メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 診療科・部門 > 診療科(外科系) > 臨床工学科 > 血管造影室

血管造影室

血管造影室では、主に心臓の検査や治療の際に業務を行っています。
検査では血行動態を含めた生体情報モニタのセットアップと記録を行い、データの管理を行っています。
治療では血管内エコー装置(IVUS)を用いた病変部の観察と計測を行っています。
また、血行動態急変時における緊急治療で用いる大動脈内バルーンパンピング(IABP)や経皮的心肺補助装置(PCPS)などの操作も臨床工学技士の重要な業務です。

最近はペースメーカや電気生理学検査(EPS)などの不整脈関連の業務も少しずつですが行っています。

  • 血管造影室1

    心臓カテーテル検査中の様子

  • 血管造影室2

    血管内エコー装置(IVUS)の操作