メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 産婦人科 > 研究実績・活動実績 > 2013年度発表論文等一覧

2013年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Arimoto T, Oda K, Nakagawa S, Kawana K, Tsukazaki T, Adachi K, Matsumoto Y, Yano T, Kozuma S, Taketani Y.
    Retreatment with nedaplatin in patients with recurrent gynecological cancer after the development of hypersensitivity reaction to carboplatin.
    J Obstet Gynaecol Res. 39:336-340, 2013.
  2. Kashiyama T, Oda K, Kawana K, Arimoto T, Kanetaka Y, Takazawa Y, Maeda D, Nakagawa S, Yano T, Kozuma S.
    Low-grade endometrial stromal sarcoma developing in a postmenopausal woman under toremifene treatment for breast cancer.
    J Obstet Gynaecol Res. 39:424-429, 2013.
  3. Miyamoto Y, Nakagawa S, Wada-Hiraike O, Seiki T, Tanikawa M, Hiraike H, Sone K, Nagasaka K, Oda K, Kawana K, Nakagawa K, Fujii T, Yano T, Kozuma S, Taketani Y.
    Sequential effects of the proteasome inhibitor bortezomib and chemotherapeutic agents in uterine cervical cancer cell lines.
    Oncol Rep. 29:51-57, 2013.
  4. Nagasaka K, Seiki T, Yamashita A, Massimi P, Subbaiah VK, Thomas M, Kranjec C, Kawana K, Nakagawa S, Yano T, Taketani Y, Fujii T, Kozuma S, Banks L.
    A novel interaction between hScrib and PP1γ downregulates ERK signaling and suppresses oncogene-induced cell transformation.
    PLoS One. 8:e53752, 2013.
  5. Nakae H, Osuga Y, Fujimoto A, Nakagawa S, Ichinose M, Yano T, Taketani Y.
    Müllerian cyst of the uterus treated with laparoscopy and diagnosed using immunohistology.
    J Obstet Gynaecol Res. 39:430-433, 2013.
  6. Oishi H, Wada-Hiraike O, Osuga Y, Yano T, Kozuma S, Taketani Y.
    Spontaneous cessation and recurrence of massive uterine bleeding can occur in uterine artery pseudoaneurysm after laparoscopically assisted myomectomy.
    J Obstet Gynaecol Res. 39:598-602, 2013.
  7. Takemura Y, Osuga Y, Fujimoto A, Oi N, Tsutsumi R, Koizumi M, Yano T, Taketani Y.
    Increased risk of placenta previa is associated with endometriosis and tubal factor infertility in assisted reproductive technology pregnancy.
    Gynecol Endocrinol. 29:113-115, 2013.
  8. Kojima S, Kawana K, Tomio K, Yamashita A, Taguchi A, Miura S, Adachi K, Nagamatsu T, Nagasaka K, Matsumoto Y, Arimoto T, Oda K, Wada-Hiraike O, Yano T, Taketani Y, Fujii T, Schust DJ, Kozuma S.
    The Prevalence Of Cervical Regulatory T Cells in HPV-Related Cervical Intraepithelial Neoplasia (CIN) Correlates Inversely with Spontaneous Regression of CIN.
    Am J Reprod Immunol. 69:134-141, 2013.
  9. Ichinose M, Fujimoto A, Osuga Y, Minaguchi T, Kawana K, Yano T, Kozuma S.
    The influence of infertility treatment on the prognosis of endometrial cancer and atypical complex endometrial hyperplasia.
    Int J Gynecol Cancer. 23:288-293, 2013.
  10. Todokoro T, Furniss D, Oda K, Kawana K, Narushima M, Mihara M, Kikuchi K, Hara H, Yano T, Koshima I.
    Effective treatment of pelvic lymphocele by lymphaticovenular anastomosis.
    Gynecol Oncol. 128:209-214, 2013.
  11. Halimi SA, Maeda D, Shinozaki-Ushiku A, Koso T, Matsusaka K, Tanaka M, Arimoto T, Oda K, Kawana K, Yano T, Fujii T, Fukayama M.
    Claudin-18 overexpression in intestinal-type mucinous borderline tumour of the ovary.
    Histopathology. 63:534-544, 2013.
  12. Fujimoto A, Osuga Y, Sakurabashi A, Hisatomi S, Kaneko J, Hasegawa K, Yano T, Kokudo N, Kozuma S.
    Laparoendoscopic single-site concomitant surgery for gallstones and a giant ovarian teratoma.
    Asian J Endosc Surg. 6:223-225, 2013.
  13. Ikeda Y, Oda K, Hiraike-Wada O, Koso T, Miyasaka A, Kashiyama T, Tanikawa M, Sone K, Nagasaka K, Maeda D, Kawana K, Nakagawa S, Fukayama M, Tetsu O, Fujii T, Yano T, Kozuma S.
    Cyclin D1 harboring the T286I mutation promotes oncogenic activation in endometrial cancer.
    Oncol Rep. 30:584-588, 2013.
  14. Tanikawa M, Tanikawa M, Wada-Hiraike O, Yoshizawa-Sugata N, Shirane A, Hirano M, Hiraike H, Miyamoto Y, Sone K, Ikeda Y, Kashiyama T, Oda K, Kawana K, Katakura Y, Yano T, Masai H, Roy AL, Osuga Y, Fujii T.
    Role of multifunctional transcription factor TFII-I and putative tumour suppressor DBC1 in cell cycle and DNA double strand damage repair.
    Br J Cancer. 109:3042-3048, 2013.
  15. Harada M, Osuga Y, Fujimoto A, Fujimoto A, Fujii T, Yano T, Kozuma S.
    Predictive factors for recurrence of ovarian mature cystic teratomas after surgical excision.
    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 171:325-328, 2013.
  16. Mitsuhashi A, Uno T, Usui H, Nishikimi K, Yamamoto N, Watanabe M, Tate S, Hirashiki K, Kato K, Yamazawa K, Shozu M.
    Daily low-dose cisplatin-based concurrent chemoradiotherapy in patients with uterine cervical cancer with emphasis on elderly patients: a phase 2 trial.
    Int J Gynecol Cancer. 23:1453-1458, 2013.
  17. Saito A, Koga K, Osuga Y, Harada M, Takemura Y, Yoshimura K, Yano T, Kozuma S.
    Individualized management of umbilical endometriosis: A report of seven cases.
    J Obstet Gynaecol Res. 40:40-45, 2014.
  18. Shiozaki A, Yoneda S, Nakabayashi M, Takeda Y, Takeda S, Sugimura M, Yoshida K, Tajima A, Manabe M, Akagi K, Nakagawa S, Tada K, Imafuku N, Ogawa M, Mizunoe T, Kanayama N, Itoh H, Minoura S, Ogino M and Saito S.
    Multiple pregnancy, short cervix, part-time worker, steroid use, low educational level and male fetus are risk factors for preterm birth in Japan: A multicenter, prospective study.
    J Obstet Gynaecol Res. 40:53-61, 2014.
  19. Terao M, Koga K, Fujimoto A, Wada-Hiraike O, Osuga Y, Yano T, Kozuma S.
    Factors that predict poor clinical course among patients hospitalized with pelvic inflammatory disease.
    J Obstet Gynaecol Res. 40:495-500, 2014.
  20. Inaba K, Nagasaka K, Kawana K, Arimoto T, Matsumoto Y, Tsuruga T, Mori-Uchino M, Miura S, Sone K, Oda K, Nakagawa S, Yano T, Kozuma S, Fujii T.
    High-risk human papillomavirus correlates with recurrence after laser ablation for treatment of patients with cervical intraepithelial neoplasia 3: A long-term follow-up retrospective study.
    J Obstet Gynaecol Res. 40:554-560, 2014.
  21. Kashiyama T, Oda K, Ikeda Y, Shiose Y, Hirota Y, Inaba K, Makii C, Kurikawa R, Miyasaka A, Koso T, Fukuda T, Tanikawa M, Shoji K, Sone K, Arimoto T, Wada-Hiraike O, Kawana K, Nakagawa S, Matsuda K, McCormick F, Aburatani H, Yano T, Osuga Y, Fujii T.
    Antitumor activity and induction of TP53-dependent apoptosis toward ovarian clear cell adenocarcinoma by the dual PI3K/mTOR inhibitor DS-7423.
    PLoS One. 9:e87220, 2014.
  22. Miyasaka A, Oda K, Ikeda Y, Wada-Hiraike O, Kashiyama T, Enomoto A, Hosoya N, Koso T, Fukuda T, Inaba K, Sone K, Uehara Y, Kurikawa R, Nagasaka K, Matsumoto Y, Arimoto T, Nakagawa S, Kuramoto H, Miyagawa K, Yano T, Kawana K, Osuga Y, Fujii T.
    Anti-tumor activity of olaparib, a poly (ADP-ribose) polymerase (PARP) inhibitor, in cultured endometrial carcinoma cells.
    BMC Cancer. 14:179, 2014.

原著論文-和文

  1. 大井 なぎさ, 原田 美由紀, 藤本 晃久, 大石 元, 平田 哲也, 堤 亮, 渡辺 裕子, 大須賀 穣, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    累積妊娠率から見た至適採卵数の検討.
    日本受精着床学会雑誌. 30:65-69, 2013.
  2. 平池 修, 矢野 哲, 小山 哲, 白根 晃, 平池 春子, 櫻林 彩子, 平野 茉来, 谷川 道洋, 宮本 雄一郎, 森田 吉洋, 曾根 献文, 原田 美由紀, 大石 元, 大須賀 穣, 藤井 知行, 上妻 志郎, 武谷 雄二.
    エストロゲンレセプターβ転写共役因子の機能解析によるホルモン補充療法の作用メカニズムの分子的解明.
    日本女性医学学会雑誌. 20:406-411, 2013.
  3. 大垣 洋子, 竹内 亜利砂, 高野 恭平, 大西 賢人, 中西 美紗緒, 水主川 純, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 五味淵 秀人, 箕浦 茂樹, 峰 宗太郎.
    子宮筋腫から発生したと考えられた子宮平滑筋肉腫の1例.
    東京産科婦人科学会誌. 62:299-303, 2013.
  4. 竹内 亜利砂, 定月 みゆき, 水主川 純, 高野 恭平, 大西 賢人, 大垣 洋子, 中西 美紗緒, 桝谷 法生, 五味淵 秀人, 矢野 哲, 箕浦 茂樹.
    集学的治療が奏効した統合失調症合併卵巣癌の1例.
    東京産科婦人科学会誌. 62:492-496, 2013.
  5. 錦見 恭子, 楯 真一, 山本 憲子, 植原 貴史, 碓井 宏和, 山澤 功二, 三橋 暁, 生水真紀夫.
    三林式基靱帯摘出術を用いて完全切除した再発卵巣癌の一例(会議録/症例報告).
    産婦人科手術. 24:141, 2013.
  6. 中西 美紗緒, 箕浦 茂樹.
    【らくらく理解!見方・読み方・読む視点 保存版:産科の検査値まるごと大図鑑】 HIV.
    ペリネイタルケア. 32:547-549, 2013.
  7. 定月 みゆき.
    若年妊娠における社会的問題. 周産期医学 43:885-888, 2013.
  8. 宮本 雄一郎, 平池 修, 長阪 一憲, 大石 元, 甲賀 かをり, 藤本 晃久, 大須賀 穣, 矢野 哲, 上妻 志朗, 武谷 雄二.
    術前診断が困難であった尿膜管腫瘍の1例.
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 29:69-73, 2013.
  9. 森田 一輝, 平池 修, 長谷川 亜希子, 甲賀 かをり, 藤本 晃久, 大須賀 穣, 亀井 良政, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎, 武谷 雄二.
    腹腔鏡下卵管摘出術を行った閉経周辺期女性に発症した孤立性卵管留水症捻転の一例.
    日本女性医学学会雑誌. 21:44-48, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Kashiyama T, Oda K, Ikeda Y, Shiose Y, Hirora Y, Miyasaka A, Koso T, Inaba K, Fukuda T, Shoji K, Tanikawa M, Nagasaka K, Hiraike-Wada O, Kawana K, Aburatani H, Nakagawa S, Fujii T, Yano T, Kozuma S.
    Induction of apoptosis in ovarian clear cell carcinomas with wild-type TP53 by inhibiting PI3K/mTOR signaling pathway.
    104th AACR (American Association for Cancer Research) Annual Meeting: Washington DC, USA, Apr, 2013.
  2. Ikeda Y, Oda K, Koso T, Miyasaka A, Kashiyama T, Hiraike-Wada O, Maeda D, Kawana K, Nakagawa S, Kikuchi Y, Fujii T, Yano T, Kozuma S.
    Cyclin D1 harboring T286I mutation promotes oncogenic activation in endometrial cancer.
    104th AACR (American Association for Cancer
    Research) Annual Meeting: Washington DC, USA, Apr, 2013.
  3. Asada K, Koso T, Oda K, Uehar Y, Yamamoto S, Tatsuno K, Ueda H, Kurikawa R, Ikeda Y, Hiraike O, Kawana K, Yano T, Osuga Y, Fujii T, Aburatan H.
    Comparison of genomic alteration patterns between ovarian clear cell carcinoma and renal cell carcinoma.
    AACR Special Conference:
    Advances in Ovarian Cancer Research: From Concept to Clinic: Miami, USA, Sep, 2013.
  4. Oishi H, Hiraike-Wada O, Nakazawa M, Tanak M, Sakurabashi A, Hirano M, Shirane A, Morita Y, Harada M, Takamoto M, Zhang S, Nakanishi M, Sadatsuki M, Kugu K, Osuga Y, Yano T.
    Effects of the combination therapy with conjugated estrogens and raloxifene on bone metabolism, endometrial safety, and coagulation profile in postmenopausal women.
    5th Scientific Meeting of the Asia Pacific Menopause Federation: Tokyo, Japan, Oct, 2013.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 矢野 哲.
    教育講演「加齢の生殖内分泌学」.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  2. 矢野 哲.
    生涯研修プログラム「ホルモン補充療法ガイドライン2012年度版」解説 1)HRTによるリスク/ベネフィット評価(HRTの適応と評価/慎重投与症例)―特に合併症をもった女性への投与時の注意点―.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  3. 清木 孝之, 長阪 一憲, 宮坂 亞希, 福田 友彦, 樫山 智子, 平池 修, 織田 克利, 川名 敬, 中川俊介, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    HPV16型E6癌蛋白質はhScrib-PPI複合体の細胞内局在を変化させ, ERK依存的増殖能を獲得する.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  4. 井上 知子, 川名 敬, 田口 歩, 横山 照史, 山下 亜紀, 冨尾 賢介, 足立 克之, 長阪 一憲, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    CIN治療を目的としたE7発現型乳酸菌HPV経口ワクチンによるE7特異的粘膜免疫誘導能は合成セラミドGalCerと漢方薬併用経口投与により増強する.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  5. 田口 歩, 川名 敬, 有田 誠, 甲賀 かをり, 冨尾 賢介, 山下 亜紀, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    オメガ3多価不飽和脂肪酸(ω3-FUTA)は子宮頸癌モデルにおいて腫瘍間質のMMP-9抑制と血管新生阻害によって抗腫瘍効果を発揮する.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  6. 池田 悠至, 織田 克利, 宮坂 亞希, 樫山 智子, 神尊 貴裕, 庄司 恵子, 平池 修, 川名 敬, 青木大輔, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    サイクリンD依存性キナーゼ比活性値は子宮体癌における予後予測の新規バイオマーカーである.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  7. 宮坂 亞希, 織田 克利, 池田 悠至, 稲葉 可奈子, 福田 友彦, 神尊 貴裕, 蔵本 博行, 平池 修, 川名 敬, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    子宮体癌に対するPARP阻害剤Olaparibの有用性の検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  8. 稲葉 可奈子, 織田 克利, 福田 友彦, 宮坂 亞希, 樫山 智子, 池田 悠至, 蔵本 博行, 平池 修, 川名 敬, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    子宮体癌においてMAPK経路は治療ターゲットとなるうる.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  9. 福田 友彦, 織田 克利, 樫山 智子, 宮坂 亞希, 稲葉 可奈子, 神尊 貴裕, 池田 悠至, 平池 修, 川名 敬, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    抗マラリヤ薬クロロキンは子宮体癌の新規抗がん剤となりうる.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  10. 高橋 樹里, 川名 敬, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    再発時腫瘍マーカーパターンから見た子宮体癌再発例の予後の検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  11. 飯塚 奈緒, 松本 陽子, 丸山 正統, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 有本 貴英, 織田 克利, 川名 敬, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    子宮内膜細胞診や組織診による診断確定の困難な子宮内膜悪性腫瘍症例における子宮鏡検査の有用性.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  12. 松本 陽子, 川名 敬, 有本 貴英, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    難治性成人喉頭乳頭腫治療経過におけるヒトパピローマウイルスジェノタイピング検査と再発リスクの検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  13. 西田 晴香, 松本 陽子, 川名 敬, 田口 歩, 山下 亜紀, 長阪 一憲, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    子宮頸癌担癌マウスにおけるHPVE6siRNA内包ナノミセルを用いた新規分子標的薬の抗腫瘍効果の検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  14. 佐藤 雅和, 川名 敬, 長阪 一憲, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 松本 陽子, 有本 貴英, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    子宮頸癌の根治手術後の再発症例における再発部位と再発後予後に関する検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  15. 宮本 雄一郎, 平池 修, 中川 俊介, 織田 克利, 川名 敬, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    Bortezomib・cisplatinnoの併用による, 子宮頸癌に対する抗腫瘍効果の相乗作用についての検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  16. 秋山 育美, 吉野 修, 大須賀 穣, 永井 美和子, 浦田 陽子, 泉 玄太郎, 原田 美由紀, 平田 哲也, 廣田 泰, 甲賀 かをり, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    ヒト卵巣におけるproprotein convertase subtilisin/kexin (PCSK)6の局在とその調節.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  17. 山下 亜紀, 川名 敬, 有田 誠, 田口 歩, 古屋 仁美, 冨尾 賢介, 長阪 一憲, 永松 健, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    EPAの活性代謝物は新規の早産予防薬になりうる.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  18. 樫山 智子, 織田 克利, 池田 悠至, 宮坂 亞希, 福田 友彦, 稲葉 可奈子, 庄司 恵子, 平池 修, 川名 敬, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    新規PI3K/mTOR同時阻害剤DS7423は卵巣明細胞腺癌において腫瘍増殖を抑制しp53依存性アポトーシスを誘導する.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  19. 秋野 なな, 有本 貴英, 川名 敬, 宮本 雄一郎, 佐藤 英貴, 三浦 紫保, 長阪 一憲, 松本 陽子, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    卵巣癌再発3, 4期再発症例における維持化学療法の有用性についての検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  20. 藤本 晃久, 市瀬 茉里, 森嶋 かほる, 堤 亮, 原田 美由紀, 平田 哲也, 大石 元, 大須賀 穣, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    子宮体癌, 複雑型子宮内膜異型増殖症に対する子宮温存治療後のART成績に関する検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  21. 藤川 朋奈, 三浦 紫保, 松本 陽子, 川名 敬, 有本 貴英, 長阪 一憲, 佐藤 英貴, 宮本 雄一郎, 織田 克利, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    卵巣腫瘍の質的診断における術後FDG-PET/CTのSUVmax値の臨床的意義に関する検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  22. 藤本 麻葉, 原田 美由紀, 大須賀 穣, 藤本 晃久, 平池 修, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    卵巣成熟嚢胞性奇形腫の嚢腫摘出後の再発に関する検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  23. 松村 慶子, 織田 克利, 神尊 貴裕, 有本 貴英, 松本 陽子, 長阪 一憲, 三浦 紫保, 佐藤 英貴, 川名 敬, 藤井 知行, 矢野 哲, 上妻 志郎.
    卵巣低悪性度漿液性腺癌の臨床像.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  24. Urata Y, Osuga Y, Nagai M, Izumi G, Takamura M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Yoshino O, Koga K, Yano T, Kozuma S.
    IL-4 and PGE2 synergistically increase the expression of 3beta hydroxysteroid dehydrogenase type 2 in endometrioma stromal cells.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  25. 中西 美紗緒, 高野 恭平, 竹内 亜利砂, 大西 賢人, 大垣 洋子, 水主川 純, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 五味淵 秀人, 箕浦 茂樹, 福岡 秀興.
    胎盤重量/児出生体重比からみた周産期予後についての検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  26. 大垣 洋子, 竹内 亜利砂, 高野 恭平, 大西 賢人, 中西 美紗緒, 水主川 純, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 五味淵 秀人, 箕浦 茂樹.
    当院の高年初産婦における自然経腟分娩についての検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  27. 喜多 恒和, 中西 美紗緒, 箕浦 茂樹, 松田 秀雄, 高野 政志, 岩田 みさ子, 佐久本 薫, 太田 寛, 稲葉 憲之, 和田 裕一, 戸谷 良造, 塚原 優己.
    わが国におけるHIV感染女性の再妊娠の転帰に関する検討.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  28. 齋藤 滋, 塩崎 有宏, 中林 正雄, 竹田 善治, 竹田 省, 杉村 基, 吉田 幸洋, 田嶋 敦, 尾崎 浩士, 明城 光三, 中川 昌子, 多田 克彦, 熊澤 一真, 小川 昌宣, 水之江 知哉, 金山 尚裕, 伊東 宏晃, 箕浦 茂樹, 荻野 満春, 左右田 裕生, 下屋 浩一郎.
    日本人における妊娠34週未満、37週未満の早産リスク因子の解析~厚生労働研究(多施設共同前方視的早産研究)からの解析~.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会. 札幌, 5月, 2013.
  29. 大西 賢人, 高野 恭平, 竹内 亜利砂, 張 士青, 中西 美紗緒, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 矢野 哲, 箕浦 茂樹.
    MPA療法後に治療を中断し, 再発後にTC療法を含む集学的治療が奏効した子宮体癌の一例.
    第125回関東連合産科婦人科学会学術集会. 東京, 6月, 2013.
  30. 高野 恭平, 中西 美紗緒, 竹内 亜利砂, 大西 賢人, 張 士青, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 箕浦 茂樹, 矢野 哲.
    病理組織学的に完全な腸管構造を有した卵巣成熟嚢胞性奇形腫の一例.
    第125回関東連合産科婦人科学会学術集会. 東京, 6月, 2013.
  31. 荻野 満春, 飯野 孝一, 矢野 哲, 箕浦 茂樹.
    閉経後婦人における温水洗浄便座の習慣的使用による問題点.
    第125回関東連合産科婦人科学会学術集会. 東京, 6月, 2013.
  32. 大石 元.
    産婦人科腹腔鏡下手術の現況.
    第21回新宿医学会. 東京, 6月, 2013.
  33. 宮坂 亞希, 織田 克利, 池田 悠至, 樫山 智子, 稲葉 可奈子, 福田 友彦, 神尊 貴裕, 蔵本 博行, 平池 修, 川名 敬, 矢野 哲, 藤井 知行, 上妻 志郎.
    子宮体癌へのPARP阻害剤Olaparibの有効性の検討.
    第12回婦人科がん分子標的研究会学術集会. 奈良, 7月, 2013.
  34. 大西 賢人, 定月 みゆき, 寺尾 美代子, 張 士青, 中西 美紗緒, 桝谷 法生, 大石 元, 箕浦 茂樹, 矢野 哲.
    炎症性筋疾患の精査中に発見された子宮頸癌と子宮体癌の2例.
    第28回Oncology研究会. 東京, 7月, 2013.
  35. 中西 美紗緒, 定月 みゆき, 矢野 哲, 箕浦 茂樹.
    非妊時BMIからみた周産期事象について.
    第49回日本周産期・新生児医学会学術集会. 横浜, 7月, 2013.
  36. 中西 美紗緒, 高野 恭平, 竹内 亜利砂, 大西 賢人, 張 士青, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 矢野 哲, 箕浦 茂樹.
    急速な転帰をたどったHIV合併婦人科癌の3例について.
    第54回日本婦人科腫瘍学会学術集会. 東京, 7月, 2013.
  37. 矢野 哲.
    中高年女性の健康管理―最近の動向― OB/GYN Clinical Seminar.
    三区産婦人科医会合同セミナー.東京, 9月, 2013.
  38. 矢野 哲.
    子宮内膜症治療の最近の話題.
    第2回Dr to Dr Meeting in Mitaka. 三鷹, 10月, 2013.
  39. 神尊 貴裕, 織田 克利, 上原 ゆり子, 浅田 佳代, 山本 尚吾, 辰野 健二, 上田宏生, 池田 悠至, 平池 修, 川名 敬, 矢野 哲, 藤井 知行, 油谷 浩幸.
    卵巣明細胞腺癌の統合的ゲノム解析.
    第72回日本癌学会学術総会.横浜, 10月, 2013.
  40. 浅田 佳代, 神尊 貴裕, 織田 克利, 上原 ゆり子, 山本 尚吾, 辰野 健二, 上田宏生, 池田 悠至, 平池 修, 川名 敬, 矢野 哲, 藤井 知行, 油谷 浩幸.
    卵巣明細胞腺癌と腎明細胞腺癌におけるゲノム異常様式の類似・相違点の解明.
    第72回日本癌学会学術総会.横浜, 10月, 2013.
  41. 小川 武甲, 齋藤 寛恵, 金 昌勲, 藤本 晃久, 矢野 哲, 矢野 直美.
    AMH値は体外受精の妊娠予後の指標となり得るか.
    第58回日本生殖医学会学術講演会. 神戸, 11月, 2013.
  42. 岡垣 竜吾, 荒木 隆一郎, 苛原 稔, 久具 宏司, 桑原 章, 栗林 靖, 齊藤 英和, 矢野 哲, 吉田 淳, 峯岸 敬, 石原 理.
    本邦の一般不妊治療における卵巣刺激法と多胎妊娠の発生―全国産婦人科施設アンケート調査の解析から.
    第58回日本生殖医学会学術講演会. 神戸, 11月, 2013.
  43. 吉新 明日香, 原田 美由紀, 大津 洋, 藤本 晃久, 大石 元, 平田 哲也, 堤 亮, 大井 なぎさ, 甲賀 かをり, 平池 修, 大須賀 穣, 藤井 知行.
    凍結融解胚移植例と新鮮胚移植例の妊娠初期の血清hCG値推移の比較検討.
    第58回日本生殖医学会学術講演会. 神戸, 11月, 2013.
  44. 平野 茉来, 平池 修, 白根 晃, 櫻林 彩子, 傅 厚菊, 磯野 渉, 大石 元, 織田 克利, 川名 敬, 矢野 哲, 大須賀 穣, 藤井 知行.
    家族性卵巣機能不全原因遺伝子FOXL2はエストロゲンレセプターβの転写活性化能を抑制する.
    第18回日本生殖内分泌学会学術集会. 東京, 12月, 2013.
  45. 寺尾 美代子, 中西 美紗緒, 大西 賢人, 張 士青, 桝谷 法生, 高本 真弥, 大石 元, 定月 みゆき, 箕浦 茂樹, 矢野 哲.
    低悪性度子宮内膜間質肉腫の術後再発に対してアロマターゼ阻害薬が奏効した1例.
    第368回東京産科婦人科学会例会. 東京, 12月, 2013.
  46. 寺尾 美代子, 中西 美紗緒, 大西 賢人, 張 士青, 桝谷 法生, 高本 真弥, 大石 元, 定月 みゆき, 山澤 功二, 矢野 哲.
    当院におけるHIV感染妊婦の周産期管理.
    第15回東京大学周産期研究会. 東京, 2月, 2014.
  47. 大石 元.
    骨粗鬆症の治療に対する各診療科の役割―産婦人科の立場から.
    Osteoporosis Symposium in Tokyo 2014. 基調講演, 東京, 2月, 2014.
  48. 大石 元.
    産婦人科における骨粗鬆症の診断と治療.
    第1回東京婦人科ネットワーク. 特別講演, 東京, 2月, 2014.

著書・総説

単行本-和文

  1. 長阪 一憲, 矢野 哲.
    ヒトパピローマウイルスDNA検査.
    臨床検査ガイド2013~2014. pp785-788, 文光堂, 東京, 2013.
  2. 平池 修, 矢野 哲.
    卵巣過剰刺激症候群の予防は可能か.
    EBM婦人科疾患の治療2013-2014. pp122-128, 杉山 徹・苛原 稔・原田 省・鈴木 直・川名 敬編, 中外医学社, 東京, 2013.
  3. 大石 元, 矢野 哲.
    出血時の対応.
    今日からできるホルモン補充療法. pp169-175, 水沼英樹・高松潔編, 中外医学社, 東京, 2013.
  4. 矢野 哲.
    無月経・不妊症.
    人体の構造と機能及び疾病の成り立ち. 各論 pp178-180, 香川靖雄・近藤和雄・石田 均・門脇 孝編, 南江堂, 東京, 2013.
  5. 矢野 哲.
    更年期障害.
    人体の構造と機能及び疾病の成り立ち. 各論 pp180-181, 香川靖雄・近藤和雄・石田 均・門脇 孝編, 南江堂, 東京, 2013.
  6. 大石 元.
    更年期序論.
    機能性食品素材のためのヒト評価. 第11章, 山本哲郎監修, JMC出版, 東京, 2013.
  7. 山澤 功二.
    癌肉腫・肉腫の治療子宮体.
    がん治療ガイドライン 2013年版(第3版). 第7章 日本婦人科腫瘍学会編, 2013.

総説-和文

  1. 有本 貴英, 矢野 哲.
    卵巣癌.
    検査と技術. 41:578-583, 2013.
  2. 矢野 哲.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会 教育講演 「加齢の生殖内分泌学」.
    日本産科婦人科学会雑誌. 65:1664-1672, 2013.
  3. 矢野 哲.
    第65回日本産科婦人科学会学術講演会 生涯研修プログラム 「ホルモン補充療法ガイドライン2012年度版」解説 HRTによるリスク/ベネフィット評価 HRTの禁忌症例と慎重投与症例― 特に合併症をもった女性への投与時の注意点―.
    日本産科婦人科学会雑誌. 65:N49-53, 2013.

その他

紙上発表−和文、メディア

  1. 矢野 哲.
    更年期障害診療ガイド 持田製薬株式会社編 2014.