メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 放射線核医学科 > 診療実績

診療実績

核医学検査室の歴史

当院のPET検査の歴史は、1980年当院の前身の国立中野療養所にさかのぼります。1993年現在の病院に統合・移転後PETは1995年に再開されています。2003年に窪田が着任し2005年より新しいPET-CT、SPECTが稼働し、待機室の整備など施設を改修しました。2008年より新しい癌の骨転移の疼痛緩和治療、ストロンチウム89(メタストロン)の内用療法を始めました。2010年より血液内科と共同で悪性リンパ腫の新しい核医学治療、イットリウム90標識抗CD20モノクローナル抗体(ゼヴァリン)治療を開始しました。2011年はサイクロトロンの改修とPET-CTの増設、新たなSPECT/CTの設置が行われました。2014年には、放射線監視システム(排気・排水)が更新されました。

診療の特徴

当院の総合病院としての各診療科の充実した診療、強力な救急部や感染症の診療を背景に、心臓・脳・腫瘍その他はば広い分野の急性期疾患を含む、多彩な疾患の検査が当核医学科の特徴です。

私たちは、18F-FDG-PET、11CメチオニンPET、11CコリンPETなどのPET検査、種々のシンチ検査を、速やかに実施して臨床各科の要請に応えると共に、さまざまな臨床研究を実施しています。新規薬剤の研究では、東京都健康長寿医療センター研究所と共同研究を実施しています。2010年PETでは新たに、11C-PiB(アルツハイマー病の診断)、 11Cthiothymidine(DNA合成の診断)の臨床研究を開始しました。SPECTでは99mTc-Aprotinine(全身アミロイドーシスの診断)の臨床研究を開始しています。2011年シンチ検査として国内未承認のオクトレオスキャンを、臨床研究として実施しました。2012年 13NアンモニアPETを開始しました。2014年6月 臨床研究 FDG-PET/CTの不明熱診断への応用 が先進医療Bに承認されました。

各年度ごとの全検査実績

全検査実績

年度PET検査PET 紹介率
内数(%)
シンチ検査合計
15 658   2846 3504
16 867   2611 3478
17 891   3046 3937
18 1589   2690 4279
19 2006 123(6.1) 2590 4596
20 1938 163(8.4) 2519 4457
21 1900 188(9.9) 2507 4407
22 2140 441(20.6) 2416 4556
23 2292 434(18.9) 2359 4651
24 2407 550(23) 2104 4511
25 2409 513(21) 2106 4515
26 2419 607(25.1) 2266 4685

11CメチオニンPET検査の実績

11CメチオニンPETは、主に脳腫瘍の診断、治療後の放射線壊死と再発の鑑別診断のために使用しております。他院からの検査依頼は、自由診療としてお引き受けしております(5万5千円)。なお、骨髄腫の活動性の診断にもメチオニンPETを実施しておりますが、これは臨床研究としてFDGPET、4DSTPETと比較するプロトコールで実施しており、院内紹介(血液内科)のみです。

メチオニンPET検査件数

メチオニンPET検査件数
年度メチオニンPET検査
18 10
19 57
20 131
21 162
22 230
23 223
24 181
25 227
26 237