M, Shimizu T, Van Dat N, Thanh P, Thuy PT, Anh NT, Chau NH, Matsushita Y, Kajio H, Mai VQ, Hachiya M.
    Prevalence, perception and factors associated with diabetes mellitus among the adult population in central Vietnam: a population-based, cross-sectional seroepidemiological survey.
    BMC Public Health. 17(1):298, Apr 5, 2017.
  16. Yamamoto-Honda R, Takahashi Y, Mori Y, Yamashita S, Yoshida Y, Kawazu S, Iwamoto Y, Kajio H, Yanai H, Mishima S, Handa N, Shimokawa K, Yoshida A, Watanabe H, Ohe K, Shimbo T, Noda M.
    A positive family history of hypertension might be associated with an accelerated onset of type 2 diabetes: Results from the National Center Diabetes Database (NCDD-02).
    Endocr J. Mar 18, 2017.
  17. Nitta H, Katagiri S, Nagasawa T, Izumi Y, Ishikawa I, Izumiyama H, Uchimura I, Kanazawa M, Chiba H, Matsuo A, Utsunomiya K, Tanabe H, Takei I, Asanami S, Kajio H, Ono T, Hayashi Y, Ueki K, Tsuji M, Kurachi Y, Yamanouchi T, Ichinokawa Y, Inokuchi T, Fukui A, Miyazaki S, Miyauchi T, Kawahara R, Ogiuchi H, Yoshioka N, Negishi J, Mori M, Mogi K, Saito Y, Tanzawa H, Nishikawa T, Takada N, Nanjo K, Morita N, Nakamura N, Kanamura N, Makino H, Nishimura F, Kobayashi K, Higuchi Y, Sakata T, Yanagisawa S, Tei C, Ando Y, Hanada N, Inoue S.
    The number of microvascular complications is associated with an increased risk for severity of periodontitis in type 2 diabetes patients: Results of a multicenter hospital-based cross-sectional study.
    J Diabetes Investig. Jan 27, 2017.
  18. Ueki K, Sasako T, Kato M, Okazaki Y, Okahata S, Katsuyama H, Haraguchi M, Morita A, Ohashi K, Hara K, Morise A, Izumi K, Ohashi Y, Noda M, Kadowaki T, J-DOIT3 Study Group.
    Design of and rationale for the Japan Diabetes Optimal Integrated Treatment study for 3 major risk factors of cardiovascular diseases (J-DOIT3): a multicenter, open-label, randomized, parallel-group trial.
    BMJ Open Diabetes Res Care. 4(1):e000123, 2016.
  19. Goto A, Noto H, Noda M, Ueki K, Kasuga M, Tajima N, Ohashi K, Sakai R, Tsugane S, Hamajima N, Tajima K, Imai K, Nakagama H.
    Report of the Japan diabetes society/Japanese cancer association joint committee on diabetes and cancer, Second report.
    Cancer Sci. 107(3):369-71, 2016.
  20. Araki E, Haneda M, Kasuga M, Nishikawa T, Kondo T, Ueki K, Kadowaki T.
    New glycemic targets for patients with diabetes from the Japan Diabetes Society.
    J Diabetes Investig. 8(1):123-125, Jan, 2017.
  21. Nakamura J, Kamiya H, Haneda M, Inagaki N, Tanizawa Y, Araki E, Ueki K, Nakayama T.
    Causes of death in Japanese patients with diabetes based on the results of a survey of 45, 708 cases during 2001-2010: Report of the Committee on Causes of Death in Diabetes Mellitus.
    J Diabetes Investig. 8(3):397-410, May, 2017.

原著論文-和文

  1. 中村 二郎, 神谷 英紀, 羽田 勝計, 稲垣 暢也, 谷澤 幸生, 荒木 栄一, 植木 浩二郎, 中山 健夫.
    糖尿病の死因に関する委員会報告. アンケート調査による日本人糖尿病の死因2001~2010年の10年間、45,708名での検討.
    糖尿病. 59(9):667-684, 9月, 2016.
  2. 成瀬 光栄, 西川 哲男, 柳瀬 敏彦, 柴田 洋孝, 一城 貴政, 大月 道夫, 大村 昌夫, 沖 隆, 方波見 卓行, 神出 計, 佐藤 文俊, 相馬 正義, 曽根 正勝, 高橋 克敏, 武田 仁勇, 田中 知明, 田辺 晶代, 橋本 重厚, 吉本 貴宣, 米田 隆, 和田 典男, 猿田 享男, 平田 結喜緒, 島本 和明, 宮森 勇, 高柳 涼一, Young Jr. William F, 斎藤 能彦, 楽木 宏実, 田村 功一, 松田 公志, 桑鶴 良平, 森 壽生, 宮崎 康, 加藤 規弘, 新保 卓郎, 一般社団法人日本内分泌学会, 日本内分泌外科学会, 特定非営利活動法人日本高血圧学会, 『原発性アルドステロン症ガイドライン実施の実態調査と普及に向けた標準化に関する検討』委員会.
    わが国の原発性アルドステロン症の診療に関するコンセンサス・ステートメント.
    日本内分泌学会雑誌. (0029-0661)92巻, Suppl. Page ii-49, 9月, 2016.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Ueki K.
    Comprehensive management of type 2 diabetes for the prevention of cardiovascular disease (Lecture).
    10th APSAVD Congress , Tokyo, Japan, Jul, 2016.
  2. Ueki K.
    Biology update in the field of sarcopenia and frailty Moderators (Symposium).
    2nd Asian Conference for Frailty and Sarcopenia .Nagoya, Japan, Nov, 2016.
  3. Ueki K.
    Effects of the comprehensive cardiovascular risk management on the prevention of diabetic complications in Japan.
    第5回織田記念国際シンポジウム. Tokyo, Japan, Nov, 2016.
  4. Kajio H.
    A large scale diabetes registry directly linked with electronic health record.
    第5回織田記念国際シンポジウム. Tokyo, Japan, Nov, 2016.
  5. Tanabe A, Miyahara M, Nagata K, Okamoto K, Itazawa T, Kajio H.
    Malignant paraganglioma with a brain metastasis treated by stereotactic radiosurgery.
    The Endocrine Society's 98th Annual Meeting, Boston, USA, 2016

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 辻本 哲郎, 本田 律子, 梶尾 裕, 中條 大輔, 田辺 晶代, 岸本 美也子, 能登 洋, 園田 玲未, 木村 昭夫, 加計 正文, 野田 光彦.
    糖尿病患者における重症低血糖に対するβ遮断薬の有効性.
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 京都, 5月, 2016.
  2. 高橋 信行, 中條 大輔, 船戸有未, 丸山浩司, 辻本 哲郎, 田辺 晶代, 大杉 満, 植木 浩二郎, 梶尾 裕.
    発症6ヶ月で膵α細胞機能の著明な低下を呈した劇症1型糖尿病の1例.
    第631回日本内科学会関東地方会. 東京, 3月, 2017.
  3. 高橋 信行, 中條 大輔, 辻本 哲郎, 大杉 満, 田辺 晶代, 植木 浩二郎, 春日 雅人, 梶尾 裕.
    インスリンデグルデクの分割投与により血糖コントロールが改善した1型糖尿病の1例.
    第54回日本糖尿病学会関東甲信越地方会. 横浜, 1月, 2017.
  4. 丸山浩司, 中條 大輔, 安田 和基, 松下 真弥, 高橋 信行, 大杉 満, 田辺 晶代, 植木 浩二郎, 梶尾 裕.
    家族歴濃厚で著明なインスリン抵抗性を呈した若年発症糖尿病の1例.
    第54回日本糖尿病学会関東甲信越地方会. 横浜, 1月, 2017.
  5. 松下 真弥, 田辺 晶代, 菊地 智彦, 大杉 満, 田辺 晶代, 植木 浩二郎, 中條 大輔, 梶尾 裕.
    コルチゾール産生副腎皮質癌により血糖コントロール増悪を来した1例.
    第54回日本糖尿病学会関東甲信越地方会. 横浜, 1月, 2017.
  6. 中條 大輔, 川邊 秋津, 高橋 信行, 辻本 哲郎, 堤 千春, 長谷田 文孝, 今川 彰久, 花房 俊昭, 八木 邦公, 霜田 雅之, 植木 浩二郎, 梶尾 裕.
    日本人1型糖尿病の各病型間におけるGAD65特異的CD4陽性T細胞反応の比較.
    第14回1型糖尿病研究会. 鳴門, 11月, 2016.
  7. 高橋 信行, 中條 大輔, 辻本 哲郎, 田辺 晶代, 大杉 満, 植木 浩二郎, 春日 雅人, 梶尾 裕.
    1型糖尿病におけるグルカゴン分泌反応と暁現象および各種臨床指標との関連.
    第14回1型糖尿病研究会. 鳴門, 11月, 2016.
  8. 中條 大輔, 安田 和基, 今川 彰久, 池上 博司, 大澤 春彦, 阿比留 教生, 島田 朗, 長澤 幹, 金重 勝博, 及川 洋一, 安田 尚史, 粟田 卓也, 川﨑 英二, 高橋 和眞, 小林 哲郎, 霜田 雅之, 春日 雅人, 花房 俊昭, 梶尾 裕.
    1型糖尿病における抗GAD抗体測定法間の相関に関する検討(TIDE-J別報).
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会. シンポジウム3, 1型糖尿病の成因と治療, 京都, 5月, 2016.
  9. 外池 美恵, 中條 大輔, 野田 光彦.
    高齢者糖尿病におけるインスリン・リラグルチド併用療法の有効性についての検討.
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 京都, 5月, 2016.
  10. 高橋 一久, 中條 大輔, 菊地 智彦, 高橋 信行, 丹野 優希, 仲村 朋香, 外池 美恵, 井花 庸子, 辻本 哲郎, 田辺 晶代, 梶尾 裕.
    当院におけるSAP(Sensor Augmented Insulin Pump)の使用経験.
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 京都, 5月, 2016.
  11. 梶尾 裕, 中條 大輔, 安田 和基, 霜田 雅之, 春日 雅人, 花房 俊昭, 今川 彰久, 池上 博司, 大澤 春彦, 阿比留 教生, 島田 朗, 長澤 幹, 金重 勝博, 及川 洋一, 安田 尚史, 粟田 卓也, 川崎 英二, 高橋 和眞, 小林 哲郎.
    日本人1型糖尿病の包括的データベースの構築と臨床研究への展開(第4報).
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会. 京都, 5月, 2016.
  12. 高橋 信行, 田辺 晶代, 菊地 智彦, 辻本 哲郎, 中條 大輔, 飯塚 俊彦, 山田大介, 久米 春喜, 笹野 公伸, 春日 雅人, 梶尾 裕.
    腫瘍増大および潜在性コルチゾール過剰分泌が疑われ副腎癌との鑑別に苦慮した副腎海綿状血管腫(疑い)の一例.
    第20回内分泌病理学会. 東京, 9月, 2016.
  13. 高橋 信行, 辻本 哲郎, 菊地 智彦, 高橋 一久, 丹野 優希, 外池 美恵, 井花 庸子, 中條 大輔, 田辺 晶代, 安田 和基, 春日 雅人, 梶尾 裕.
    1型糖尿病症例における空腹時グルカゴン値と臨床的特徴に関する検討.
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 京都, 5月, 2016.
  14. 梶尾 裕.
    J-DREAMSによる新たな医療情報活用時代の実現.
    第16回日本糖尿病情報学会年次学術集会. 9月, 2016.
  15. 松本 道宏, 辻本 哲郎, 梶尾 裕.
    メトホルミンによるビタミンB12欠乏症が疑われた2型糖尿病の1例.
    第630回日本内科学会関東地方会. 東京, 2月, 2017.
  16. 梶尾 裕, 松下 由美, 辻本 哲郎, 岸本 美也子, 原 光彦, Nguyen QA, Dinh TKL, Do VT, Nguyen TTT, Pham TTT.
    ベトナム国ハノイ市の中学生における肥満に対する多面的生活習慣介入の効果に関する研究.
    第37回日本肥満学会. 東京, 10月, 2016.
  17. 田邉 優希, 本田 律子, 能登 洋, 岸本 美也子, 梶尾 裕, 平野 勉, 野田 光彦.
    2型糖尿病患者における大腸癌発症の有無による比較検討.
    第26回臨床内分泌代謝Update. 大宮, 11月, 2016.
  18. 菊地 智彦, 辻本 哲郎, 高橋 一久, 高橋 信行, 丹野 優希, 外池 美恵, 井花 庸子, 中條 大輔, 田辺 晶代, 梶尾 裕.
    糖尿病治療目的の入院後の血糖コントロールに影響を受ける因子の検討.
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 京都, 5月, 2016.
  19. 本田 律子, 高橋 義彦, 山下 滋雄, 梶尾 裕, 柳内 秀勝, 三島 修一, 吉田 洋子, 河津 捷二, 岩本 安彦, 森 保道, 野田 光彦.
    糖尿病患者のデータ収集と分析(第4報).
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 京都, 5月, 2016.
  20. 水谷 結香子, 小鳥 真司, 渡邊 知一, 村田 敬, 中川内 玲子, 浅原 哲子, 山田 和範, 島津 章, 清野 裕, 梶尾 裕, 河野 茂夫.
    西太平洋地域における糖尿病足骨髄炎症例の検討 国際多施設共同研究.
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 京都, 5月, 2016.
  21. 小鳥 真司, 水谷 結香子, 渡邊 知一, 村田 敬, 中川内 玲子, 山田 和範, 浅原 哲子, 島津 章, 清野 裕, 梶尾 裕, 河野 茂夫.
    西太平洋地域におけるガス産生性糖尿病足壊疽症例の検討 国際多施設共同研究.
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 京都, 5月, 2016.
  22. Nguyen VD, Miyakawa M, Shimizu T, Matsushita Y, Kajio H, Vien QM.
    Prevalence of diabetes mellitus and associated risk factors in Khanh Hoa Province, Vietnam.
    第37回日本肥満学会. 東京, 10月, 2016.
  23. Vien QM, Shimizu T, Miyakawa M, Matsushita Y, Kajio H, Nguyen VD, Hachiya M.
    Capacity of commune health centers to diagnose and treat NCD in Khanh Hoa Province, Vietnam.
    第37回日本肥満学会. 東京, 10月, 2016.
  24. 田辺 晶代.
    薬物治療の立場から 一側性アルドステロン症におけるアルドステロン拮抗薬は手術に劣らない.
    第39回日本高血圧学会総会. 仙台, 9月, 2016.
  25. 成瀬 光栄, 立木 美香, 馬越 洋宜, 小笠原 辰樹, 田辺 晶代.
    褐色細胞腫Update 褐色細胞腫・パラガングリオーマの診療の現状と今後の重要課題.
    第28回日本内分泌外科学会総会. 横浜, 5月, 2016.
  26. 植木 浩二郎.
    糖尿病患者の筋機能と糖代謝.
    第51回日本理学療法学術大会. 教育講演, 横浜, 5月, 2016.
  27. 植木 浩二郎.
    J-DOIT3からJ-DREAMSへ.
    第59回日本糖尿病学会年次学術集会. シンポジウム, 京都, 5月, 2016.
  28. 植木 浩二郎.
    骨格筋のAktシグナルによる老化制御.
    第2回日本筋学会学術集会. 講演, 東京, 8月, 2016.
  29. 植木 浩二郎.
    サルコペニアの発症メカニズムとその予防.
    第66回日本体質医学会学術集会. シンポジウム, 和歌山, 9月, 2016.
  30. 植木 浩二郎.
    サルコぺニアの成因と予防.
    第25回日本交通医学工学研究会. 特別講演, 名古屋, 9月, 2016.
  31. 植木 浩二郎.
    骨格筋のインスリン・Aktシグナルによる代謝・老化制御機構.
    第37回肥満学会. シンポジウム, 東京, 10月, 2016.
  32. 植木 浩二郎.
    2型糖尿病患者の健康寿命延伸を目指して.
    日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会. 特別講演, 高知, 11月, 2016.
  33. 植木 浩二郎.
    Activin B/FSTL3 axisによる糖代謝制御機構.
    第39回日本分子生物学会. シンポジウム, 横浜, 11月, 2016.
  34. 植木 浩二郎.
    J-DREAMSなどの疾患コホート研究の意義と医療情報部門の役割.
    第36回日本医療情報学連合大会. シンポジウム, 横浜, 11月, 2016.
  35. 小南 亮太, 美代 賢吾, 杉山 雄大, 辻本 哲郎, 大津 洋, 野口 貴史, 大杉 満, 植木 浩二郎, 梶尾 裕, 大江 和彦.
    診療録直結型全国糖尿病情報データベース(J-DREAMS)の構築と多施設データ統合の諸課題.
    第36回日本医療情報学連合大会. シンポジウム, 横浜, 11月, 2016.

著書・総説

総説-和文

  1. 植木 浩二郎.
    リスクファクターからみた糖尿病合併症 統合的介入による大血管症予防.
    糖尿病合併症. 30(2):192-195, 2016.
  2. 植木 浩二郎, 酒井 寿郎, 島津 忠広, 石原 寿光, 稲垣 毅, 山口 賢.
    ケトン体を科学する.
    Diabetes Strategy. 6(3):103-114, 2016.
  3. 荒木栄一, 植木 浩二郎, 的場 聖明, 八木橋 操六.
    高齢者2型糖尿病と膵β細胞.
    Islet Equality. 5(2):5-13, 2016.
  4. 大杉 満, 植木 浩二郎.
    【生活習慣病の予防と治療】 生活習慣病の予防.
    日本医師会雑誌. 145(7):1386-1388, 2016.
  5. 植木 浩二郎.
    【今おさえておきたい糖尿病ケアの新常識】 新常識 薬剤 「SGLT2阻害薬」の利点と注意点がより明確になった.
    Expert Nurse. 32(15):34-37, 11月, 2016.
  6. 植木 浩二郎.
    【運動の実践と効果】 運動による代謝改善の分子メカニズム.
    日本医師会雑誌. 145(9):1888, 2016.
  7. 杉山 雄大, 植木 浩二郎, 梶尾 裕.
    J-DREAMS - 診療録直結型全国糖尿病データベース事業.
    Diabetes Frontier. 27(6):687-694, 2016.
  8. 植木 浩二郎.
    MAIN Theme 特集 知って得するケトン体の不思議 - ケトン体 : 敵か, 味方か? -.
    プラクティス. 34(1):13-13, 2017.
  9. 植木 浩二郎.
    ケトン体は, 新しい糖尿病治療の旗手になるのか?
    実験医学. 35(2):292-296, 2017.
  10. 植木 浩二郎.
    【ケトン体】 ケトン体は脳を守る.
    アンチ・エイジング医学. 13(1):95-107, 2017.
  11. 植木 浩二郎, 古家 大祐.
    重症低血糖を起こさずHbA1c7%未満を達成できる治療薬アルゴリズム【BMI値と腎機能障害の有無によりメトホルミン塩酸塩またはDPP-4阻害薬で治療開始】.
    日本医事新報. 4841:58, 2017
  12. 植木 浩二郎.
    【糖尿病研究の"いま"と治療の"これから"】 (第4章)新しい治療薬・治療法は何が開発されているのか? 新たな治療法 ケトン体は, 新しい糖尿病治療の旗手になるのか?
    実験医学. 35(2):292-296, 2017.
  13.  大杉 満.
    【生活習慣病の予防と治療】 生活習慣病の予防.
    内科. 119巻1号, Page17-23, 1月, 2017.
  14. 田辺 晶代.
    【内分泌癌の診断と治療の進歩】 副腎皮質癌の分子診断.
    内分泌・糖尿病・代謝内科. 43巻5号, Page395-398, 11月, 2016.
  15. 成瀬 光栄, 田辺 晶代, 立木 美香, 馬越 洋宜, 笹井 有美子, 横本 真希, 田上 哲也.
    【内分泌癌の診断と治療の進歩】 悪性褐色細胞腫の新しい薬物治療.
    内分泌・糖尿病・代謝内科. 43巻5号 Page390-394, 11月, 2016.
  16. 田辺 晶代.
    【内分泌疾患を診きわめる】 副腎疾患 ホルモン過剰症 副腎髄質機能亢進症 褐色細胞腫・傍神経節細胞腫.
    Medicina. 53巻13号, Page2208-2211, 12月, 2016.
  17. 田辺 晶代.
    【実地医家が診る内分泌疾患 隠れた内分泌疾患を拾い出す】 実地医家が知っておくべき内分泌疾患 副腎偶発腫瘍 鑑別診断のポイント.
    Medical Practice. 33巻11号, Page1741-1744, 11月, 2016.
  18. 成瀬 光栄, 田辺 晶代.
    【内分泌性高血圧症】 悪性褐色細胞腫における治療.
    最新医学. (0370-8241)71巻5号, Page959-964, 5月, 2016.
  19. 立木 美香, 田辺 晶代, 成瀬 光栄.
    【泌尿器科処方のすべて-すぐに使える実践ガイド】 内分泌疾患 クッシング症候群.
    臨床泌尿器科. 70巻4号, Page120-123, 4月, 2016.
  20. 田辺 晶代.
    【内分泌機能検査Update~原理と実践~】 レニン・アルドステロン.
    ホルモンと臨床. 62(4); 321-325, 2016.
  21. 田辺 晶代, 田島 強.
    【エキスパートオピニオン:副腎静脈サンプリングを考える】 副腎静脈サンプリングを考える.
    ホルモンと臨床. 62(6); 461-463, 2016.
  22. 田辺 晶代.
    【内分泌疾患と妊娠】 褐色細胞腫と妊娠.
    ホルモンと臨床. 62(7); 575-579, 2016.
  23. 田辺 晶代.
    【内分泌疾患におけるアンメット・メディカル・ニーズ】 副腎髄質疾患.
    ホルモンと臨床. 62(11); 873-876, 2016.

その他