メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 小児科 > 研修を希望される皆さんへ

研修を希望される皆さんへ

初期研修医・後期研修医(レジデント)案内

医師となって最初の2年間は、研修医として臨床研修をしますが、すべての研修医はこの期間に小児科の臨床研修を行う決まりになっています。この期間は当院では6週間で、小児科では指導医とともに、小児の成長発達に理解を深めること、一般的な小児疾患の診療の基本が出来ること、正常新生児の診療が出来ること、などを目標に、当直業務も含めて研修しています。

この卒後2年間の初期研修は各診療科や地域医療の研修が行われます。もし、研修開始時に小児科医となることを決めている場合には、当センターでは、小児科研修医として勤めることになります。2年間の初期研修では、通常の小児科研修は6週間ですが、小児科研修医は36週間の小児科研修が行なわれます。

2年間の臨床研修を終了し、小児科の専門医を目指す方にはレジデント(後期研修医)としてさらに3年間の研修コースがあります。この期間には、重症疾患、慢性疾患、新生児診療など多岐に渡る小児科の医療のすべてを経験し、知識も技術も優秀な小児科医を育成することを目指しています。この期間中には希望すれば、他のナショナルセンターでの研修や、国際医療協力の現場を経験することもできます。

医学部学生案内

医学部で小児科や臨床各科の講義が終了している医学生を対象(学部5,6年生)に臨床実習を受け入れています。救急診療から新生児や慢性疾患の診療などについて「生きた小児科学」の実習をして頂きます。

ご希望の方は、医学生及び当院で研修を考える医師の方へをごらんください。

国際医療協力や災害救援

当センターには、国際医療協力局があり、主として途上国の医療技術援助の仕事を行っています。この分野は母子保健の仕事が多く、小児科医の知識や技術は必須なものになっています。当小児科でも、できるかぎりこうした仕事のお手伝いをさせていただいています。

その内容は、医療技術指導に短期専門家として派遣され海外で行う仕事と、海外から日本に医療を学びに来た医師や看護師などの医療従事者に小児医療の実際を教授するという仕事とがあります。最近では、ベトナムでの共同研究も始まろうとしています。 

レジデント(卒後3年以上)になってある程度の診療経験を経た後で本人が希望すれば、海外での医療援助を経験することも出来ます。

最近の当科からの海外への派遣は、ベトナム、カンボジア、中国などでした。また、海外からの研修生として小児科で研修された医師や看護師は、ベトナム、アフガニスタン、英国、ラオス、イラクなどでした。

また、国内でも地震などの災害時には救援活動に参加しています。