メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 放射線核医学科 > 核医学検査 > シンチ > 心筋シンチ

心筋シンチ

心筋シンチ(201Tl, 123I-BMIPP, 99mTc-テトロホスミン, 99mTc-MIBI, 123I-MIBG)

心臓は血液を全身に送り出すポンプの働きをしています。大動脈につながっていますが、その途中で自分にも血流を送るため冠動脈という小さいながらも重要な血管を持ち、心臓の細胞に栄養を送っています。冠動脈は3本あり、この血管のかたちを見るのには、冠動脈CTや冠動脈を造影するカテーテル検査が適しています。

さて、この血管が詰まっていたり、詰まりかけているとどうなるでしょう。その先の心筋細胞に流れ込む血液の量が減少し、栄養と酸素が十分に届かなくなります。すると心臓の動きが悪くなったり、不整脈が出たり、最悪の場合は心臓の細胞が死んでしまうこともあります。

血管のかたちではなく、その先の心筋細胞の状態を調べるときに使われるのが、心筋シンチです。心筋シンチは、心臓の機能を確認することができる検査で、血流や代謝、交感神経機能をみるなど、いくつかの方法があります。

負荷心筋シンチ(99mTc, 201Tl )

もし仮に、血管がほんの少し詰まっていたとしても、普段の生活をするうえでは、特に症状もなく困ることはないと思われます。それは、普段の生活をおくる上では、血流は十分足りていることを意味します。しかし、坂道を登ったり、長時間歩いたりすると、心臓に負担がかかります。この状態では心筋細胞は酸素をより必要とし、そのため血流がより必要となります。このとき十分な血流がないと、息苦さや胸痛がおこります。

この検査では、心臓に負担がかかった状態と同じ状況(負荷がかかった状態)にするために、わざと、心臓を頑張った状態にさせ、血流を反映するお薬を注射し、どのくらい心筋細胞に血流が保たれているかをガンマカメラで撮像します。心臓を頑張った状態にさせるのは、運動や薬剤によって行いますが、血圧や脈拍などを循環器内科の医師がきちんと把握しながらの検査になります(負荷時の検査)。次に、安静な状態で同じお薬を注射し、心筋細胞にどのくらい血流が保たれているかを撮像します(安静時の検査)。この2つの画像(負荷時と安静時)を比較することで、頑張った状態と安静な状態の心筋細胞の血流の状態にどれくらい差があるのかをみます。

所要時間

撮像30分間×2回、全体でおよそ3時間
原則的に朝食は取らないでください。水は大丈夫です。お茶やコーヒーなどカフェインは前日から控えてください。内服薬は基本的に飲んでいただいて大丈夫ですが、糖尿病の場合は主治医にご一報ください。

2012年11月現在、当院で検査の説明に使っているシートを添付しました。
運動(薬剤)負荷心筋シンチグラム検査をうけられる患者様へ:本日の検査の流れ(PDF:160 KB)

負荷心筋シンチグラフィー:99mTcテトロフォスミン(心筋血流診断薬)狭心症の例

負荷心筋シンチグラフィー:99mTcテトロフォスミン(心筋血流診断薬)狭心症の例

運動負荷時、冠動脈が狭くなっていると心筋血流の増加に対応できず、虚血がおきて、欠損像が見えます。安静時、血流は均一になり、欠損部が埋まります(Fill-in)。下壁(右冠動脈領域)ならびに前壁中隔(左冠動脈)に虚血があります。

安静心筋シンチ(201Tl, 123I-BMIPP)

血液中に心筋細胞のエネルギー源となるものはいろいろありますが、心筋細胞がもっとも好むエネルギー源は脂肪酸です。糖分も大好きですが、圧倒的に大好きなのは脂肪酸です。脂肪酸は、とてもたくさんの酸素も同時に使います。心筋細胞が一回のお食事を脂肪酸ですませると、酸素をたくさん使ってしまいます。正常な場合は、これでもまかなえますが、心筋の血流が少なくなってしまった場合、酸素はできるだけ使わないようにしたいものです。そうすると、心筋細胞はお食事を脂肪酸から糖に切り替えます。糖だと、一回のお食事に必要な酸素がすくなくて済むからです(とても賢いですね。)このように、正常な心筋細臓は大好きな脂肪酸をお食事源とする余裕がありますが、正常ではない心筋細胞は、酸素量を減らそうと、糖中心のお食事になります。つまり、脂肪酸を反映するお薬を注射してから撮像すると、正常ではない場合、脂肪酸を反映するお薬は入っていかなくなります。

この検査では、心臓の血流を反映するお薬と、心臓の脂肪酸代謝を反映するお薬を同時に注射し、1時間後から心臓を撮像します。血流が一見保たれて見える場所があったとしても、心筋細胞のお食事内容が変わっているかもしれません。 エネルギー代謝という面から心筋の状態を観察する検査です。

所要時間

撮像30分、全体でおよそ1時間30分
原則的に朝食は取らないでください。水は大丈夫です。内服薬は基本的に飲んでいただいて大丈夫ですが、糖尿病がおありの場合は主治医にご一報ください。

安静心筋シンチグラフィー: 201Tl 心筋血流および123I-BMIPP脂肪酸代謝正常

安静心筋シンチグラフィー: 201Tl 心筋血流および123I-BMIPP脂肪酸代謝正常

通常、心筋シンチでは、撮影された画像から心筋の軸に合わせて短軸、長軸垂直、長軸水平断層の画像を再構成します。短軸断層画像を、心尖部を中央に、円周の辺縁に心基部が来るように配置した画像をブルズアイ(牛の目)画像と呼び、放射能分布が一目でわかるメリットがあります。

血流低下、それはイコール心筋も死んでいる??

血流が低下していることが判明した場合、それは必ずしも心筋が死んでいるとは限りません。このような場合、糖負荷FDG PET検査を行い、生きているか死んでいるか判定します。

心筋血流シンチグラフィー(201Tl 心筋血流)と糖負荷FDG-PET

心筋血流シンチグラフィー(201Tl 心筋血流)と糖負荷FDG-PET

心筋血流シンチでは、心尖部および下壁に高度の集積低下がみられます。さて、血流が低下しているから、そこは心筋が死んでいるのでしょうか?心筋が生きているかどうかはわかりません。こうした場合に、シンチではなくPETで明らかにする方法が糖負荷のFDGです。糖負荷時のFDGPETでは、健常部と虚血部、つまり生きている心筋すべてにFDGが取り込まれ、生存心筋の指標になります。壊死部分には取り込まれません。血流は低下しているが、心筋は生存している状態と判断され、すみやかに血流回復が望ましい状態です。

この例では、下壁は生存と判断され、バイパス手術が施行されました。

心筋交感神経シンチ(123I-MIBG)

心臓の周りにも神経がはりめぐらされています。心臓に障害(ダメージ)が起きると、神経機能も通常どおりの働きではなくなります。
この検査では、神経(交感神経)の状態を反映するお薬を注射したのちに、15分後と3時間後の2回、心臓を撮像します。 この検査は、脳血流検査と組み合わせることで、認知症の鑑別に使用されることもあります。

所要時間

撮像30分、全体でおよそ3時間30分
朝食は取っていただいて大丈夫です。内服薬は、レセルピンというお薬と、三環形の抗うつ薬は中止する必要がありますが、主治医にご一報ください。

 (文責:諸岡)

心筋交感神経シンチ(123I-MIBG)

心筋交感神経シンチ(123I-MIBG)

正常では、左心室の心筋が斜めのU字型に見えます。心筋が広く傷害される心筋症や、交感神経機能が障害されるパーキンソン病では心筋が見えなくなります。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。