メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 放射線治療科 > 放射線治療について

放射線治療について

放射線治療とは

放射線療法は、外科療法や化学療法と共にがん治療を支える三本柱の一つです。根治をめざす治療から症状緩和に至るまで行われています。比較的病巣が小さい場合など、放射線治療単独でも高率にがんを治癒させることも可能です。

治療に用いる放射線により、がん細胞を障害し、分裂を抑えがんを縮小または消失させる事が出来ます。また、最大の特徴とし比較的低侵襲で体への負担が少なくて済む事が挙げられます。つまり、切除することなしに治療が可能な為、身体の様々な部位も治療の対象となり、機能及び形態の温存に優れております。よって、生活の質(QOL)を高く維持し、働きながら、また社会復帰も容易というメリットがあります。

同様に高齢者の方、過去の治療歴から手術や薬物療法が難しい方にも放射線を用いた治療なら可能なこともあります。もちろん放射線治療では、放射線を照射する範囲において正常な臓器にも影響を与えます。しかし、処方する線量を分割して1日当たりのや線量スケジュールや、照射範囲、照射方法を工夫することにより、正常組織には大きな影響を与えず、がん病巣に対してダメージを集中させることが可能になります。

  • 放射線治療1
  • 放射線治療2
  • 放射線治療3
  • 放射線治療4
  • 放射線治療7
  • 放射線治療5
  • 放射線治療6

実際の放射線治療

linac実際の放射線治療は、リニアックで施行され、通常、週に4回もしくは週5回で施行されることがほとんどです。原発部位によっては1日2回、朝と夕に放射線治療が施行されることがあります(多分割照射と言います)。

当院で放射線治療に用いられる放射線は、X線と電子線です。患者さんの体格や体表面からのがんの深さにより、数種類のエネルギーを使い分ける必要があります。このX線と電子線を出す装置として、当施設で用いているのはリニアックで非常に大きな装置です。

1回の放射線治療では2グレイから3グレイ程度の放射線が投与されるのが標準です。グレイ(Gy)とは放射線の単位です。その放射線を照射するのに必要な時間は1から2分程度ですが、患者さんをいつも同じ体位で放射線治療するために、体表面に付けさせていただいたマーキングを正確に合わせる必要があり、全体で10分程度の時間が必要となります。外来の患者さんは、できるだけ脱・着衣しやすい服装でおいでください。放射線治療のみでがんを治癒させるためには週5回(もしくは週4回)放射線治療を行い、おおよそ6週間以上の治療期間を必要とします。遠方の患者さんで通院が難しい場合や体力的に毎日の通院が難しい場合、抗がん剤投与も必要な場合には入院をして頂いております。

放射線治療の流れ

次のような流れで放射線治療を行わせていただきます。

                                                 (診察)

room.jpg

当科を受診した方には放射線による治療内容、方針等に関しご説明致します。最適な治療方法をご提案する為、また、十分ご理解いただく為のお話をさせて頂きます。診察には十分なお時間を確保しておりますので、ご質問等なんなりとご相談ください。。

img_m014212

                                                 (放射線治療<固定具作成>)
shell1

放射線治療を行う際、照射する場所を精密に合わせる為、各治療法に応じた固定具を作成致します。作成に要するお時間は部位、治療方法にもよりますが、おおむね15~30分程です。またこの際、治療時に痛み等の無理が生じない最善の方法を取りますので、痛みや不具合等ございましたらなんなりとお申し出ください。

img_m014212

                                                 (放射線治療<CT撮影>)
shell2

各種の固定具、治療時におけるポジション決めが確定した後、決定した治療体位での治療計画用のCT撮影を致します。

ct

この際、お体の何ヶ所かにマーキングをします。これは治療においてポジションを合わせるときに用いる基準の印となります。ここで得た写真を基に治療範囲を確定し、コンピュータで最適な放射方法を計算します。

img_m014212

rtp

(治療計画 RTPs) 
上記で得たCT画像などを基に、放射線治療計画を行うコンピュータシステム(RTPs)により最適な照射方法を計算します。強度変調放射線治療(IMRT)や定位照射(SRTまたはSBRT)などは計算時間が通常の治療方法より多くの時間を必要とします。故に、高精度治療に関しては治療開始までの準備に多少のお時間が必要となります。当院では、患者様に迅速な治療開始を提供する為、基本的に治療計画CTから約1週間以内で治療開始出来るようにしております。

img_m014212

delta4

(治療Planの検証)
コンピュータにより計算された治療方法の確認(検証と言います)を行います。具体的には適正な放射線量か、データにエラーが含まれていないかなどについて、必ず治療前に検証作業を行います。昨今は生活の身の回りにおいて、コンピュータにより様々なものが計算、運用がされています。しかし、コンピュータが一切間違いを起こさない保証はありません。このことは放射線治療においても同様で、定期的なメーカーの点検作業及びユーザーによる精度管理を行っております。しかしながら、念には念を入れて間違いがないかを確認しなければなりません。そこで、放射線治療開始に当たり、各照射Planにおいて様々な検証機器を駆使し、正確性・妥当性の確認を行っております。この作業に1日から3日の猶予を頂いております。            

img_m014212

setup

(ポジショニング)
計算されたデータを基に、照射の位置合わせを行います。これは治療計画CTの際のポジショニングと同じものとなります。この際、計画時にマーキングした位置に合わせ、治療中心に移動します。治療中心は照射室内のレーザーにより示されています。位置合わせの時、マーキングとレーザーを合わせこむためお部屋の明かりを薄暗くして行います。
        

cbct

ポジショニング終了後、最終的な位置の微調整を行うため画像を撮影します。この直前の画像から数ミリの調整を行い、照射を開始いたします。この方法は画像誘導放射線治療(IGRT)と呼ばれています。

img_m014212

irradiation
(照射)
最終的な位置照合が終了したのち、再度治療データ一致確認の読み合わせを行い照射。

 

外来放射線治療について

他の病院や他の診療科から放射線治療科に紹介された患者さんは、まず放射線治療外来で診察となります。患者さんの病気の経過を把握し、放射線治療が患者さんの病気の治療に役に立つかどうかを決定します。また、放射線治療に耐えられるだけの体力がおありかどうか、を把握する必要があります。そのために全身の診察を行い、病気の広がりなどを診断します。今まで診察されていた科でもお話されたことを、放射線治療医が繰り返してお聞きすることがあります。正確な病状の把握のためですのでご協力をお願い致します。それまでの検査で足りないものがあるときは、適宜追加することもあります。

  • 外来放射線治療1
  • 外来放射線治療2
  • 外来放射線治療3
  • 外来放射線治療4

 

コンピュータにより計算された治療方法の確認(検証と言います)を行います。具体的には適正な放射線量か、データにエラーが含まれていないかなどについて、必ず治療前に検証作業を行います。昨今は生活の身の回りにおいて、コンピュータにより様々なものが計算、運用がされています。

しかし、コンピュータが 一切間違いを起こさない保証はありません。このことは放射線治療においても同様で、定期的なメーカーの点検作業及びユーザーによる精度管理を行っておりま す。しかしながら、念には念を入れて間違いがないかを確認しなければなりません。そこで、放射線治療開始に当たり、各照射Planにおいて様々な検証機器 を駆使し、正確性・妥当性の確認を行っております。この作業に1日から3日の猶予を頂いております。