コンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(内科系) > 臨床ゲノム診療科 > プライバシーへの配慮

あなたとご家族のこれからを一緒に考え、サポートします

プライバシーへの配慮

遺伝に関することや遺伝子情報は、ご本人とご家族のプライバシーであり、遺伝カウンセリングにあたっては、充分な配慮が必要です。個人の遺伝学的情報は、血縁者どうしで一部共有されており、その影響が個人に留まらないという特徴を持っていることからも特に高い機密性が求められています。
臨床遺伝専門家による当診療科の遺伝カウンセリングにおいて、相談内容や検査結果などのプライバシー問題について、厳重に保護する体制を整えています。