メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 心臓血管外科 > 研究実績・活動実績 > 2016年度発表論文等一覧

2016年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Osawa H, Yoshii S, Abraham SJ, Okamoto Y, Hosaka S, Fukuda S, Tsuchiya K, Nakajima M, Honda Y, Takizawa K.
    Topical spraying of cefazolin and gentamicin reduces deep sternal wound infections after heart surgery: a multicenter, large volume, retrospective study.
    General Thoracic and Cardiovascular Surgery. 64(4):197-202, Apr, 2016.
  2. Fukuda S, Nakamura Y, Egi K, Fujioka S, Nagasaka S, Minh PN, Toguchi K, Wada T, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Mizoue T, Takazawa K, Hosaka S, Sugiyama A.
    Comparison of direct effects of clinically available vasodilators; nitroglycerin, nifedipine, cilnidipine and diltiazem, on human skeletonized internal mammary harvested with ultrasonic scalpel.
    Heart Vessels. 31(10):1681-4, Oct, 2016.

原著論文-和文

  1. 宝来 哲也.
    連載/行ってきました!海外留学(第27回) 米国ピッツバーグ大学・コロンビア大学.
    胸部外科. 69:1020-1021, 2016.

  2. 藤岡 俊一郎, 保坂 茂.
    内腸骨動脈閉塞併用による 腹部ステントグラフト内挿術適応拡大の安全性に関する検討.
    日血外会誌. 25:240–245, 2016.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. ZhiChao Wang, Hayato Morimura, Tsukasa Ikeda, Koji Toguchi, Shoji Fukuda, Shigeru Hosaka.
    HYBRID THERAPY IS USEFUL TO TREAT THE ABDOMINAL AORTIC ANEURYSM (AAA) with TASC II D.
    The 24th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery, Taipei, Apr, 2016.
  2. Koji Toguchi, Hayato Morimura, ZhiChao Wang, Masafumi Hashimoto, Yuri Murakami, Tsukasa Ikeda, Shoji Fukuda, Shigeru Hosaka. A CASE OF AORTA-DUODENAL FISTULAE WITH POSTOPERATIVE STATUS OF GRAFT REPLACEMENT FOR ABDOMINL AORTIC ANEURYSM.
    The 24th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery, Taipei, Apr, 2016.
  3. Hiroshi Osawa, Shinpei Yoshii, Kouki Takizawa, Yuki Okamoto, Yoshihiro Honda, Shigeru Hosaka, Shoji Fukuda, Koji Toguchi, ZhiChau Wang, Masato Nakajima.
    Topical spraying of Cefazolin and Gentamicin reduces deep sternal wound infections after heart surgery.
    The 24th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery, Taipei, Apr, 2016.
  4. Tetsuya Horai , Tadashi Kitamura, Shinzo Torii, Koichi Sughimoto, Kensuke Kobayashi, Yusuke Irisawa, Takuya Matsushiro, Yuta Tsuchida, Yurie Miyata, Kagami Miyaji.
    Computational Blood Flow Analysis of the Aortic Arch and the Neck Vessels: Total Arch Replacement vs Stent Graft with Neck Vessel Debranching.
    American Heart Association Scientific Meeting, New Orleans, 2016.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 戸口 幸治, 福田 尚司, 池田 司, 森村 隼人, 王 志超, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 保坂 茂.
    診断に苦慮した左室流出路狭窄の1手術例.
    第123回新宿循環器カンファレンス. 東京, 5月, 2016.
  2. 戸口 幸治, 村上 友梨, 池田 司, 森村 隼人, 王 志超, 橋本 昌典, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 福田 尚司, 保坂 茂.
    EVARを第一選択とした破裂性腹部大動脈瘤に対する治療戦略.
    第44回日本血管外科学会学術総会. 東京, 5月, 2016.
  3. 村上友 梨, 戸口 幸治, 池田 司, 森村 隼人, 王 志超, 橋本 昌典, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 保坂 茂.
    慢性大動脈解離(DeBakeyIIIb 型)に対するTEVAR 治療.
    第44回日本血管外科学会学術総会. 東京, 5月, 2016.
  4. 王 志超, 陳 軒, 森村 隼人, 池田 司, 村上友梨, 橋本 昌典, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 戸口 幸治, 保坂 茂.
    腸骨動脈閉塞を合併した腹部大動脈瘤に対するEVARとF-F バイパスによる低侵襲治療の創意と工夫.
    第44回日本血管外科学会学術総会. 東京, 5月, 2016.
  5. 戸口 幸治, 森村 隼人, 王 志超, 池田 司, 保坂 茂.
    上下肢急性動脈閉塞症の1症例.
    第23回新宿医学会. 東京, 6月, 2016.
  6. 王 志超, 福田 尚司, 池田司, 森村 隼人, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 福田 尚司, 保坂 茂.
    腹部大動脈瘤を合併し左外腸骨動脈にリエントリーを有する3B型解離性動脈瘤の1例.
    第171回日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 東京, 6月, 2016.
  7. 戸口 幸治, 森村 隼人, 王 志超, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 池田 司, 福田 尚司, 保坂 茂.
    進行卵巣癌に合併したVTEの1例.
    第36回静脈学会総会. 弘前, 6月, 2016.
  8. 戸口 幸治, 森村 隼人, 王 志超, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 池田 司, 福田 尚司, 保坂 茂.
    CABG周術期におけるstroke予防戦略.
    第21回 冠動脈外科学会学術大会. 福岡, 7月, 2016.
  9. 王 志超, 池田 司, 森村 隼人, 戸口 幸治, 福田 尚司, 保坂 茂.
    Freestyle弁によるfull-root再建後16年目にSVDから重症大動脈弁閉鎖不全をきたした1例.
    第124回 新宿循環器カンファレンス. 東京, 9月, 2016.
  10. 戸口 幸治, 森村 隼人, 王 志超, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 池田 司, 福田 尚司, 保坂 茂.
    解離性大動脈瘤に対するTEVARの治療成績に対する検討.
    第69回日本胸部外科学会定期学術集会. 岡山, 9月, 2016.
  11. 森村 隼人, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 王 志超, 池田 司, 戸口 幸治, 福田 尚司, 保坂 茂.
    大量喀血で発症した結核性腕頭動脈瘤の1例.
    第172回日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 東京, 11月, 2016.
  12. 池田 司, 加藤 大貴, 百瀬 直也, 王 志超, 森村 隼人, 戸口 幸治, 福田 尚司, 保坂 茂.
    Open Stent併用弓部置換術 10か月後に特異な経過から 大動脈-肺瘻を形成した1例.
    第172回日本胸部外科学会関東甲信越地方会. 東京, 11月, 2016.
  13. 入澤 友輔, 北村 律, 宮田 有理惠, 土田 勇太, 柿崎 春奈, 松代 卓也, 井上 崇道, 柴田 深雪, 大久保 博世, 杉本 晃一, 宝来 哲也, 美島 利昭, 平田 光博, 鳥井 晋三, 宮地 鑑.
    当院におけるTAR一期的手術とTAR ET+二期的TEVARの手術成績検討.
    第47回日本心臓血管外科学会学術集会. 東京, 2月, 2017.

著書・総説

その他