メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 外科 > 下部消化管外科 > 診療のご案内 > 下部消化管外科ご紹介

下部消化管外科ご紹介

colorectal-surgery.jpg下部消化管グループは大腸・肛門・小腸の疾患の中で主に外科手術の対象になるものを専門にしています。

colorectal-surgery-team.jpg主に消化器科が行うEMRやESDといった内視鏡治療、放射線治療部が行う放射線療法、腫瘍内科が得意とする化学療法などと併せて、大腸癌に対して有効と考えられる全ての治療を高いレベルで提供しています。

トップレベルの治療

有効と考えられる全ての治療を

主に消化器科が行うEMRやESDといった内視鏡治療、放射線治療部が行う放射線療法、腫瘍内科が得意とする化学療法などと併せて、大腸癌に対して有効と考えられる全ての治療を高いレベルで提供しています。

colorectal-surgery-fast.jpg最近は患者さんの高齢化も進み、手術患者年齢も年々上昇しています。それに伴い、心臓・肺・肝臓・腎臓・脳などに合併症を抱える、いわゆるハイリスク患者さんが増加しています。このような患者さんにも麻酔科・手術室・集中治療室ICUなどと協力しながら積極的に手術が行えるのも、当センターには幅広い分野の専門家集団が揃っているからであり、当センターの最大の強みの一つと言ってよいでしょう。

colorectal-surgery-active.jpg癌だけでなく、炎症性腸疾患や外傷も含め様々な腸疾患・肛門疾患に対応します。緊急手術も数多くやっています。

困難症例への積極的対処

gulletthe02.png全身合併症、治療困難症例にも積極的に対処しています

癌だけでなく、炎症性腸疾患や外傷も含め様々な腸疾患・肛門疾患に対応します。緊急手術も数多くやっています。

colorectal-surgery-safety.jpg消化器内科・放射線科・病理部との合同カンファを定期的に行い、皆で知恵を出し合って最善の治療を提供できるよう努めています(Multidisciplinary approach)。

専門性を有する医師の担当

消化器内科・放射線科・病理部との合同カンファを定期的に行い、皆で知恵を出し合って最善の治療を提供できるよう努めています(Multidisciplinary approach)。

過不足のない手術を行うためにはハイレベルな診断学が不可欠です。手術を行うだけでなく、手術にいたるまでの診断にも力を入れており、スタッフ全員、手術のみならず大腸内視鏡や注腸造影検査のエキスパートです。