メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 放射線核医学科 > 研究業績 > 2011年 研究業績

2011年 研究業績

論文英語

  1. Morooka M, Ito K, Kubota K, Yanagisawa K, Teruya K, Minamimoto R, Hasuo K, Shida Y, Kikuchi Y, Oka S. Usefulness of 18F-FDG PET/CT in a case of Kaposi sarcoma with an unexpected bone lesion. Clin Nucl Med.36(3):231-234, 2011.
  2. Morooka M, Ito K, Kubota K, Hasuo K, Okamoto K, Hara T. 11C-Choline and 18F-FDG PET/CT images of hemangioblastoma. Clin Nucl Med.36(2):143-144, 2011.
  3. Ito K, Masuda-Miyata Y, Wada S, Morooka M,Yamasawa K, Hashimoto M, Kubota K.F-18 FDG PET/CT imaging of Bulky Myxofibrosarcoma in Chest Wall.Clin Nucl Med,36(3):212-213,2011.
  4. Minamimoto R, Uemura H; Sano F, Terao H, Nagashima Y, Yamanaka S, Shizukuishi K, Tateishi U, Kubota Y, Inoue T. The potential of FDG-PET/CT for detecting prostate cancer in patients with an elevated serumPSA level. Ann Nucl Med.25(1):21-27, 2011
  5. Minamimoto R, Senda M, Terauchi T, Jinnouchi S, Inoue T, Iinuma T, Inoue T, Ito K; Hiroshi Iwata H, Uno K, Oku S, Oguchi K, Tsukamoto E, Nakashima R, Nishizawa S, Fukuda H, Murano T, Yoshida T. Analysis of various malignant neoplasms detected by FDG-PET cancer screening program. -Based on a Japanese Nationwide Survey- Ann Nucl Med.25(1):45-54, 2011.
  6. Kubota K, Nakamoto Y, Tamaki N, Kanegae K, Fukuda H, Kaneda T, Kitajima K, Tateishi U, Morooka M, Ito K, Minamimoto R, Murakami K. FDG-PET for the diagnosis of fever of unknown origin: a Japanese multi-center study. Ann Nucl Med.25(5):355-364, 2011.
  7. Minamimoto R, Morooka M, Kubota K, Ito K, Masuda-Miyata Y, Mitsumoto T, Hirai R, Okazaki O, Hiroe M. Value of FDG-PET/CT using unfractionated heparin for managing primary cardiac lymphoma and several key findings. J Nucl Cardiol. 18(3):516-520, 2011.
  8. Minamimoto R, Ito K, Kubota K, Morooka M, Masuda-Miyata Y, Hirai R, Kitahara H, Tanimura A, Hagiwara S, Miwa A. Clinical Role of FDG-PET/CT for Methotrexate-Related Malignant Lymphoma. Clin Nucl Med. 36(7):533-537, 2011.
  9. Murano T, Minamimoto R, Senda M, Uno K, Jinnouchi S, Fukuda H, Iinuma T, Tsukamoto E, Terauchi T, Yoshida T, Oku S, Nishizawa S, Ito K, Oguchi K, Kawamoto M, Nakashima R, Iwata H, Inoue T. Radiation exposure and risk-benefit analysis in cancer screening using FDG-PET: results of a Japanese nationwide survey.Ann Nucl Med.25(9):657-666,2011.
  10. Minamimoto R, Theeraladanon C, Suzuki A, Inoue T. Positron Emission Tomography for future drug development. Recent Patents on Medical Imaging 1(2);137-151,2011.
  11. Ito K, Minamimoto R, Morooka M, Kubota K. A case of secondary hemochromatosis with high uptake of liver in F-18 FDG PET/CT imaging. Clin Nucl Med.36(7):606-608,2011.
  12. Kubota K. Ito K, Morooka M, Minamimoto R, Miyata Y, Yamashita H, Takahashi Y, Mimori A. FDG PET for rheumatoid arthritis: basic considerations and whole-body PET/CT. Ann N Y AcadSci 2011 Jun;1228時29分-38.
  13. Toyohara J, Nariai T, Sakata M, Oda K, Ishii K, Kawabe T, Irie T, Saga T, Kubota K, Ishiwata K. Whole-body distribution and brain tumor imaging with (11)C-4DST: a pilot study. J Nucl Med. 52(8):1322-1328,2011.
  14. Ito K, Kurihara K, Ishibashi A, Morooka M, Mitsumoto T, Minamimoto R, Kubota K. Cut-off value for normal versus abnormal right-to-left shunt percentages using (99m)Tc-macroaggregated albumin. Nucl Med Commun.32(10):936-940,2011.
  15. Kubota K. Murakami K, Inoue T, Itoh H, Saga T, Shiomi S, Hatazawa J. Additional value of FDG-PET to contrast enhanced-computed tomography (CT) for the diagnosis of mediastinal lymph noc metastasis in non-small cell lung cancer: a Japanese multicenter clinical study. Ann Nucl Med.25(10):777-786,2011.
  16. Kubota K, Murakami K, Inoue T, Saga T, Shiomi S. Additional effects of FDG-PET to thin-section CT for the differential diagnosis of lung nodules: a Japanese multicenter clin study. Ann Nucl Med. 25(10):787-795,2011.;
  17. Kubota K, Watanabe H, Murata Y, Yukihiro M, Ito K, Morooka M, Minamimoto R, Hori A, Shibuya H. Effects of blood glucose level on FDG uptake by liver: a FDG-PET/CT study. Nucl Med Biol .38(3):347-351,2011.
  18. Tsujimoto T, Kajio H, Takahashi Y, Kishimoto M, Noto H, Yamamoto-Honda R, Kamimura M, Morooka M, Kubota K, Shimbo T, Hiroe M, Noda M. Asymptomatic coronary heart disease in patients with type 2 diabetes with vascular complications: a cross-sectional study. BMJ Open. 1(2):e000139,2011.
  19. Cheng C, Nakamura A, Minamimoto R, Shinoda K, Tateishi U, Goto A, Kadowaki T, Terauchi Y, Inoue T. Evaluation of organ-specific glucose metabolism by 18F-FDG in insulin receptor substrate-1(IRS-1) knockout mice as amodel of insulin resistance. Ann Nucl Med.25(10):755-761,2011.

論文和文

  1. 窪田和雄、南本亮吾、諸岡都、増田陽子、伊藤公輝。不明熱のFDG-PET診断。PET journal  NO.13 p35-37 2011.
  2. 南本亮吾。今後のPET検査はどうあるべきか。PET journal NO.13 p41-43 2011.
  3. 伊藤公輝。化膿性関節炎や骨髄炎のFDG-PET/CT。PET journal NO.13 p32-34 2011.
  4. 窪田和雄、伊藤公輝、諸岡都、南本亮吾、桂川陽三、黒木啓文。核医学診断。整形・災害外科 第54巻第5号4月臨時増刊号 p491-498 2011.
  5. 南本亮吾。炎症性腸疾患におけるPETの有用性。PET journal NO.14 p12-13 2011.
  6. 諸岡都。HIV/AIDS 関連疾患。PET journal NO.14 p14-16 2011.
  7. 村野剛志、南本亮吾、千田道雄、宇野公一、陣之内正史、福田寛、飯沼武、塚本江利子、寺内隆司、吉田毅、奥真也、西澤貞彦、伊藤健吾、小口和浩、川本 雅美、中島留美、岩田宏、井上登美夫。FDG-PET がん検診における放射線被曝の実態とリスク・ベネフィット解析。核医学  48巻 1号 P1-14 2011
  8. 石井聡、竹田雄一郎、窪田和雄、平野聡、放生雅章、杉山温人、小林信之.乳び胸の漏出部位の同定に局所麻酔下胸腔鏡と胸管シンチグラムが有用であった1例。日本呼吸器学会雑誌, 49(12): 976-980, 2011

学会発表(国際学会)

  1. Kubota K, Nakamoto Y, Tamaki N, Fukuda H, Tateishi U, Morooka M, Ito K, Minamimoto R, and Murakami K.Fever of unknown origin (FUO): A Japanese multi-center study withFDG-PET
    SNM 2011 58th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio, Texas, USA, June4-8, 2011.
  2. Mitsumoto T, Sato T, Morooka M, Minamimoto R, Kubota K, Ito K, and Fukushi M.Validation for two PET studies using 18F-FDG and 11C-Methionine onthe same day
    SNM 2011 58th Annal Meeting of Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio, Texas, USA, June4-8, 2011.
  3. Toyohara J, Nariai T, Sakata M, Oda K, Ishii K, Kawabe T, Irie T, Saga T, Kubota K, and Ishiwata K.Initial clinical trials of carbon-11-labeled 4DST in brain tumors
    SNM 2011 58th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio, Texas, USA, June4-8, 2011.
  4. Minamimoto R, Kubota K, Miyako Morooka, Ito K, Mitsumoto T, Toyohara J, Sakata M, Nariai T, and Ishiwata K.DNA synthesis imaging of non-small-cell lung canceusinga new PETtracer [11C]4DST
    SNM 2011 58th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio, Texas, USA, June4-8, 2011.
  5. Minamimoto R,Kubota K, Morooka M, Ito K, Mitsumoto T, and Nakajima K.99mTc-Aprotinin scintigraphy for amyloid imaging
    SNM 2011 58th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio, Texas, USA, June4-8, 2011.
  6. Taki J, Wakabayashi H, Inaki A, Ogawa K, Shiba K, Morooka M, Kubota K, Hiroe M, and Kinuya S.Spatial and temporal change of C-14-methionine uptake in a rat modelof acute ischemia and reperfusion
    SNM 2011 58th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio, Texas, USA, June4-8, 2011.
  7. Sato T, Kimura H, Arisawa H, Okasaki M, Minamimoto R, and Inoue T.Computer assisted cancer diagnosis from PET-CTusing dynamic threshold adjustment method
    SNM 2011 58th Annual Meeting of Society of Nuclear Medicine Annual Meeting, San Antonio, Texas, USA, June4-8, 2011.

学会発表(国内学会)

  1. 南本 亮吾、窪田和雄、諸岡都、伊藤公輝、宮田陽子、平井理泉、岡崎修、廣江道昭。"不明熱精査で発見されたCardiac lymphomaの一例"第74回 日本核医学会関東甲信越地方会 東京、1月22日、2011
  2. 諸岡 都。“CD36欠損症のFDG PET 所見” 東京大学医学部放射線科年次総会(むつき会) 1月8日、2011.
  3. 南本亮吾、窪田和雄、諸岡都、伊藤公輝、平井理泉、萩原將太郎、三輪哲義。“メソトレキセート関連リンパ腫に対するFDG‐PET/CTの有用性の検討”日本医学放射線学会総会 2011年5月11~20日(web上開催)
  4. 諸岡都、窪田和雄、南本亮吾、伊藤公輝、蓮尾金博、菊池 嘉。HIV/AIDS関連疾患のPET所見。日本医学放射線学会総会 2011年5月11~20日(web上開催)
  5. 伊藤公輝。“動注化学療法と放射線療法の併用療法後の進行頭頸部癌のイメージングにおける18F-FDG PET/CTと11C-choline PET/CT : PET/CTが陰性ならどれだけの期間再発しないと予測できるか。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  6. 三本拓也、南本亮吾、伊藤公輝、岡崎百子、諸岡都、窪田和雄、佐々木徹、福士政広。“11C-methionineと18F-FDGを用いた同日PET検査法Part2 :視覚評価に基づく検証。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  7. 三本拓也、窪田和雄、南本亮吾、岡崎百子、諸岡都、佐藤敬、佐々木徹、伊藤公輝、福士政広。“11C-methionineと18F-FDGを用いた同日PET検査法Part1 :定量値に基づく検証。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  8. 久慈一英、島野靖正、今林悦子、瀬戸陽、伊藤邦泰、伊藤公輝、藤島基宣、松田博史。“脳腫瘍の種類による代謝と低酸素状態の関係についての検討。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  9. 成相直、豊原潤、稲次基希、田中洋次、坂田宗之、織田圭一、山本昌昭、窪田和雄、石井賢二、石渡喜一、大野喜久郎。“DNA合成診断薬剤11C-4DSTの悪性脳腫瘍治療効果モニターリングへの臨床応用。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  10. 南本亮吾、窪田和雄、諸岡都、岡崎百子、田山二朗、伊藤公輝、田口好晃、三本拓也、川口晋吾、佐藤敬。“嗄声を生じた患者におけるFDG-PET/CTの有用性の検討。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  11. 岡崎百子、窪田和雄、諸岡都、南本亮吾、伊藤公輝、三輪哲義。“多発性骨髄腫のFDG-PET、メチオニンPET、チミジンPETの比較検討。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  12. 南本亮吾、窪田和雄、諸岡都、岡崎百子、伊藤公輝、中島和彦、三本拓也、田口好晃、川口晋吾、佐藤敬。“99mTcアプロチニンチンチグラフィーによるアミロイドイメージング。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  13. 窪田和雄、南本亮吾、諸岡都、岡崎百子、伊藤公輝、宮田陽子、三本拓也、佐藤敬。“関節・腱付着部のFDG集積:健常人の加齢変化について。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  14. 南本亮吾、窪田和雄、諸岡都、岡崎百子、伊藤公輝、中島和彦、清家彩子、伊藤秀幸、遠藤久子、豊原潤、石渡喜一。“新規DNA合成診断薬剤11C-4DSTの非小細胞肺癌における有用性の検討。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  15. 三本拓也、諸岡都、窪田和雄、南本亮吾、岡崎百子、佐藤敬、佐々木徹、中西哲也、福士政広。“18F-FDG-PET/CTにおける肺野全体のSUV,HU定量化ソフトウェアの開発。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  16. 伊藤公輝、中田安浩、木村有喜男、神谷昂平、佐藤典子。“基底核の代謝低下を伴う有棘赤血球舞踏病の一例。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  17. 諸岡都、窪田和雄、南本亮吾、岡崎百子、伊藤公輝、宮田陽子、三本拓也、佐藤敬、川口晋吾、田口好晃。“癌性腹膜炎(播腫)に似た所見を呈した、播腫性結核の3例。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  18. 滝淳一、若林大志、稲木杏吏、諸岡都、窪田和雄、廣江道昭、今中恭子、小川数馬、柴和弘、絹谷清剛。“ラット心筋虚血再還流モデルにおけるC-14-メチオニンイメージング。”第51回日本核医学会, 2011年10月27-29日、つくば。
  19. 岡崎百子、窪田和雄、諸岡都、南本亮吾、伊藤公輝、三輪哲義。多発性骨髄腫のFDG-PET, メチオニンPET、チミジンPETの画像診断の比較研究。第36回日本骨髄腫研究会総会、2011年11月12日、東京
  20. 諸岡都、窪田和雄、南本亮吾、岡崎百子、伊藤公輝、岡 慎一、菊池 嘉、田沼順子、照屋勝治、本田美和子。HIV陽性者のFDG-PET/CTの心臓集積。第25回日本エイズ学会学術集会、2011年11月30-12月2日、東京。
  21. 諸岡都、窪田和雄、南本亮吾、岡崎百子、伊藤公輝、岡 慎一、菊池 嘉、田沼順子、照屋勝治、本田美和子。HIV/AIDS患者の18F-FDG PET/CT所見:A pictorial review. 第25回日本エイズ学会学術集会、2011年11月30-12月2日、東京。
  22. 窪田和雄、諸岡都、岡崎百子、伊藤公輝、南本亮吾、田沼順子、本田美和子、照屋勝治、菊池 嘉、岡 慎一。カポジ肉腫の診断にガリウムシンチグラフィーは有用か? 第25回日本エイズ学会学術集会、2011年11月30-12月2日、東京。

講演

  1. 窪田和雄。“RIの取り扱いの注意事項、PET検査・シンチ検査のトピックス”,国立国際医療研究センター ガラスバッジ装着者定期講習、1月31日、2011.
  2. 窪田和雄。“FDG集積の生化学的、生物学的背景。第11回日本核医学会春季大会PET研修セミナー。”2011 5月7-8 大阪
  3. 窪田和雄。“PETでわかること。”第1回医療化学懇談会 2011 5/20 国立国際医療研究センター
  4. 窪田和雄。“PETはもっと役に立つ! 新しい使い方と展望。”第28会三重総合画像研究会 2011年7月日 三重県津市
  5. 窪田和雄。“肺がんから炎症へ、糖代謝からDNAへ。”第7回愛知PET臨床利用研究会。2011年7月23日 名古屋市。
  6. 窪田和雄。“次世代臨床シンポジウム。メチオニンPET1.イントロダクション:メチオニンとは?”PETサマーセミナー2011 8/28 東京築地国立がんセンター
  7. 南本亮吾。 教育講演14「核医学(3)」腫瘍:FDG-PET。第47回日本医学放射線学会秋季臨床大会2011 10/22 下関
  8. 窪田和雄。“腫瘍PET臨床診断の現状と11C-4DST の可能性について” 2011年 12月15日. 東京都健康長寿センター
  9. 南本亮吾。“新規DNA合成診断薬剤11C-4DSTの 非小細胞肺癌における有用性の検討” 2011年12月15日 東京都健康長寿センター

報道発表

  1. 窪田和雄。“不明熱の画像診断” 日本経済新聞、愛媛新聞、四国新聞、東奥新聞、北日本新聞、2011年6月7日. 朝日新聞、2011年6月16日.