森鴎外と国立国際医療研究センター病院

森鴎外愛用の机
森鴎外愛用の机(当院中央棟1階資料展示室に保存されています。)

 現国立国際医療研究センター病院は旧陸軍軍医学校跡地を占めています。
この机は森鴎外が第7代、12代の陸軍軍医学校校長時代に愛用したものです。
歴代の軍医学校長のうち、在任期間が最も長く、足かけ5年に及ぶドイツ留学時代の学殖に基づく軍医教育の抱負と施策が、この机上から生み出されました。

 また当院には東京衛戌(第一)病院時代のカルテも大切に保管されており、
その一部が同じく1階資料展示室に展示されております。

明治時代のカルテ
明治時代のカルテ(病名は脳充血)

▲ページ最上段へ