メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 歯科・口腔外科 > 研究実績・活動実績 > 2011年度発表論文等一覧

2011年度発表論文等一覧

原著論文-英文

原著論文-和文

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

  1. Maruoka Y.
    Study for osteo-/chondropenia caused by impaired chemokine receptor and for Progressive/ Idiopathic Condylar Resorption.
    The 21st Annual Meeting and the 30th Anniversary International Symposium of the Japanese Society for Jaw Deformities, Tokyo, Japan, Jun, 2011.
  2. Maruoka Y, Kanaya F, Hoshino A, Iimura T, Imai H, Otsuka S, Ueha K, Fujioka K, Katsuragawa Y, Shimbo T, Mimori A, Yamazaki T, Manome Y, Omura K, Moriyama K, Matsushima K, Yamamoto K.
    Study of the relations between Progressive/Idiopathic Condylar Resorption and Impaired Bone/Cartilage Metabolism caused by Chemokine Receptor Disorder.
    20th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Santiago, Chile, Nov, 2011.
  3. Nakagawa Y, Kanaya F, Tsuno A, Maruoka Y, Kikuchi Y, Oka S.
    Exodontia related complications at a Japanese Hospital with a major HIV/AIDS Treatment Center.
    20th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Santiago, Chile, Nov, 2011.

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 藤井 麻夕子, 田上 正, 黒佐 通代, 保 聖子, 田山 道太, 酒井 憲一郎, 丸岡 豊.
    骨髄移植後に発生した舌扁平上皮癌の1例.
    第56回日本口腔外科学会総会. 大阪, 10月, 2011.

著書・総説

総説-和文

  1. 丸岡 豊.
    歯性上顎洞炎.
    TMDC MATE. No.267, Nov, 2011.

その他

研究課題

  1. 津野 顕子.
    平成23年度国際医療研究開発費,[課題番号 21指128] 高齢者や易感染患者への抗菌光線力学的療法を用いた新たな口腔ケアの手法の開発と評価(主任研究者 新保卓郎).
  2. 黒川 仁.
    平成23年度国際医療研究開発費. 代謝マーカーを用いたビスフォスフォネート剤関連顎骨壊死(BRONJ)発症リスク評価に関する研究.
  3. 丸岡 豊.
    厚生労働科学研究費補助金, [課題番号 H22 –難治– 一般 – 157] 進行性下顎頭吸収の診断基準策定とその治療に関する研究.(研究代表者)H22:1,950万円, H23:1,300万円