メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 小児科 > 研究実績・活動実績 > 2013年度発表論文等一覧

2013年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Tsuzuki S, Morimoto N, Hosokawa S, Matsushita T.
    Associations of Maternal and Neonatal Serum Trace Element Concentrations with Neonatal Birth Weight.
    PLOS ONE. 8(9):e75627, 2013.
  2. Akahira-Azuma M, Yonemoto N, Ganzorig B, Mori R, Hosokawa S, Matsushita T, Bavuusuren B, Shonkhuuz E.
    Validation of a transcutaneous bilirubin meter in Mongolian neonates: comparison with total serum bilirubin.
    BMC Pediatrics. 13:151, 2013.
  3. Tsuzuki S, Akahira-Azuma M, Kaneshige M, Shoya K, Hosokawa S, Kanno H, Matsushita T.
    Japanese Neonatal Case of Glucose-6-Phosphate Dehydrogenase Deficiency Presenting as Severe Jaundice and Hemolytic Anemia without Apparent Trigger.
    Springer Plus. 2:434, 2013.
  4. Hyakuna N, Shimomura Y, Watanabe A, Taga T, Kikuta A, Matsushita T, Kogawa K, Kawakami C, Horikoshi Y, Iwai T, Okamoto Y, Tsurusawa M, Asami K; Japanese Childhood Cancer and Leukemia Study Group (JCCLSG).
    Assessment of corticosteroid-induced osteonecrosis in children undergoing chemotherapy for acute lymphoblastic leukemia: a report from the Japanese Childhood Cancer and Leukemia Study Group.
    J Pediatr Hematol Oncol. 36(1), 2013.

原著論文-和文

  1. 大熊 香織, 赤平 百絵, 大熊 喜彰, 田中 瑞恵, 兼重 昌夫, 佐藤 典子, 細川 真一, 松下 竹次.
    HIV母子感染予防が無効であった1例.
    日本小児科学会雑誌. 117(10):1625-1629, 2013.
  2. 細川 真一, 赤平 百絵, 國方 徹也, 宮澤 廣文, 松下 竹次.
    国立国際医療研究センターにおけるHIV母子感染予防対策実施42症例の検討.
    日本小児科学会雑誌. 118(3):481-486, 2013.
  3. 佐藤 典子.
    小児の痛み治療に関するWHOガイドライン.
    小児科臨床. 66(12):197, 2013.
  4. 松下 竹次.
    小児の医療は総合診療.
    和歌山医学. 65(1):31-34, 2014.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Nakagami-Yamaguchi E, Uryu H.
    Interactive learning tools for CCS in Japan-story book, game and animation.
    11th PanCare Meeting. Genova, Italy, Apr, 2013.
  2. Matsushita T, Uryu H, Yamanaka J, Mori N, Okuma Y, Okuma K, Tanaka M, Yamada R, Kubota M, Tuzuki S, Shouya K, Iitake C, Nomura K, Sato N.
    Clinical feature of hospitalized children with influenza infection for eight years.
    31th Annual Meeting of the European Society for Pediatric Infectious disease. Milano, Italy, May, 2013.
  3. Okuma Y, Imanaka K, Hiroe M, Matsushita T, Abe J, Ichida F, Shiraishi I, Suda K, Mitani Y, Yoshikane Y.
    Tenascin-C as a novel predictor of unresponsiveness to high-dose intravenous immunoglobulin and coronary artery abnormalities in patients with Kawasaki disease.
    47th Annual Meeting of the Association for European Pediatric and Congenital Cardiology. London, England, May, 2013.
  4. Sato N, Yamada R, Tanaka M, Yamanaka J, Uryu H, Matsushita T.
    Acute encephalitis / Encephalopathy in Children-Case studies.
    27th International Congress of Pediatrics 2013. Melbourne, Australia, Aug, 2013.
  5. Uryu H.
    The effect of immune therapy for refractory secondary MDS/AML: A case report.
    27th International congress of pediatrics 2013. Melbourne, Australia, Aug, 2013.
  6. Yamanaka J, Uryu H, Tanaka M, Sato N, Matsushita T.
    Case reports of hypoimmunoglobulinemia in recurrent Non-Hodgkin Lymphoma(NHL) receiving Rituximab treatment following reducedintensity stem cell transplantation(RIST).
    27th International congress of pediatrics 2013. Melbourne, Australia, Aug, 2013.
  7. Hosokawa S, Tanaka M, Morimoto N, Kashiwa N, Takasago S, Mori T, Katou H, Shoya K, Nomura K, Iitake C, Tsuzuki S, Kubota M, Ookuma K, Ookuma Y, Yamada R, Mori N, Uryu H, Yamanaka J, Akahira M, Sato N, Matsushita T, Minoura S, Kikuchi Y, Oka S.
    The results of using the Japanese guideline for the prevention of mother-to-child transmission of HIV infection: A report from one institution.
    The 11th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific. Bangkok, Thailand, Nov, 2013.
  8. Hosokawa S, Matsushita T.
    The degree of oxidant stress in neonates with oxygen.
    Hot Topics in Neonatology 2013. Washington, D.C. , USA, Dec, 2013.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 正谷 憲宏, 高砂 聡志, 山田 律子, 田中 瑞恵, 瓜生 英子, 森 伸生, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    筋弛緩薬の持続投与が有用であった脳性麻痺児における横紋筋融解症の1例.
    第116回日本小児科学会学術集会. 広島, 4月, 2013.
  2. 久保田 舞.
    川崎病治療中に消化管出血を認めたガンマグロブリン不応川崎病の1例.
    第116回日本小児科学会学術集会. 広島, 4月, 2013.
  3. 森 朋子, 大熊 香織, 大熊 喜彰, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    リウマチ熱と不全型川崎病の鑑別に難渋した一例.
    第116回日本小児科学会学術集会. 広島, 4月, 2013.
  4. 泊 弘毅, 森 朋子, 久保田 舞, 山田 律子, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    肝生検により線維化を伴うNASHと診断した2型糖尿病を持つ女児の一例.
    第116回日本小児科学会学術集会. 広島, 4月, 2013.
  5. バブスレンバヤッサガランタイ, エンクトールシュー, 赤平 百絵, 細川 真一, 松下 竹次.
    Current Situation of Child Health in Mongolia.
    第116回日本小児科学会学術集会. 広島, 4月, 2013.
  6. 飯竹 千恵, 大熊 喜彰, 山田 律子, 田中 瑞恵, 森 伸生, 瓜生 英子, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    意識障害を呈し緩徐な経過を辿った急性脳炎・脳症の自験例18例のまとめ.
    第116回日本小児科学会学術集会. 広島, 4月, 2013.
  7. 都築 慎也, 細川 真一, 松下 竹次.
    HIV陽性妊婦から出生し、頭部MRIで異常所見を呈した兄妹例.
    第116回日本小児科学会学術集会. 広島, 4月, 2013.
  8. 大熊 喜彰, 山田 律子, 田中 瑞恵, 森 伸生, 瓜生 英子, 山中 純子, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    重症川崎病における血清テネイシンC値の推移に関する検討.
    第31回関東川崎病研究会. 東京, 6月, 2013.
  9. 都築 慎也, 森本 奈央, 細川 真一, 松下 竹次.
    正常新生児と低出生体重児、その母体における血中セレン濃度の差異.
    第49回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会. 横浜, 7月, 2013.
  10. 細川 真一, 松下 竹次.
    当センターにおけるHIV陽性妊婦より出生した児の神経学的予後について.
    第49回日本周産期・新生児医学会総会および学術集会. 横浜, 7月, 2013.
  11. 田中 瑞恵, 柏 直之, 細川 真一, 瓜生 英子, 松下 竹次.
    HIV感染女性から出生した児の診療体制構築に向けた取り組み.
    第45回小児感染症学会. 札幌, 10月, 2013.
  12. 田中 瑞恵, 森本 奈央, 大熊 香織, 瓜生 英子, 山中 純子, 細川 真一, 池田 和子, 大金 美和, 木内 英, 田沼 順子, 菊池 嘉, 岡 慎一, 松下 竹次.
    よりよい小児HIV診療を目指して~治療・ケアにおける問題点と対策の検討~ .
    第27回日本エイズ学会. 熊本, 11月, 2013.
  13. 森本 奈央, 細川 真一, 松下 竹次.
    当院における新生児の微量元素血中濃度の実態調査.
    第58回日本未熟児新生児学会. 石川, 11月, 2013.
  14. 西端 みどり, 細川 真一, 松下 竹次.
    社会的ハイリスク妊婦から出生し当院NICUに入院した児のフォローアップ体制について.
    第58回日本未熟児新生児学会. 石川, 11月, 2013.
  15. 細川 真一, 松下 竹次.
    新生児医療における酸素使用例の酸化ストレス度評価.
    第58回日本未熟児新生児学会. 石川, 11月, 2013.
  16. 久保田 舞, 高砂 聡志, 山田 律子, 山中 純子, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    HLA不一致血縁間移植後に遅発性重症肝中心静脈閉塞症を発症しDefibrotide投与と血漿交換を施行した一例.
    第36回日本造血幹細胞移植学会総会. 沖縄, 3月, 2014.

著書・総説

単行本-和文

  1. 瓜生 英子.
    2次がん. 小児がん治療後の長期フォローアップガイドライン.
    JPLSG長期フォローアップ委員会フォローアップガイドライン作成ワーキンググループ編集, 医薬ジャーナル社, 大阪, p278-282, 2013.
  2. 瓜生 英子.
    易疲労に関する問題. 小児がん治療後の長期フォローアップガイドライン.
    JPLSG長期フォローアップ委員会フォローアップガイドライン作成ワーキンググループ編集, 医薬ジャーナル社, 大阪, p302-304, 2013.

その他