メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 血液内科 > 研究実績・活動実績 > 2011年度発表論文等一覧

2011年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Hagiwara S, Mori T, Tuchiya H, Sato S, Higa M, Watahiki M, Hoshina M, Mochizuki T, Chiba T, Miwa A, Kawachi S.
    Multidisciplinary nutritional support for autologous hematopoietic stem cell transplantation: A cost-benefit analysis.
    Nutrition. 27:1112-1117, 2011.
  2. Okudaira N, Goto M, Yanobu-Takanashi R, Tamura M, An A, Abe Y, Kano S, Hagiwara S, Ishizaka Y, Okamura T.
    Involvement of retrotransposition of long interspersed nucleotide element-1 in skin tumorigenesis induced by 7,12-dimethylbenz[a]anthracene and 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate.
    Cancer Sci. 102(11):2000-6, Nov, 2011.
  3. Minamimoto R, Ito K, Kubota K, Morooka M, Masuda-Miyata Y, Hirai R, Kitahara H, Tanimura A,Hagiwara S, Miwa A.
    Clinical role of FDG PET/CT for methotrexate-related malignant lymphoma.
    Clin Nucl Med. 36(7):533-7, Jul, 2011.
  4. Sekiguchi N, Takezako N, Nagata A, Wagatsuma M, Noto S, Yamada K, Miwa A.
    Successful treatment of immunoglobulin D myeloma by bortezomib and dexamethasone therapy.
    Intern Med. 50(21):2653-7, 2011.
  5. Miwa A, Sekiguchi N, Tanimura A, Homma C, Shikai T, Takezako Y, Yamagata N, Takezako N.
    Ranimustine, ifosfamide, procarbazine, dexamethasone, and etoposide therapy for central nervous system recurrence of diffuse large B-cell lymphoma in patients with poor performance status: a pilot study.
    Leuk Lymphoma. 52(10):1898-903, Oct, 2011.

原著論文-和文

  1. 関口 直宏, 竹迫 直樹, 芳賀 光洋, 永田 明久, 能登 俊, 三輪 哲義.
    血清クレアチニン2mg/dl以上の腎機能障害を有する多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ・デキサメサゾン療法の意義.
    臨床血液. 52(2);87-89, 2011.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Tanimura A.
    Tumor lysis syndrome after bortezomib treatment in refractory/relapsed myeloma patients.
    13th International Myeloma Workshop, Paris, May, 2011.
  2. Hagiwara S, Mochizuki M, Endo H, Hirai R, Tanimura A, Takeshita M, Miwa A.
    Association between exposure to novel agents and extramedullary involvement of multiple myeloma: A clinicopathologic study of 84 consecutive autopsy cases.
    13th International Myeloma Workshop, Paris, May, 2011.
  3. Hideyuki Yamamoto, Shotaro Hagiwara, Yuki Kojima, Asako Uehira, Atsushi Ajisawa, Akira Kitanaka, Junko Tanuma, Seiji Okada, Hirokazu Nagai.
    Rituxiamb Did Not Improve Clinical Outcomes In AIDS-Related Burkitt Lymphoma.
    53rd ASH Annual Meeting. 118:1629, San Diego, Dec, 2011.
  4. Akira Tanimura, Masataka Takeshita, Atsushi Sato, Junichiro Takano, Hideaki Kitahara, Ayato Tsukamoto, Yuko Kimura, Risen Hirai, Miki Nakamura, Shotaro Hagiwara, Mineo Kurokawa, Akiyoshi Miwa.
    High-Dose Cyclophosphamide + G-CSF Mobilization Regimen Have Higher Anti-Myeloma Effects Than G-CSF Alone Regimen - Single Institutional Study in 147 Myeloma Patients From Japan.
    53rd ASH Annual Meeting. 118:2007, San Diego, Dec, 2011.
  5. Shotaro Hagiwara, Mihoko Yotsumoto, Seiji Okada.
    Non-AIDS-Defining Hematologic Malignancies in HIV-Infected Patients: A Nationwide Epidemiologic Study in Japan.
    53rd ASH Annual Meeting. 118:2183, San Diego, Dec, 2011.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 谷村 聡, 竹下 昌孝, 高野 淳一朗, 北原 英晃, 塚本 彩人, 木村 悠子, 平井 理泉, 中村 美紀, 萩原 將太郎, 三輪 哲義.
    多発性骨髄腫における大量シクロホスファミド+G-CSFとG-CSF単独の幹細胞採取方法の比較.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1023, 2011)
  2. 山本 圭太, 市川 晶博, 竹田 雄一郎, 飯倉 元保, 泉 信有, 杉山 温人, 小林 信之, 平井 理泉, 三輪 哲義, 望月 眞.
    メシル酸イマチニブによる結節を伴う間質性肺炎の1例.
    第584回日本内科学会関東地方会. 東京, 12月, 2011.
  3. 岡崎 百子, 窪田 和雄, 諸岡 都, 南本 亮吾, 伊藤 公輝, 三輪 哲義.
    多発性骨髄腫のFDG-PET、メチオニンPET、チミジンPETの比較検討.
    第51回日本核医学学会総会. つくば, 10月, 2011.(核医学. 48(3);S283, 2011)
  4. 田沼 順子, 濱田 洋平, 橋本 亜希, 水島 大輔, 青木 孝弘, 西島 健, 渡辺 恒二, 本田 元人, 矢崎 博久, 塚田 訓久,本田 美和子, 潟永 博之, 照屋 勝治, 菊池 嘉, 萩原 將太郎, 岡 慎一.
    当院におけるエイズ関連非ホジキンリンパ腫の治療状況.
    第25回日本エイズ学会学術集会・総会. 東京, 11-12月, 2011.(日本エイズ学会誌. 13(4);376, 2011)
  5. 山田 ひとみ, 萩原 將太郎, 仲佐 保, 杉山 温人, 平山 隆則, 木村 壮介, 桐野 高明.
    自然災害発生時の医療支援活動における診療記録のあり方に関する考察 東日本大震災での医療派遣活動に参加して.
    第37回日本診療情報管理学会総会. 福岡, 9月, 2011.(診療情報管理. 23(2);225, 2011)
  6. 比嘉 並誠, 保科 美穂, 佐藤 ソメヨ, 土屋 勇人, 田中 寛, 中川 裕美子, 津野 顕子, 黒川 仁, 萩原 將太郎, 河内 正治.
    NSTにおける安静時エネルギー消費量(REE)実測値の検討(第二報).
    第27回日本静脈経腸栄養学会総会. 神戸, 2月, 2012.(静脈経腸栄養. 26(1);425, 2011)
  7. 高野 淳一朗, 佐藤 淳至, 北原 英晃, 塚本 彰人, 平井 理泉, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 萩原 將太郎, 三輪 哲義.
    急激な経過を呈した治療抵抗性HIV関連悪性リンパ腫の1例.
    第582回日本内科学会関東地方会. 東京, 10月, 2011.
  8. 木村 悠子, 佐藤 淳至, 高野 淳一朗, 北原 英晃, 塚本 彩人, 平井 理泉, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 萩原 將太郎, 三輪 哲義, 加藤 麻美.
    急激な転帰をとった劇症型EBV関連CD8陽性T細胞性リンパ増殖性疾患の1例.
    第166回日本血液学会例会. 東京. 7月, 2011.(臨床血液. 52(8);725, 2011)
  9. 美山 貴彦, 平井 理泉, 高野 淳一朗, 北原 英晃, 塚本 彩人, 木村 悠子, 谷村 聡, 竹下 昌孝, 萩原 將太郎, 三輪 哲義.
    若年発症の腫瘤形成型多発性骨髄腫の1例.
    第165回日本血液学会例会. 東京, 2月, 2011.(臨床血液. 52(3);157, 2011)
  10. 南本 亮吾, 窪田 和雄, 諸岡 都, 伊藤 公輝, 平井 理泉, 萩原 將太郎, 三輪 哲義.
    メソトレキセート関連リンパ腫に対するFDG-PET/CTの有用性の検討.
    第70回日本医学放射線学会学術集会(web開催). 5月, 2011.(日本医学放射線学会学術集会抄録集. (0048-0428) , 2月, 2011)
  11. Takano J, Miyama T, Hagiwara S, Tsukamoto A, Kitahara H, Kimura Y, Hirai R, Tanimura A, Nakamura M, Takeshita M, Miwa A.
    Successful allogenic HSCT with myeloablative conditioning for HIV-related Burkitt lymphoma.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1343, 2011)
  12. Kitahara J, Takano J, Miyama T, Tsukamoto A, Kimura Y, Hirai R, Tanimura A, Nakamura M, Takeshita M, Hagiwara S, Miwa A.
    Two cases of refractory multiple myeloma responded to intensive combination chemotherapy.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1260, 2011)
  13. Nakamura M, Kitahara H, Takano J, Miyama T, Tsukamoto A, Kimura Y, Hirai R, Tanimura A, Takeshita M, Hagiwara A, Miwa A. Three cases blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm treated with allo SCT.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1338, 2011)
  14. Tsukamoto A, Hagiwara S, Sato A, Takano J, Kitahara H, Kimura Y, Miyama T, Hirai R, Tanimura A, Nakamura M, Takeshita M, Miwa A.
    A case of primary plasma cell leukemia treated with PAD regimen followed by tandem auto-SCT.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1170, 2011)
  15. Kimura Yuko, Tanimura Akira, Takano Junichiro, Kitahara Hideaki, Tukamoto Ayato, Hirai Risen, Nakamura Miki, Takesita Masataka, Hagiwara Shotaro, Miwa Akiyoshi.
    Five cases of multiple myeloma involving upper gastrointestinal system.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1161, 2011)
  16. Takeshita M, Tanimura A, Hirai R, Nakamura M, Tsukamoto A, Kimura Y, Kitahara H, Takano J, Hagiwara S, Miwa A. Case series of 11 IgD-myeloma patients: strategy for relapsed cases in the era of novel agents.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1149)
  17. Hagiwara Shotaro, Okada Seiji.
    Non-AIDS defining hematological malignancies in HIV infected patients: an epidemiological study.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1059, 2011)
  18. Hirai R, Tanimura A, Miyama T, Takano J, Kitahara H, Tsukamoto A, Kimura Y, Takeshita M, Nakamura M, Hagiwara S, Miwa A.
    Efficacy of melphalan infusion(10-40mg/m2)for relapsed and resistant myeloma.
    第73回日本血液学会総会. 名古屋, 10月, 2011.(臨床血液. 52(9);1148, 2011)
  19. 高野 淳一朗, 佐藤 淳至, 北原 英晃, 塚本 彰人, 平井 理泉, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 萩原 将太郎, 三輪 哲義.
    多発性骨髄腫も形質細胞性白血病も剖検時にほぼ同等の臓器浸潤を示す.
    第36回日本骨髄腫研究会総会. 東京, 11月, 2011.
  20. 佐藤 淳至, 高野 淳一朗, 北原 英晃, 塚本 彰人, 平井 理泉, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 萩原 将太郎, 三輪 哲義.
    多発性骨髄腫に対する総合的画像評価.
    第36回日本骨髄腫研究会総会. 東京, 11月, 2011.
  21. 三輪 哲義.
    多臓器浸潤疾患としての骨髄腫.
    第36回日本骨髄腫研究会総会. 会長講演, 東京, 11月, 2011.
  22. 平井 理泉, 佐藤 淳至, 高野 淳一朗, 北原 英晃, 塚本 彰人, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 萩原 将太郎、三輪 哲義.
    多剤不応性多発性骨髄腫に対する中等量メルファラン静注療法.
    第36回日本骨髄腫研究会総会. 東京, 11月, 2011.
  23. 谷村 聡, 佐藤 淳至, 高野 淳一朗, 北原 英晃, 塚本 彰人, 平井 理泉, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 萩原 将太郎, 三輪 哲義.
    多発性骨髄腫における大量シクロホスファミド+G-CSFとG-CSF単独による造血細胞動員レジメンの比較.
    第36回日本骨髄腫研究会総会. 東京, 11月, 2011.
  24. 萩原 将太郎, 佐藤 淳至, 高野 淳一朗, 北原 英晃, 塚本 彰人, 平井 理泉, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 三輪 哲義.
    多角的アプローチによる造血細胞移植患者のアウトカム向上.
    第36回日本骨髄腫研究会総会. 東京, 11月, 2011.

著書・総説

総説-和文

  1. 三輪 哲義.
    【リンパ系腫瘍:診断と治療の進歩】トピックス 診断と治療 多発性骨髄腫の診断と治療.
    日本内科学会雑誌. 100(7);1850-1874, 2011.
  2. 萩原 將太郎.
    【多発性骨髄腫診療の新時代を迎えて-診断と治療に吹き込む「新しい風」】新規薬剤の特徴 Bortezomibの薬剤特性、治療成績、有害反応.
    内科. 108(2);256-260, 2011.
  3. 萩原 將太郎.
    【内科診療における論点】 血液 再発または治療抵抗性の多発性骨髄腫に対する治療戦略は?
    内科. 107(6);1344-1350, 2011.
  4. 三輪 哲義, 大本 英次郎, 角南 一貴, 松本 守生.
    多発性骨髄腫のfirst line treatment 患者にとってより良い治療とは.
    血液フロンティア. 22(3):412-419, 2012.

その他