メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 精神科 > 研究実績・活動実績 > 2012年度発表論文等一覧

2012年度発表論文等一覧

原著論文-英文

原著論文-和文

  1. 大谷 恭平.
    災害と精神医学 ニュージーランド地震における現地でのこころのケア.
    臨床精神医学. 41(9) 1301-1307, 2012.
  2. 高橋 卓巳, 根本 清貴, 川西 洋一, 水上 勝義, 朝田 隆.
    両側高頻度反復経頭蓋磁気刺激により臨床症状が改善するとともに脳血流SPECT での血流改善を認めた大うつ病性障害の1例.
    精神科治療学. 27(8): 1059-1064, 2012.
  3. 飯田 敏晴, いとう たけひこ, 井上 孝代.
    HIV 自己イメージ尺度(HIVSIS)の信頼性と妥当性の検討−予防的介入プログラムの開発に役立つ尺度の作成.
    コミュニティ心理学研究. 16(1):39-54, 2012.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Kyohei O.
    Psychological support to distraught Japanese families in Christchurch earthquake.
    International Congress of World Federation for Mental Health, Athens, Greece, Mar, 2013.
  2. Nagashima A.
    Group scribble and squiggle for psychiatric inpatients.
    The 30th International Congress of Psychology, Cape Town, Republic of South Africa, Jul, 2012.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 早津 正博, 古谷野 淳子, 加藤 朋子, 塚本 琢也, 北志 保里, 松岡 亜由子, 大谷 ありさ, 倉谷 哲雄, 森田 眞子, 安尾 利彦, 喜花 伸子, 辻 麻理子, 阪木 淳子, 飯田 敏晴, 山中 京子.
    中核拠点病院におけるカウンセリング従事者調査 第2報:カウンセリング環境の課題.
    第26回日本エイズ学会学術集会・総会. 神奈川, 11月, 2012.
  2. 飯田 敏晴, 田沼 順子, 諸岡 都, 窪田 和雄, 今井 公文, 岡 慎一.
    神経心理学検査を用いたHIV 陽性者の認知機能の検討.
    第26回日本エイズ学会学術集会・総会. 神奈川, 11月, 2012.
  3. 古谷野 淳子, 早津 正博, 加藤 朋子, 塚本 琢也, 北志 保里, 松岡 亜由子, 大谷 ありさ, 倉谷 哲雄, 森田 眞子, 安尾 利彦, 喜花 伸子, 辻 麻理子, 阪木 淳子, 飯田 敏晴, 山中 京子.
    中核拠点病院におけるカウンセリング従事者調査 第1報:カウンセリング体制の現状.
    第26回日本エイズ学会学術集会・総会. 神奈川, 11月, 2012.
  4. 諸岡 都, 窪田 和雄, 南本 亮吾, 宮田 陽子, 岡崎 百子, 田沼 順子, 岡 慎一, 飯田 敏晴, 今井 公文, 石井 賢二.
    HIV関連認知症(HAND):18-FDG PET による脳糖代謝評価.
    第26 回日本エイズ学会学術集会・総会. 神奈川, 11月, 2012.
  5. 永嶋 茜.
    スクィグル作品に表出される脳器質性疾患の特徴と施行の可能性.
    第31回日本人間性心理学会大会. 山口, 9月, 2012.
  6. 貫井 祐子, 田口 高也, 李 弘道, 坂本 侑一郎, 高橋 卓巳, 大谷 恭平, 加藤 温, 関 由賀子, 今井 公文.
    身体加療を主たる目的として総合病院精神科病棟に入院した症例の検討.
    第25回日本総合病院精神医学会総会. 東京, 11月, 2012.
  7. 大谷 恭平, 瀬崎 智之, 李 弘道, 田口 高也, 貫井 祐子, 高橋 卓巳, 加藤 温, 関 由賀子, 今井 公文, 岡崎 百子, 宮田 陽子, 諸岡 都, 南本 亮吾, 窪田 和雄.
    当院におけるPittsburgh Compound-B をリガンドとしたPET検査について.
    第25回日本総合病院精神医学会総会. 東京, 11月, 2012.
  8. 坂本 侑一郎, 瀬崎 智之, 李 弘道, 田口 高也, 貫井 祐子, 高橋 卓巳, 大谷 恭平, 加藤 温, 関 由賀子, 今井 公文.
    抗癌剤治療中に不穏状態を呈し, 無菌性髄膜炎による器質性精神障害と診断された1例.
    第25回日本総合病院精神医学会総会. 東京, 11月, 2012.
  9. 瀬崎 智之, 李 弘道, 田口 高也, 坂本 侑一郎, 貫井 祐子, 高橋 卓巳, 大谷 恭平, 加藤 温, 関 由賀子, 今井 公文.
    心停止後に除細動を施行し精神状態が著明に改善した統合失調症の1例.
    第25回日本総合病院精神医学会総会. 東京, 11月, 2012.
  10. 高橋 卓巳, 新井 哲明, 瀬崎 智之, 田口 高也, 李 弘道, 坂本 侑一郎, 貫井 祐子,大谷 恭平, 加藤 温, 関 由賀子, 今井 公文, 鈴木 浩明, 市川 忠彦, 朝田 隆.
    Amitriptyline が有効であった脳波異常を伴う心因性嘔吐の一例.
    第25回日本総合病院精神医学会総会. 東京, 11月, 2012.
  11. 山本 茉樹, 今井 公文, 飯田 敏晴, 鈴木 満, 井上 孝代.
    海外駐在員に向けたメンタルヘルスサービスの現状と課題に関する研究.
    第19回多文化間精神医学会学術総会. 福岡, 6月, 2012.
  12. 渡邊 浩司, 吉田 博美, 片山 統子, 佐藤 恵美.
    大学で発生した事件における危機介入−集団力動が作用する学生サークルを対象とする事例について−.
    第30回日本学生相談学会. 北海道, 5月, 2012.

著書・総説

総説-和文

  1. 吉田 博美, 小西 聖子.
    PTSD に対する認知行動療法−情動処理理論を中心に−.
    こころの科学. 165:74-80, 2012.
  2. 永嶋 茜.
    総合病院に心理士として勤務する中で経験したこと.
    学習院大学臨床心理学研究. 8:89-92, 2012

単行本-和文

  1. 関 由賀子.
    統合失調症に対するベッドサイド・プラクティス2初期. 統合失調症とその関連病態:ベッドサイド・プラクティス.
    中安信夫編集, 星和書店, 東京, p35-104, 2012.

その他