メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 耳鼻咽喉科 > 研究実績・活動実績 > 2013年度発表論文等一覧

2013年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Yamauchi A, Imagawa H, Sakakibara K, Yokonishi H, Nito T, Yamasoba T, Tayama N.
    Phasedifference of vocally healthy subjects in high-speed digital imaging analyzed with laryngotopography.
    J Voice. 2013 Jan;27(1):39-45.
  2. Ohki M, Tayama N.
    Dysphagia due to isoniazid therapy for tuberculosis in a patient with Lewy body dementia.
    Auris Nasus Larynx. 2013 Jun;40(3):327-9.
  3. Yamauchi A, Imagawa H, Sakakaibara K, Yokonishi H, Ueha R, Nito T, Tayama N, Yamasoba T.
    Vocal fold atrophy in a Japanese tertiary medical institute: status quo of the most aged country.
    J Voice. 2014 Mar;28(2):231-6.

原著論文-和文

  1. 木村 美和子, 田山 二朗.
    喉頭の基礎研究最前線 声帯の粘弾性に関する研究.
    喉頭25巻2号:44-48, 2013, 12.
  2. 後藤 多嘉緒, 高野 真吾, 田山 二朗.
    気管挿管後の声帯突起部癒着による声門狭窄症例.
    日気食会報64巻3号:206-211, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 山内 彰人, 今川 博, 榊原 健一, 横西 久幸, 上羽 瑠美, 二藤 隆, 田山 二朗, 山岨 達也.
    声帯萎縮症例に対する声帯内注入術.
    第34回東日本音声外科研究会. 東京, 4月, 2013.
  2. 竹内 成夫, 高野 真吾, 福岡 久代, 斎藤 真紀, 大多和 優里, 松村 聡子, 後藤 多嘉緒, 田山 二朗.
    交通事故における外傷性音声障害の一例.
    第34回東日本音声外科研究会. 東京, 4月, 2013.
  3. 高野 真吾, 竹内 成夫, 松村 聡子, 大多和 優里, 斉藤 真紀, 星 恵里子, 福岡 久代, 田山 二朗.
    声門閉鎖術施行後の経口摂取に関する検討.
    第114回日耳鼻. 札幌, 5月, 2013.
  4. 高野 真吾, 田山 二朗.
    外来診療における電子カルテ記載と問題点.
    第2回耳鼻咽喉科電子カルテ情報交換会. 札幌, 5月, 2013.
  5. 高野 真吾.
    機能性発声障害.第2回実践音声治療セミナー.2013.7.21
  6. 山内 彰人, 横西 久幸, 今川 博, 上羽 瑠美, 二藤 隆春, 榊原 健一, 田山 二朗, 山岨 達也.
    高速度デジタル撮像を用いた様々な喉頭疾患における声帯振動の定性的・定量的解析.
    第58回日本音声言語医学会. 高知, 10月, 2013.
  7. 横西 久幸, 今川 博, 榊原 健一, 後藤 多嘉緒, 山内 彰人, 二藤 隆春, 山岨 達也, 田山 二朗.
    声帯振動解析プログラムを用いたストロボスコピー画像とハイスピードデジタル撮像の比較.
    第58回日本音声言語医学会. 高知, 10月, 2013.
  8. 藤谷 順子, 田山 二朗, 皿井 靖長.
    療所耳鼻咽喉科医師の嚥下障害診療についてのアンケート.
    第58回日本音声言語医学会. 高知, 10月, 2013.
  9. 後藤 多嘉緒, 高野 真吾, 田山 二朗.
    当院における声帯萎縮症例の臨床的検討.
    第58回日本音声言語医学会. 高知, 10月, 2013.
  10. 田山 二朗.
    嚥下障害診断の基本−超高齢社会を迎えて−.
    新宿医師会第1回摂食・嚥下研修会. 高知, 10月, 2013.
  11. 田山 二朗.
    シンポジウム2.高齢化社会と気管食道科「加齢と嚥下障害」.
    第65回日本気管食道科学会. 東京, 10月, 2013.
  12. 田山 二朗.
    嚥下障害−症例から学ぶ−.
    新宿区耳鼻科医会学術講演会. 東京, 1月, 2014.
  13. 高野 真吾, 田山 二朗, 岸本 誠司.
    声門閉鎖術施行後の経口摂取に関する検討.
    第37回日本嚥下医学会. 東京, 2月, 2014.
  14. 高野 真吾, 田山 二朗.
    教育パネル「診断困難な喉頭疾患の取り扱い」. 機能性発声障害.
    第26回日本喉頭科学会. 沖縄, 3月, 2014.
  15. 竹内 成夫, 岸本 めぐみ, 久場 潔実, 高野 真吾, 蝦原 康宏, 福岡 久代, 田山 二朗.
    声帯粘膜下に認めた顆粒細胞種の一例.
    第26回日本喉頭科学会. 沖縄, 3月, 2014.

著書・総説

総説-和文

  1. 田山 二朗.
    あの歌声をもう一度 高速度デジタル撮像検査所見から言えること.
    喉頭25巻2号:53-56, 2013.
  2. 田山 二朗, 鹿野 真人, 廣田 隆一, 内田 真哉.
    嚥下手術 私の術式 喉頭閉鎖術.
    嚥下医学3巻1号:22-30, 2014.
  3. 田山 二朗.
    【気道確保!!】 嚥下機能改善術における気道管理.
    JOHNS29巻10号:1785-1788, 2013.
  4. 田山 二朗.
    【プロに学ぶ手術所見の記載法】 誤嚥防止術.
    JOHNS29巻4号 :748-751, 2013.

その他