メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 外科 > 研究実績・活動実績 > 2012年度発表論文等一覧

2012年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Kumazawa K, Edamoto Y, Yanase M, Nakayama M.
    Liver analysis using gadolinium-ethoxybenzyl diethylenethamine penta aceti acid-enhanced magnetic resonance imaging: Correlation with histological grading and quantitative liver evaluation prior to hepatectomy.
    Hepatology Research。 2042:10 81-1088, 2012.

原著論文-和文

  1. 熊澤 慶吾, 枝元 良広, 三原 史規, 徳原 真, 野崎 雄一, 柳瀬 幹雄, 中山 智博, 蓮尾 金博, 飯塚 利彦, 望月 眞.
    腫瘤形成型の局在診断が困難であった腫瘤形成+胆管内発育型肝内胆管癌の一例.
    Liver cancer. 18(2):189-198, 2012.
  2. 矢野 秀朗.
    【大腸癌の診療-標準治療から最新治療まで】 Key words リンパ節郭清 日本と欧米の違い.
    カレントテラピー. 30(5):464, 2012.
  3. 矢野 秀朗, 合田 良政. 須田 竜一郎, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    【播種治療の展望】 腹膜偽粘液腫に対するperitonectomy.
    Surgery Frontier. 19(2):151-157, 2012.
  4. 矢野 秀朗, 合田 良政. 須田 竜一郎, 齋藤 幸夫.
    【肛門管癌と虫垂癌】 虫垂癌 その他 腹膜偽粘液腫(pseudomyxoma peritonei)の治療.
    大腸癌Frontier. 5(2):170-174, 2012.
  5. 安田 秀光, 橋本 政典, 杉浦 良子, 三宅 大, 三原 史規, 日野原 千速.
    【乳癌(第2版)-基礎と臨床の最新研究動向-】 乳癌治療とインフォームドコンセント 乳癌手術におけるインフォームドコンセントの要点.
    日本臨床. 乳癌, 70(7):751-756, 2012.
  6. 星野 惠津夫, 井上 美貴, 徳原 真, 網谷 真理恵, 飯田 深雪.
    茯苓四逆湯が奏功した癌患者4症例の検討と四逆湯類の適用法.
    漢方の臨床. 59(11):1892-1906, 2012.
  7. 網谷 真理恵, 星野 惠津夫, 井上 美貴, 行實 知昭, 徳原 真, 乾 昭夫.
    閃輝暗点に漢方薬が著効した4症例.
    漢方の臨床. 59(7):1253-1261, 2012.
  8. 大貫 幸二, 角田 博子, 東野 英利子, 飯郷 宇多子, 遠藤 登喜子, 大岩 幹直, 尾羽根 範員, 加奥 節子, 梶原 崇恵, 加藤 正仁, 河合 賢朗, 河内 伸江, 栗田 武彰, 久留島 幸路, 桑島 章, 斉藤 シズ子, 佐久間 浩, 鈴木 咲子, 恒川 美香子, 中島 一毅, 中谷 守一, 橋本 秀行, 林 幸子, 坂 佳奈子, 藤本 泰久, 森久保 寛, 安田 秀光, 山田 穣, 渡辺 隆紀, 渡邉 朋子, 和田 博司.
    日本乳腺甲状腺超音波診断会議乳癌検診研究班. マンモグラフィと超音波検査の併用検診における総合判定基準 JABTS乳癌検診研究班からの報告.
    日本乳癌健診学会誌. 21(3):273-279, 2012.
  9. 星野 惠津夫, 徳原 真, 井上 美貴.
    【消化管疾患に対する漢方医学からのアプローチ-現状と展望】 概論 消化器疾患に対する漢方アプローチの歴史的背景・現状・今後の展望.
    臨床消化器内科. 28(2):151-159, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Yasuda H.
    Terminology consensus and the application of ACR- BI-RADS and JABTS/JSUM Taiwan, Japan and Korea Consensus Summit on Ultrasound and Screening of Breast Cancer. Taipei, Taiwan, May, 2012.
  2. Sugiura Y, Yasuda H, Masanori H, Hinohara C, Wada S, Suda R, Mihara F, Miyake O, Yamasawa K, Saitoh Y, Shimizu T.
    Typical ultrasonic findings of invasive micropapillary carcinoma of the breast.
    The 58th International collegege of Surgeons Japan section. Tokyo, Japan, Jun, 2012.
  3. Yano H, Moran B, Gohda Y, Suda R, Saito Y.
    Initial experiences of cytoreductive surgery for pseudomyxoma peritonei in a newly set-up peritoneal malignancy service.
    The 8th World Congress on Peritoneal Surface Malignancies. Berlin, Germany, Nov, 2012.
  4. Gohda Y, Yano H, Suda R, Saito Y.
    Encapsulating peritoneal sclerosis following cytoreductive surgery combined with hyperthermic intraperitoneal chemotherapy for pseudomyxoma peritonei: a case report.
    The 8th World Congress on Peritoneal Surface Malignancies. Berlin, Germany, Nov, 2012.
  5. Edamoto Y, Mihara F.
    The occurrence of catheter related blood stream infection and its effect on healthcare economy in peripherally inserted central catheters.
    2nd World Congress on Vascular Access. Amsterdam, Netherlands, Jun, 2012.
  6. Mihara F, Edamoto Y.
    Clinical Efficacy of tape free PIV catheter stabilization device in Japan.
    2nd World Congress on Vascular Access. Amsterdam, Netherlands, Jun, 2012.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 枝元 良広, 三原 史規.
    短期滞在鼠径ヘルニア手術における硬膜外麻酔の有用性.
    第10回日本ヘルニア学会学術集会. 名古屋, 4月, 2012.
  2. 枝元 良広, 三原 史規.
    腹壁瘢痕ヘルニアに対する治療戦略.
    第10回日本ヘルニア学会学術集会. 名古屋, 4月, 2012.
  3. 枝元 良広, 和田 佐保, 日野原 千速, 齋藤 幸夫, 清水 利夫, 木村 昭夫.
    外傷性膵損傷における膵温存手術の一方法.
    第26回日本外傷学会総会・学術集会. 東京, 5月, 2012.
  4. 枝元 良広, 熊澤 慶吾, 三原 史規, 徳原 真.
    肝実質切離におけるLigasure Small Jawの応用.
    第24回日本肝胆膵外科学会・学術集会. 大阪, 5月, 2012.
  5. 安田 秀光, 橋本 政典, 杉浦 良子, 日野原 千速, 須田 竜一郎, 和田 佐保, 山澤 邦宏, 齋藤 幸夫, 清水 利夫.
    推定腫瘍倍加時間からみた精査施設における経過観察期間についての検討.
    第20回日本乳癌学会総会. 熊本, 6月, 2012.
  6. 杉浦 良子, 橋本 政典, 安田 秀光, 和田 佐保, 日野原 千速, 齋藤 幸夫, 清水 利夫, 望月 眞, 猪狩 亨.
    Intracystic Papillary Carcinoma 2例の検討.
    第20回日本乳癌学会総会. 熊本, 6月, 2012.
  7. 枝元 良広, 熊澤 慶吾, 清水 利夫.
    正常肝におけるドレーン挿入は不要である。SSI発生頻度、医療経済学的考察.
    第67回日本消化器外科学会総会. 富山, 7月, 2012.
  8. 矢野 秀朗, 須田 竜一郎, 合田 良政, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    当センターにおける腹腔鏡下側方郭清−開腹下側方廓清との比較−.
    第67回日本消化器外科学会総会. 富山, 7月, 2012.
  9. 合田 良政, 矢野 秀朗, 須田 竜一郎, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    Stage Ⅳ大腸癌の一亜型としての腹膜偽粘液腫の診断と治療.
    第67回日本消化器外科学会総会. 富山, 7月, 2012.
  10. 須田 竜一郎, 矢野 秀朗, 合田 良政, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    当センターにおける局所高度進展直腸癌に対する骨盤内蔵全摘術施行例の検討.
    第67回日本消化器外科学会総会. 富山, 7月, 2012.
  11. 徳原 真, 熊澤 慶吾, 合田 良政, 山澤 邦宏, 矢野 秀朗, 枝元 良広, 橋本 政典, 齋藤 幸夫, 清水 利夫, 窪田 和雄.
    GISTに対する分子標的治療薬の早期治療効果判定におけるFDG-PETの有用性について.
    第67回日本消化器外科学会総会. 富山, 7月, 2012.
  12. 徳原 真, 岡本幸一郎, 中村 真依, 齋藤 幸夫, 清水 利夫, 松浦 恵子, 渡辺 賢治.
    Suniti IV nib(Sutent®)による全身倦怠感に桃核承気湯が有効であった1例.
    第63回日本東洋医学会学術総会. 京都, 7月, 2012.
  13. 安田 秀光.
    乳癌の診断と治療のUpdate.
    城南Breast Cancer フォーラム. 東京, 9月, 2012.
  14. 矢野 秀朗, 須田 竜一郎, 合田 良政, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    当センターにおける下部直腸癌側方郭清の治療成績‐術前画像診断に基づく適応の絞込みと徹底郭清‐.
    第20回日本消化器関連学会週間. 神戸, 10月, 2012.
  15. 合田 良政, 矢野 秀朗, 須田 竜一郎, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    腹膜偽粘液腫切除例の短期成績の検討.
    第20回日本消化器関連学会週間. 神戸, 10月, 2012.
  16. 矢野 秀朗, 須田 竜一郎, 合田 良政, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    下部直腸癌に対する腹腔鏡下側方郭清−開腹下側方郭清との比較.
    第67回日本大腸肛門病学会. 福岡, 11月, 2012.
  17. 矢野 秀朗, 須田 竜一郎, 合田 良政, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    画像診断に基づく下部直腸癌側方郭清の適応:当センターにおける変遷とその成績.
    第67回日本大腸肛門病学会. 福岡, 11月, 2012.
  18. 合田 良政, 矢野 秀朗, 須田 竜一郎, 三宅 大, 齋藤 幸夫.
    クローン病に合併した痔瘻癌症例の検討.
    第67回日本大腸肛門病学会. 福岡, 11月, 2012.
  19. 安田 秀光.
    乳房超音波診断法のテクニック.
    第22回日本乳癌検診学会学術総会. 沖縄, 11月, 2012.
  20. 杉浦 良子, 安田 秀光, 橋本 政典, 三宅 大, 日野原 千速, 齋藤 幸夫, 清水 利夫, 望月 眞, 猪狩 亨.
    対側乳房からの転移を示唆した異時性両側性乳癌の2例.
    第22回日本乳癌検診学会学術総会. 沖縄, 11月, 2012.
  21. 三宅 大 安田 秀光, 橋本 政典, 和田 佐保, 小林良子, 山澤 邦宏, 齋藤 幸夫.
    両側乳がんの診断契機からみた超音波検査の有用性.
    第22回日本乳癌検診学会学術総会. 沖縄, 11月, 2012.
  22. 浦山 千花, 橋本 政典, 日野原 千速, 杉浦 良子, 合田 良政, 三原 史規, 和田 佐保, 須田 竜一郎, 三宅 大, 矢野 秀朗, 山澤 邦宏, 徳原 真, 枝元 良広, 安田 秀光, 齋藤 幸夫, 清水 利夫.
    乳癌虫垂転移による急性虫垂炎の一例.
    第74回日本臨床外科学会総会. 東京, 11月, 2012.
  23. 北川 浩樹, 東園 和哉, 日野原 千速, 安田 秀光, 枝元 良広, 徳原 真, 矢野 秀朗, 三宅 大, 須田 竜一郎, 三原 史規, 合田 良政, 山澤 邦宏, 橋本 政典, 齋藤 幸夫, 清水 利夫.
    子宮広間膜裂孔ヘルニアの一例.
    第74回日本臨床外科学会総会. 東京, 11月, 2012.
  24. 伊藤 謙, 枝元 良広, 三原 史規, 三宅 大, 須田 竜一郎, 合田 良政, 杉浦 良子, 日野原 千速, 矢野 秀朗, 山澤 邦宏, 徳原 真, 橋本 政典, 安田 秀光, 齋藤 幸夫, 清水 利夫.
    外傷性膵損傷における膵温存治療の経験.
    第74回日本臨床外科学会総会. 東京, 11月, 2012.
  25. 東園 和哉, 三宅 大, 齋藤 幸夫, 合田 良政, 須田 竜一郎, 日野原 千速, 枝元 良広, 徳原 真, 矢野 秀朗, 山澤 邦宏, 橋本 政典, 安田 秀光, 清水 利夫, 中村 ハルミ, 猪狩 亨.
    後腹膜脱分化型脂肪肉腫の一例.
    第74回日本臨床外科学会総会. 東京, 11月, 2012.
  26. 高橋 信行, 望月 理玄, 三宅 大, 山澤 邦宏, 日野原 千速, 橋本 政典, 横井 千寿, 中村 ハルミ, 猪狩 亨, 齋藤 幸夫, 清水 利夫.
    術前に診断され切除された胃glomus腫瘍の1例.
    第74回日本臨床外科学会総会. 東京, 11月, 2012.
  27. 杉浦 良子 安田 秀光, 橋本 政典, 三宅 大, 日野原 千速, 齋藤 幸夫, 清水 利夫, 望月 眞, 猪狩 亨.
    21年前の手術が契機と思われるDCISの一例.
    第74回日本臨床外科学会総会. 東京, 11月, 2012.
  28. 枝元 良広, 三原 史規, 齋藤 幸夫, 清水 利夫.
    腹腔鏡下腹壁ヘルニア修復術における治療成績の改善と固定具に注目した解析.
    第74回日本臨床外科学会総会. 東京, 11月, 2012.
  29. 徳原 真, 徳光 宏紀, 齋藤 幸夫, 清水 利夫.
    分子標的治療薬の副作用に対する漢方薬の有用性.
    第22回外科漢方研究会. 東京, 11月, 2012.
  30. 枝元 良広, 三原 史規, 日野原 千速, 須田 竜一郎, 清水 利夫.
    医療経済とSSI敗血症治療におけるSSIの医療経済学的影響.
    第25回日本外科感染症学会総会. 千葉, 11月, 2012.
  31. 枝元 良広.
    末梢留置型中心静脈カテーテル(PICC)の有用性 安全な留置と血流感染低下による医療経済学的利点から(講演).
    第7回医療の質・安全学会学術集会. 大宮, 11月, 2012.
  32. 枝元 良広.
    腹壁瘢痕ヘルニアの現状と展望(特別講演).
    第4回横浜ヘルニア研究会. 横浜, 12月,2012.
  33. 須田 竜一郎, 矢野 秀朗, 合田 良政, 三宅 大, 川満 健太郎, 齋藤 幸夫.
    腹腔鏡下結腸切除術へのBridge useとして大腸用ステントが有用であった下行結腸癌による大腸閉塞の1例.
    第25回日本内視鏡外科学会総会. 横浜, 12月, 2012.
  34. 東園 和哉, 三宅 大, 齋藤 幸夫, 合田 良政, 須田 竜一郎, 日野原 千速, 枝元 良広, 徳原 真, 矢野 秀朗, 山澤 邦宏,橋本 政典, 安田 秀光, 清水 利夫.
    異時性両側閉鎖孔ヘルニア嵌頓の一例.
    第827回外科集談会, 東京, 12月, 2012.
  35. 杉浦 良子, 橋本 政典, 安田 秀光, 和田 佐保, 日野原 千速, 齋藤 幸夫, 清水 利夫, 望月 眞, 猪狩 亨.
    Intracystic Papillary Carcinoma 3例の検討.
    第9回日本乳癌学会関東地方会. 大宮, 12月, 2012.
  36. 徳原 真, 山澤 邦宏, 橋本 政典, 三宅 大, 日野原 千速, 熊澤 慶吾, 和田 佐保, 清水 利夫, 窪田 和雄.
    GISTにおけるFDG-PETを用いた分子標的薬の早期治療効果判定.
    第85回日本胃癌学会総会. 大阪, 2月, 2013.
  37. 東園 和哉, 和田 佐保, 日野原 千速, 三宅 大, 徳原 真, 山澤 邦宏, 橋本 政典, 清水 利夫.
    stageIV胃癌における治療戦略の検討.
    第85回日本胃癌学会総会. 大阪, 2月, 2013.
  38. 日野原 千速, 和田 佐保, 三宅 大, 山澤 邦宏, 橋本 政典, 齋藤 幸夫, 清水 利夫.
    当院におけるHIV感染患者の胃癌手術症例.
    第85回日本胃癌学会総会. 大阪, 2月, 2013.
  39. 東園 和哉, 須田 竜一郎, 合田 良政, 矢野 秀朗.
    糖尿病性ケトアシドーシス患者に発生した多発動脈血栓症の1症状として急性上腸間膜動脈閉塞症をきたした1例.
    第49回日本腹部救急医学会総会. 福岡, 3月, 2013.
  40. 徳原 真, 杉浦 良子, 熊澤 慶吾, 合田 良政, 三原 史規, 須田 竜一郎, 日野原 千速, 三宅 大, 山澤 邦宏, 矢野 秀朗, 枝元 良広, 橋本 政典, 安田 秀光, 清水 利夫, 秋山 純一, 猪狩 亨.
    GenotypingはGISTの臨床に有用か?
    第99回日本消化器病学会総会. 鹿児島, 3月. 2013.

著書・総説

単行本-英文

  1. Yano H.
    Lateral pelvic lymph node dissection. Operative Surgery of the Colon, Rectum and Anus. Rob and Smith Textbook of Surgery 6th edn. ed. by O’Connell, Madoff and Solomon.
    Hodder Arnold. London, 2012.
  2. Yano H, Moran BJ.
    Lateral Pelvic Sidewall Nodes. Manual of Total Mesorectal Excision. Ed by Brendan Moran and Richard John Heald.
    Hodder Arnold. London, 2012.

単行本-和文

  1. 星野 惠津夫, 井上 美貴, 網谷 真理恵, 行實 知昭, 徳原 真.
    漢方医学的視点から見たがん患者の呈する基本的病態.
    25. がん漢方. 南山堂, p25-35, 2012.

その他