メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 形成外科

形成外科
トップ画像

形成外科ご紹介

2017年7月よりリンパ浮腫外来(月曜日午前)・再建外科外来(木曜日午前)が開設されます。詳しくは国際リンパ浮腫センターホームページおよび再建外科外来ホームページをご覧ください。

受診予約の受付は2017年6月より開始となります。
電話予約には他医療機関から当院宛の紹介状(診療情報提供書など)が必要となります。
紹介状をお持ちでない初診の患者さんの電話予約は受け付けておりません。
大変お手数ですが、他医療機関から当院宛の紹介状をお受け取りの上、予約センター(03-3202-7494または7495)にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

診療内容

外傷・瘢痕形成などの一般的な形成外科(体表の形成手術)診療のほか、顕微鏡下でのマイクロサージャリー(微小血管吻合:1-2mm程度の血管吻合)・スーパーマイクロサージャリー(超微小血管吻合:0.5mm前後の血管吻合)を用いた再建術を特色とした診療を行っております。

外来診察は月曜・水曜・木曜の午前中です。専門外来としてリンパ浮腫外来と再建外科外来を行っており、リンパ浮腫外来は月曜午前(リンパ浮腫外来専用ページ参照)、再建外科外来は木曜午前(再建外科外来専用ページ参照)です。切断指など緊急手術を要する場合は外来診療時間外においてもなるべく対応致しますのでご相談ください。

  • スーパーマイクロサージャリーによる0.3mmの血管吻合1
  • スーパーマイクロサージャリーによる0.3mmの血管吻合2
  • スーパーマイクロサージャリーによる0.3mmの血管吻合3

スーパーマイクロサージャリーによる0.3mmの血管吻合

取扱い疾患

  • 外傷:顔面・手指など体表の外傷、顔面骨骨折や組織切断(指・耳・鼻・陰茎切断など)、それらにより形態変形(顔面変形、骨欠損)・機能障害(神経麻痺など)が生じたもの
  • 瘢痕:肥厚性瘢痕・ケロイドや熱傷瘢痕拘縮など
  • 神経障害:顔面神経麻痺などの運動神経障害、三叉神経麻痺・有痛性神経腫などの知覚神経障害など
  • 腫瘍:組織欠損を生じ再建術を要するもの(腫瘍そのものの切除・治療は該当科:外科・皮膚科・整形外科などにご相談ください)、腫瘍切除後の形態変形(顔面変形・骨欠損)・機能障害(神経麻痺)など
  • 四肢の疾患:難治性潰瘍、偽関節・骨髄炎などの血管柄付き骨移植などを要するもの
  • 躯幹の疾患:腹壁瘢痕ヘルニア(メッシュなどの通常の外科治療ができないもの)
  • 乳癌術後後遺症:乳房欠損(深下腹壁動脈皮弁移植などの自家組織再建を希望される方)
  • リンパ浮腫・血管奇形:がん治療後の二次性リンパ浮腫、原因不明の原発性リンパ浮腫

(レーザー治療などの美容外科は行っておりません)