メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 外科 > 研修を希望される皆さんへ

title.png
about.jpg
about.jpg
feature.jpg

研修を希望される皆さんへ

yano.png
教育指導責任者:矢野 秀朗

外科では研修医及びレジデント募集中です。

当病院の強みは短期間に多彩な症例の経験ができる事であると思います。

総合病院であること、ハイリスク症例がどの臓器においても多いので、通常の症例+αの知識、経験が吸収できます。

ガイドラインで推奨されている治療法に加え、高齢者や合併症を有する症例の対応が身に付きます。

研究所と共同研究をしていますので、臨床だけではなく、基礎的な検討を希望したい方にも対応できます。当センター研究所や大学との連携で学位所得も可能となりました。

昨今、外科系診療科研修の質は、手技の習得や個人の経験症例数などで測られがちな風潮があります。

もちろん、これらのTechnical skillともいうべき技能は外科研修の重要な部分を占めることは間違いありません。

しかしながら、実際に外科のチームの一員として診療に従事するためには、治療の根拠への深い理解(Conceptual skill)、治療方針を決定し、各科・各部署と協調して診療を遂行する能力(Management skill)、さらには、自らの技能を後輩へ指導する能力(Educational skill)が必要となります。

当科の研修では、Technical skillのみに偏らず、将来診療チームのリーダーとなってもらうため、これらの技能をバランスよく修得してもらうように配慮しています。

研修終了後の進路

外科専門医を取得した後に希望があれば、院内審査合格後フェローとして各消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科などで研鑽を積むことも可能です。

さらに研究・専門施設での研修を希望する者は、国立がん研究センター、がん研有明病院、東京大学、東京医科歯科大学、順天堂大学(社会人大学院を含む)、名古屋大学、京都大学などに進んでいます。

海外留学(臨床・研究)の実績もあります。臨床医としての研鑽を希望する者は国立病院機構病院、河北総合病院、東京逓信病院等500床以上の総合病院に進むことが多いです。

おしらせ

2017年05月29日 2018年度外科説明会の申し込み受付を開始しました。


2014年12月09日 世田谷消化器専門医の会で講演しました。