メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 産婦人科 > 診療のご案内 > 高度生殖医療のご案内

高度生殖医療のご案内

診療のご案内

生殖内分泌外来

  1. 不妊症でお悩みの方のための専門外来です。
    この分野に精通した医師が丁寧に対応します。また最新の医療機器もそろえており高度な先進不妊治療を提供できます。
  2. 当外来では、まず患者様に不妊症について十分に理解して頂いたうえで、最新のエビデンスに基づいた治療方法を示しながら個々の患者様の希望も考慮 して方針を決定していきます。また,年齢・不妊期間・個人的な事情などにより治療方針は適宜変わってきます。
  3. 当院では、原則として受診は予約制となっております。しかし、不妊治療では月経の時期によって来院日が決まるケースも多く、事前の予約が困難となります。そうした場合を考慮し、他外来と比べて直前での予約を可能とし、さらに当日受診も行い易くしております。
  4. 女性側の不妊因子の検査はもちろん、男性不妊の検査についても通常の精液検査などは当科での検査が可能です。御主人の来院は必ずしも必須ではありませんが、一緒に説明をお聞きになりたい場合は御夫婦での来院も歓迎致します。
  5. 当院他科との連携はスムーズであり、例えば合併症があって他科への受診が必要な場合にもストレスなく受診が可能です。
  6. 当外来で妊娠された患者さんを分娩まで慎重に経過観察できるような体制を整えております。不妊治療で妊娠した貴重な赤ちゃんです。通常よりリスクが高いと判断した場合には慎重に経過を観察いたします。

IVFセンター

体外受精(IVF-ET)、顕微授精(ICSI)、受精卵凍結、融解胚移植など最先端の治療もできる一方で、可能な症例に関しては内視鏡下癒着剥離術、などを行うことにより自然妊娠を目指すこともできます。

治療にかかる費用

不妊治療にも原則として健康保険は適用されますが、一部の検査や治療には保険がきかないものもあります。ご了承ください。

当院での不妊治療に関わる費用の大体の目安は以下の通りです。参考にしてください。また体外受精では状況により各自治体の特定不妊治療費助成制度を利用することも可能ですのでご相談ください。

下記の費用には排卵誘発の注射、その他の薬剤、血液検査、超音波検査の費用は含まれません。

  • 一般不妊治療(体外受精以外)人工授精(自費診療) 16,200円
  • 体外受精 約30万円
  • 顕微授精 約36万円
  • 胚凍結 約5から約10万円
  • 融解胚移植 約11万円