メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 血液内科 > 研究実績・活動実績 > 2014年度発表論文等一覧

2014年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Takamatsu H, Honda S, Miyamoto T, Yokoyama K, Hagiwara S, Ito T, Tomita N, Iida S, Iwasaki T, Sakamaki H, Suzuki R, Sunami K.
    Changing trends in prognostic factors for patients with multiple myeloma after autologous stem cell transplantation during the immunomodulator drug/proteasome inhibitor era.
    Cancer Sci. 2015 Feb;106(2):179-85.
  2. Yotsu RR, Hagiwara S, Okochi H, Tamaki T.
    Case series of patients with chronic foot ulcers treated with autologous platelet-rich plasma.
    J Dermatol. 2015 Mar;42(3):288-95.
  3. Okasaki M, Kubota K, Minamimoto R, Miyata Y, Morooka M, Ito K, Ishiwata K, Toyohara J, Inoue T, Hirai R, Hagiwara S, Miwa A.
    Comparison of (11)C-4’-thiothymidine, (11)C-methionine, and (18) F-FDG PET/CT for the detection of active lesions of multiple myeloma.
    Ann Nucl Med. 2015 Apr;29(3):224-32.
  4. Kojima Y¹, Hagiwara S, Uehira T, Ajisawa A, Kitanaka A, Tanuma J, Okada S, Nagai H.
    Clinical outcomes of AIDS-related Burkitt lymphoma: a multi-institution retrospective survey in Japan.
    Jpn J Clin Oncol. 2014 Apr;44(4):318-23.

原著論文-和文

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Hagiwara S.
    Multidisciplinary team approach for stem cell transplantation.
    International Society of Blood Transplantation sponsored Symposium on Blood Transfusion in Myanmar, 14 March 2015
  2. Naoki Takezako, Masatomo Miura,Akihisa Nagata, Naohiro Sekiguchi, Takenori Niioka, Seiji Shida, Takahiro Kobayashi, Maiko Abumiya, Akiyoshi Miwa, Naoto Takahashi.
    Clarithromycin Elevates the Plasma Concentration of Lenalidomide Via Inhibition of MDR1.
    56th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition in San Francisco.
  3. Naoki Takezako, Naohiro Sekiguchi, Satoshi Noto, Yoshitaka Ogino, Akiyoshi Miwa, Takayuki Ikezoe.
    Recombinant Human Thrombomodulin in the Treatment of Acute Myeloid Leukemia Patients Complicated By Disseminated Intravascular Coagulation: Results of a Multicenter, Retrospective Epidemiologic Study in Japan.
    56th American Society of Hematology Annual Meeting and Exposition in San Francisco.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 高野 淳一朗, 峰 宗太郎, 平井 理泉, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 関根 理恵子, 萩原 将太郎, 三輪 哲義.
    Annual risk of second primary malignancies in multiple myeloma-findings through 91 autopsiedcases.
    第76回日本血液学会学術集会. 大阪, 10月, 2014.
  2. 萩原 將太郎, 平井 理泉, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 三輪 哲義.
    Double autologous stem cell transplantation prolongs the overall survival of multiple myeloma.
    第76回日本血液学会学術集会. 大阪, 10月, 2014.
  3. 谷村 聡, 早坂 知美, 荒井 三記子, 平井 理泉, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 萩原 將太郎, 三輪 哲義.
    The diagnostic value of random skin biopsy for intravascular large B-cell lymphoma.
    第76回日本血液学会学術集会. 大阪, 10月, 2014.
  4. 小泉 祐介, 大田 泰徳, 小川 吉彦, 矢嶋 敬史郎, 上平 朝子, 四本 美保子, 田沼 順子, 萩原 將太郎, 味澤 篤, 永井 宏和, 片野 晴隆, 岡田 誠治.
    Clinical & pathological aspects of Plasmablastic lymphoma in AIDS -Analysis of 24 cases in Japan- .
    第76回日本血液学会学術集会. 大阪, 10月, 2014.
  5. 平井 理泉, 谷村 聡, 中村 美紀, 竹下 昌孝, 関根 理恵子, 萩原 將太郎, 三輪 哲義.
    レブラミド使用後に髄外病変を呈した骨髄腫症例の検討.
    第76回日本血液学会学術集会. 大阪, 10月, 2014.
  6. 中村 美紀, 竹下 昌孝, 平井 理泉, 谷村 聡, 萩原 將太郎, 三輪 哲義.
    Three cases of multiple myeloma with concurrent secondary plasma cell leukemia and plasmacytoma.
    第76回日本血液学会学術集会. 大阪, 10月, 2014.
  7. 谷村 聡, 平井 理泉, 荒井 三記子, 竹下 昌孝, 中村 美紀, 萩原 將太郎, 三輪 哲義.
    大量メルファラン療法後に再度自家末梢血幹細胞採取と自家移植を目指した再発多発性骨髄腫16例の検討.
    第39回日本骨髄腫学会学術集会. 掛川, 5月, 2014.

著書・総説

総説-和文

  1. 萩原 將太郎.
    血液内科が得意科目になるシリーズ
    • 第1話 貧血の診療がうまくなる(前編)
    • 第2話 貧血の診療がうまくなる(後編)
    • 第3話 貧血の診療がさらにうまくなるには?
    • 第4話 多血症?どうしましょう?
    • 第5話 やばっ、血小板が少ない(前編)
    • 第6話    同  (後編)
    • 第7話 あれっ、血小板多くないですか?
    • 第8話 白血球が少なめの患者さん・・・
    • 第9話 危ない?大丈夫?多すぎる白血球(前)
    • 第10話    同  (後編)
    • 第11話 しこりが気になって・・リンパ節腫脹
    • 第12話 出血が止まらない JIM24巻4号~12号 総合診療25巻1号~3号
  2. 徳田 安春, 萩原 將太郎.
    見逃してはならない疾患の除外ポイント(第1部)
    JIM24巻7号642-649
  3. 徳田 安春, 萩原 將太郎.
    見逃してはならない疾患の除外ポイント(第2部)
    JIM24巻8号752-760
  4. 徳田 安春, 萩原 將太郎.
    見逃してはならない疾患の除外ポイント(第3部)
    JIM24巻9号834-841
  5. 名取 一彦, 萩原 將太郎.
    症候別 見逃してはならない疾患の除外ポイント リンパ節腫脹.
    JIM24巻 7号579-582
  6. 萩原 將太郎.
    母体輸血対策 輸血専門医から見た分娩時出血に備えた対応.
    周産期医学 44巻5号 643-645
  7. 萩原 將太郎, 真鍋 義弘, 他.
    母体輸血対策 分娩室における緊急輸血シミュレーションの意義.
    周産期医学 44巻5号 637-641
  8. 萩原 將太郎.
    疾患の全体像「ゲシュタルト」をとらえる 感染症の診断術.
    レジデントノート16巻2号379-387

その他