メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 泌尿器科 > 研究実績・活動実績 > 2013年度発表論文等一覧

2013年度発表論文等一覧

原著論文-英文

  1. Nagata M, Matsumura T, Kami K.
    How do Weekly Magazines Provide Information on Urogenital Cancer to the Public in Aged Societies?
    Open J Urol. Vol. 3, No. 6, 246-7, Oct, 2013.
  2. Taguchi S, Nakagawa T, Hattori M, Niimi A, Nagata M, Kawai T, Fukuhara H, Nishimatsu H, Ishikawa A, Kume H, Homma Y.
    Prognostic Factors for Metastatic Urothelial Carcinoma Undergoing Cisplatin-based Salvage Chemotherapy.
    Jpn J Clin Oncol. 43(9)923-8, Sep, 2013.
  3. Nagata M, Takita M, Kishi Y, Kodama Y, Matsumura T, Murashige N, Homma Y, Kami M.
    Cancer articles in weekly magazines - useful media to deliver cancer information to the public ?
    Jpn JClin Oncol, 43(4)426-30, Apr, 2013.

原著論文-和文

  1. 松本 明彦, 小倉 悠司, 山田 雄太, 高橋 淳子, 金村 三樹郎, 本間 之夫, 簑和田 滋.
    腎結石、水腎症と腎破裂を契機に発見された腎細胞癌の1例.
    泌尿器外科. 26:1151-1154, 2013.

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  1. 豊田 紀夫, 小倉 悠司, 山田 雄太, 高橋 淳子, 金村 三樹郎, 簑和田 滋, 有賀 隆.
    当院における前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の短期成績.
    第101回日本泌尿器科学会総会. 札幌, 4月, 2013.
  2. 山田 雄太, 藤村 哲也, 村田 太郎, 高山 賢一, 浦野 友彦, 大日方 大亮, 高橋 悟, 井上 聡, 本間 之夫.
    精巣腫瘍における Amyloid precursor protein の発現.
    第101回日本泌尿器科学会総会. 札幌, 4月, 2013.
  3. 前川 滋克, 佐藤 悠佑, 佐藤 亜以子, 真田 昌, 久米 春喜, 小川 誠司, 本間 之夫.
    腎盂尿管癌における網羅的ゲノム解析.
    第101回日本泌尿器科学会総会. 札幌, 4月, 2013.
  4. 郷田 朋子, 簑和田 滋, 永田 政義, 高橋 淳子, 渡辺 洋志, 野崎 圭夏, 中西 美紗緒, 松下 竹次, 田中 瑞恵.
    著しい陰核肥大を呈したアンドロゲン不応症候群の一例.
    第101回日本泌尿器科学会東京地方会. 東京, 12月, 2013.

著書・総説

その他