コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 臨床ゲノム診療科 > 診療分野

あなたとご家族のこれからを一緒に考え、サポートします

診療分野

遺伝子検査にはいくつかの種類があり、大きくは以下の3つに分類されます。

  • 1.すでに症状がある患者さんを対象とした“確定”診断のための遺伝子検査
  • 2.遺伝性疾患の血縁者を対象とした“発症前”診断のための遺伝子検査
  • 3.子への遺伝の有無を調べる“出生前”診断や、“着床前”診断などのための遺伝子検査

2や3の検査では、症状が出る前や生まれる前に、遺伝情報から本人の将来(病気になるかどうか)がわかってしまう可能性があります。遺伝子検査は、検査を受けるご本人だけでなく、ご家族にも影響を与える可能性があることを考慮し、慎重に対応する必要があります。
なお、出生前診断や着床前診断は、現在のところ、当科では扱っていません。
当科では、臨床遺伝専門医を中心とした遺伝専門スタッフが遺伝性疾患の診断と治療についての最新の情報をていねいにご説明するとともに、遺伝カウンセリングを通じて患者さん、ご家族と一緒に解決法を考えます。