メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 外科 > 研究実績・活動実績 > 2014年度発表論文等一覧

2014年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Harada K, Mine S, Yamada K, Shigaki H, Oya S, Baba H, Watanabe M.
    Long-term outcome of esophagectomy for primary malignant melanoma of the esophagus: a single-institute retrospective analysis.
    Disease of Esophagus. Epub, 2015.
  2. Mine S, Sano T, Hiki N, Yamada K, Kosuga T, Nunobe S, Shigaki H, Yamaguchi T.
    Thoracic Lymph Node Involvement in Adenocarcinoma of the Esophagogastric Junction and Lower Esophageal Squamous Cell Carcinoma Relative to the Location of the Proximal End of the Tumor.

    Ann Surg Oncol 21:1596–1601, 2014
  3. Mori K, Yamada K, Fukuda T, Mitsui T, Kitamura T, Yamaguchi D, Ando J, Wada I, Nomura S, Shimizu N, Seto Y.
    Landiolol hydrochloride for early postoperative tachycardia after transthoracic esophagectomy.
    Surg Today 44:848–854, 2014.
  4. Matsumoto A, Watanabe M, Shigaki H, Okumura Y, Nishida K, Mine S, Yamada K, Yanaga K, Sano T.
    Intussusception causing postoperative intestinal obstruction following free jejunum transfer in adults: two case reports and review of the literature.
    Surgical Case Reports. Epub, 2015.
  5. Watanabe M, Mine S, Yamada K, Shigaki H, Baba Y, Yoshida N, Kajiyama K, Yamamoto N, Sano T, Baba H.
    Outcomes of lymphadenectomy for lymph node recurrence after esophagectomy or definitive chemoradiotherapy for squamous cell carcinoma of the esophagus.
    Gen Thorac Cardiovasc Surg 62:685-692, 2014.
  6. Otsubo T, Hagiwara T, Tamura-Nakano M, Sezaki T, Miyake O, Hinohara C, Shimizu T, Yamada K, Dohi T, Kawamura YI.
    Aberrant DNA hypermethylation reduces the expression of the desmosome-related molecule periplakin in esophageal squamous cell carcinoma.
    Cancer Medicine. 2015.

原著論文-和文

  1. 静 貴生, 井上 美貴, 徳原 真, 福元 晃, 星野 惠津夫.
    口訣「ばね指に当帰四逆加呉茱萸生姜湯」の検討.
    漢方の臨床. 62(1):103-111, 2015.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Yano H, Suda R, Gohda Y.
    Neoadjuvant Treatment may not Be Necessary in Most Cases of Locally Advanced Rectal Cancer in the Modern Era.
    The American Society of Colon and Rectal Surgeons. Hollywood, Florida, May, 2014.
  2. Yano H, Suda R, Gohda Y.
    Pelvic Exenteration for Locally Advanced or Locally Recurrent Rectal Cancer.
    The American Society of Colon and Rectal Surgeons. Hollywood, Florida, May, 2014.
  3. Yasuda H, Standardized Terms in Breast Ultrasound.
    Japan-Taiwan Joint Conference in Conjunction with 11th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society. Taipei, Taiwan, May, 2014.
  4. Yano H.
    Total pelvic exenteration for locally advanced or locally recurrent rectal cancer.
    The ACPGBI Tripartite Colorectal Meeting. Birmingham, UK, Jul, 2014.
  5. Yano H.
    Neoadjuvant treatment may not be necessary in most cases of locally advanced rectal cancer in the modern era.
    The ACPGBI Tripartite Colorectal Meeting. Birmingham, UK, Jul, 2014.
  6. Yano H.
    Laparoscopic surgery for low rectal cancer.
    The ACPGBI Tripartite Colorectal Meeting. Birmingham, UK, Jul, 2014.
  7. Miyake O, Gohda Y, Suda R, Yano H.
    Pathological assessment of the invasion front is useful in predicting recurrence in stage II colorectal cancer.
    The ACPGBI Tripartite Colorectal Meeting. Birmingham, UK, Jul, 2014.
  8. Watanabe K, Yokoi C, Akiyama J, Yano H.
    Endoscopic resection of laterally spreading tumours (LSTs) in the colon and rectum.
    The ACPGBI Tripartite Colorectal Meeting. Birmingham, UK, Jul, 2014.
  9. Gohda Y, Suda R, Yano H.
    The role of 18F-FDG PET in preoperative evaluation of pseudomyxoma peritonei.
    The 9th International Congress on Peritoneal Surface Malignancies. Amsterdam, Netherland, Oct, 2014.
  10. Yamada K, Mine S, Watanabe M, Oya S, Shigaki H, Yamasawa K, Hinohara C, Miyake O, Hashimoto M, Yano H, Shimizu T.
    Salvage lymphadenectomy after definitive chemo-radiation therapy.
    International Society of Diseases of the Esophagus, Vancouver, Canada, Oct, 2014.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 矢野 秀朗, 須田 竜一郎, 合田 良政.
    大腸癌腹膜転移に対する外科治療.
    第114回日本外科学会定期学術集会. 京都, 4月, 2014.
  2. 合田 良政, 須田 竜一郎, 矢野 秀朗.
    FDG-PETによる腹膜悪性疾患の悪性度診断の臨床的意義の検討.
    第114回日本外科学会定期学術集会. 京都, 4月, 2014.
  3. 徳原 真, 杉浦 良子, 熊澤 慶吾, 合田 良政, 日野原 千速, 三原 史規, 須田 竜一郎, 三宅 大, 黒川 敏昭, 山澤 邦宏, 山田 和彦, 枝元 良広, 橋本 政典, 安田 秀光, 矢野 秀朗, 清水 利夫, 窪田 和雄, 猪狩 亨.
    FDG-PET はGISTの悪性度診断に有用か?.
    第114回日本外科学会定期学術集会. 京都, 4月, 2014.
  4. 矢野 秀朗.
    大腸癌腹膜播種および腹膜偽粘液腫に対する外科切除.
    Clinical Cancer Symposium. 福岡, 5月, 2014.
  5. 枝元 良広, 三原 史規, 黒川 敏昭, 橋本 政典.
    前方アプローチによる鼠径ヘルニア手術.
    第12回日本ヘルニア学会学術集会. 東京, 6月, 2014.
  6. 枝元 良広, 三原 史規.
    新しい前方アプローチ法:Onstep手術とは.
    第12回日本ヘルニア学会学術集会. 東京, 6月, 2014.
  7. 黒川 敏昭, 枝元 良広, 三原 史規, 徳原 真.
    クローン病の経過中に発見された肝細胞癌の1例.
    第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム. 和歌山, 6月, 2014.
  8. 枝元 良広, 黒川 敏昭, 徳原 真.
    膵頭十二指腸切除における膵空腸吻合術の工夫.
    第26回日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム. 和歌山, 6月, 2014.
  9. 徳原 真, 枝元 良広, 村岡 亮.
    初期研修医への皮膚縫合結紮トレーニングコースの試み.
    第2回日本シミュレーション医療教育学会学術大会. 宮崎, 6月, 2014.
  10. 望月 宏美, 中濱 孝志, 山田 和彦, 渡邊 雅之, 大矢周一郎, 志垣 博信, 富塚 健, 小川 恵, 鈴木 めぐみ, 北野 雅子, 高瀬 鮎美, 林田 由美子, 式部 さあ里, 馬城 はるか, 比企 直樹.
    手術後の治癒過程を促進する効果的なチーム医療 当院の食道癌周術期管理 多食種連携チーム(PERICAN)の効果 栄養士の立場から.
    第39回日本外科系連合学会学術集会. 東京, 6月, 2014.
  11. 山田 和彦.
    食道癌外科手術の画像診断―術前、手術、術後の画像を中心に―.
    第34回置賜地区画像診断研究会. 米沢, 7月, 2014.
  12. 安田 秀光, 橋本 政典, 杉浦 良子, 日野原 千速, 山澤 邦宏, 須田 竜一郎, 三原 史規, 三宅 大, 矢野 秀朗, 清水 利夫.
    超音波で診断された"石灰化を主体とする非腫瘤性病変"良悪性と浸潤の評価.
    第22回日本乳癌学会学術総会. 大阪, 7月, 2014.
  13. 杉浦 良子, 橋本 政典, 安田 秀光, 日野原 千速, 三宅 大, 山澤 邦宏, 山田 和彦, 徳原 真, 枝元 良広, 矢野 秀朗, 清水 利夫, 中村 ハルミ, 猪狩 亨.
    乳腺神経内分泌腫瘍3例の検討.
    第22回日本乳癌学会学術総会. 大阪, 7月, 2014.
  14. 菊池 弥寿子, 小川 利久, 内田 惠博, 金内 一, 川端 英孝, 高野 利実, 安田 秀光, 館花 明彦, 白川 一男, 丹羽 隆善, 橋本 政典, 菊山 みずほ, 多田 敬一郎, 辻 英一, 西岡 琴江, 瀬戸 泰之.
    転移性乳癌に対する新規抗癌剤エリブリンの臨床効果 多施設共同観察研究(中間報告).
    第22回日本乳癌学会学術総会. 大阪, 7月, 2014.
  15. 三原 史規, 枝元 良広, 黒川 敏昭, 徳原 真.
    膵Solid-pseudopapillary neoplasm(SPN)の3切除例.
    第45回日本膵臓学会大会. 北九州, 7月, 2014.
  16. 山田 和彦, 峯 真司, 渡邊 雅之, 大矢 周一郎, 志垣 博信, 日野原 千速, 三宅 大, 山澤 邦宏, 矢野 秀朗, 清水 利夫.
    糖尿病の存在と食道癌手術の影響.
    第68回日本食道学会学術集会. 東京, 7月, 2014.
  17. 徳山 尚斗, 山田 和彦, 日野原 千速, 三宅 大, 山澤 邦宏, 橋本 政典, 矢野 秀朗, 清水 利夫, 横井千寿.
    色素性乾皮症に食道癌を合併した1例.
    第68回日本食道学会学術集会. 東京, 7月, 2014.
  18. 阿部 健吾, 山田 和彦, 日野原 千速, 三宅 大, 山澤 邦宏, 橋本 政典, 矢野 秀朗, 清水 利夫.
    食道、胃、直腸、肺に発生した異時性6重複癌の一例.
    第68回日本食道学会学術集会. 東京, 7月, 2014.
  19. 峯 真司, 渡邊 雅之, 山田 和彦, 志垣 博信, 大矢 周一郎.
    食道胃接合部腺癌の腫瘍口側位置と縦隔リンパ節転移についての検討.
    第68回日本食道学会学術集会. 東京, 7月, 2014.
  20. 大矢 周一郎, 志垣 博信, 峯 真司, 渡邊 雅之, 山田 和彦.
    右鎖骨下動脈起始異常を伴う食道癌に対し手術切除しえた4例.
    第68回日本食道学会学術集会. 東京, 7月, 2014.
  21. 高瀬 鮎美, 小川 恵, 渡部 真理子, 山田 和彦, 渡邊 雅之, 峯 真司, 志垣 博信, 本多 通孝.
    周術期治療センターの開設と今後の課題.
    第68回日本食道学会学術集会. 東京, 7月, 2014.
  22. 須田 竜一郎, 矢野 秀朗, 合田 良政.
    当院における高齢者大腸癌に対する手術症例の検討.
    第81回大腸癌研究会. 名古屋, 7月, 2014.
  23. 枝元 良広, 三原 史規, 黒川 敏昭, 徳原 真, 熊澤 慶吾, 矢野 秀朗, 清水 利夫.
    大腸癌肝転移切除症例に対する周術期抗癌剤治療効果.
    第69回日本消化器外科学会総会. 郡山, 7月, 2014.
  24. 山田 和彦, 峯 真司, 山澤 邦宏, 三宅 大, 矢野 秀朗, 清水 利夫, 渡邊 雅之, 比企 直樹, 佐野 武, 山口 俊晴.
    食道切除・再建術におけるリスク評価と治療成績向上に向けた対策 Clavien-Dindo分類を用いたハイリスク食道切除症例とは?.
    第69回日本消化器外科学会総会. 郡山, 7月, 2014.
  25. 平野 康介, 森 和彦, 山田 和彦, 松下 博和, 垣見 和宏, 山形 幸徳, 愛甲 丞, 山下 裕玄, 野村 幸世, 瀬戸 泰之.
    食道癌に対するDCF療法と活性化自己γδT細胞療法の併用による治療効果の検討.
    第69回日本消化器外科学会総会. 郡山, 7月, 2014.
  26. 大矢 周一郎, 峯 真司, 志垣 博信, 渡邊 雅之, 布部 創也, 大橋 学, 比企 直樹, 佐野 武, 山口 俊晴, 山田 和彦.
    pN0食道癌における術後無再発生存期間および全生存期間 Cox回帰分析による検討.
    第69回日本消化器外科学会総会. 郡山, 7月, 2014.
  27. 濱田 安由美, 尾登 香澄, 合田 良政, 矢野 秀朗, 辻谷 俊一.
    悪性腹膜中皮腫による腹水貯留に腹水濾過濃縮再静注法(KM-CART)が有効であった1例.
    第52回日本癌治療学会学術集会. 横浜, 8月, 2014.
  28. 枝元 良広, 山田 玲央, 浦山 千花, 三原 史規, 黒川 敏昭, 須田 竜一郎, 望月 理玄, 山澤 邦宏, 徳原 真, 山田 和彦, 矢野 秀朗, 橋本 政典.
    外科領域深在性真菌症で抗真菌薬が著効した症例と考察.
    第70回国立病院外科研究会. 東京, 9月, 2014.
  29. 工藤 綾子, 山田 和彦, 望月 理玄, 新里 陽, 山田 玲央, 山澤 邦宏, 三宅 大, 枝元 良広, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗.
    進行食道癌に対しサルベージ手術を施行した3例.
    第834回外科集談会. 東京, 9月, 2014.
  30. 山田 和彦, 峯 真司, 渡邊 雅之, 大矢 周一郎, 志垣 博信, 日野原 千速, 三宅 大, 山澤 邦宏, 矢野 秀朗, 橋本 政典.
    術前肝疾患の存在と食道癌手術の影響.
    第67回日本胸部外科学会. 福岡, 10月, 2014.
  31. 須田 竜一郎, 望月 理玄, 堀江 智子, 合田 良政, 山田 純, 矢野 秀朗.
    当院における後期高齢者に対する腹腔鏡下大腸切除術の治療成績.
    第27回日本内視鏡外科学会総会. 盛岡, 10月, 2014.
  32. 枝元 良広, 三原 史規, 黒川 敏昭, 山澤 邦宏, 徳原 真, 矢野 秀朗, 橋本 政典.
    開腹胃切除後に施行された腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除の1例.
    第27回日本内視鏡外科学会総会. 盛岡, 10月, 2014.
  33. 枝元 良広, 三原 史規, 黒川 敏昭, 山澤 邦宏, 徳原 真, 矢野 秀朗, 橋本 政典.
    腹腔鏡下肝切離におけるLigasureの応用.
    第27回日本内視鏡外科学会総会. 盛岡, 10月, 2014.
  34. 山田 和彦, 日野原 千速, 新里 陽, 山田 玲央, 山澤 邦宏, 三宅 大, 三原 史規, 合田 良政, 須田 竜一郎, 黒川 敏昭, 山田 純, 枝元 良広, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗.
    胸腔鏡下食道切除におけるポータブル型胸腔ドレナージ(トパーズThopaz)の使用経験.
    第27回日本内視鏡外科学会総会. 盛岡, 10月, 2014.
  35. 山田 純, 合田 良政, 須田 竜一郎, 堀江 智子, 杉原 健一, 矢野 秀朗.
    腹膜播種を伴うStage IV大腸癌の予後についての検討.
    第69回日本大腸肛門病学会学術集会. 横浜, 11月, 2014.
  36. 須田 竜一郎, 堀江 智子, 合田 良政, 矢野 秀朗.
    当院における局所高度進行直腸癌に対する骨盤内臓全摘術施行症例の検討.
    第69回日本大腸肛門病学会学術集会. 横浜, 11月, 2014.
  37. 矢野 秀朗, 合田 良政, 須田 竜一郎, 山田 純, 堀江 智子.
    大腸癌腹膜転移に対する集学的治療における外科治療の役割.
    第69回日本大腸肛門病学会学術集会. 横浜, 11月, 2014.
  38. 合田 良政, 須田 竜一郎, 山田 純, 堀江 智子, 杉原 健一, 矢野 秀朗, 大腸癌術後フォローアップ研究会.
    大腸癌腹膜播種再発の危険因子と新たな治療戦略.
    第69回日本大腸肛門病学会学術集会. 横浜, 11月, 2014.
  39. 山田 和彦, 日野原 千速, 新里 陽, 荒竹 俊伍, 森村 隼人, 山田 玲央, 山澤 邦宏, 三宅 大, 三原 史規, 合田 良政, 須田 竜一郎, 黒川 敏昭, 山田 純, 枝元 良広, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗.
    集中治療室においての食道癌切除後のポータブル型胸腔ドレナージ(トパーズThopaz)の使用.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  40. 須田 竜一郎, 石川 圭祐, 水上 貴裕, 山田 恵祐, 郷田 康文, 山田 玲央, 新里 陽, 望月 理玄, 堀江 智子, 合田 良政, 矢野 秀朗.
    当院における高齢者大腸癌に対する手術症例の検討.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  41. 郷田 康文, 須田 竜一郎, 石川 圭祐, 山田 恵祐, 徳山 尚斗, 青山 純也, 望月 理玄, 堀江 智子, 合田 良政, 矢野 秀朗.
    術前抗菌薬投与により腫瘤の縮小を得たのちに切除を施行した回盲部放線菌症の1例.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  42. 石川 圭祐, 須田 竜一郎, 水上 貴裕, 郷田 康文, 山田 恵祐, 望月 理玄, 合田 良政, 矢野 秀朗.
    腸回転異常症に合併した急性虫垂炎に対して腹腔鏡下に虫垂切除術を施行した1例.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  43. 山田 恵祐, 須田 竜一郎, 石川 圭祐, 郷田 康文, 堀江 智子, 合田 良政, 矢野 秀朗.
    成人発症の腸回転異常に伴う絞扼性イレウスの三例.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  44. 望月 理玄, 山田 和彦, 新里 陽, 山田 玲央, 山澤 邦宏, 三宅 大, 枝元 良広, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗, 蝦原 康宏, 松林 薫美, 長谷川 晶子.
    頸胸境界部の食道癌に対して咽頭喉頭食道切除、右開胸食道切除、胃管+遊離空腸再建した1例.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  45. 東園 和哉, 三原 史規, 枝元 良広, 矢野 秀朗, 愛甲 丞, 山下 裕玄, 森 和彦, 瀬戸 泰之.
    一期的に縫合閉鎖した特発性食道破裂の1例.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  46. 枝元 良広, 黒川 敏昭, 三原 史規, 徳原 真, 矢野 秀朗, 橋本 政典, 熊澤 慶吾.
    外科医と医療経済 肝切除における術後合併症と医療費の関係.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  47. 枝元 良広, 三原 史規, 黒川 敏昭, 須田 竜一郎, 合田 良政, 山澤 邦宏, 山田 和彦, 徳原 真, 安田 秀光, 矢野 秀朗, 橋本 政典.
    理解しやすい前方アプローチ法 Onstep法とは.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  48. 山田 玲央, 新里 陽, 日野原 千速, 三宅 大, 山田 和彦, 山澤 邦宏, 橋本 政典, 矢野 秀朗.
    胃癌術後に糖尿病性ケトアシドーシスをきたしたpneumobiliaを伴う気腫性胆嚢炎の1例.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  49. 新里 陽, 山田 和彦, 日野原 千速, 森村 隼人, 荒武 俊五, 山澤 邦宏, 三宅 大, 枝元 良広, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗, 渡辺 恒二, 柳川 泰昭.
    食道癌に血友病Bを合併し、周術期の管理に注意を要した1例.
    第76回日本臨床外科学会総会. 郡山, 11月, 2014.
  50. 矢野 秀朗.
    最前線の専門家が語る消化器病-診断から終末医療まで-「大腸」.
    日本消化器病学会第85回市民公開講座. 東京, 11月, 2014.
  51. 枝元 良広, 三原 史規, 黒川 敏昭, 山田 和彦, 徳原 真, 安田 秀光, 矢野 秀朗, 橋本 政典.
    当院における切除可能大腸癌肝転移に対する術前化学療法.
    大腸癌expert seminar. 東京, 11月, 2014.
  52. 矢野 秀朗.
    大腸癌腹膜播種に対する減量手術と術中温熱化学療法~新たな治療戦略とその適応~ .
    第2回東京大学第一外科・関連病院交流会. 東京, 12月, 2014.
  53. 山田 和彦.
    食道癌の診断と治療 逆流性食道炎の治療を含めて.
    世田谷区消化器専門医の会. 東京, 12月, 2014.
  54. 飯田 俊, 山田 和彦, 望月 理玄, 神澤 彩, 山澤 邦宏, 合田 良政, 山田 純, 枝元 良広, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗.
    食道癌に合併した異時同時三重複癌の一例.
    第835回外科集談会. 東京, 12月, 2014.
  55. 合田 良政, 須田 竜一郎, 矢野 秀朗.
    当院における進行大腸癌に対する腹腔鏡下切除の現状.
    第82回大腸癌研究会. 東京, 1月, 2015.
  56. 山田 和彦.
    食道癌 手術と術後栄養管理について.
    関東信越国立病院管理栄養士協議会研修会. 東京, 2月, 2015.
  57. 黒川 敏昭, 三原 史規, 徳原 真, 枝元 良広.
    保存的治療後に再穿孔をきたし、手術を施行した十二指腸憩室の1例.
    第51回日本腹部救急医学会総会. 京都, 3月, 2015.
  58. 徳原 真, 寺田 百合子, 三宅 大 , 山澤 邦宏, 橋本 政典, 矢野 秀朗, 窪田 和雄 , 猪狩 亨.
    FDGPETで術前にGISTの悪性度診断は可能か? .
    第87回日本胃癌学会総会. 広島, 3月, 2015.
  59. 寺田 百合子, 三宅 大, 山田 和彦, 山澤 邦宏, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗, 猪狩 亨.
    依存疾患を有する胃癌患者における術後合併症発生の評価.
    第87回日本胃癌学会総会. 広島, 3月, 2015.
  60. 山澤 邦宏, 徳山 尚斗, 寺田 百合子, 三宅 大, 山田 和彦, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗, 猪狩 亨.
    胃癌穿孔13例の検討.
    第87回日本胃癌学会総会. 広島, 3月, 2015.
  61. 徳山 尚斗, 寺田 百合子, 三宅 大, 山田 和彦, 山澤 邦宏, 徳原 真, 橋本 政典, 矢野 秀朗, 猪狩 亨.
    術後5年目に肝転移再発を認めた胃GISTに対し追加切除ならびにイマチニブ投与にて長期生存を得た1例.
    第87回日本胃癌学会総会. 広島, 3月, 2015.
  62. 三宅 大, 東園 和哉, 山澤 邦宏, 徳原 真, 山田 和彦, 橋本 政典, 小島 康志.
    当院におけるstageIV胃がんの治療成績(特に化学療法と減量手術の観点から).
    第87回日本胃癌学会総会. 広島, 3月, 2015.
  63. 志田 真由香, 山田 和彦, 望月 理玄, 新里 陽, 寺田 百合子, 杉浦 良子, 矢野 秀朗, 安田 秀光, 橋本 政典.
    乳癌による転移性食道腫瘍に対し食道バイパス術を施行した1例.
    第836回外科集談会. 東京, 3月, 2015.

著書・総説

単行本-英文

  1. Yano H.
    Lateral pelvic lymph node dissection. Operative Surgery of the Colon, Rectum and Anus .
    “Rob and Smith Textbook of Surgery” 6th edn. by O'Connell, Madoff and Solomon. CRC Press, USA, 2014.

単行本-和文

  1. 矢野 秀朗.
    腹膜偽粘液腫、虫垂がん腹膜播種の治療.
    ガイドラインには載っていない消化管がんPractical Treatment. 山田康秀ほか編集, Medical View, 東京, p140-142, 2014.

総説-英文

  1. Kobayashi H, Kotake K, Funahashi K, Hase K, Hirata K, Iiai T, Kameoka S, Kanemitsu Y, Maeda K, Murata A, Ohue M, Shirouzu K, Takahashi K, Watanabe T, Yano H, Yatsuoka T, Hashiguchi Y, Sugihara K.
    Clinical benefit of surgery for stage IV colorectal cancer with synchronous peritoneal metastasis. Study Group for Peritoneal Metastasis from Colorectal Cancer by the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum.
    J Gastroenterol. 49(4):646–654, 2014.

総説-和文

  1. 矢野 秀朗, 合田 良政, 須田 竜一郎.
    【大腸がん治療の最前線:進行・再発大腸がんの治療戦略】 大腸がん腹膜播種(腹膜転移)に対する新たな治療戦略.
    癌の臨床. 60(2):151-156, 2014.
  2. 矢野 秀朗, 合田 良政, 須田 竜一郎, 猪狩 亨.
    虫垂病変の臨床 腹膜偽粘液腫の診断および治療方針.
    胃と腸. 49(8):520-526, 2014.

その他