メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 小児科 > 研究実績・活動実績 > 2014年度発表論文等一覧

2014年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Yagasaki H, Shichino H, Ohara A, Kobayashi R, Yabe H, Ohga S, Hamamoto K, Ohtsuka Y, Shimada H, Inoue M, Muramatsu H, Takahashi Y, Kojima S.
    Immunosuppressive therapy with horse anti-thymocyte globulin and cyclosporine as treatment for fulminant aplastic anemia in children.
    Ann Hematol 93(5):747-52, 2014.
  2. Yagasaki H, Shichino H, Shimizu N, Ohye T, Kurahashi H, Yoshikawa T, Takahashi S.
    Nine-year follow-up in a child with chromosomal integration of human herpesvirus 6 transmitted from an unrelated donor through the Japan Marrow Donor Program.
    Transpl Infect Dis 17(1):160-1, 2015.
  3. Nagata K, Usui N, Takayasu H, Goishi K, Hayakawa M, Tazuke Y, Yokoi A, Okuyama H, Taguchi T.
    Risk factors for the recurrence of the congenital diaphramatic hernia-report from the long-term follow-up study of Japanese CDH study group.
    Eur J Pediatr Surg 25(1):9-14, 2015.
  4. Matsui M, Okuma Y, Yamanaka J, Uryu H, Sato N, Shichino H, Matsushita T.
    Kawasaki sisease refractory to standard treatments that responds to a combination of pulsed methylprednisolone and plasma exchange: Cytokine profiling and literature review.
    Cytokine Available online 19 March 2015.
  5. Tuan ÐQ, Hung PH, Mai PX, Hao TK, Ha CV, Luong ND, Son NH, Lien NT, Yamanaka J, Sato N, Matsushita T.
    Salmonella meningitis: Report of four cases from National Hue Central Hospital, Vietnam.
    Japanese Journal of Infectious Disease. 2015;68:30-32
  6. Tsuzuki S, Fukumoto H, Mine S, Sato N, Mochizuki M, Hasegawa H, Sekizuka T, Kuroda M, Matsushita T, Katano H.
    Detection of trichodysplasia spinulosa-associated polyomavirus in a fatal case of myocarditis in a seven-month-old girl.
    International Journal of Clinical and Experimental Pathology 7(8):5308-5312.
  7. Koike M, Hori H, Rikiishi T, Hayakawa A, Tsuji N, Yonemoto T, Uryu H, Matsushima E.
    Development of the Japanese version of the Minneapolis- Manchester Quality of Life Survey of Health - Adolescent Form (MMQL-AF) and investigation of its reliability and validity.
    Health and Quality of Life Outcomes 12:127, 2014.

原著論文-和文

  1. 細川 真一, 赤平 百絵, 國方 徹也, 宮澤 廣文, 松下 竹次.
    HIV母子感染予防対策実施42症例.
    日本小児科学会雑誌. 118(3):481-486, 2014.
  2. 田中 瑞恵.
    後天性免疫不全症候群(HIV感染症).
    小児科. 55(11), 10月増大号, 1625-1632, 2014.
  3. 久保田 舞, 赤平 百絵, 細川 真一, 兼重 昌夫, 保田 典子, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    重症先天梅毒の早産・低出生体重児の2例.
    日本小児科学会雑誌. 118(11):1648-1653, 2014.
  4. 七野 浩之, 大熊 啓嗣, 西川 英里, 下澤 克宜, 平井 麻衣子, 加藤 麻衣子, 谷ケ崎 博, 陳 基明.
    小児血液疾患患児に対する脾摘出後の感染症予防についての後方視的検討.
    日大医学雑誌. 73:22-25, 2014.
  5. 七野 浩之, 陳 基明, 梁 尚弘, 吉田 行弘, 齋藤 勉, 麦島 秀雄.
    塩酸イリノテカンにより一時的に生活の質の改善がみられた再発ユーイング肉腫ファミリー腫瘍の一小児例.
    日大医学雑誌. 73:263-266, 2014.
  6. 大熊 啓嗣, 七野 浩之, 神山 浩, 谷川 俊太郎, 西川 英里, 下澤 克宜, 平井 麻衣子,加藤 麻衣子, 谷ヶ崎 博, 唐澤 賢祐, 能登 信孝, 陳 基明, 麦島 秀雄.
    心臓血管系晩期合併症の評価に心臓交感神経イメージング検査とSpeckle Tracking法心エコー検査が有用であった骨肉腫の1例.
    日本小児血液・がん学会雑誌. 51:57-61, 2014.
  7. 五石 圭司.
    FLP治療を受けたTTTSの児の短期・長期予後.
    周産期医学. 45(1):91-94, 2015.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Takeji Matsushita.
    Kawasaki disease ―New insights and controversies―.
    Vietnam pediatric association. May 2014, Hue Vietnam
  2. Shichino H, Matsumoto K, Iehara T, Takimoto T, Takahashi H, Nakazawa A, Tajiri T, Masaki H, Fukushima T, Hara J, Ikeda H, Mugishima H, Nakagawara A, JNBSG.
    Feasibility of delayed local control treatment in patients with high risk Neuroblastoma: report of a pilot study from the Japan Neuroblastoma Study Group (JNBSG).
    Advances in Neuroblastoma Resarch Conference 2014. Cologne, Germany, May, 2014.
  3. Matsumoto K, Shichino H, Kuroda T, Hishiki T, Soejima T, Kaneko T, Nakazawa A, Takimoto T, Takahashi H, Fukushima T, Hara J, Kaneko M, Ikeda H, Tajiri T, Nakagawara A, Japan Neuroblastoma Study Group (JNBSG).
    MYCN amplification is not solely the prognostic factor in treating of high-risk neuroblastoma : a late phase II study of Japan Neuroblastoma Study Group (JNBSG).
    Advances in Neuroblastoma Research 2014, Cologne, Germany, May, 2014.
  4. Uryu H, Yamada R, Okuma K, Tanaka M, Okuma Y, Yamanaka J, Sato N, Matsushita T.
    Clinical feature of hospitalized children with influenza infection for nine years.
    The 5th Congress of the European Academy of Pediatrics Societies-EAPS. Barcelona, Spain, Oct, 2014.
  5. Matsui M, Okuma Y, Yamanaka J, Uryu H, Mori N, Noriko Sato, Takeji Matsushita.
    A preliminary report of a diagnostic study with (18)F-FDG-PET (PET) for detection of extramedullary disease (EMD) im pediatric acute myeloid leukemia (AML).
    The 46th Congress of the International Society of Pediatric Oncology(SIOP 2014). Toronto, Canada, Oct, 2014.
  6. Okuma Y, Imanaka-Yoshida K, Hiroe M, Matsushita T, Abe J, Ichida F, Saji T, Takahashi K, Shiraishi I, Suda K, Takeda A, Mitani Y, Yoshikane Y.
    Tenascin-C as a Novel Biomarker for Predicting Therapeutic Effect in Kawasaki Disease.
    Eleventh International Kawasaki Disease Symposium. Hawaii, America, Feb, 2015.
  7. Miyata K, Fukushima N, Morikawa Y, Okuma Y, Misawa M, Hara M, Yamagishi H, Miura M.
    Efficacy and Safety of Treatment with Immunoglobulin Plus Steroid for Kawasaki Disease: A Prospective Observation Study.
    Eleventh International Kawasaki Disease Symposium. Hawaii, America, Feb, 2015.
  8. Imanaka-Yoshida K, Okuma Y, Matsushita T, Hiroe M, Takahashi K.
    Tenascin-C can be a Novel Prognostic Biomarker For Kawasaki Disease.
    Eleventh International Kawasaki Disease Symposium. Hawaii, America, Feb, 2015.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 赤平 百絵, 米本 直裕, 森 臨太郎, 細川 真一, 松下 竹次, バヤッサガランタイバブスレン.
    モンゴル新生児における経時的経皮ビリルビン濃度標準曲線(ノモグラム)作成.
    第117回日本小児科学会学術集会. 名古屋, 4月, 2014.
  2. 本田 真梨, 田中 瑞恵, 赤平 百絵, 細川 真一, 木内 英, 松下 竹次.
    HIV母子感染予防における児へのAZT1日2回分割投与の有効性と短期的安全性について.
    第117回日本小児科学会学術集会. 名古屋, 4月, 2014.
  3. 大熊 喜彰, 山田 律子, 田中 瑞恵, 森 伸生, 瓜生 英子, 山中 純子, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    川崎病冠動脈瘤形成におけるテネイシンCの役割.
    第117回日本小児科学会学術集会. 名古屋, 4月, 2014.
  4. 西端 みどり, 高砂 聡志, 正谷 憲宏, 大熊 喜彰, 田中 瑞恵, 瓜生 英子, 山中 純子, 森 伸生, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    若年かつ初診時に持続性心房細動を認めた肥大型心筋症の一例.
    第117回日本小児科学会学術集会. 名古屋, 4月, 2014.
  5. 山田 律子, 久保田 舞, 大熊 香織, 大熊 喜彰, 田中 瑞恵, 瓜生 英子, 山中 純子, 森 伸生, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    当院におけるインフルエンザ迅速診断検査薬の性能に関する評価.
    第117回日本小児科学会学術集会. 名古屋, 4月, 2014.
  6. 高砂 聡志, 野崎 威功真, 細川 真一, 江上 由里子, 松下 竹次.
    カンボジア国立母子保健センターにおける新生児血液培養検査陽性例の臨床経過の考察.
    第117回日本小児科学会学術集会. 名古屋, 4月, 2014.
  7. 伊藤 智朗, 松下 竹次, 佐藤 典子.
    ベトナム都市部の小児救急来院患者の重症度とコスト意識要因.
    第117回日本小児科学会学術集会. 名古屋, 4月, 2014.
  8. 米田 光宏, 田尻 達郎, 菱木 知郎, 菊地 陽, 小田 慈, 七野 浩之, 森 鉄也, 柳澤 隆昭, 嶋 緑倫, 塩田 光隆, 堀部 敬三.
    日本小児血液・がん学会専門医制度委員会. 専門医制度における現状と今後の課題 小児血液・がん領域から求められる小児外科医の理想像 小児がん認定外科医の現状と問題点からの考察.
    日本小児外科学会. 大阪, 5月, 2014.
  9. 大熊 喜彰.
    川崎病急性期における血清テネイシンC値による初期治療効果判定.
    第34回日本川崎病学会. 東京, 10月, 2014.
  10. 松井 基浩, 大熊 喜彰, 佐藤 典子, 七野 浩之, 松下 竹次.
    血漿交換とステロイドパルス併用が奏功した血症交換不応の重症川崎病のサイトカインプロファイリング.
    第34回日本川崎病学会. 東京, 10月, 2014.
  11. 高砂 聡志, 大熊 喜彰, 宮田 功一, 福島 直哉, 森川 和彦, 大塚 正弘, 原 光彦, 山岸 敬幸, 三浦 大.
    小林スコア4点以下の症例における免疫グロブリン大量療法(IVIG)不応例の臨床的特徴の検討.
    第34回日本川崎病学会. 東京, 11月, 2014.
  12. 宮田 功一, 福島 直哉, 三浦 大, 森川 和彦, 大熊 喜彰, 原 光彦, 大塚 正弘, 山岸 敬幸.
    川崎病の層別化による免疫グロブリン・プレドニゾロン併用療法に関する研究(Post RAISE)多施設共同前向きコホート研究.
    第34回日本川崎病学会. 東京, 10月, 2014.
  13. 小野 博也, 大熊 喜彰, 山中 純子, 瓜生 英子, 佐藤 典子, 七野 浩之, 松下 竹次, 清水 直樹, 新津 健裕, 斉藤 修, 堀越 裕歩, 木下 和枝.
    急激な経過で無呼吸・重篤な呼吸障害・心機能低下をきたしたパレコウイルス感染症の乳児例.
    第613回日本小児科学会東京都地方会講和会. 東京, 10月, 2014.
  14. 加藤 弘規, 大熊 喜彰, 山中 純子, 七野 浩之, 佐藤 典子, 松下 竹次.
    肺炎で入院中に見つかった高CK血症から偶発的にデュシェンヌ型筋ジストロフィーと診断された1例.
    第613回日本小児科学会東京都地方会講和会. 東京, 10月, 2014.
  15. Motohiro Matsui, Yoshiaki Okuma, Junko Yamanaka, Hideko Uryu, Noriko Sato, Hiroyuki Shichino, Takeji Matsushita.
    Diagnostic usefulness of (18)F-FDG-PET/CT for detection of extramedullary disease in children with acute myeloid leukemia:three cases report.
    第56回日本小児血液・がん学会学術集会. 岡山, 11月, 2014.
  16. 山中 純子, 松井 基浩, 柏 直之, 田中 瑞恵, 瓜生 英子, 佐藤 典子, 七野 浩之, 渡辺 新, 斉藤 正博, 松下 竹次.
    国立国際医療研究センター小児科での小児血液がん領域における国際支援の取り組み.
    第56回日本小児血液・がん学会学術集会. 岡山, 11月, 2014.
  17. 松浦 潤, 細川 真一, 田中 瑞恵, 木内 英, 菊池 嘉, 岡 慎一, 松下 竹次.
    HIV陽性妊婦から出生した児の知能発達検査および頭部MRIにおける経時的変化の検討.
    第28回日本エイズ学会. 大阪, 12月, 2014.
  18. 木内 英, 加藤 真吾, 細川 真一, 田中 瑞恵, 中西 美紗緒, 定月 みゆき, 田沼 順子, 潟永 博之, 矢野 哲, 菊池 嘉, 岡 慎一.
    成人と新生児におけるAZTリン酸化物細胞内濃度の比較.
    第28回日本エイズ学会. 大阪, 12月, 2014.
  19. 田中 瑞恵, 細川 真一, 外川 正生, 塚原 優己, 菊池 嘉, 岡 慎一, 松下 竹次.
    HIV陽性妊婦から出生した児の長期予後に関する全国調査.
    第28回日本エイズ学会. 大阪, 12月, 2014.
  20. 袖野 美穂, 大熊 喜彰, 山中 純子, 瓜生 英子, 佐藤 典子, 七野 浩之, 松下 竹次, 新井 勝大, 中野 聡.
    蛋白漏出性胃腸症をきたし消化管内視鏡でリンパ管拡張症と考えられた乳児例.
    第614回日本小児科学会東京都地方会講和会. 東京, 12月, 2014.

著書・総説

単行本-和文

  1. 七野 浩之.
    インフォームドコンセント・インフォームドアセント.
    小児科研修 ノート改訂第2版, 永井良三監修, 診断と治療社, 東京, p207-209, 2014.
  2. 七野 浩之.
    意思決定能力を欠いた患者の利益を保護するために.
    小児科研修 ノート改訂第2版, 永井良三監修, 診断と治療社, 東京, p-209, 2014.

その他