国際医療協力について

 当科に特徴的なことの一つとして、国際医療協力をあげなければならない。それは1983年中日友好病院の左煥j医師(現在は精華大学医学部教授)の当院への留学で始まった。以来中国からは約20名の医師の研修を引き受け今日まで続いている。

 また1991年よりベトナムのチョーライ病院のニョー医師、1994年にはボリビアのサンタクルス病院のアンテロ医師の当科での研修を引き受けて以来ベトナムとボリビアの脳神経外科への支援も開始された。これまでに両国から数名の医師の短期留学を引き受け、高度な医療技術の伝授を行っている。その他トルコとノルウエーからそれぞれ1名の医師研修を引き受け現在も学術交流を行っている。

 1997年から1998年にかけては近藤達也、原徹男、羽井佐利彦の3人はJICAの短期専門家としてべトナムホーチミン市のチョーライ病院へ赴き、ベトナムで始めてのマイクロサージャリーの導入や全国レベルでの学会の初開催に尽力した。また近藤は1997年にボリビアにも赴きやはりJICAの短期専門家として脳神経外科の救急医療に関して技術指導と講演を行った。

 2006年度には当院とベトナムチョーライ病院およびボリビアサンタクルス病院との間で Resident Exchange Program がスタートし若手医師の相互研修を通してますます学術交流が盛んになっている。

※詳細は以下の文献をご参照ください。

1.羽井佐利彦,原徹男,近藤達也,秋山稔,朝日茂樹:ヴェトナムでの脳神経外科分野短期技術協力−Part 1. microscopeの導入. 脳神経外科25(11) : 1054-1056, 1997

2.原徹男,羽井佐利彦,近藤達也,秋山稔,朝日茂樹:ヴェトナムでの脳神経外科分野短期技術協力−Part 2. 第1回脳神経外科セミナーの開催. 脳神経外科25(12) : 1147-1149, 1997

3.朝日茂樹,秋山稔,近藤達也,原徹男,羽井佐利彦,Truong Van Viet:途上国における重症頭部外傷の実態と援助のあり方. 神経外傷20:1-5, 1997

注:上記文中いずれも敬称は略させて頂きました。  文責 原 徹男

ベトナム体験記

国立国際医療研究センター病院 脳神経外科 
医員 井上雅人

 

 2007年10月27日から2007年11月25日までレジデント交換プログラムによりベトナム社会主義共和国ホーチミン市チョウライ病院、脳神経外科に臨床留学の機会をいただいた。1ヶ月間での目的は以下の3点であった。

@頭部外傷患者を中心に脳神経外科患者に対する手術治療の見学、実践

A頭部外傷患者登録システム実施状況の確認

BHealth Information and Research Surveyのアンケートの実施

 目的@については、月曜から金曜までの平日は定時の手術を毎日できる限り見学、参加し、さらにできる限り当直にも参加し、緊急手術の術者、助手として手術治療に参加した。約4週間の間で実際に参加した総手術件数は51件となり、うち術者としては15件程度を行った。術者として行った手術はすべて頭部外傷患者の手術である。日本での術式と大きくは変わらないが手術器具や細かいところでの違いに戸惑いはあったが、違う環境での手術を経験することが出来、今後に生かせると感じている。助手として参加した手術は脳腫瘍や脳膿瘍から、脊椎腫瘍、脊椎椎間板疾患など脳神経外科全般の手術となった。(2005年から2006年にかけて1年間同病院に滞在していたため、大きな問題は感じなかった)

cooperation-vietnam1

  手術室の風景。左が筆者。   

 A、Bについては原医長の研究の一環であった。現在もプロジェクトは継続中であり、レジデントを終了した現在もベトナムに短期間渡航し、日常業務とは別に仕事を行っている。

 病院としてこのような交換留学制度を確立しており、毎年必ず医師のやり取りをしているということはこの病院の大きな特徴であり魅力と感じる。また、スタッフとして残ったときにも、途上国との仕事に携われることも当センターならではの仕事と思う。

⇒ベトナム留学が掲載された週刊医学界新聞へ

レジデント交換プログラム

国立国際医療研究センター病院 脳神経外科 
フェロー 寺野 成彦

概要

 

研修期間:21日〜31

研修場所:ベトナム社会主義国、ホーチミン市、チョーライ病院

専攻科:脳神経外科

経験手術症例数:30

 

ベトナムにおける脳神経外科

 ベトナムは急激な経済成長期にあり、貧富の差が拡大する中、国民の多くは移動手段としてオートバイを使用しています。4人家族あたり3台のバイクを保有しており他国と比べてもその保有率は格段に高いといえます。このような状況になった原因としては、夫婦共働きで、日中と夜間に別の仕事を持っており効率よく移動する手段が必要であること、国内の公共交通機関がほとんど発達していないことなどが挙げられます。道路交通法規は自転車が主流であった頃と大きくは変わらず、信号機の設置等のハード面も現状に応じていない状況です。その結果、交通外傷の件数は多く、1日あたり33人がお亡くなりになっている現状です。日本と比較すると数倍以上の死亡率となります。

 ベトナムの人口はホーチミン、ハノイに集中しており、都市化の進行に伴い交通外傷が多くみられます。今回の研修先であるチョーライ病院はベトナムでも最も交通外傷が多い場所に位置し、かつ脳神経外科医が全国から集まり約60人態勢で脳神経外科疾患に対応している総合病院です。脳神経外科のみで手術件数は1日当たり30件近くに至り、ICU:50人、NICU:80人、Traumatic room:70人、一般病棟:300人と計500人の患者を診ております。交通外傷による急性硬膜外血腫など緊急での開頭術が必要な症例数は1日あたり4,5件とその割合が非常に多いのが特徴です。

 ベトナムは急激な発達途上にあり患者が病院に訪れることが容易でないことから、腫瘍等の疾患は発見の時期が遅い傾向にあります。そのため先進国では見ることが難しいようなstageの進んだ腫瘍の症例を経験することがあります。交通外傷だけでなく腫瘍、血管障害の症例も多く、脳神経外科医が少ないこととあいまって、医師の仕事が手術に特化する傾向もあります。

経験手術症例(1ヵ月間あたり)

経験疾患名手術件数
椎間板ヘルニア10
急性硬膜外血腫5
頭蓋形成術3
開頭クリッピング術2
髄膜腫2
星細胞腫2
前方固定術2
AVM1
三叉神経血管減圧術1
シャント術1
術後感染による人工物抜去術1

ベトナムでの研修を終えて

 ベトナムは、当然のことながら日本の社会とは異なり、その背景の違いから、必然的に病院の役割、脳神経外科の役割が大きく異なっています。ベトナムの人口は日本の8割程度であるのに対し、脳神経外科医は130人程度しかおりません。そのため一人で多くの手術を行う必要があり、手術業務に特化する傾向が生まれます。ベトナムの脳神経外科医は日本に比べて数倍から10倍程度の手術を行い日々研鑽を積んでおり、日本の脳神経外科のレジデントが実際に現場の中で学ぶことは非常に多岐にわたり得るところが大きいと考えられます。

 今回研修したチョーライ病院は日本との協力関係にて造られた病院ですが、医療システムはすでに独自のものと考えられます。そのためシステム、手術の適応や手術技術の相違と遭遇することとなり、このことは同時に日本の医療の輪郭を浮かび上がらせ、自分の医療を見直す良いチャンスを得ることにも繋がります。

 海外で日本の医師がメスを持つことが事実上不可能に近い状況の中、海外の医療現場に入りそこのスタッフとともに働き、手術を行える経験は非常に貴重なことと考えられます。日本人医師が海外の医療現場で現地のスタッフとともに働き、その生活の中で社会を感じ取ることは、より深く彼らを理解することに繋がり、また、より強く協力、協調関係を築くことへ繋がるものと考えられます。

 

▲ページ最上段へ