メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 外科 > 下部消化管外科 > 診療のご案内 > 特徴ある治療 > 腹膜偽粘液腫(腹膜切除と腹腔内温熱化学療法)

腹膜偽粘液腫(腹膜切除と腹腔内温熱化学療法)

腹膜偽粘液腫

腹膜偽粘液腫は、典型的には虫垂の腫瘍が破裂(穿孔)して腫瘍細胞が腹腔内に散らばり(播種)、細胞が産生する粘液が腹腔内に貯留する病態をいいます。

標準治療は腹膜切除と術中腹腔内温熱化学療法(HIPEC)の組み合わせで、病気の根治には唯一の治療法とされています。

欧米各国では治療センターを設置して積極的に治療を行い良好な成績を報告しているのに対し、残念ながらわが国には専門施設が存在しません。

当センターは、腹膜偽粘液腫に対して腹膜切除+術中腹腔内温熱化学療法を行っている、わが国で極めて限られた施設の一つです。

我々は、イギリス・ベージングストークのナショナルセンターと国際共同研究を行っています。

腹膜偽粘液腫