メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 精神科 > 研究実績・活動実績 > 2013年度発表論文等一覧

2013年度発表論文等一覧

原著論文-英文

原著論文-和文

  1. 関 由賀子, 中安 信夫.
    言語性精神運動幻覚の症状形成過程-<背景思考の発語化>論-.
    臨床精神病理. 34(2):171-183, 2013.
  2. 高橋 卓巳, 新井 哲明, 高橋 樹里, 石田 洋子, 鈴木 浩明, 市川 忠彦, 浅田 隆.
    脳波異常を伴いてんかんとの鑑別が困難であった機能性嘔吐の一例.
    精神科治療学. 28(8):1067-1073, 2013.
  3. 吉田 博美, 市原 わかゆ, 澁谷 美穂子, 野口 普子, 小西 聖子.
    心理相談室におけるトラウマ臨床の困難と介入.
    トラウマティックストレス. 第11巻第1号, 27-34, 2013.
  4. 飯田 敏晴, いとう たけひこ, 井上 孝代.
    大学生におけるHIV感染想定時の自己イメージの意味構造:性別, HIV感染経路に関する知識及びHIV/AIDSに関する偏見との関連.
    山梨英和大学紀要, 12:18-31, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 飯田 敏晴.
    HAND診断に有用なスクリーニング検査は何か?:国際医療研究センターからの報告.
    MIND EXCHANGE Forum2013. 東京, 4月, 2013.
  2. 飯田 敏晴, 田沼 順子, 小松 賢亮, 渡邊 愛祈, 今井 公文, 新井 憲俊, 岡慎一.
    神経心理検査を用いたHIV陽性者の認知機能の検討.
    MIND EXCHANGE Forum2013. 東京, 4月, 2013.
  3. 飯田 敏晴, 貫井 祐子, 今井 公文.
    HIV感染時の治療過程で自殺企図を繰り返した在日外国人.
    第16回多文化間精神保健アドバイザー研修会. 栃木, 5月, 2013.
  4. 飯田 敏晴, 井上 孝代.
    DVD視聴によるエイズ相談意図促進の効果.
    日本コミュニティ心理学会第16回大会. 神奈川, 7月, 2013.
  5. 飯田 敏晴.
    HIV/AIDS医療における心理専門職の実践に関する一報告:国立国際医療研究センター病院エイズ治療・研究開発センターでの経験を通じて 『自主シンポジウム5チーム医療における心理専門職の実践:コンサルテーションに焦点をあてて.
    日本コミュニティ心理学会第16回大会. 神奈川, 7月, 2013.
  6. 飯田 敏晴, 井上 孝代.
    エイズ相談意図とヘルスビリーフモデルに基づいた諸要因との関連.
    日本応用心理学会第80回記念大会. 東京, 9月, 2013.
  7. 北風 菜穂子, 井上 孝代.
    臨床心理士・カウンセラーのアドボカシーの現在 精神障害者・吃音者・暴力被害者・性同一性障害者の声を聴く―.
    日本応用心理学会第80回記念大会自主企画ワークショップ. 東京, 9月, 2013.
  8. 永嶋 茜.
    修正型電気痙攣療法の評価としてのスクィッグル法.
    日本描画テスト描画療法学会第23回大会. 奈良, 9月, 2013.
  9. 岡本悠, 井上 孝代, いとう たけひこ.
    青年期における対人葛藤が解決するまでのプロセス―複線径路等至性モデル(Trajectory Equifinality Model)に基づいて―.
    日本応用心理学会第80回記念大会, 東京, 9月, 2013.
  10. 曽根 英恵.
    レジリエンスとコーピングおよび心理的ストレス反応との関連について―個人内資源と環境資源の認知と活用の4側面に注目して―.
    日本健康心理学会第26回大会, 北海道, 9月, 2013.
  11. 岡本 悠, 柘植 道子, 山田 裕子, 田中 あゆみ, 河原 久美子, 石塚 昌保, 守屋 達美.
    大学入学時の心理学的スクリーニング結果とカウンセラーの介入に関する一考察.
    第51回全国大学保健管理研究集会, 愛知, 11月, 2013.
  12. 高橋 卓巳, 李 弘道, 坂本 侑一郎, 岡 文恵, 加藤 温, 関 由賀子, 今井 公文.
    周辺症状にmemantineが有効であった嗜銀顆粒性認知症が疑われた一例.
    日本総合病院精神医学会第26回総会, 京都, 11月, 2013.
  13. 李 弘道, 坂本侑一郎, 岡 文恵, 高橋 卓巳, 加藤 温, 関 由賀子, 今井 公文.
    voriconazoleによる物質誘発性気分障害の1例.
    日本総合病院精神医学会第26回総会, 京都, 11月, 2013.

著書・総説

単行本-和文

  1. 中安 信夫, 関 由賀子.
    初期統合失調症における「妄想」三態.
    妄想の臨床. 鹿島晴雄・古城慶子・古茶大樹・針間博彦・前田貴記編集, 新興医学出版社, 東京, p234-261, 2013.
  2. 今井 公文.
    F02.4 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)疾患 [病] 型認知症.
    ICD-10精神科診断ガイドブック. 中根充文他監修, 中山書店, 東京, p69-71, 2013.
  3. 今井 公文.
    F02.8 他に分類されるその他の疾患による認知症.
    ICD-10精神科診断ガイドブック. 中根充文他監修, 中山書店, 東京, p71-75, 2013.

その他

競争的資金獲得状況

  1. 飯田 敏晴.
    厚生労働科学研究費補助金 エイズ対策研究事業『HIV母子感染児における神経学的予後についての研究(2013年度-2015年度)(研究代表者:田中瑞恵)』研究分担者.